トリニティセブン 7人の魔書使い(Trinity Seven)のネタバレ解説まとめ

『トリニティセブン 7人の魔書使い』とは、原作サイトウケイジ、作画奈央晃徳による漫画作品。2014年にTVアニメ、2017年と2019年には劇場版アニメが製作された。
黒い太陽が引き起こした崩壊現象により、主人公春日アラタの日常は唐突な終焉を迎える。途方に暮れるアラタの前に浅見リリスという少女が現れ、彼を王立ビブリア学園へといざなう。ここで魔法を学びながら崩壊現象の謎を解き明かし、幼馴染の聖や失った日常を取り戻すことを決意するアラタ。そんな彼に、学園長は学園最強と呼ばれる7人の少女を紹介する。

真実(ヴァラム)
総括(シンセンス)
審判(アルビテル)
正義(ユースティティア)
支配(インペル)
愛情(カリタス)
使命(ミッショニス)
理念(イデア)
善良(ベニニタス)
高貴(レギウス)

嫉妬(インウィディア)

希望(スペーロウ)
勇気(ヴァータス)
幻想(リディカル)
解放(ソルヴォ)
誠意(フェイス)
期待(エクスペクト)
完璧(ペルフェクトゥス)
興味(ストゥディウム)
勇敢(フォルティス)
認識(レコグナイズ)
報酬(メルケース)
虚構(フィクタ)
至誠(シンセリティート)

憤怒(イラ)

勝利(ウィクトリア)
調和(コンコルディア)
分解(アナリシス)
創造(パルタム)
開拓(カルチュア)
崩壊(ルイーナ)
協調(アウクシリウム)
無敵(インヴィクタ)
決意(ディタルミナティオ)

怠惰(アケディア)

停滞(スタグナ)
誓約(オブシディス)
静寂(コンフュート)
空虚(インフレクィンティア)
束縛(リガーレ)
定着(フィキシング)
節度(モデレイティオ)
庇護(アサイラム)
平和(パックス)

強欲(アワリティア)

慈愛(カンティネオ)
後悔(リトリート)
成功(フラックス)
賢明(セイピエンティア)
友情(アミキティア)
貪欲(クピディタース)
魅力(ウェヌスタ)
共感(シンパティア)
知恵(サピエンティア)

暴食(グラ)

神聖(サンクタス)
無限(インフィニティ)
発展(アウクタス)
幸福(フェリクタス)
循環(シルクィタス)
信仰(フィデス)
意志(ウォルンタス)
信頼(フォードゥーキア)
成就(フィーアト)

色欲(ルクスリア)

終焉(ターミナス)
虚無(ヴァニタス)
安息(スィレオ)
博愛(ディリゴ)
消滅(フォール)
永遠(エヴァーラスティング)
生命(アビエス)
起源(オリゴ)

魔導士(メイガス)

人の道ではなく、「魔」の道を選んだ者たちの総称。一般的に解決不可能な未解決事件や魔道的事件を調査・解決するために行動する。世界の理から逸脱し、異世界・異次元・超常現象などの研究を続けるため、その人のずれた精神・主張が基礎的資質となっている。

王立図書館検閲官(グリモワールセキュリティ)

「崩壊現象」を完全に除去するために任命された集団。王立ビブリア学園の在校生の優秀な魔道士が選任され、さらにその中から、首席検閲官および次席・参席が、学園内で単一魔道に精通した「トリニティセブン」から選任される。現在においては首席をミラ、次席をアラタ(リーゼの代わり)、参席をアキオが担当している。世界のどこかで「崩壊現象」が起きる、または発生が予想される場合に派遣され、それを破壊・阻止することが任務となっている。

枢機(カルディナリス)クラス

魔道士の最高位「大魔公」に次ぐ魔力を持つ。生まれつき魔力を宿していることが多い反面、その制御が難しく、「大魔公」に上りつめることができない。その結果、魔力が暴走して消滅もしくは魔物化することが多い。ちなみに、アラタが該当する「魔王クラス」はランク外で特別枠の扱いとなっている。

『トリニティセブン 7人の魔書使い』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

1話 魔王候補と第三の選択より

「決めたよ、魔道書は渡さない」
「だけど俺も死にやしない。第三の選択肢だ!」(アラタ)

2話 空間閉鎖と王立図書館検察官より

「私のスペルビア、傲慢のアーカイブに属するテーマ、ユースティティア(正義)の名のもとに、私の前で、一切の不浄は許しません!」(山奈ミラ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス(マジェプリ)のネタバレ解説まとめ

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』とは、2013年にTOKYO MX等で放送された動画工房及びオレンジ制作のロボットアニメ。舞台は地球暦2110年人類が宇宙進出を果たした世界。地球は謎の勢力「ウルガル」による攻撃を受け滅亡の危機を迎えていた。「チームラビッツ」に所属するイズル、アサギ、ケイ、タマキ、スルガの5人は「アッシュ」のパイロットとなり対ウルガルの切り札として戦いに巻き込まれていく。

Read Article

魔法少女リリカルなのは(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『魔法少女リリカルなのは』とは、2004年に全13話が放送されたテレビアニメ作品であり、『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の第1期作品。 平凡な小学3年生の高町なのははある日、異世界からやってきた少年ユーノを保護しジュエルシードの封印を手伝う事になる。やがて、同じ目的の少女・フェイトと出会い、自分の運命を大きく変えていく。

Read Article

魔法少女リリカルなのはA's(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『魔法少女リリカルなのはA's』とは、2005年10月1日から12月25日にかけて全13話が放送されたテレビアニメ作品であり、『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の第2期作品。 なのはとフェイトの出会いから約半年が経った冬の日、「所属不明の魔導師が急速接近中」との警告が響く。それは、後に「闇の書事件」と呼ばれる、悲しくも優しい出来事の始まりだった。

Read Article

目次 - Contents