ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

『ホビット 竜に奪われた王国』の概要

『ホビット 竜に奪われた王国』は、2013年に公開されたアメリカ・ニュジーランド合作のファンタジー映画。本作は、J・R・R・トールキンが1937年に発表した小説『ホビットの冒険』を原作として実写化した『ホビット』三部作の2作目となる。『ホビット』三部作は、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の前日譚であり、60年前の中つ国が舞台となっている。最新技術を活用し、3D映画として製作された。映画監督は『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』のピーター・ジャクソンが続投し、主人公ビルボ・バギンズを『ブラック・パンサー』やBBCドラマ『SHERLOCK』のマーティン・フリーマンが演じている。出演は他に、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のリチャード・アーミティッジ(トーリン役)、本作から登場する『アントマン』のエヴァンジェリン・リリー(タウリエル役)、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』から引き続き、イアン・マッケラン(ガンダルフ役)、ケイト・ブランシェット(ガラドリエル役)、オーランド・ブルーム(レゴラス役)など。
第86回アカデミー賞には音響編集賞、録音賞、視覚効果賞でノミネートされたが受賞は逃した。後にブルーレイ化された『エクステンデッド・エディション』では、約25分間の未公開シーンが追加されている。本記事ではこの未公開シーンの内容も一部含んでいる。

人間やエルフ族、ドワーフ族、ホビット族などが住む中つ国(なかつくに)では、緑の森が闇の魔力により腐敗し、蜘蛛の悪霊の末裔が跋扈するなど、闇の力の拡大を疑う出来事が起きていた。
ホビット族の青年ビルボは、魔法使いのガンダルフ、ドワーフ族の王であるトーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフと共に旅を続けていた。はなれ山(エレボール)に築いた地下都市が彼らの故郷であり、トーリンは山の下の王と呼ばれていた。旅の目的は、第三紀で最大最強最悪であり、火を吐く火竜のスマウグに奪われたドワーフの王国、はなれ山を奪還することだった。
冥王サウロンの手下である種族のオークの王アゾグの襲撃から逃れた一行は、闇の森で大蜘蛛の群れに襲われたり、闇の森のエルフに捕まってしまう。なんとか脱出するも、すぐにアゾグの息子であるボルグ率いるオークに襲われるなど困難は続いた。逃げ切って湖に辿り着いた一行は、そこで出会った湖の町エスガロスに住むバルドに頼み、船に乗ってエスガロスの町へ入り、そこからようやくはなれ山へと辿り着いた。一方、ガンダルフは闇の森の前で一行と別れてから、冥王サウロンの最強の僕であるアングマールの魔王の墓へ行き、その遺体がないことを確認した。ガンダルフは茶の魔法使いラダガストがアングマールの魔王や死者を蘇らせることができる死人遣い(ネクロマンサー)を目撃したドル・グルドゥアに行き、ネクロマンサーが冥王サウロンであることを突き止めて戦う。はなれ山では、ビルボが王家の証の宝石であるアーケンストーンを探すため、スマウグが眠る部屋に忍び入るが、スマウグの目が覚め、一行を襲う。彼らはスマウグを倒そうとするが失敗してしまう。

『ホビット 竜に奪われた王国』のあらすじ・ストーリー

冒険の旅に出発する1年前のガンダルフとトーリンの会合

人間やエルフ族、ドワーフ族、ホビット族などが住む中つ国(なかつくに)では、緑の森が闇の魔力により腐敗し、動植物が死んだり、蜘蛛の悪霊の末裔が跋扈するなど、闇の力の拡大を疑う出来事が起きていた。
ホビット族の青年ビルボは、魔法使いのガンダルフ、ドワーフ族の王であるトーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフと共に旅を続けていた。はなれ山(エレボール)に築いた地下都市が彼らの故郷であり、トーリンは山の下の王と呼ばれていた。平穏な暮らしを愛するビルボは危険を伴う旅に乗り気ではなかったが、冒険への好奇心を抑えきれず、旅に同行することになった。その旅の目的は、第三紀で最大最強最悪であり、火を吐く火竜のスマウグに奪われたドワーフの王国、はなれ山を奪還することだった。

ビルボが旅に出る約1年前、中つ国の西にあるブリー村の宿屋「踊る子馬亭」に食事に来たトーリンは、灰色のガンダルフと名乗る魔法使いと出会う。「なぜブリー村に?」と訊くガンダルフに、トーリンは父親のスラインが、霧ふり山脈南部の西麓にある焦茶の国近くの荒れ地にいたと聞いて探しに来たことを話す。スラインはトーリン一族がスマウグに故郷のはなれ山を奪われて、古代王国モリアに行った時、そこを占拠していた冥王サウロンの配下として闇の勢力の主力を成す種族であるオークとの戦いで行方不明となっていた。その戦いでトーリンの祖父スロールは、オークの首領であるアゾグに殺され、そのアゾグに立ち向かったトーリンがアゾグの左腕を斬り落としたのだ。それから父の消息を何十年も探り続け、焦茶の国に探しに来たトーリンだが、スラインは見つからなかった。ガンダルフはさらにスロールが持っていた「七つの指輪」の所在についてもトーリンに訊いた。強力な魔力を持つ「力の指輪」のうち、ドワーフが与えられた「七つの指輪」の所在をガンダルフは調べていたのだ。トーリンによれば、スロールの指輪はモリアでの戦いの前にスラインに譲られていた。「七つの指輪」のうち4つは竜に消され、2つはサウロンに奪われ、最後の1つはスラインがつけたまま行方不明となっていたことが判明したのだ。スラインが消息を絶つ前、ガンダルフはスラインと会って、はなれ山にドワーフ7氏族の兵を進めて竜を倒し故郷を取り戻すよう話していた。そしてガンダルフはトーリンにも同じことを言うためここに来たのだった。ガンダルフは冥王サウロンがスマウグと組むのではないかと心配しており、その前に竜を倒し、はなれ山を奪還すべきと考えたのだ。また、ガンダルフはブリー村に来る途中、闇の勢力がトーリンの首に懸賞金を懸けている手配書を見つけたことから、トーリンにそのことを伝え、急いで事を進めるよう話す。トーリンが、「7氏族の協力を仰ぐためには、竜の元にあるアーケンストーンが必要だ。」と主張すると、ガンダルフは、「アーケンストーンを奪い返すために忍びの者が必要だ。」と話すのだった。アーケンストーンは、王家の証と言われている白く輝く大きな宝石で、今は、はなれ山を奪った竜の元にあった。

「皮を変える者」との出会いとガンダルフのドル・グルドゥアへの懸念

出典: www.cinemacafe.net

ビヨルンの家の中に入り、熊になっているビヨルン(画像中央左)を家に入れないよう扉を押さえているドワーフたち

トーリン一行は、アゾグの襲撃から逃げ、闇の森の西に来たものの、一行を捜し回っているオークのほかに、巨大な熊を見つける。ガンダルフの案内で近くにある家に逃げ込んだ一行だが、そこはその巨大な熊の家だった。ガンダルフによれば、熊は名前をビヨルンと言い、変身能力をもつ一族で「皮を変える者」と呼ばれており、熊の時は危険だが人の時は話も通じる。

アゾグは、熊が見張っているため、一行が逃げ込んだ家を襲うことが出来ず、翌朝襲おうとしていた。そこに、息子のボルグがやってきて、アゾグにすぐにドル・グルドゥアに来るようにという首領からの伝言を伝えた。ドル・グルドゥアは闇の森の南西部にある砦で廃墟のはずだったが、今は闇の力で覆われていた。そして、指輪の幽鬼ナズグルの首領であるアングマールの魔王と、死者を呼び戻す死人遣い(ネクロマンサー)を茶の魔法使いラダガストが目撃した場所であった。ナズグルは強力な魔力を持つ「力の指輪」のうち「九つの指輪」を与えられた古の9人の人間の王が堕落し、冥王サウロンの配下となった指輪の幽鬼である。ドル・グルドゥアに戻ったアゾグは、首領から兵力が増大したので軍を率いるよう命令され、ボルグに自分の代わりにトーリン一行を追うよう指示する。

翌朝、ガンダルフは、ビヨルンに協力を求めた。ビヨルンは強欲で他の生き物を見下すドワーフが嫌いだが、それ以上に家族を殺したアゾグやオークを憎んでいた。そのため闇の森を通るという一行に協力し、闇の森の入口まで子馬を貸すことにした。ガンダルフはビヨルンから、オークがドル・グルドゥアの妖術師と手を組み、丘に集まっており、アゾグもネクロマンサーに従っていると聞く。さらに霧ふり山脈の北西にあるルーダウアの丘を死人が歩いていたことも聞いたガンダルフは、その丘の奥深くの墓に呪文で封印された、ナズグルの首領であるアングマールの魔王の遺体のことを思い出した。一行はビヨルンと別れ、闇の森のエルフの道に着いた。しかし、エルフの国ロスローリエンの奥方であるガラドリエルから魔王の遺体を調べるよう頼まれていたガンダルフは、ルーダウアの丘に行くことを決め、同行しないことを皆に話した。何も言わないビルボを見て、旅に出た頃のビルボなら不安に思い何か言っただろうと思ったガンダルフは「変わったな。ホビット庄と出た時とは別人だ。」と言った。そんなガンダルフにビルボは「話がある。ゴブリンの住処で見つけた。」と、霧ふり山脈のゴブリン王国の地底で拾った姿を消せる指輪のことを話そうとするが、結局言い出せず「勇気を見つけた。」とごまかしてしまった。実はその指輪は地底に潜んでいたゴラムが長年持ち続けていた、すべての「力の指輪」を支配する「一つの指輪」だったのだが、その時そのことを知る者は誰もいなかった。ガンダルフは、はなれ山の前にある谷間の町デイルの高台で待つこと、自分抜きではなれ山に入らないこと、そして水には幻覚作用があるから入らないことなどエルフの道の進み方について話し、去っていった。

闇の森での大蜘蛛の襲撃とエルフに捕まった一行

出典: www.iowanazkids.org

闇の森で大蜘蛛に襲われ、剣で立ち向かうビルボ

闇の森に入った一行だが、すぐに息苦しさに襲われ、意識が朦朧として道に迷ってしまう。しかし、上から見れば向かうべき方向がわかると考えたビルボは、木を登り森から顔を出し、きれいな空気を吸って幻覚から覚め、道を確認した。しかし、下に降りようとしたビルボも含め、全員が大蜘蛛の群れに襲われ、糸でぐるぐる巻きにされてしまった。ビルボが剣で糸を切って逃げ、指輪をはめると、それまで聞こえなかった大蜘蛛の話し声が聞こえた。姿が見えなくなったビルボは大蜘蛛を剣で切りつけ倒した。その時の大蜘蛛の「つらぬきやがって。」という言葉から、ビルボは自分の剣を「つらぬき丸(スティング)」と名付けるのだった。ビルボは仲間の糸も切って助けるが、大蜘蛛の群れに囲まれてしまう。そこに闇の森のエルフの王子レゴラスや女性の近衛隊長であるタウリエルらエルフ隊が来て、瞬く間に大蜘蛛を殺し、一行を不審者として捕まえ、武器を取り上げて闇の森のエルフの王国へ連れ帰る。一行と離れたところにいたため、捕まらなかったビルボは、指輪をはめ姿が見えない状態で後を追い、闇の森の王国に忍び込んだ。

出典: plaza.rakuten.co.jp

トーリンに、はなれ山にある白い宝石を取ってくるよう命じる闇の森のエルフの王国の王スランドゥイル

トーリンはスランドゥイル王の前に連れていかれ、それ以外のドワーフたちは牢に入れられた。スランドゥイルは、はなれ山にある、星の光を放つ白いラスガレンの宝石を望んでいた。「旅立ちたいなら、わが宝石を持ち帰れ。王と王との約束だ。」とトーリンに言うが、トーリンは「信じない。貴様には王の資格はない。」と言い放つ。トーリンははなれ山を追われてスランドゥイルに助けを請うた時、背を向けた彼を恨んでいたのだ。しかしスランドゥイルはかつて北方の竜と戦い、重傷を負っていため、竜の怒りを買うのを恐れて助けられなかったのだった。スランドゥイルとトーリンの交渉は決裂し、トーリンも牢に入れられた。

出典: www.walkerplus.com

スランドゥイル(画像右)と話をするタウリエル(画像左)

その晩、タウリエルはスランドゥイルに蜘蛛について報告していた。スランドゥイルから2か月前に蜘蛛の巣の始末を命じられていたが、倒しても倒してもドル・グルドゥアから蜘蛛がやってくるため、元から絶たなければならないとタウリエルは訴えたのだ。それに対し、スランドゥイルはドル・グルドゥアは領地外だから放っておき、領地内の蜘蛛を追い払うよう命じる。追い払った蜘蛛が他の領地に行くのではと懸念するタウリエルに対し、スランドゥイルは「知ったことではない。」と言い切る。スランドゥイルは立ち去ろうとするタウリエルに「レゴラスが褒めていた。お前に気があるようだ。」と言うが、王子と卑しいシルヴァン・エルフでは身分違いであり許すつもりはないと釘を刺した。
エルフは光のエルフ、暗闇のエルフの2種類に分けられる。西方の神々の国アマンで、二つの木を見たエルフを光のエルフ、見ていないエルフを暗闇のエルフと言う。二つの木とは、月と太陽が空に上がる以前に光り輝いてアマンを照らしていた、金の木ラウレリンと銀の木テルペリオンのことである。この二つの木の光を受け、神から直接教えを受けた光のエルフの能力は突出しており、暗闇のエルフを心身共に遥かに凌いでいる。暗闇のエルフの中でも序列があり、光のエルフと神に仕える精霊から教えを受けた灰色エルフ(シンダール)は暗闇のエルフの中で最も美しく、賢明で、技に長じている。シルヴァン・エルフは暗闇のエルフの中で霧ふり山脈の東の闇の森に住むエルフのことであり、光のエルフや、灰色エルフよりも知識や技量で劣る。スランドゥイルやレゴラスは灰色エルフで、タウリエルはシルヴァン・エルフであることから、スランドゥイルは身分の違いを指摘したのだった。

出典: norajirosavon.blog.fc2.com

牢の中からタウリエルと話すキーリ(画像中央)

タウリエルが牢を見回りに行くと、ドワーフの中でも年若くハンサムで勇敢だが無鉄砲なキーリが石をもてあそんでいた。その石はお守りで必ず帰るという母親との約束の石だった。森での蜘蛛との戦いの時、一目見た時からお互いが気になっていたキーリとタウリエルはお互いの話をするが、その姿をレゴラスが見ていた。

出典: www.cinemacafe.net

樽に入り、川の流れに乗って逃げるドワーフたち

城に忍び込んだビルボは脱出案を練り、牢の鍵を盗んで全員の牢を開け、酒蔵に向かい、皆を酒樽に入れ川へ流し、闇の森の王国からの脱出に成功した。しかし、すぐにボルグ率いるオーク隊に襲われ、逃げる途中で閉まった水門を開けようとしたキーリの左太ももにボルグの矢が刺さってしまう。そこにトーリン一行を追ってきたタウリエルやレゴラス達エルフ隊が、一行を捕まえるより領地内に侵入してきていたオークを倒すことを優先したことで、一行は樽に入ったまま、川を進み、なんとか逃げ切ることができた。

アングマールの魔王の復活を知ったガンダルフと湖の町に入ったトーリン一行

出典: gigazine.net

湖辺で出会ったエスガロスの町の船頭バルドはドワーフたちに弓を向ける

一方、闇の森の前で一行と別れたガンダルフは、ルーダウアの丘の奥深くにあるアングマールの魔王の墓へ行き、そこに来るよう呼んでいた、茶の魔法使いラダガストと共にその遺体がないことを確認した。ガンダルフはラダガストに、冥王サウロンがナズグルをドル・グルドゥアに呼び集めており、アゾグが闇の軍勢を率いて、はなれ山にて大きな戦を仕掛けてくるのではないかという自分の考えを話した。一行の元へ戻ろうとするガンダルフだが、ラダガストに彼の考えが本当なら世界の危機だと言われ、考えを確かめるべく、2人は共にドル・グルドゥアに向かうことを決めた。

オークやエルフから逃げ切って湖に辿り着いた一行は、そこで湖の町エスガロスに住む弓の達人バルドに出会った。エスガロスは、かつて竜に襲われた谷間の国デイルに住んでいた人間たちが逃げて、現在住んでいる町である。一行は町に入るために船に乗せてほしいとバルドに頼むが、バルドは彼らのそばにあった傷ついた樽が、闇の森のエルフの王国のものであることに気づく。「エスガロスの統領はエルフとの取引で儲けているため、エルフの王を怒らせた奴らを町には入れないだろう。」とバルドに言われた一行は、バルドに頼み、2倍の船賃を払って船に乗せてもらい樽の中に隠れてエスガロスの町に入った。

オークを尋問し、サウロンが復活しスマウグと組んだことを知るスランドゥイル

出典: blog.goo.ne.jp

生け捕りにしたオーク(画像中央)を尋問するレゴラス(画像右)とスランドゥイル(画像左)

StoryMaker
StoryMaker
@StoryMaker

Related Articles関連記事

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(Avengers: Endgame)のネタバレ解説まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)のネタバレ解説まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

アントマン&ワスプ(Ant-Man and the Wasp)のネタバレ解説まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)のネタバレ解説まとめ

第二次世界大戦中に、ドイツのエニグマ暗号の解読に挑んだアラン・チューリングの実話を、グレアム・ムーア脚本、モルテン・ティルドゥム監督により2014年に映画化した、歴史ミステリー映画。解読不能と言われたエニグマ暗号を、万能マシン「クリストファー」によって解読し、イギリスを勝利に導いたものの、同性愛者であることから不遇の人生を送ったアラン・チューリングをベネディクト・カンバーバッチが熱演している。

Read Article

キング・コング(King Kong)のネタバレ解説まとめ

映画史に残る1933年制作の怪獣映画の古典「キング・コング」を「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督がSFXを駆使してリメイクしたのが、この2005年版「キング・コング」。映画撮影のため南海に浮かぶ海図には乗らない神秘の島・髑髏(どくろ)島に到着した撮影隊がキング・コングを初め様々な怪獣や恐竜たちと遭遇する、ラブロマンスとホラー要素もある痛快アクション・アドベンチャー。

Read Article

キャプテン・マーベル(Captain Marvel)のネタバレ解説まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

歴代シャーロック・ホームズ役者には個性的なイケメンがずらり!

シャーロック・ホームズ!彼がいなかったら、テレビドラマでの刑事物やバディ(相棒)物というジャンルはおそらく生まれていなかったと思います。彼を演じた役者の数もかなりのボリュームで、まだ映画に音がない(サイレント映画)時代から既にホームズ映画はありました。そんなホームズを演じた様々な俳優達を時系列で紹介します。

Read Article

目次 - Contents