がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』は1991年にコナミ株式会社からスーパーファミコン専用ソフトとして発売されたアクションゲームである。スーパーファミコン専用ソフトとして展開されたがんばれゴエモンシリーズの第1作目である。正義の義賊ゴエモンが、エビス丸とともに、ゴエモンを捕らえようとする岡っ引きたちを蹴散らしながら、日本全国を駆け巡る。江戸城や忍者屋敷、首里城などの特徴的な風景や各地の名産品などがゲーム内で表現されている。全9すてぇじを攻略できればエンディングとなる。

小判を投げるゴエモン。通常攻撃と同じく背中が無防備

本作中では、コントローラーのLボタンかRボタンを押すことで、いつでも武器を切り替えることができる。
切り替えると、ゴエモンは小判、エビス丸は手裏剣を投げられるようになる。
投げると横一直線に飛んでいき、敵に1度当たるか、画面の外に出ることで消失する。攻撃力は通常のYボタン攻撃と変わらない。
1度攻撃するごとに、所持金を4両失う。所持金が4両未満の時は特殊攻撃を出すことができない。

爆弾

おにぎりの右側で爆弾が売っている

よろず屋で売っている爆弾を購入している場合に限り、特殊武器として爆弾が使用できる。
爆弾は放物線を描いて飛び、画面下に落ちていく。
敵か床に当たると爆発する。
ほとんど目の前で落ちる、よろず屋でないと買えない、攻撃力が通常攻撃と変わらない、所持数に限りがあるなどの制約があり、小判や手裏剣を投げている方が攻略に役立つ。

ゴエモンとエビス丸が使用できる術

おたすけの術

トラにまたがり、横移動の速度が上がる。
画面上のメーターが0になると、自動で解除される。

むてきの術

見た目が変わり、敵の攻撃を一切受け付けなくなる。変化したまま横移動できる。
ゴエモンは歌舞伎の連獅子のようになり、エビス丸は白いレオタード姿になる。

ひこうの術

自由に空を飛ぶことができる。画面上のメーターが0になると自動で解除される。

ひっさつの術

画面内にいる敵を一掃する。

『がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』の登場人物・キャラクター

味方キャラクター

ゴエモン

ゴエモン。1Pが操作する本作の主人公

本作の主人公。ちゃきちゃきの江戸っ子であり、言葉遣いは粗野だが正義感に篤い。
紫色のギザギザした髪型に、歌舞伎の隈取のようなメイクが特徴。
武器はキセルとヨーヨーと小判。

エビス丸

いわゆる「エビス顔」のエビス丸。2Pが操作する

本作の主人公。ゴエモンとは違いお調子者な性格であり、着ている服の色も青でゴエモンとは対照的。
細い目と青いほっかむりが特徴。
武器は笛と手裏剣。

ゆき姫

右側がゆき姫。本作内でのセリフは「きゃーーーーーっ」のみ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents