がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』は1991年にコナミ株式会社からスーパーファミコン専用ソフトとして発売されたアクションゲームである。スーパーファミコン専用ソフトとして展開されたがんばれゴエモンシリーズの第1作目である。正義の義賊ゴエモンが、エビス丸とともに、ゴエモンを捕らえようとする岡っ引きたちを蹴散らしながら、日本全国を駆け巡る。江戸城や忍者屋敷、首里城などの特徴的な風景や各地の名産品などがゲーム内で表現されている。全9すてぇじを攻略できればエンディングとなる。

1面のボス。画面中央を左右にゆらゆらと飛び、皿を飛ばして攻撃してくる。
本体に攻撃を直接当てることはできず、飛ばしてくる皿を攻撃して反射し、女ゆうれいに当てる。
正体は忍者猫のクロベエ。

ちょうちん魔人

ちょうちん魔人。すべてのちょうちんを落とさないと本体にダメージを与えられない

2面のボス。頭の上に提灯やぐらをもち、たくさんの提灯がぶらさがっている。
提灯から火の玉を飛ばし、ちょうちん魔人自身もジャンプで攻撃をしてくる。

明石の大タコ

明石の大タコ。左右に動いているため倒さず通り抜けることもできる

3面の最後に配置されているボス。
他のボスと違い体力ゲージが表示されない。また、倒さずに横を通り抜けて進むこともできる。

若乃福&貴乃福

4面ボス。おたふく仮面の前座のようだが体力も多い

4面のボス。画面中央のゴエモンを左右から挟み込むように配置される。
巨大な光る球を、左右でパスをするように投げ合って攻撃してくる。一人を倒すと光る弾は画面全体を反射する。
二人目に倒した力士の霊魂が画面中央のおたふく面に憑依し、「おたふく仮面」となって再び襲いかかってくる。

おたふく仮面

力士の魂が乗り移った仮面。複数の攻撃パターンを駆使して襲ってくる

4面ボスの第2形態。画面奥にいたおたふく仮面に力士の霊魂が憑依した姿。
顔のパーツの位置を組み替えて、4種類もの攻撃パターンで襲ってくる。
仮面の中にヤエが捕らえられている。

からくり忍者サスケ

からくり忍者サスケ。前転しながら大きくジャンプしてクナイを投げてくる

5面のボス。伊賀忍者屋敷を護衛するからくり忍者軍団の首領。
忍者軍団を引き連れて登場し、次々に襲わせて来る。忍者軍団を全て倒すと大凧の上での一騎討ちとなる。大凧の骨組を縦横無尽に駆け巡り、サスケを中心に8方向に向かってクナイ投げ攻撃を繰り出してくる。

つづら助六

つづらを背負った大男。まずはつづらを破壊する必要がある

6面のボス。巨大なつづらを背負った、くまどりが特徴的な大男。
つづらを背負っている間は桜吹雪で攻撃してくる。
本体のみとなった後は、横にジャンプし攻撃してくる。ゴエモンが反対側に逃げると、毒霧を吹いたり、かつらをブーメランのように飛ばし、それが終わるとまたジャンプする。

白龍

龍神池に祀られた白鏡の守り神。顔にしか攻撃を当てられない

7面のボス。龍神池の白鏡を守護する守り神。
池にもぐって画面の左右から顔を出し、口からエネルギー弾を吐いて攻撃してくる。
攻撃判定が顔にしかなく、通常のYボタン攻撃を当てるには工夫が必要。

落とし達磨

中ボスの落としだるま。敵の体力は少なく見えるが体も全部撃破しないとならない

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents