恋のツキ(Love and Fortune)のネタバレ解説まとめ

『恋のツキ』とは2012年から2019年に月刊『モーニングツー』にて連載された大人の恋愛を描いた作品である。作者は新田章。2018年よりテレビ東京ほかにて実写化となった。31歳フリーターの主人公平ワコ。結婚適齢期になる彼女は、同棲中の彼氏との生活や将来に、当たり前の毎日に不満を抱いていた。そんな時、バイト先に現れた男子高校生の事を好きになってしまう。結婚を考える彼氏と、ときめきをくれる男子高校生の狭間で揺れ動くアラサー女性の、人生のツキを描いたラブストーリー。

『恋のツキ』の概要

『恋のツキ』とは2012年から2019年に月刊『モーニングツー』にて連載されていた。前作の自分の本能の赴くままに、色んな男性と体の関係を持つ女子高生と、そんな女の子を好きになってしまった男の子の恋愛を描いた『あそびあい』で注目を浴び始めた新田章が描いている。実写ドラマ化もしており2018年からテレビ東京ほかにて放送されていた。主人公平ワコを徳永えり、恋人のふうくんを渡辺大知(黒猫チェルシー)、男子高校生伊古ユメアキを神尾楓珠が演じる。漫画とドラマでは違う結末を迎えるのだが、ドラマオリジナルキャラクターで「ゲスの極み乙女」の川谷絵音も出演していて、“ほとんど自分に近い設定だったのでやりやすかったですし、演技をしているというより、自分を撮られているみたいな感覚に近かったのでその自然な感じを見ていただけたらな“とコメントを残しており話題となった。
30歳になれば女は結婚して、子供作って…それが世間の当たり前。31歳になった主人公ワコは、周りがなれている当たり前にまだなれずにいた。同棲中の彼氏ふうくんとは付き合って4年、同棲して3年になる。出会った頃のときめきも、生活も色褪せていたけれど、これまでの人生において唯一選んで貰えた事がなかったワコにとって、ふうくんを手放した後、また誰かに選んでもらえる自信がなく妥協していく生活が当たり前になっていた。そんな中バイト先の映画館で男子高校生のイコくん(伊古ユメアキ)と出会う。”ハズレ”ばかりを引いてきたワコは彼に運命的なものを感じ、些細な関わりをきっかけに仲良くなり、浮気をしてしまう。互いに惹かれ合う中、ふうくんからは結婚の話を持ち出される。年相応の当たり前をくれる目先の結婚を選ぶのか、趣味趣向も同じでトキメキや楽しさを共有できる焦がれるような恋愛を選ぶのか、アラサー女の崖っぷち人生を描いた、心に刺さる大人の恋愛漫画である。

『恋のツキ』のあらすじ・ストーリー

同棲生活

ガチャガチャが好きな主人公ワコ。これまでの人生で”ハズレ”ばかりを引いてきた彼女は、いつか巡ってくる運を実感したいとリサさんに話していた。世の同年代の女性達は既に結婚をして、子供がいてもおかしくない。そんな世間の当たり前の適齢期を迎えている中、ワコは現実を見ながらもどこか他人事な様子だった。それに比べてリサさんは、結婚していて、子供のことも考えていると言うのだ。ワコは結婚を考えていないというわけではなかった。同棲中の彼氏(ふうくん)とは付き合って4年、同棲して3年になる。だから、なんとなくこのまま結婚するのではないかと、”なんとなく”な毎日を送っているのであった。来月親に挨拶しに行く約束もしていた。そこまで乗り気でもない2人。この選択肢が”当たり”なのかもうよくわからなくなっていたが、お互いの年齢を考えるとこれからもずっと一緒にいる事が妥当なんだと、不安を抱きながらも過ごしていた。

運命の出会い

結婚する予定になっているのでバイト先は辞める事になっていた。そんな時、バイト先の映画館(イデヲン座)にギプスをした男子高校生が現れた。その男子高校生はワコの好みの顔をしていた。男子高校生は壁に貼ってあったワコも気になっていた映画のポスターを見ていて、彼の靴を見ると、自分と同じスニーカーを履いていた。入場口で受け取った映画のチケットを落としてしまい、慌てて渡した手が触れ合った。こんな些細な事からワコは彼の事が気になっていくのであった。映画が終わり掃除をしに入った会場で彼は寝ていた。落としていた学生証を見るとわかってはいたけれど、高1(15歳)だという事に落ち込んだ。慌てて帰った男子高校生に、ワコは学生証を渡しそびれてしまう。ワコはこの男子高校生との出会いを期待しているわけではなかったが、好みの顔だったり、気になっていたポスターを彼も見ていた事や、同じスニーカーを履いていた事、指が触れ合った出来事を”運命の人!?”と結びつけ、恋心の様な感情を抱くのであった。打って変わってふうくんとの生活は堕落していくばかりで、朝から新しいコーヒーを買っていない事にグチグチ言われ、夏祭りに行かない?と誘っても疲れているだろうしと断られてしまった。その後再びバイト先で、あの男子高校生が現れた。学生証を探しに来たと尋ねてくる。直ぐ返す事もできたが、関わりが持ちたくて学生証はなかったと嘘をついてしまう。見つかったら連絡すると連絡先と名前を聞き出した。男子高校生の名前は伊古ユメアキ(イコくん)という。転校してきたばかりだったイコくんは今日が夏祭りだった事を知らなかった。ふうくんに断られた事もあり、一緒に行こうと誘う。屋台を回り、2人ではしゃいで楽しんだ。家に帰ってからも、楽しかった時間やドキドキした事を思い返していた。

デートの誘い

学生証をそろそろ返さないといけないと思い、イコくんに電話をかけるワコ。偶然手に入ったチケットの映画を一緒に見に行かないかと誘ってしまう。バイト先の女の子(水野さん)に偶然その電話を聞かれてしまったが、彼氏との電話だと勘違いされた。彼女にはいつもふうくんの愚痴をこぼしていた事があったので、「愚痴を言いながらも何かと仲良いんですね。平さん優しいから諦め上手になっちゃってるのかと思ってました」と言われた。ふうくんとのこれまでの生活を振り返る。お互いの存在が習慣になってしまっている事や、年齢やこの先の事を考えると、別れるという考えにはこれまでならなかった。水野さんには電話の相手は女友達からでその女友達が彼氏以外の人と2人で映画に行く約束をしたらしいがこれは浮気なのだろうかと尋ねてみた。「なにをしようが、セーフかアウトかを判定するのは彼氏さんですしね」と返されてしまい、ワコは苦笑いするしかなかった。

浮気

イコくんと映画を見に行く日になった。待ち合わせそうそう学生証を返す。映画を見終った2人はカラオケへ移動した。2人きりの空間に緊張したからなのか、イコくんはコーラをこぼしてしまいギブスにかかってしまった。肩から下げている包帯を取ってあげると、距離が近くなってしまったせいか、股間を恥ずかしそうに隠した。それに気づいたワコは、浮気はどこからだっけ…と思いつつも2人はカラオケの中で淫らな行為に及んでしまった。だがイコくんは逃げ帰ってしまう。家に帰るとふうくんがカレーを作って待っていた。イコくんとしたことに罪悪感を感じ「ごめん」と漏らしてしまい、ふうくんじゃないともう落ち着かないことに気づいた。しかし夜中にイコくんから謝罪のメールが来て「また会いたいです」と言われ喜ぶワコ。これまで一番になれた事がなかったし、4年前大好きだった元彼は自分をずっと2番目にしていたことを知り、堕ちていたところを救ってくれたのがふうくんだったことを思い返す。あの時は凄くときめいたし、そのときめきがずっと続くものだと思っていたが、今となってはそれなりに好きと言えるくらいになってしまっていた。だけどこれから先、誰にも選んで貰えないかもしれないということが怖くなり、イコくんとはもう関わらないことを決意する。バイト先に来たイコくんを冷たくあしらって自分を押し殺そうとするが、もっと喋りたいと欲が出てしまい、ふうくんには水野さんと飲みに行くと嘘のメールを入れ、夏祭りの時に行った神社で話し込んでしまうのであった。すると、だんだん2人の思いが通じ合っているような、甘い雰囲気になり、ホテルに行ってしまう。ベットに寝転びキスを交わす。しかし生理が来てしまい最後までは出来なかった。幸せな時間が流れる中、イコくんに自分の事をどう思っているのか聞かれ、今更だけど付き合ってと告白される。自分はまだ恋愛が出来ることをワコは喜んだ。イコくんに彼氏はいないと嘘をついてしまっている為、真っすぐな彼を見て直ぐに返事をする事は出来ず、返答を先延ばしにしてしまった。

浮気疑惑

家に帰るとふうくんが機嫌悪そうにしていた。昨晩携帯の電源を切っていたことを聞かれ充電が切れてしまったと嘘をつく。携帯の充電を入れなおすとふうくんからの着信が大量に入っていて、ふうくんに誰と何をしていたのか問い詰められるが上手く誤魔化した。お風呂に入っていると携帯が鳴りイコくんからの着信をふうくんから渡され無理やり電話に出させられた。電話からはイコくんの声が漏れる。緊張が走った。「浮気しちゃった?」と問い詰められるが、また誤魔化した。壊す勇気もないくせに浮気して、これをキッカケにふうくんは疑う目で見てくるようになるのであった。以来、イコくんとは連絡が取りづらくなってしまうが街中で偶然会い、家に誘われる。告白の返事を聞かれ戸惑うワコだが、彼氏がいることを正直に話した。イコくんは自分にとって好きな人で、ふうくんは彼氏だと。当然、イコくんは怒った。イコくんといるときは自分らしくいられるから、彼氏と別れると泣きついてしまうワコ。このチャンスを逃しちゃだめだと意気込むが、ふうくんと過ごしてきたこの4年間を簡単に手放す事が出来ずに一人で泣くワコなのであった。

浮気発覚

イコくんと話をする為に神社へ呼び出した。別れていない事に察しがついたイコくんは好きじゃない人と結婚するのかと攻めた。好きに絶対は無いし、結婚の事を考えると簡単な話じゃないと話していると、ふうくんが現れ会話を全て聞かれていた。修羅場になってしまい、ホテルに行った日の事もバレてしまった。立ち去っていくふうくん。追いかけるが相手にして貰えなかった。何日もふうくんは家に帰らなかった。誰もいない暗い部屋は、全然違う家にさえ思い、後悔と涙が溢れる。ふうくんとのこれまでが無かった事になると、自分がしてきたイコくんとの出来事を心底悔やむのだった。一方ふうくんは知人の家に、ワコに浮気をされた愚痴を聞いて貰っていたが、ふうくんはふうくんで疎かにしてきたワコとの生活を見直すように説教され、自分にも非があったことに気づく。ふうくんはワコが待つ家に帰る。ごめんなさいと泣きくずれるワコはここが自分の居場所なんだと、再確認した。もう一度やり直そうと、これまで以上にお互いを思いやり、初心に戻る努力をしていく2人なのであった。映画館は閉館する事になっていた。最終日にイコくんが映画館に訪れ、二股でいいから付き合ってと迫ってきた。

二股

ふうくんとちゃんとすると決めたワコは、イコくんの手を払い除ける。しかしイコくんも引かず、「なんでボクの事嫌いっていわないんですか?」と聞いてきた。キライと言いかけるワコの邪魔をするかのようにイコくんはほっぺにキスをする。映画館の片隅の備品室で、半ば無理やりに迫ってくる彼の本気に、ワコは嬉しくなってしまい気持ちが高まり合う2人は、求め合ってしまうのだった。思わず「好き」と漏らしてしまう。一瞬でも好きだと思った事にイコくんは漬け込んだ。諦める様子はなく、去って行った。映画館は閉館し、別れを惜しみながら帰り道、イコくんとの出来事に、またときめいてしまっている自分がいた。忘れなきゃと頭の中で何度も言い聞かせ、家に帰るのであった。家に着くと、ふうくんが心配そうに怒っていた。まだイコくんとのことを疑われているようだった。機嫌を伺うようにコーヒーを入れようと台所に行くと、流しには魚を食べた後がそのまま置かれていた。いつも注意している事が未だに出来ない彼。何度言っても変わらない。

もとどおり

ふうくんとの生活がいつの間にか元通りになっていた。一からやり直そうとお互いを思いやり、歩み寄る気持ちは薄れていったのだった。イコくんからはあれから何度かメールが来ていたが、全部無視するようにしていた。しかし、ふうくんとの生活が疎かになり、不満が溜まっていた事もあり、再びイコくんと会ってしまう。イコくんといる時間に幸せを感じるワコ。帰ろうとするが5分だけ、あと10分だけ、と離れ難くなってしまう。あまり遅くなると、ふうくんにまた疑われてしまうので、イコくんを見送った。ふうくんとじゃ満たされない部分を、イコくんと会う事で補えていた。また再び会ってしまってからというもの、時間の隙間を見つけてはイコくんと会っていた。だが、二股で良いと言われた事に甘え、こんな関係がいつまでも続けて良いはずがなかったが、お互いの気持ちは高まっていくばかりだった。映画館が潰れてしまったので、就活に励むワコだが、なかなか採用してもらえなくて落ち込む。ふうくんに就活の事を突っ込まれるが、頼りない事はお互い様で憎たらしくて仕方なかった。元気を貰おうとイコくんと会う。カメラを買ったと嬉しそうにはしゃぐイコくんを見て、就活が上手くいっていない事や、お金の事で余裕がなくなっていた事からイコくんに八つ当たりをしてしまう。すぐに自分が悪かったと気づき謝る。同じ境遇じゃないから、まだ経験していない事を共感して励ます力はないが、一生懸命イコくんなりに応援してくれた事が嬉しかった。

さよなら4年間

イデヲンで一緒に働いていた水野さんから久しぶりに電話がきた。映画関係の手伝いをしないかと誘われたけど断わった。その事をふうくんに話してみたが「当然でしょ」と返された。就活が上手くいかなくてもその映画関係の手伝いに逃げるなよと釘を刺された。「どうせワコには作る才能も情熱もないんだからさ」と、その言葉に引っかかる。ふうくんはワコの事を下に見ているような言動がこれまでもあり、いろんな事が一気に爆発した。言い合いになる2人。これまでお互いがお互いの事を「どうせ」と思うようになって何も言えなくなっていた。お互いを小さく見積もることで一緒にいて安心しあっている2人は、ある意味相性が良かったがそれは4年分の相性だった。ワコは土下座をしながらふうくんに「別れてください」と言った。私の為にふうくんは変わる事は出来ない。ないものねだりをして、イコくんと浮気をしてしまうワコも変わる事は出来なかったのだ。動揺するふうくんは、浮気が続いていたのではないかと問い詰めるが、2人の生活を雑にしてきたことを心底悔やんで欲しかったので、本当のことは絶対に言わなかった。ふうくんは泣いていた。2人の家に居ることはもう出来なくなったので、ネカフェに寝泊まりして、ふうくんが会社に行っている間に新しい家を探し、荷物を片付けに戻る生活をした。しかしタイミングが悪くふうくんが帰ってきてしまう。やり直そうと言ってきたが手を払いのけた。ワコのふうくんへの気持ちはもうなかった。

新しい生活

新居が決まり引っ越し作業が終わる。これで良かったのだと、こうするしかなかったと前向きに考えた。早速イコくんに連絡してみたが、電話にでない。丁度文化祭の準備をしていたイコくんは携帯を壊してしまい、連絡の手段がなくなってしまうのであった。すれ違う2人だったが、前に話をしていた文化祭に仕方なく行くことにする。高校生と関係を持ってしまっている後ろめたさや、活気のある生徒たちに引け目を感じながらも校内の中を探していると、前から女友達(サカキ)と楽しそうに歩いて来るイコくんの姿が見えた。不安そうに声をかけると、会えた事が嬉しかったのか喜んでくれた。しかし、学校生活のイコくんを目の当たりにすると、自分が32歳のおばさんなことや、堂々と彼女だと言えないことにモヤモヤした。連絡が取れるようになったので、イコくんを家に招いた。彼氏と別れたことも報告して、やっと付き合うことになり結ばれた。ワコは就職も決まり、幸せな日常が続く。ふうくんとしてきた失敗はもうしないと意気み、イコくんと過ごす時間を大事にした。しかし、ワコは新しい会社に馴染むのに必死で、イコくんは映画の撮影を始めた。それから学校の友達と過ごす時間も増え、学校の話をする事が増えていった。少しずつすれ違っていく2人。若さゆえの何気ない一言や、価値観の差は埋められないし、イコくんの居場所はここだけじゃない事にワコは無性に寂しさを感じるのだった。

元彼と再会

ねぎたま
ねぎたま
@go-113193709311424715640

目次 - Contents