ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(The Half of It)のネタバレ解説まとめ

『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』とは2020年にNetflixオリジナル作品として配信されたアメリカ合衆国の青春ラブコメ作品。冴えない高校生活を送る主人公エリーに同じ高校に通うポールがラブレターの代筆を頼む事で、ポールとエリーとポールが恋をしているアスターの三角関係が始まる。今作は王道の青春ラブストーリーではあるものの、哲学や文学、同性愛などが絡むことで、非常に繊細で深みのある作品となっている。

エリーが好きな飲み物。エリーの家にはストックがあり、父親とよく飲んでいる。ポールには馴染みがなく、エリーの家に来た際に飲ませてあげる。アメフトの更衣室の近くにヤクルトが無料で飲める自販機がある事を知り、エリーに教えてあげる。

ベルリン・天使の詩

エリーがアスターへのラブレターを書くのに参考にした映画。
エリーの父親がリビングで見ていた映画である。
映画は実際に1987年に公開されたフランスと西ドイツ合作映画。ファンタジー・ラブストーリー・ヒューマンドラマが合わさった映画。天使が人を愛してみたくなり、人間になり地上で人間と恋に落ちる物語。

『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「誰かのために努力するのが愛だろ。」

アスターの事を更に知るためにアスターの周辺を調査し始めたシーン。

ポールが愛とはどういうものなのかをエリーに言うセリフ。
読書を全くしてこなかったポールが初デートでアスターから貰った本を読み、少しでも彼女の感性に近づこうとしている事を知ったエリーが少し呆れていると、ポールが当たり前かのように恋愛はどういうものなのかエリーに言った言葉。

「愛は寛大でも親切でも謙虚でもない。愛は厄介。おぞましくて利己的。それに大胆。片割れを見つけることじゃない。愛とは努力すること。」

教会でエリーが愛とはどういうものなのかをアスターに向けて言ったセリフ。
ポールと知り合いラブレターの代筆をするまでのエリーには、自分の気持ちを心の内に留めておくタイプだったが、ポールの大胆さといつも一生懸命な部分から逆にエリー自身が愛について気づかされ、人前で自分の気持ちを告白した。

「私みたいになるな。」

エリーが教会から帰ってきて意気消沈した様子を見た父親がエリーに向けて言ったセリフ。中国からアメリカに仕事を探しに来た父親だったが、好きな仕事にも就けず、妻を早くに亡くし周りとも疎遠な生活をしていた。そんな自分と似たような道を歩んでほしくないと思い、娘の今後の可能性を考え伝えた。

2人で作る作品

エリーとアスターが交互に自由に壁に絵を描くシーン。
文通を通して、アスターが絵を描く事を諦めかけている事を知ったエリーは、自由に壁に絵を描いてほしいとお願いする。アスターからエリーにも絵を描いてほしいと書いてあり、交互に壁に絵を描いていき交流を深めていく。

エリーの助け舟

ポールとアスターの2回目のデートも1回目と同様でぎこちなさが残っていた。そんな2人を近くで見守っていたエリーは、あたかもポールがテーブルの下でアスターにメールをしているかのように装ってエリーがアスターに向けてメールを送り2人の場を和ませようとするシーン。とっさの出来事にポールもついていけず、何を自分がアスターにメールを送っているのかも分からず取り敢えず相槌を打つシーンは斬新的な手法で面白い。

知的な映画

プラトン、オスカー・ワイルド、ヴィム・ヴェンダースの名言がシーン毎に紹介される。劇中で幾度となく名言が引用され、文学的な演出効果となっている。

オスカー・ワイルド
「自分を欺いて始まり、他人を欺いて終わる。それが恋愛だ。」
プラトン
「愛とは完全性に対する欲望と追及である。」
サルトル
「地獄とは他人である。」

今作で偉人の名言を紹介する本当の意味は「自分の言葉で伝えることの大切さ」である。
ポールがアスターに真っすぐに自分の言葉で告白して成功したように、誰かの言葉を借りるのではなく、自分の気持ちを自分の言葉で直接伝える事で相手に理解してもらえる。それが大切なのだと感じさせてくれる映画である。

『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents