AQUA・ARIA(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『AQUA』『ARIA』とは天野こずえによる漫画、およびそれを原作としたアニメである。『AQUA』『ARIA』合わせて全14巻。過去3度アニメが放送され、2015年には映画化もされている。
ネオ・ヴェネツィアを舞台として水無灯里が一人前の水先案内人(ウンディーネ)を目指してたくさんの人との出会いを経て成長していく物語である。景色の描写がとても綺麗で登場人物全員がとてもいい人なのが特徴である。また日常のほんのちょっとした幸せに焦点を当てた作品であるため、読む人の心を癒す作品となっている。

水無灯里(みずなしあかり)

CV:葉月絵理乃
本作の主人公。一人前の水先案内人になるためアクアに来た地球出身の少女。ARIAカンパニーに所属している。
好奇心旺盛な性格で様々なものに対して興味を持つ。ゴンドラの練習中にも目移りしてしまうため、集中力が散漫になることも。
また、天真爛漫で純粋な女の子で、初対面の相手とも気軽に打ち解けることができる。アリス曰く「友達作りの天才」。
口癖は「はひーっ」「素敵ーっ」「摩訶不思議」など。
物語開始時のウンディーネの階級はペア(見習い)。プリマ(一人前)昇格後の通り名は「遥かなる蒼(アクアマリン)」。

藍華・S・グランチェスタ(あいか・エス・グランチェスタ)

CV:斎藤千和
灯里の最初の友達。姫屋の跡取り娘として勤めている。
最初はアリシアに会う機会を作るため友達になったが、何度も会ううちに本当の友達になった。
しっかり者であり、灯里、アリスとの合同練習のまとめ役となっている。負けず嫌いな性格だが、涙もろい面や怖がりな一面を持っている。
口癖は「〇〇禁止!」「ぎゃーす!!」
物語開始時のウンディーネの階級はペア(見習い)。プリマ(一人前)昇格後の通り名は「薔薇の女王(ローゼン・クイーン)」。

アリス・キャロル

CV:広橋涼
オレンジぷらねっとに所属している。ミドルスクールに通いながらウンディーネの修行をしている。一人で練習している時に灯里と藍華に出会ってから行動を共にするようになる。
性格は大人っぽいが、自分ルールを作る(影だけを踏んで家に帰る)など、子供っぽい一面もある。
操縦技術は高いが声が小さく人に対して壁を作ってしまっているところが課題となっている。
口癖は「でっかい〇〇です。」
物語開始時のウンディーネの階級はペア(見習い)。プリマ(一人前)昇格後の通り名は「黄昏の姫君(オレンジ・プリンセス)」。2段階の飛び級してプリマ昇格という異例の昇格となる。

アリシア・フローレンス

CV:大原さやか
ARIAカンパニーの経営者であり、灯里の先輩ウンディーネ。晃、アテナと並んで「水の三大妖精」と呼ばれている。
いつも笑顔で優しい性格であり、灯里や藍華からも慕われている。晃とは幼馴染で、晃がウンディーネを目指すのを知り、自分もウンディーネを志すようになる。
晃よりも早く自分がプリマになったため、晃に何かとライバル視されている。
口癖は「あらあら」「うふふ」。
通り名は「白き妖精(スノーホワイト)」。物語の最後で結婚を機にウンディーネを引退し、ゴンドラ協会の要職についている。

晃・E・フェラーリ(あきら・イー・フェラーリ)

CV:皆川純子
姫屋に所属しているウンディーネで藍華の先輩にあたる。アリシア、アテナと並んで「水の三大妖精」と呼ばれている。
アリシアの幼馴染。自分よりも先にアリシアがウンディーネになったため何かとライバル視している。
性格は男勝りで厳しいが、根は優しく愛情があり努力やよいところはしっかりと認める。
通り名は「真紅の薔薇(クリムゾンローズ)」。

アテナ・グローリィ

CV:川上とも子
オレンジぷらねっとに所属しているウンディーネでアリスの先輩。天使の謳声と言われるほど美しい歌声の持ち主。
周りの状況を察知して細かい気配りができる気配りの達人。一方でよく転ぶ、飲み物をこぼすなどドジっ子な一面もある。
物語の最後には本業の水先案内人をやる傍らオペラで歌手デビューした。
通り名は「天上の謳声(セイレーン)」。

アリア・ポコテン

CV:西村ちなみ
通称アリア社長。ARIAカンパニーの社長。火星猫。「ぷいにゅ」と鳴く。
人間の言葉は話せないが、知能は人間並み。

ヒメ・M・グランチェスタ

CV:水橋かおり
通称ヒメ社長。姫屋の社長。
無表情な猫。アリア社長に好意を寄せられているが、全く相手にしていない。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ARIA The ANIMATION(アリア ジ アニメーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ARIA』は天野こずえによるファンタジー×日常作品である。原作は漫画で元々もタイトルは『AQUA』であった。アニメ化第1期は『ARIA The ANIMATION』のタイトルで2005年の10月から12月まで放送された。 水無灯里は観光都市ネオ・ヴェツィアで水先案内人・ウンディーネになるため、アリアカンパニーに入社し、日々友人たちと修行をしていた。これはそんな日常の中の"素敵"を見つける物語。

Read Article

ARIA The NATURAL(アリア ザ ナチュラル)のネタバレ解説・考察まとめ

『ARIA The ANIMATION』のセカンド・シーズンに当たる未来形ヒーリングアニメーション。2006年の4月から9月にかけて放送されていた。今作では灯里達が日常の摩訶不思議を見つけ出す。 大晦日から数日後、アリアカンパニーにはマンホームから遊びに来たアイの姿があった。そして今日は年明けのカーニバル。物語は灯里とアイの摩訶不思議な体験から始まる。

Read Article

ARIA The ORIGINATION(アリア ジ オリジネーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ARIA The NATURAL』の続編であり、ARIAシリーズの完結作。独特な世界観と雰囲気の未来形ヒーリングアニメーション。放送時期は 2008年1月7日から3月31日。 水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネになることを夢見て、マンホームからアクアにやってきた。灯里は友人たちと日々修業に励む。様々な経験を経て成長した灯里たちは、ついに先輩の手を離れ一人前のウンディーネになってゆく。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説・考察まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

目次 - Contents