ダイの大冒険(ダイ大)のハドラー親衛騎団まとめ

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』とは、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。
世界征服を目論む魔王が、勇者によって倒されてから十数年。デルムリン島に住む少年ダイは、ある日「勇者の家庭教師」アバンと出会う。勇者に憧れるダイはアバンの弟子となるが、やがて彼こそが伝説の勇者であることを知る。戦いの中倒れたアバンの志を継ぎ、ダイは仲間たちと共に壮大な冒険の旅に挑む。
ハドラー親衛騎団は、本作後半に登場する敵組織。魅力的な好敵手として描かれ、物語を大いに盛り上げた。

ハドラー親衛騎団とは

ハドラー親衛騎団(以下、親衛騎団)とは、物語前半の敵である六大軍団壊滅後、主人公ダイたちの前に立ち塞がった敵組織である。
その名の通りハドラー直属の総勢5人の戦士たちで、全員が大魔王バーンから譲渡されたオリハルコン性のチェスの駒に禁呪を施して生み出された魔法生物。大魔王バーンではなくハドラーのためだけに存在し、彼のために命を賭して戦う、勇猛にして忠烈極まる組織である。
その全身は伝説の金属オリハルコンで構成されており、打撃や斬撃などの直接的なものであれ、呪文を利用したものであれ、ほぼあらゆる攻撃を受け付けない。多少傷ついたところで、人間でいう心臓の位置にある核を破壊されない限りいくらでも修復可能。さらに個々が高度な戦闘技能を有し、呪文を使った攻撃も可能など、恐るべき強敵として描かれた。
一方でその闘争への高潔な姿勢、戦士として覚醒しながらも朽ちていくハドラーへの絶大な忠誠心、高い仲間意識にダイたちが共感し、親衛騎団もまた彼らに敬意を払うなど、魅力的な好敵手として活躍し、物語を大いに盛り上げた。

ヒム

オリハルコン製のポーン(兵士)の駒から生み出された戦士。
チェスでいうとポーンは最弱の駒のように思えるが、実際は戦術的に非常に重要な駒である。ヒムもまた親衛騎団の中でも随一の勇猛さを誇り、切り込み隊長として活躍した。
徒手空拳での戦いを得意とし、近接戦闘において親衛騎団でも屈指の技量を持つ。メラ系の呪文を修得しているが、ただの攻撃呪文として使うより、メラの力を拳に宿した「ヒートナックル」で殴り掛かることが多い。
さっぱりとした気性の持ち主で、直情径行な熱血漢。その性格は戦い方にも現れており、全力で突撃し、敵に最大威力の攻撃を見舞うのが得意戦術である。闘争のみを絶対の価値観としており、強者であれば敵であろうと敬意を払うが、弱者には辛辣な態度を取る。初めて戦った時からヒュンケルの戦士としての才覚に目を付け、自身の倒すべき相手と見定めて幾度となく勝負を挑んだ。
ハドラーの戦士としての精神をもっとも色濃く受け継ぎ、卑怯な振る舞いを嫌う。ヒュンケルとバランが決闘しているところを発見した際は、横槍を入れようとするアルビナスを止めようとさえした。親衛騎団は全員がハドラーに対して強い忠誠心を抱いているが、中でもヒムのそれは際立っており、ハドラーの志に順ずることを誇りにさえ思っている。自分の魔力無しには存在を維持できない親衛騎団に対して、余命わずかとなったハドラーが実質的な道連れにしてしまうことを詫びた際、「あなたのために生き、あなたのために死ぬのなら本望」と言い切り、命を賭して強さを極めんとするハドラーの戦士としての高潔さに涙すら流して感動した。本来魔法生物である親衛騎団には涙を流す機能は搭載されておらず、このことには本人ばかりかハドラーも驚いていた。
バーンパレスでのハドラー親衛騎団最後の戦いで、決着をつけるべくヒュンケルと交戦。アバン流槍殺法を極めつつあったヒュンケルとは力量に大きく差をつけられつつあり、大ダメージを負ってバーンパレスから転落していった。

プロモーション・ヒム

仲間たちやハドラーの最後の戦いを感じ取り、ポーンの駒がもともと持っていた“プロモーション(昇格)”の能力と、死の淵にあってなお「アバンの使徒に一矢報いたい」と熱望するヒムの闘志が反応し、まったく新たな存在として生まれ変わった姿。
頭部にはハドラーのそれを思わせる銀髪が備わり、ただの魔法生物には存在しない生命エネルギーをその身に秘める。これはロボットが生命体になったようなものであり、文字通りの奇蹟である。
プロモーション後のポーンがチェスの駒の中でも最高の戦力となるのと同様、あらゆる能力が大きく増している。また、生命を得たことで光の闘気(生命エネルギーの一形態)を操ることができるようになっており、それを拳に乗せた「オーラナックル」を必殺技とする。純粋な生命体であるために、それまでの弱点であった空裂斬や虚空閃が通じなくなり、攻防ともに隙の無い戦士である。なお、形態はかなり違うが金属生命体という意味ではメタルスライムに近い存在であり、通常の回復魔法も受け付けるようになっている。
プロモーションする前から好敵手と見込んでいたヒュンケルと今度こそ決着をつけるために彼の前に現れ、その場にいた大魔王の手下の魔物たちを殲滅。全身全霊を賭けて最後の勝負を挑んだ。限界までヒュンケルを追い詰めたものの、彼のカウンター戦法の前に敗北を喫する。その後自分を庇ったヒュンケルが二度とは戦えないほどのダメージを負ったことに責任を感じ、彼に代わってダイたちの力になることを宣言。大魔王との戦いにて重要な戦力となる。
短い交流の中で、もともと戦士として共感していたダイたちや、彼らが信頼する者たちを新たな仲間として認め、好感を抱いていく。特にチウからは「獣王遊撃隊」の一員として子分に任命され、当初は辟易していたが、自分より遥かに弱い彼の中に気高い戦士の精神を見出し、徐々に隊長として相応に敬うようになっていった。これは戦士としての強さでのみ他者を評価していたヒムが、弱者の中にも価値あるものを認められるようになったということであり、彼の成長が見て取れる。
大魔王との決戦後も生き残り、チウ率いる「獣王遊撃隊」の一員としてデルムリン島で暮らすようになった。

アルビナス

オリハルコン製のクイーン(女王)の駒から生み出された戦士。
クイーンはチェスにおいて最強の駒であり、親衛騎団でもリーダー格の存在。戦場においても、自身が直接戦うよりは一歩離れたところから戦況を俯瞰し仲間に指示を出す姿が目立った。
ギラ系の呪文を修得しており、針のように細かく束ねたそれを無数に撃ち出す「ニードルサウザンド」を必殺技とする。元となった駒が“女王”なだけに、やや尊大ながら見た目も口調も女性らしく、「創造主(この場合はハドラー)の内面が性格に表れる」という禁呪によって生み出された魔法生物の特徴をあまり感じさせない。
沈着冷静な性格で、常に戦局を見定めて動く。その行動原理は「大魔王のため」ではなく「ハドラーのため」であり、ハドラーの利益になると判断すれば彼の不興をも恐れない。ヒュンケルとバランの決闘を偶然発見した時の対応はその顕著なもので、「決闘に横槍を入れたりすればハドラー様がお怒りになる」と止めようとしたヒムを振り切り、ハドラーにとっても脅威となるヒュンケルたちに容赦なく襲い掛かった。
ハドラーの手足となって戦い続ける一方、超魔生物への改造によって余命いくばくもない彼を支え、親衛騎団の中でも特に強く案じていく。最後までハドラーに付き従い、バーンパレスでの決戦にてマァムと激闘を繰り広げた。

戦闘形態

普段は筒状のドレスのような装束の中に隠している手足を露出させた姿。縦横無尽の機動力を誇るクイーンの駒さながらに、幾多の強敵を打ち破ってきたマァムをして「まったく動きが見えない」と戦慄させるほどのスピードを誇る。
親衛騎団最強を自負するこの形態でダイ一行を全員討ち取り、その功績をもってバーンにハドラーの延命を懇願するつもりでいた。これはアルビナスの独断であり、ハドラーの怒りを買うことも覚悟の上。ダイとの決闘を台無しにしてでもハドラーに生きてほしいと願うその姿を、マァムは「愛」と評したが、本人は「魔法生物である自分にそんな感情があるわけがない」と最後までそれを否定する。
「ニードルサウザンド」を球状に展開した「サウザンドボール」を必殺技とし、恐るべき機動力でヒットアンドアウェイを繰り返して終始マァムを圧倒。しかしそのスピードが仇となり、「地面に仰向けに転がり、正面から突っ込んでくるしかないアルビナスの進路上に鎧の破片をバラ撒く」というマァムの奇策によって敗北する。奇しくも“クイーンは迂闊に動かしてはならない”というチェスの格言通りの結果となった。
その後「作られた自分では、“誰かのために”という想いの強さでは人間には敵わないようだ」と自嘲し、マァムに「ハドラーの最後の勇姿を自分の代わりに見届けてほしい」と告げると機能を停止し、散った。

シグマ

オリハルコン製のナイト(騎士)の駒から生み出された戦士。
短めの馬上槍と盾を装備した騎士を思わせる姿をしているが、顔は馬そのもの。ナイトは将棋でいう桂馬のような、変則的な動きをする駒であり、そのためか親衛騎団でも随一の身軽さを誇る。ダイたちとの初戦闘では格闘戦に長けたマァムを完全に翻弄した。
戦士として覚醒したハドラーの武人たらんとする意志をもっとも強く受け継いでおり、騎士道にも相通ずるような高潔な精神の持ち主。決して相手を侮らず、敵であろうと礼節を忘れず、戦局を冷静に分析し、いざ戦うとなれば勇猛果敢。それでいてただの堅物ではなく、冗談を介する柔軟さも持つ。ダイたちとは決して相容れない存在ではあったが、その冷静かつ紳士的な態度は敵味方から一目置かれ、ポップは彼を「(まったく油断してくれないので)やりにくい相手」だと評した。
親衛騎団共通の能力としてほぼあらゆる呪文を受け付けないが、念の入ったことに彼の所持している盾は「シャハルの鑑」と呼ばれる伝説の防具で、呪文を反射する効果がある。このため親衛騎団をも一撃で葬る力を持つ極大消滅呪文メドローアに対する強烈なカウンターとなり、それを操るポップとは互いに警戒し合うライバル関係を築いていった。
ハドラー最後の戦いにも付き従い、因縁の相手であるポップと対戦。イオ系の呪文を接射する切り札「ライトニングバスター」をも耐え抜かれ、最終的には「メドローアに見せかけた他の呪文をシグマに反射させ、それを食らうことで勝利を確信させて隙をつく」というポップの作戦の前に敗北した。その後は潔く敗北を認めると共に、最高の好敵手であるポップに「何かの役に立つだろう」とシャハルの鑑を持っていくよう勧める。シャハルの鑑はその後の大魔王バーンとの戦いで重要な役割を果たし、間接的ながらダイたちの勝利に大きく貢献した。

フェンブレン

オリハルコン製のビショップ(僧正)の駒から生み出された戦士。
全身が刃状のパーツで構成されており、その材質がオリハルコンということもあって迂闊に攻撃すれば武器の方が疵付き、素手で殴りかかろうものなら己が血を流す結果となる。さらに本人がバギ系の呪文を自在に使いこなす優れた戦士ということもあり、攻防に隙が無い。
ハドラーの功名心や残虐性を強く受け継ぎ、自身でもはっきりとそう言い切るほど残酷な性格。一方でハドラーへの忠誠心や親衛騎団への仲間意識はしっかり持ち合わせており、彼らと行動する時には自身の趣味を表に出すことはない。自分より強い存在に果敢に挑む気質や、決して諦めずに仲間を守ろうと奮闘するチウを「立派だ」と評したりする一面も持ち合わせており、強いていうなら「戦士としてのハドラー」の“負の側面”を昇華したような複雑な人物。後に独断行動を起こす際にも仲間たちに胸中で謝罪するなど、ただ力に溺れる破壊者ではない。
作中では偵察に赴いたチウたちを偶然発見し、彼らが力量において自分に大きく劣ると見て取ると時間をかけて痛めつけながら殺そうとした。しかし一方的にいたぶっていたところを、独自に大魔王の動向を探っていたバランに発見され、その所業を見かねた彼に顔面に剣を突き立てられる。視力を失うもその場はなんとか逃げ出し、この一件でバランに恨みを抱くようになる。自身の手で必ず彼を討ち取ることを誓い、ハドラーに頼めばすぐに直る顔面の傷も敢えてそのままに残した。
後にダイとバランが魔宮の門に現れた際、親衛騎団の所属であることを表すエンブレムを返上してこれを単身で迎撃。生命力の反応を頼りに、自身の持てる全ての戦術を駆使してバランに必殺の一撃を叩き込む寸前まで迫るが、割って入ったダイのアバンストラッシュを受けて脳天から両断され、親衛騎団最初の脱落者となった。

ブロック

オリハルコン製のルック(城兵)の駒から生み出された戦士。
城壁と全身鎧を足して2で割ったような姿をしており、クロコダインをも上回る巨体と怪力を誇る。どういうわけか「ブローム」としかしゃべることができないものの、ハドラーへの忠誠心と親衛騎団への仲間意識は一際強く、文字通り自らを盾として彼らの危機を何度も救った。
作中では、もっぱらその怪力を用いて敵を叩き伏せる戦法を取る。個々が一系統ずつ呪文を修得しているとすればヒャド系が使えるはずだが、他の親衛騎団のメンバーとは異なり呪文の類を使用する場面は描かれなかった。意外にも咄嗟の判断力に長け、「メドローアの直撃を避けるために、自分の巨体を活かして親衛騎団の仲間たちを地中に押し込める」といった活躍を見せた。これを見たポップは、ただでさえ圧倒的な強者である親衛騎団に「己の身を捨ててでも仲間を守る」という強い仲間意識があることを知って驚嘆した。
意志の疎通はできないものの仲間たちからも概ね信頼されているが、ヒムからは「鈍そう」だと思われている。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

NEW

獣王・クロコダイン(ダイの大冒険)の徹底解説まとめ

クロコダインとは、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の登場人物。魔王軍六大軍団の百獣魔団の長を務めるワニ顔のリザードマンで、ロモス王国攻略を担当していた。主人公ダイとその仲間たちに敗れ、その際に彼らが見せた勇気に感服。以後は味方として活躍した。 作中でも屈指の怪力とタフネスを誇り、敵からも武勇を称賛される高潔な武人。主人公ダイにとって重要な仲間の一人で、若者が多い彼の仲間たちの中では貴重な大人として彼らを支えた。体を張って敵の攻撃を食い止めるシーンが多いことで有名である。

Read Article

NEW

不死騎団長・ヒュンケル(ダイの大冒険)の徹底解説まとめ

ヒュンケルとは、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の登場人物。魔王軍六大軍団の不死騎団長として、パプニカ王国の攻略を任されていた。 魔王軍に所属しているが、れっきとした人間であり、勇者アバンの弟子の一人。主人公ダイたちからすると兄弟子に当たる。アバンを父の仇と憎んで魔王軍に参加したが、後に誤解であったことが発覚。己の行いを改め、以後はダイたちの仲間として活躍した。卓越した剣腕を誇る、作中最強格の戦士。どれほど傷ついても戦場に立ち続ける様は、作品内外から“不死身”と称された。

Read Article

NEW

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-(ダイ大)のネタバレ解説まとめ

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』とは、エニックスの人気RPG「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観を元に描かれた、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。かつて世界征服を目論んだ魔王「ハドラー」が勇者とその仲間によって倒されてから十数年。この物語は、復活を果たした魔王ハドラー率いる「魔王軍」と、かつての勇者の弟子「アバンの使徒」との戦いを描くバトルテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

NEW

勇者・ダイ(ダイの大冒険)の徹底解説まとめ

ダイとは、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』の主人公である。 魔王が討伐された後、魔物たちが平和に暮らすデルムリン島で唯一の人間として、きめんどうし(モンスターの種族名)のブラスに育てられていた。 伝説の勇者に憧れる普通の少年だったが、「勇者の家庭教師」を名乗る男・アバンとの出会いを転機に、魔王軍との熾烈な戦いに身を投じる。その中で自身の出生の秘密を知り、父との対決を乗り越え、地上を消滅させんと目論む大魔王バーンとの戦いの中心人物となり、自他ともに認める勇者として成長していった。

Read Article

NEW

ダイの大冒険(ダイ大)の必殺技・呪文まとめ

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』とは、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。 世界征服を目論む魔王が、勇者によって倒されてから十数年。デルムリン島に住む少年ダイは、ある日「勇者の家庭教師」を名乗る男アバンと出会う。勇者に憧れるダイはアバンの弟子となるが、やがて彼こそが伝説の勇者であることを知る。戦いの中倒れたアバンの志を継ぎ、ダイは仲間たちと共に壮大な冒険の旅に挑む。 魔王軍の猛者たちとの戦いも作品の魅力であり、その中で数多くの必殺技が登場する。

Read Article

NEW

ダイの大冒険(ダイ大)の魔王軍六大軍団まとめ

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』とは、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。 世界征服を目論む魔王が、勇者によって倒されてから十数年。デルムリン島に住む少年ダイは、ある日「勇者の家庭教師」アバンと出会う。勇者に憧れるダイはアバンの弟子となるが、やがて彼こそが伝説の勇者であることを知る。戦いの中倒れたアバンの志を継ぎ、ダイは仲間たちと共に壮大な冒険の旅に挑む。 魔王軍六大軍団は、本作の物語前半の敵組織である。それぞれの軍団長は際立った個性を持ち、人気が高い。

Read Article

冒険王ビィト(Beet the Vandel Buster)のネタバレ解説まとめ

「ダイの大冒険」の作者コンビ、原作:三条陸 作画:稲田浩司による漫画作品。2004年9月にアニメ化され、1期52話、2期25話が放送された。「ヴァンデル」と呼ばれる魔人たちによって、長きにわたって恐怖が蔓延する世界、「暗黒の世紀」と呼ばれるその時代に一人の少年が立ち上がる。この物語は、正義を貫く少年「ビィト」と仲間たちが描くバトルテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ2(DQB2)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』は、ドラゴンクエストの世界でモノづくりを楽しめる『ビルダーズ』シリーズの第2作目。 舞台はドラゴンクエスト2のエンディング後の世界。見習いビルダーである主人公は、流れ着いた無人島『からっぽ島』で出会った謎の少年シドーと共に、ハーゴン教団によって荒廃した世界を救う冒険をしながら、からっぽ島を開拓していく。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のネタバレ解説まとめ

ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストの舞台・アレフガルドの復興のため、ものづくりの才能を持った主人公が奮闘していくブロックメイクRPG。ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストにて「勇者が竜王の仲間になる選択をした」その後の未来が描かれている。従来のドラゴンクエストの世界観を踏襲しながらも、まったく新しいストーリーやシステムが搭載されたシリーズ外伝である。

Read Article

ドラゴンクエストI(DQ1、ドラクエ1、Dragon Quest I)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストI』とは、国民的RPG「ドラゴンクエスト」の記念すべき第一作目である。 発売日は1986年5月27日でエニックスよりファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された。 ファミコン用ソフトとしては初のRPGゲームであり、ファミコンにおけるRPGゲームのジャンルを確立させた初めてのソフトである。 一人の勇者(主人公)が闇の覇者竜王を倒すべく各地を冒険をするストーリー。

Read Article

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(DQ7、ドラクエ7、Dragon Quest VII)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』とは、2000年8月26日にエニックスより発売されたプレイステーション用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルの中では、移植版を除いて初めて任天堂以外のゲーム専用機向けに開発されたソフトである。 今回の冒険は、大魔王オルゴ・デミーラによって失われた世界を取り戻し、大魔王を討伐することが目的である。 シリーズのソフトで最もゲームクリアまでに費やす時間が多いタイトルであり、非常にボリュームのあるストーリーとなっている。

Read Article

星のドラゴンクエスト(星ドラ)のネタバレ解説まとめ

「星のドラゴンクエスト」とはスクウェア・エニックスより配信されている、スマートフォン用のロールプレイングゲームです。 略称は「星ドラ」で、仲間と共にクエストをクリアし、レベルアップしながらボスを倒していきます。 過去のドラゴンクエストシリーズのストーリーや、キャラクターなども登場するので、ドラクエファンの方はもちろんですが、初心者の方でも楽しめるゲームになっています。

Read Article

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(DQ8、ドラクエ8、Dragon Quest VIII)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』とは、2004年に発売された「PlayStation 2」専用ソフト。「ドラゴンクエスト」シリーズの8作目の作品となる。邪悪な呪いによって時を止められた王国を救うべく、主人公が仲間達と共に旅をするストーリーが展開される。キャラクターからフィールド背景まで全てが3D表現となったほか、スキル選択による成長、テンション上昇による強化戦闘、アイテム錬金などのシステムが登場した。

Read Article

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(DQ3、ドラクエ3、Dragon Quest III)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』とは、1988年2月10日にエニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPGソフト。 ドラクエシリーズ作品の中でも爆発的な人気を誇り、発売日には量販店の前に数キロメートルの行列ができるなどの社会現象を巻き起こした。 「魔王バラモス」の討伐に向かった「勇者オルテガ」の息子である主人公が、そのまま消息を絶った父に代わり魔王討伐の旅に出るストーリー。

Read Article

ドラゴンクエストVI 幻の大地(DQ6、ドラクエ6、Dragon Quest VI)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』とは、1995年に発売された「ドラゴンクエスト」シリーズの6作目の作品。「発見」をテーマとしており、主人公達が2つの世界を冒険する中で本当の自分自身を見つける、「自分捜しの旅」をするストーリーが展開される。新しい転職システムや、2つの世界を何度も往復するシナリオを特徴とする。シリーズの4作目・5作目と共に「天空シリーズ」と称される作品の1つであるとともに、同シリーズの完結編として位置づけられている。

Read Article

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(DQ5、ドラクエ5、Dragon Quest V)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』とは、1992年9月27日にエニックスより発売されたスーパーファミコン用RPGソフト。 前作の「ドラゴンクエストIV」に続き、「天空シリーズ」の第二作目として知られている。 今回の冒険は、親子二代に渡って探し続けていた「天空の勇者」を探し出し、魔界に鎮座する大魔王を倒すことが目的。 本作から新しく仲間モンスターシステムが導入され、モンスターをパーティに組み込むことが可能である。

Read Article

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(DQ11、ドラクエ11、Dragon Quest XI)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエスト11とは、2017年7月29日に発売された同シリーズ11作目にして初の「PlayStation4(以降PS4と呼称)」と「Nintendo3DS(以降3DSと呼称)」の2機種同時発売のゲームとなる。2013年の企画当初はPS4のみだったが、後に3DS版の開発も決定された。 悪魔の子と呼ばれ、勇者でありながら追われる身となってしまう主人公。その旅のなかで出会う仲間たちとの壮大な冒険が始まる。

Read Article

ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DQ9、ドラクエ9、Dragon Quest IX)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、2009年7月にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルで初めてMORPGとしてマルチプレイ要素が導入された作品である(シングルプレイのみでも本編をクリア可能)。 本作の主人公は天使であり、とある事件によって世界各地に散らばってしまった「女神の果実」を集めることが今回の冒険の目的である。 主人公の仲間たちはドラクエ3のようにプレイヤーがキャラクターを作成して仲間に加えるというシステムである。

Read Article

ドラゴンクエストII 悪霊の神々(DQ2、ドラクエ2、Dragon Quest II)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』とは、1987年1月26日に株式会社エニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPG。 『ドラゴンクエストⅠ』の続編で、前作の世界から百年経った後の世界を舞台としている。 本作は二人の王子と一人の王女がパーティを組んで各地を冒険し、「悪の大神官ハーゴン」を倒すために奔走するストーリーである。

Read Article

ドラゴンクエストX オンライン(DQ10、ドラクエ10、Dragon Quest X)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DQ4、ドラクエ4、Dragon Quest IV)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』とは、1990年2月11日にエニックスから発売されたファミコン用RPGソフト。 前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。 今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。 主要なプレイヤーキャラクターは「導かれし者たち」と言われる8人で、第1章から第4章までは仲間の旅立ちが描かれ、第5章で主人公のもとに導かれし者たちが集って魔王討伐に向かうことになる。

Read Article

ドラゴンクエスト(DQ、ドラクエ、Dragon Quest)の特技まとめ

1986年5月27日にスクウェア・エニックス(当時エニックス)から発売された「ドラゴンクエスト」。キャラクターやモンスターの愛らしさ、分かりやすいストーリーの良さなどから、今や誰もが知る国民的人気ゲームとなっている。今回はゲームを進めていく上で欠かせない「特技」についてまとめてみた。

Read Article

ドラゴンクエスト(DQ、ドラクエ、Dragon Quest)の呪文まとめ

1986年5月27日にスクウェア・エニックス(当時エニックス)から発売された「ドラゴンクエスト」。キャラクターやモンスターの愛らしさ、分かりやすいストーリーの良さなどから、今や誰もが知る国民的人気ゲームとなっている。今回はゲームを進めていく上で欠かせない「呪文」についてまとめてみた。

Read Article

(2015年 芸能・経済ver)ドラクエ・復活の呪文ーーいでよ!勇者たち!!

ドラクエの復活の呪文とは、ドラクエ1である特定の文字を入力すると、セーブした勇者が復活するというシステムのことです。ファミリーコンピューターの時代はセーブデータなどほとんど存在せず、基本は一回きりの一発勝負の片道ゲーム。セーブという概念が入ったのは、このドラクエ1が初に近かったです。今回は、2015年の芸能・経済出来事を入力したときの勇者たちを、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents