Ariana Grande(アリアナ・グランデ)の徹底解説まとめ

Ariana Grandeはミュージカル女優としてデビューし、ソングライターとしても活躍するアメリカを代表する歌手である。2011年に歌手としてデビューし、数々の著名なチャートに選ばれており、リリースする曲がどれも人気になるほどの歌手になった。小柄な体から出る迫力ある歌声とチャームポイントのポニーテールが特徴的である。また、インスタグラムのフォロワー数も世界で3番目に多いと言われており、ファッションや恋愛など歌以外でも注目の的となっている彼女は、多くのファンに支持されている大人気シンガーだ。

Ariana Grandeの概要

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)は1993年6月26日にアメリカのフロリダ州ボカラトンで生まれた。幼少期から歌を通じて活動していたが、デビューは女優としてだった。
子供向け番組『ビクトリアス』で歌を務めた彼女は、その歌唱力が認められ、リパブリック・レコードと契約し、2011年に本格的に歌手としてデビュー。2013年にアメリカのシングル人気チャートであるBillboard Hot 100で「The Way」が9位を獲得、同年8月にデビューアルバム『YoursTruly』をリリースし、アメリカのアルバムとEPの人気チャートであるBillboard 200で1位を獲得した。日本では2月にこのアルバムが発売され、オリコンアルバムチャートで3位に選ばれた。身長153cmと小柄で、キュートなルックスからでる彼女の歌声はパワフルで、音域も広い。“次世代のMariah Carey(マライア・キャリー)”と言われたこともあり、世界で高く評価されている。
また、Ariana Grandeは親日家としても知られており、日本に初めて来日したのは2013年の冬で、日本で年越ししたことで話題に。もともと来日予定があったが、前倒しで来日し滞在日数を長く取ることにしたのだ。ひらがなを勉強したり、日本のテレビ番組にも出演したりと日本でも人気のシンガーとなった。
Ariana Grandeのファン層は幅広くいるが、特に20代から30代の女性ファンが多い。そのためAriana Grandeのファッションや恋愛にも注目があつまる。小柄なスタイルを活かしたオーバーサイズの服の着こなしや高い位置でのポニーテール、猫のようなアイメイクは多くの若い女性が真似した。恋愛も恋人を大事にする気持ちや失恋した時の心の持ちかたなど、SNSなどで発信したり歌詞にのせたりしたことでファンが共感した。歌以外でも支持される理由としては、Ariana Grandeのファンサービスにも秘訣がある。大人気シンガーであるためスケジュールは多忙であるにもかかわらずAriana Grandeは訪れたファン一人一人に笑顔を向ける。握手やサイン、写真撮影までAriana Grandeはできるかぎりの対応をする。ヒットチャートを生み出す事以外にもファンへの想いやその対応がAriana Grandeの人気の秘訣である。

Ariana Grandeの活動経歴

幼少期

1993年6月26日生まれ、母は企業のCEO、父はグラフィックデザイナー、父親違いの兄がいる。幼い頃から歌うことが好きで、迫力ある歌声は子供の時から発揮されていたようだ。Ariana Grandeの声はボリュームがありすぎるという事から学校の聖歌隊に入ることができなかったほどである。その後はサウスフロリダにあるフィルハーモニーに入団し、活動を始めた。幼い頃から歌手になりたいという夢をもっていたAriana Grandeは歌唱力を磨いた。8歳の時にアイスホッケーの試合で国歌斉唱を担当。それがスポーツのテレビ局で放映され注目され、10歳の頃には「Kids Who Care」というグループを結成し、歌を通じたチャリティーイベントをおこなっていた。
Ariana Grandeは、シンガーとしてさらに活躍すべくロサンゼルスに向かう。

2008年 女優としてデビュー

Ariana Grandeは自身の歌唱力を活かし、さらに歌手として活躍すべくレコード会社と契約を結びたいと思い、向かったのはロサンゼルス。ロザンゼルスで出会ったマネージャーは歌手としてではなく、Ariana Grandeを女優としてデビューさせた。これは歌手としてスタートダッシュするのではなく、女優としてまずはAriana Grandeの認知度を獲得するためのマネージャーの作戦だった。Ariana Grandeはそれに従い、学生生活を描いたミュージカル『13』に出演。そこで注目を浴びることに成功した。その後にマネージャーからの勧めもあり、子供向けドラマ番組の『ビクトリアス』のオーディションに参加し、合格をした。「キャット・バレンタイン」役としてテレビで有名な女優となった。そのドラマ内で使用された曲の歌を担当したAriana Grandeの歌唱力には注目が集まり、その歌唱力が認められ、レコード会社であるリパブリック・レコードと契約する。ここから女優から歌手へと転換していくのだった。

2013年 大ヒットシンガーとなる

2013年3月に「The Way」というシングル曲をリリースし、この曲がきっかけで、アメリカ中で注目される。「Mariah Careyのような迫力ある歌声」と驚かれ、“次世代のMariah Carey”といわれたこともある。この「The Way」はBillboard Hot 100で9位にランクイン。一気に人気シンガーとなった。
同年8月に『Yours Truly』をリリース。こちらはAriana Grandeのデビューアルバムとなり、発売してすぐに13万8000枚を売り上げ、Billboard 200チャートで堂々の1位を獲得した。
北米ツアー「The Listening Sessions」も実施され、チケットは完売、大盛況に終わった。
Ariana Grandeはデビュー・アルバム『Yours Truly』のプロモーションをするために同年12月末に日本に初来日をした。また、1月5日に渋谷で初来日公演「プレミアム・ショーケース~お年賀付ミニ・ライヴ」を開催した。年末年始に日本で過ごした時間を非常に気に入り、親日家として知られるようになる。
日本では2014年2月に『Yours Truly』のアルバムが発売され、オリコンチャート3位に選ばれた。

2014年 人気アーティストとの共演

Ariana Grandeはそれからヒットチャートを連発し、2014年4月にシングル曲「Problem」はBillboard Hot 100の2位に輝いた。
同年の7月にはイングランドのシンガーソングライターであるJessie J(ジェシー・J)とアメリカの女性ラッパーであり、シンガーソングライターでもあるNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)と共演し「Bang Bang」を発表。ミュージックビデオはミュージックビデオディレクターのHannah Lux Davis(ハンナ・ラックス・デイビス)によって製作され、3人がミュージックビデオ内で同じ時間の長さで画面に写るように工夫した事でも話題になった。
この曲はAriana Grandeのアルバム『My Everything』にも収録され、Billboard 200で1位、全米シングルチャートBillboard Hot 100では3位、日本の洋楽チャートランキングでは40位という結果を残した。
カナダ出身のR&Bシンガー、The Weeknd(ザ・ウィークエンド)ともコラボレーションしており、「Love me Harder」も大ヒット曲となる。
他にもフィーチャリングとして参加、または共演しているものも多くある。Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)がリリースした曲「Get on Your Knees」や2015年にイタリアのテノール歌手Andrea Bocelli(アンドレア・ボッチェリ)と「デボラのテーマ」で共演、またアメリカのシンガーソングライターMeghan Elizabeth Trainor(メーガン・エリザベス・トレーラー)とも共演したこともある。Meghan Elizabeth Trainorは10代の頃から作曲を始め、デビューシングル曲「All About That Bass」で大ブレイクしたアーティストである。

2015年 The Honeymoon Tourを開始

2015年2月に大規模なコンサートツアー「The Honeymoon Tour」を開始。日本では8月15日と16日に千葉と大阪で行われたサマーソニックでツアーを開催。
8月19日には東京国際フォーラムでツアーを実施し、日本でも大成功を納めている。他にもアジア各国、北米、欧州でのツアーはいずれも大成功となり、1400万ドルの収益をだしている。
他にも追加で40カ所以上と中南米の5カ国でもツアーを開始。こちらは10月15日からの公演で、10月25日のブラジルのサンパウロ公演を最後にこの年のツアーは終了した。

2016年 Dangerous Woman Tour開始

2016年3月11日にシングル曲「Dangerous Woman」をリリース。このタイトルを使用した、「Dangerous Woman Tour」を9月に発表。これは世界的に大規模なツアーとなり、2017年2月アリゾナ州フェニックスからスタートした。5月にはヨーロッパツアーを開始。
しかし、マンチェスター公演終了後にマンチェスター・アリーナにて自爆テロが発生した。このためこの先に予定されていた、ベルギーやスイスなど5カ国の公演が中止となる。
Ariana Grandeはこの事件を痛ましく思い、慈善活動として6月にマンチェスターでコンサートを開催。このコンサートにはJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)やKaty Perry(ケイティ・ペリー)も参加している。
また、Ariana Grandeは事件によって入院している被害者の元を訪れたりもした。
ツアーは各国厳戒態勢を整え、6月7日にパリ公演にて再開し、日本では8月10日〜13日に幕張メッセでツアーを行い、9月20日に香港公演を以てツアーは幕を閉じた。

2018年 人気シンガーとして勢いを見せつける

2018年に入ってからは、リリースする曲はどれもヒットし、勢いがとまらないAriana Grandeの活躍に誰もが注目した。
4月に4作目となるアルバム『Sweetener』をリリースし。Billboard 200チャートで1位、その中の収録曲「No Tears Left to Cry」はシングルチャートBillboard Hot 100で3位を獲得。
11月にシングル曲「thank u, next」、翌年1月18日にはシングル「7 rings」をリリース、両曲ともBillboard Hot 100で1位を獲得している。
2019年2月8日にはまたタイトルを『thank u, next』にしてアルバムをリリースし、全米・全英チャート1位を獲得。
同年2月20日のBillboard Hot 100ではシングル曲「7 rings」「break up with your girlfriend, I'm bored」「thank u, next」のシングル曲3曲が上位3位を独占した。これは歴史的快挙となり、The Beatles(ビートルズ)以来の記録となる。また、iHeartRadioミュージックアワードにて、年間最優秀アーティスト賞を受賞。
その後はワールドツアー「Sweetener」を開催。大盛況のなか12月に終了した。
2020年にはコラボレーションも積極的におこない、Justin BieberやLady Gaga(レディー・ガガ)との共演もしている。
Justin Bieberとは「Stuck with U」のシングル曲をリリース。この曲の純売上は、医療従事者や警察官、消防士などとその家族を支援する団体First Responders Children Foundationに寄付している。
Lady Gagaとは、Lady Gagaがリリースするニュー・アルバム『Chromatica』の中から「Rain on me」の曲で初コラボレーションを果たす。大物シンガー同士が初コラボレーションするとのことで話題になった。
どの曲も大ヒットとなり、Billboard Hot 100チャートで1位を獲得している。
曲の売上を寄付するなど、慈善活動にも力をいれているところもAriana Grandeの人気の理由である。

Ariana Grandeのプロフィール・人物像

Ariana Grandeは1993年6月26日にアメリカ合衆国のフロリダ州ボカラトンでうまれる。母は会社のCEOで父はグラフィックデザイナー、父親違いの兄がいる。
身長は153cmと小柄であり、お人形のようなメイクが特徴的である。Ariana Grandeのシンボルともいえる長いポニーテールは地毛だけでなくエクステを使用して、ボリュームを出している。
ヴィーガンを公言しており、卵や牛乳などをはじめとする動物性の食事はしない。
タトゥーが大好きで10個ほど体の至る所にタトゥーをいれている。ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の千尋のイラストやポケットモンスターのキャラクターを彫っている。日本でも話題になったのが「七輪」という漢字を彫ったことだ。これはAriana Grandeのシングル曲「7rings」にちなんで彫られたものだ。
彼女は秋が1番好きな季節とVOGUEのインタビューで話している。家の中はハロウィンのような飾り付けにしているそうだ。

親日家としての情報発信

親日家のアーティストと認知度が高いAriana Grande。ツイッターでひらがなを勉強しているノートを公開したり、来日時に撮られた写真には人気キャラクター「リラックマ」のぬいぐるみを持っていたりしており、リカちゃん人形を自身のミュージックビデオに出演させたりもしている事から、Ariana Grandeが日本の文化やグッズに興味があることが伝わってくる。
日本のテレビ番組にも出演したり、「愛莉杏菜」と自身の名前を漢字にしたグッズを貰って喜んでいる姿も、大勢の日本人の好印象として残ったのではないか。
2016年4月に発生した熊本地震の際には日本語で被災者にむけたメッセージをツイッターにアップしている。

交際関係

2008年から2011年まで俳優のGraham Phillips(グラハム・フィリップス)と交際。破局理由はAriana Grandeには他に好きな人ができたという話がある。
その後10カ月間はファッションモデルのJai Brooks(ジェイ・ブルックス)と交際していた。破局理由ははっきりと公開されていないが、Jai Brooksと破局してすぐに作られたミュージックビデオに出演したイギリスのボーイズグループの一員であるNathan Sykes(ネイサン・サイクス)と交際していることが報道されたことで、Jai Brooksとの破局理由はAriana GrandeがNathan Sykesに浮気したからだともいわれている。しかしNathan Sykesと4カ月後には破局し、Jai Brooksと再度恋人関係に戻ったが長続きはしなかった。
Jai Brooksと破局した後、カルフォルニア出身のラッパー、Big Sean(ビッグ・ショーン)と交際。ただこちらも長続きはしなかった。Big SeanがAriana Grandeの金銭感覚に違和感を覚えたのが破局の原因と報道されている。交際期間は8カ月ほどで、後にBig SeanはAriana Grandeとの関係ついて非常に不満をもっていたことを明らかにしている。
次に恋人になった人はAriana Grande自身のバック・ダンサーと務めたRicky Alvarez (リッキー・アルヴァレス)。こちらは1年ほど交際は続いたものの破局している。
2016年9月から2018年5月までペンシルバニア州出身のラッパー、Malcolm McCormick(マルコム・マックコーミック)と交際。その後、すぐにコメディアンのPete Davidson (ピート・デビットソン)と交際し1ヶ月ほどで婚約を発表。しかしその4ヶ月後に婚約破棄をしている。2020年1月にはロサンゼルスの高級物件を扱っている不動産エージェントのDalton Gomez(ダルトン・ゴメス)と交際。最初は交際について公言していなかったのだが、Justin Bieberとコラボした曲のミュージックビデオにDalton Gomezが出演し交際していることを認めた。Ariana GrandeはLady Gagaとのコラボ曲「Rain on me」のミュージックビデオにもDalton Gomezを出演させている。

Ariana Grandeのディスコグラフィー

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents