機動戦艦ナデシコ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦艦ナデシコ』とは、宇宙を題材としたリアルロボットSFアニメである。突如現れた敵「木星蜥蜴」と、地球連合宇宙軍やネルガル重工の戦いを描いたものである。題材は虐殺や歴史修正主義など重厚なものを取り扱っているが、恋愛やコメディー要素を多く取り入れ、SFファンからも支持を集めている。劇中劇として登場するアニメ『ゲキ・ガンガー3』など細かい設定にもこだわりが詰め込まれている作品である。原作は月刊少年エースにて1996年から1999年まで連載された、麻宮騎亜の漫画作品『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』である。

『機動戦艦ナデシコ』の概要

『機動戦艦ナデシコ』とは、西暦2196年の宇宙を舞台としたSFロボットアニメである。度々比較対象に挙げられる『新世紀エヴァンゲリオン』とは全く異なった、ラブコメディー要素の強いストーリー展開が特徴である。
1996年10月1日〜1997年3月25日の期間、テレビ東京系で全26話が放送された。監督は佐藤竜雄、キャラクター原案は原作『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』の作者、麻宮騎亜である。
メインヒロインのミスマル・ユリカを演じた桑島法子は本作がきっかけで人気を博すこととなった。またテンカワ・アキト役の上田祐司(現:うえだゆうじ)もこの時期にテレビアニメ初主演となった。
22世紀末、火星に進出していた人類を、謎の機動兵器軍団「木星蜥蜴」が突如襲う。瞬く間に火星は制圧され、火星に残された人々がいるものの連合軍は地球の防衛で手一杯。ここで地球一の大企業である「ネルガル重工」が立ち上がり、「木星蜥蜴」に対抗すべく「スキャパレリプロジェクト」を計画、「機動戦艦ナデシコ」を竣工し火星の人々の救出を試みる。
主人公テンカワ・アキトは幼なじみのミスマル・ユリカとの再会をきっかけに機動戦艦ナデシコに乗り込み、人型機動兵器「エステバリス」のパイロットとして戦いに身を投じていく。
マニアックな拘りが詰まった作品であり、劇中に登場するアニメ『ゲキ・ガンガー3』は専門のチームを編成して作り上げられている。
ナデシコのオペレーターであるホシノ・ルリは、ヒロインのミスマル・ユリカを凌ぐ人気を博しており、現在も当時からの根強いファンが多く存在する。日本神話由来の固有名詞やモニター等に漢字が多く表示されるなど、従来のSF作品とは異なった和風要素の強さも特徴であり、日本神話の神々から引用した固有名詞が数多くある作品である。
1998年8月1日に、続編の劇場アニメ『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』 が公開され、ゲーム作品『機動戦艦ナデシコ The blank of 3years』 『機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION』 が発売されている。
関連CDやビデオの売れ行きも好調で、続編を望む声が非常に多い作品だが、2005年8月9日に監督・佐藤竜雄の公式サイトにて続編制作中止が発表されている。作品自体の問題ではなく、他の要素で実現不可能となったとされている。ファンの間では制作会社間での確執が原因かと囁かれているが、明確には発表されていない。
2006年に、文化庁メディア芸術祭10周年記念で実施された「日本のメディア芸術100選」のアニメ部門に46位でノミネートされたことでも話題になった。

『機動戦艦ナデシコ』のあらすじ・ストーリー

アキトとユリカの再会

アキトとの再会を喜ぶユリカ

西暦2196年。人類が謎の機動兵器軍団「木星蜥蜴」の攻撃を受けて1年が経過し、火星と月は制圧状態にあった。地球を防衛することで手いっぱいになっている地球連合軍に代わり、地球一の大企業「ネルガル重工」は火星に残された人々を救うべく「スキャパレリ・プロジェクト」を発動することに。作戦の要となる「機動戦艦ナデシコ」を竣工し、多少人格に問題があっても能力のあるクルーを集める。同時に「木星蜥蜴」からの襲撃を受け、そこで出会った少女アイちゃん達を救えなかったトラウマから、ストレス障害を患うようになったテンカワ・アキトは、アルバイトで勤めていた食堂のコックを首になり途方に暮れていたところ、幼なじみのミスマル・ユリカと偶然再会する。両親が幼少時代に爆破事故で死亡しており、その事故の真相が仕組まれたものではないかと考えていたアキトは、事件の真相を知っているかもしれないとユリカを追いかける。アキトはネルガル重工の地下ドックにたどり着くが、警備に捕まってしまう。ネルガルから出向し、ナデシコの会計・監査役であるプロスペクターにコックとしてナデシコへ搭乗するよう任命される。地下ドックを見学している際、アキトはナデシコを狙った「木星蜥蜴」の襲撃を受け、成り行きで人型機動兵器「エステバリス」を操縦し敵の殲滅に協力する。その際、ユリカがナデシコの艦長であることを知る。

ナデシコの独立宣言・ガイの死

息を引き取るガイ

「木星蜥蜴」に対抗し得るナデシコの性能を知った地球連合軍は、独自で動こうとするナデシコを戦力に加えるため戦艦トビウメを交渉へ差し向ける。その頃、地球連合軍からネルガルへスカウトされた元地球連合軍フクベ提督に無理やり付いてきて搭乗していた部下ムネタケはナデシコ艦内を制圧し、ユリカやプロスペクターを地球連合軍との交渉に向かわせる。クルー達が反対する中、連合軍との交渉に応じることを決意したユリカは、地球連合宇宙軍第三艦隊司令・父ミスマル・コウイチロウの元へ人質として向かう。クルー達が軟禁され、意気消沈する中エステバリスのパイロットであるダイゴウジ・ガイは、クルー達を団結させるため、ロボットアニメ『ゲキ・ガンガー3』を皆で視聴する。幼少期に観ていた熱血アニメに心を打たれ、アキトはユリカを連れ戻し火星に向かうことを決意する。ユリカは父に、アキトの両親が遭った事故について真相を聞き出そうとするが、濁される。「木星蜥蜴」からの襲撃を受け連合軍が動揺する中ユリカはプロスペクターと父の元から脱出する。驚く父達に、アキトの両親について知りたかっただけであり、ナデシコを手放す気はないことを宣言する。アキトとガイが共闘、艦長として戻ったユリカも参戦し、「木星蜥蜴」を殲滅する。
地球を守るビッグバリアは、地球から火星に向かうナデシコにとって諸刃の剣となる。ユリカは連合軍にビッグバリアの開放を求めるが却下される。強行作戦に出たナデシコは、力づくでバリア突破・地球離脱を試みる。ナデシコの前に、連合軍側についたユリカの幼なじみでありナデシコ副長のアオイ・ジュンが立ちふさがる。ガイを人質にジュンはユリカへ投降を勧告するものの、ユリカは拒否、ヤケになったジュンはガイのエステバリスを破壊しようとするがアキトに阻止される。アキトとガイに説得され、ジュンはナデシコに戻ることを決意する。
無事地球を離脱したナデシコだったが、ナデシコから脱出しようとするムネタケ達を目撃したガイはムネタケから狙撃されてしまう。そのままガイは死亡してしまい、アキトは落ち込むが他のクルーはあまり関心が無い様子であった。

エステバリス隊との合流

スバル・リョーコ

ナデシコは新しいパイロットを補充するため、地球と火星を結ぶ航路付近に位置する、地球人が住む人工居住地コロニー・サツキミドリ2号へ向かった。到着する寸前にコロニーが爆破されてしまい、ナデシコ艦内では何者かの侵入が確認される。侵入したのは爆破からなんとか生き残った新しいパイロット達、エステバリス隊(スバル・リョーコ、アマノ・ヒカル、マキ・イズミ)であった。元声優でナデシコの通信士であるメグミ・レイナードは直前までサツキミドリ2号と通信を取っており、直前まで会話していた人々が命を落としたことにショックを受ける。同じくガイの死に心を痛めるアキトと分かり合いいい雰囲気になる。コロニーに残された機体の回収に臨むエステバリス隊、アキトも苦戦しながら無事任務を遂行する。任務を終え帰還したアキトにメグミが抱きつき、キスをする場面をユリカは目撃してしまう。
コロニーが壊滅した際、多くの犠牲者が出てしまった。故人の意志を汲み取るため、様々な葬儀の様式をナデシコでは行なっていた。儀式に合わせて牧師などを手配することもできないため、艦長のユリカが全てを取り仕切ることに。技術が発達した時代、艦長は緊急事態以外は基本的に指示を出すこともなく、ユリカは自分の艦長としての存在意義について悩むように。アキトと会うこともできず、瞑想室に籠るようになってしまった。その頃アキトはコックの素晴らしさを再認識するもののコックよりもパイロットとして戦うよう周りに言われ、疲れており同じく瞑想室に。悩みの解決法を探る二人だったが、火星到着直前で敵の本格的な攻撃を受け瞑想を中断する。敵の攻撃を受け苦戦するエステバリス隊だったがアキトの活躍で撃退することができた。エステバリス隊から見直され、信頼されるようになるアキトであった。

火星への到着・イネス達との出会い

イネス・フレサンジュ

火星に降り立ち、ナデシコはネルガルの研究所へ揚陸艇へ探査に向かう。その頃アキトは故郷ユートピア・コロニーへ一緒にエステバリスに乗り込んできたメグミと共に向かっていた。到着し、思い出に浸るアキトだったが、そこで火星の生き残りの人々に遭遇する。ナデシコのメインシステムの研究開発に携わっていたイネス・フレサンジュ含む火星の人々はナデシコへの搭乗を拒否する。開発に携わっていたからこそ、「木星蜥蜴」への勝ち目がないと言うのだ。説得する最中に「木星蜥蜴」の大群より襲撃を受け、ユリカはナデシコを守り、ナデシコに出向いていたイネス以外の生き残りの人々を捨てる。結果、人々を見殺しにしてしまったと落ち込むユリカは、アキトにキスをして欲しいと伝えるが、アキトに拒まれてしまう。

フクベ提督との別れ・連合軍への編入

ナデシコのクルー達に別れを告げるフクベ提督

火星の重力圏からの離脱も困難な被害状況にあるナデシコ。現状を打破するため北極冠にあるネルガル研究所に向かい、修理を試みることに。イネスに生い立ちについて話していたアキトは、イネスの話からフクベ提督が過去に迎撃した敵の墜落によって、故郷が壊滅したことを知り激怒しフクベに殴りかかる。その後フクベはナデシコを火星から脱出させるための囮になり、集中砲火の中に消える。火星を脱出したナデシコは、飛び込んだ「木星蜥蜴」のワープ兵器「チューリップ」により8ヶ月先の宇宙、第4次月攻略戦戦場に飛ばされ、第4次月攻略戦の真っただ中に出現してしまう。ナデシコ不在の間にネルガルと連合軍は共同戦線を張っていた。争うこともできず、ナデシコは連合軍に編入する。連合軍への編入に納得のいかないアキトだったが、最新式エステバリスを操縦するパイロット、アカツキ・ナガレにナデシコに搭乗する意味を気付かされ、改めてガイの気持ちを継ぎ、地球を守るためナデシコで戦う決意をする。
連合軍に編入し、任務を与えられたナデシコ。某国の親善大使が北極海域の孤島にとり残されており、その救助に向かうという難易度の低い任務であった。手持ち無沙汰になったクルー達は自由時間を過ごすことになるが、アキトはメグミに誘われバーチャルルームで21世紀前半の学園生活体験を行うことになる。アキト達が気になるユリカは心此処にあらずとなり、誤って主砲を発砲する。なんとか敵の襲撃を受けながらも親善大使の保護に成功したアキトだったが、親善大使は連合軍が多大な予算をかけて研究していたシロクマであった。

束の間の休息・進化する敵

海でくつろぐホシノ・ルリ

ナデシコは赤道直下のテニシアン島へ、落下した新型チューリップの調査へ向かった。滅多にない海水浴のチャンスに、クルー達はハメを外してビーチバレーや屋台を楽しむ。浜辺を少し離れたアキトはアクアと名乗る少女と出会う。アキトが理想としていた『ゲキ・ガンガー3』のアクアマリンに瓜二つだった。アクアの家で過ごすアキトの元にユリカとメグミが現れ、アキトを問い詰めている間、アクアの指示により新型チューリップから敵が現れる。アクアは豪州圏最大のコンツェルンオーナーであるクリムゾン家の一人娘だった。彼女は自身の悲劇のヒロインになるという願望を果たすためチューリップを利用し、攻撃を受けてアキトと共に死のうと考えていた。エステバリス隊隊長のスバル・リョーコに助けられ、アキトは間一髪で島を脱出することができた。
新型の敵ナナフシを排除する任務のため、ナデシコはクルスク工業地帯へ向かった。遠方から砲撃しようとしたが、強力な迎撃を受けナデシコは墜落してしまった。小規模のブラックホールを出現させられるマイクロ・ブラックホール砲を装備しており、今までにない強力な敵だったのだ。作戦を変え、アカツキを隊長にエステバリス隊が撃墜に向かう。敵の攻撃に苦戦するアカツキ達だったが、アキトとアカツキの協力により敵を撃破することに成功する。

オモイカネの暴走

オモイカネの記憶に対峙するアキト

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

蒼穹のファフナー EXODUS(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

Read Article

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年12月に公開された「蒼穹のファフナー」の劇場版。舞台はTVアニメシリーズの2年後、西暦2148年。平和は守られたはずだった。人々は多くの犠牲を払い、取り戻した平和な日々を過ごしていた。そんな生活の中真壁一騎は皆城総士との約束が果たされる日を待っていた。一隻の船が竜宮島へ打ち上げられたその日、束の間の平穏は破られ再び少年少女たちは戦いの渦へと巻き込まれていく。

Read Article

蒼穹のファフナー Dead Aggressor / RIGHT OF LEFT(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にXEBECにより「島・ロボット・群像劇・少年少女」をキーワードに企画・制作されたオリジナルアニメ。舞台は未知の生命体「フェストゥム」によって侵略された近未来の世界。西暦2146年、唯一の楽園だった孤島・竜宮島にフェストゥムが侵攻する。真壁一騎は皆城総士に導かれ「思考制御・体感操縦式」有人兵器「ファフナー」のパイロットとなり、人類存亡をかけた激しい戦いの渦に巻き込まれていく。

Read Article

女神候補生(杉崎ゆきる)のネタバレ解説・考察まとめ

『女神候補生』とは、杉崎ゆきるによって『月刊COMIC GUM』にて連載されていた漫画作品である。2000年にXEBEC制作でアニメ化され、NHK BS2の『衛星アニメ劇場』枠で全12話が放送された。2001年に突如休載になって以降、杉崎本人が連載そのものを放棄している。人類最後の希望の星、惑星ZION(シオン)を襲う犠牲者(ヴィクティム)という名の巨大生物を倒す為、人類も女神(イングリッド)という名の巨大人型兵器を作り上げた。主人公ゼロはパイロットになる為、仲間と共に日々訓練を重ねていく物語。

Read Article

会長はメイド様!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『会長はメイド様!』とは2006年から藤原ヒロが『LaLa』で連載しているメイド喫茶で働く生徒会長と完全無欠のスーパー男子高校生との恋愛を描いた学園ラブコメを原作としたアニメ作品。普段は厳しい生徒会長であるため恐れられている主人公の鮎沢美咲には、メイド喫茶で働いている秘密があった。メイド姿で働いていることが広まると、星華高校を改革しようと積み上げてきた努力が無駄になることを恐れていた。そんな美咲の秘密を知ってしまった碓氷拓海が何かにつけて美咲を助け、美咲は徐々に碓氷拓海に惹かれていく。

Read Article

武装錬金(和月伸宏)のネタバレ解説・考察まとめ

『武装錬金』(ブソウレンキン)とは2003年から2005年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた和月伸宏による漫画及びアニメ・ゲーム作品。 ホムンクルスによって命を落とした少年・武藤 カズキ(ムトウ カズキ)が錬金術の力によって蘇り、激闘に身を投じる様を描く王道少年漫画である。 またヒロインである津村 斗貴子(ツムラ トキコ)との出会いから始まるボーイミーツガールものでもある。

Read Article

シャーマンキング(SHAMAN KING)のネタバレ解説・考察まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年が修行を経て、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を目指し、それを決めるシャーマンファイトに参加し、成長していく。

Read Article

シャーマンキングの持霊まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 葉は伝説の侍、阿弥陀丸を自らの“持霊”にし、シャーマンファイトに挑む。シャーマンは皆それぞれ持霊がおり、霊を物体に憑依させ具現化させて戦う。

Read Article

シャーマンキングのオーバーソウル・必殺技まとめ

『シャーマンキング』とは、武井宏之による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 平凡な中学生、小山田まん太のクラスに転校してきた不思議な少年麻倉葉。彼は霊と心を通わせることのできる霊能力者、「シャーマン」だった。500年に一度開催されるというシャーマンの王を決める戦い、「シャーマンファイト」に参加するべく上京してきたのだ。 シャーマンは各々の「持霊」を物体に憑依させ具現化させる、「オーバーソウル」と呼ばれる方法で戦う。葉は持霊の阿弥陀丸と共に様々な成長を遂げ、技を身につけていく。

Read Article

To LOVEる -とらぶる-(ダークネス)のネタバレ解説・考察まとめ

『To LOVEる -とらぶる-』とは、矢吹健太朗(作画)、長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画およびそれを原作とするアニメ。男子高校生・結城リトを主人公とし、ララ・サタリン・デビルークと西連寺春菜の三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。 また、続編のスピンオフ作品「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」では主人公はララの妹であるモモ・ベリア・デビルークやナナ・アスタ・デビルークがヒロインとして加わりお色気描写が過激になった。

Read Article

シャーマンキングの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『シャーマンキング』とは1998年から2004年にわたって週刊少年ジャンプで連載された武井宏之の作品。一度は打ち切りになったが完全版が発売され、約380Pの描き下ろしが追加され完結した。シャーマンの少年である主人公・麻倉葉(あさくらよう)が、全てのシャーマンの頂点「シャーマンキング」を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、様々な人との出会いや戦いを通して成長していく物語。

Read Article

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』とは日本にSFブームを巻き起こす先端となった『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品にあたる『宇宙戦艦ヤマト 2199』の続編である。 時に西暦2202年、宇宙戦艦ヤマトの活躍により青い姿を取り戻した地球はガミラスと平和条約を結び、復興の一途を辿っていた。そんな中、戦力増強に舵を切る地球連邦軍に不満を抱いていた旧ヤマト乗組員たちに女神テレサからのメッセージが届く。今再び、全宇宙の命運をかけてヤマトは旅立とうとしていた。

Read Article

グレートスピリッツ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

グレートスピリッツとは、『シャーマンキング』に登場する、この世のすべての魂の集合体であり、シャーマンキングだけが所有することのできる最強の霊だ。特定の姿や人格はなく、あらゆる魂とその記憶から出来ている。肉体の死を迎えた魂はグレートスピリッツへと還り、再び地上に生まれる時を待つ。グレートスピリッツの中では無数の魂が文化圏ごとのコミューンを形成しており、地獄と呼ばれる場所も天国と呼ばれる場所もある。

Read Article

ゾイド -ZOIDS-(初代・無印)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゾイド -ZOIDS-』は、タカラトミーの玩具「ゾイド」をモチーフにした、TBS系列で放送されたテレビアニメ。全67話。原作はタカラトミー。辺境の村に住んでいる少年バンは、ある日遺跡の中でカプセルの中に封印された少女フィーネと、オーガノイドのジークと出会う。記憶喪失のフィーネが呟いた「ゾイドイヴ」という言葉を手がかりに、愛機シールドライガーを駆り、世界を巡る冒険がはじまる。ゾイドを全てトゥーンレンダリングによる3DCGで描いており、ゾイドのリアリティや躍動感が魅力。

Read Article

PandoraHearts(パンドラハーツ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『PandoraHearts(パンドラハーツ)』は、『月刊Gファンタジー』にて連載された望月淳による漫画作品である。『不思議の国のアリス』などの童話をモチーフにしつつも、残酷な描写が随所にみられるダークファンタジーとなっている。成人の儀で闇の監獄へ落とされた後に10年後の世界に生還を果たした少年、オズ・ベザリウスを主人公に、自らの存在の意味を問う彼がその真実を見つけ、世界の危機を救うまでを描く。物語全体にわたる伏線が読む人を魅了し、単行本累計発行部数500万部を超えた人気作である。

Read Article

ゾイド新世紀/ゼロ(第2作)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゾイド新世紀/ゼロ』は、タカラトミーの玩具「ゾイド」をモチーフに、TBS系列で放送されたテレビアニメ。全26話。原作はタカラトミー。ジャンク屋を営む主人公ビット・クラウドが、ライガーゼロと出会い、数多の敵とのゾイドバトルを通じて成長していく物語。前作『ゾイド -ZOIDS-』の直接の続編で、1000年以上経った惑星Ziが舞台。今作では、ゾイドを戦争兵器としてではなく、ゾイドによる対戦競技をメインに据えているのが特徴。また、シリアスだった前作と違い、コメディ要素が強い作品となっている。

Read Article

五大精霊(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

五大精霊とは、『シャーマンキング』に登場する自然を司る最高位の5体の精霊で、シャーマンファイトを運営するパッチ族が守っている。それぞれ火、水、風、地、雷の五大元素を司っている。500年前、パッチ族からハオがスピリットオブファイアを盗み出して以降は残りの4体がパッチ族に守られていた。ハオを止めるためにガンダーラが見出した「五人の戦士」にそれぞれが渡され、シャーマンキングとなったハオに対抗する戦力となった。

Read Article

馬孫・黒桃(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

馬孫(バソン)・黒桃(コクトー)とは、『シャーマンキング』に登場する中国の武将の霊とその愛馬の霊で、中国のシャーマンの少年、道蓮(タオレン)の持霊(もちれい)だ。作中には黒桃はほとんど登場せず、主に馬孫が蓮の持霊として活躍している。馬孫は生存から道家に仕えており、死亡してからもその忠心は変わっていない。横暴でわがままな蓮を「坊ちゃま」と呼び、尽くしている。『シャーマンキングFLOWERS』では蓮の息子、黽(メン)の持霊として仕えている。

Read Article

ハオ/麻倉葉王(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ハオとは、『シャーマンキング』のラスボスであり、人類せん滅を企む麻倉家の始祖、麻倉葉王(ハオ)が転生を繰り返して主人公・葉の双子の兄として生まれた少年。「ちっちぇえな」が口癖で、シャーマンのエネルギーである巫力(ふりょく)は約125万という圧倒的な数値を叩き出すほど規格外の力を持つ。主人公を含めて誰にも超えられない絶対的な壁として作品全体に君臨する。最後は大勢の人々が見守る前で実の母・麻ノ葉に諭されるという恥ずかしい思いをした。シャーマンキングとなった後は葉の息子である花を見守っている。

Read Article

アイアンメイデン・ジャンヌ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

アイアンメイデン・ジャンヌとは、『シャーマンキング』に登場するキャラクターで、ハオを倒すために結成された正義の組織「X-LAWS」のリーダー。圧倒的な強さを持つ「神クラス」と呼ばれるシャーマンのひとりで、組織のメンバーからは「聖・少・女」と崇められている。世界平和を願う少女だが、正義のために躊躇いなく人を殺すという異常性を持つ。紆余曲折を経て自分を見つめなおし、自分の思う正しさだけではなく他者のために戦うようになる。シャーマンファイト終了後に蓮と結婚し一男をもうけるが、ある人物に殺害される。

Read Article

ホロホロ/碓氷ホロケウ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ホロホロ/碓氷ホロケウ(うすいホロケウ)とは、『シャーマンキング』の登場人物でアイヌのシャーマンの少年。コロポックルのコロロを持霊(もちれい/シャーマンの相棒)とし、雪や氷を用いた戦闘を得意とする。情に厚く熱血な性格で、夢は「でっけえフキ畑を作る」こと。人間の土地開発により自然が壊されていくことを憂えている。シャーマンファイト終了後は農場や牧場を経営する傍ら、森林の違法伐採をする業者や水の不当管理をする業者を潰す「水源の守護者」として活動している。

Read Article

麻倉葉(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

麻倉葉とは、『シャーマンキング』の主人公で、「なんとかなる」が口癖の心優しいシャーマンの少年。侍の霊・阿弥陀丸を相棒に、「楽に生きられる世界」を作るため、500年に一度行われるシャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加する。人類滅亡を目論む宿敵にして兄・ハオを止めるべく奔走する。争いごとを好まない穏やかな性格で、特に人殺しは決して許容しない。多くの出会いと戦いを通して成長し、自分の行いの結果を受け止める覚悟を持つようになる。

Read Article

道蓮(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

道蓮(タオレン)とは、『シャーマンキング』の登場人物で、中国の歴史の影で1800年もの間暗躍してきたシャーマンの名門・道家出身の少年。1800年間道家に仕えている武将の霊・馬孫(バソン)を持霊(もちれい)としている。頭頂部のトンガリがトレードマーク。シャーマンとして高い実力とプライドを持つ。家の残虐な所業を見てきたために人間を汚いものと断定し、憎んできたが葉との戦いを通して自身の弱さを自覚し、乗り越える。シャーマンファイト終了後は大学在学中にメイデンと結婚し、一男を設けている。

Read Article

恐山アンナ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

恐山アンナとは、『シャーマンキング』のヒロインで、主人公・麻倉葉の許嫁。葉の祖母の弟子で、霊峰・恐山のイタコだ。キツすぎる物言いと手の早さで、葉をはじめとするあらゆる人物から恐れられている。ハオが麻倉家に残した秘伝書「超・占事略決」を短期間でマスターし、書を守っていたハオの式神「前鬼」と「後鬼」をねじ伏せて持霊にするなど、シャーマンとして桁外れの能力を持っている。葉をシャーマンキングにするべく地獄のような修行を課すが、すべては葉への深い信頼と愛情のためだ。

Read Article

リゼルグ・ダイゼル(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

リゼルグ・ダイゼルとは、『シャーマンキング』の登場人物で、ダウジングという術を得意とする探偵の少年。主人公の葉たちがシャーマンファイトの本戦に挑むためアメリカを旅している最中に出会う。初対面の葉たちが少女と間違えたほどの美少年。幼い頃に両親をハオに殺されており、その復讐のためにシャーマンファイトに参加している。シャーマンファイト終了後は警察官を経てイギリス情報局秘密情報部に所属し、各地の戦争を止めるため尽力するスーパーエージェント「炎の代理人」となる。

Read Article

ファウストVIII世(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

ファウストVIII世とは、『シャーマンキング』の登場人物で骨を操るネクロマンサーの男性。最愛の妻、エリザを蘇らせるためにシャーマンキングを目指す。ネクロマンサーとなる前は医者をしており、その知識と経験は確かなもの。エリザの死によって正気を失い、まん太の胸部をメスで切り開くなど異常な行動を取るが、葉の仲間となってからは医療に精通したシャーマンとしてサポート面で活躍する。シャーマンファイト終了後はふんばり温泉専属医師となるが、激務がたたって過労死する。

Read Article

梅宮竜之介(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

梅宮竜之介とは、『シャーマンキング』に登場する、長いリーゼントと木刀がトレードマークのキャラクター。仲間たちからは「竜」や「竜さん」と呼ばれる。地元の不良たちを率いる「木刀の竜」として名を馳せたが、盗賊の霊・蜥蜴郎(トカゲロウ)に取り憑かれたことをきっかけにシャーマンとしての能力が開花した。主人公の葉を「旦那」と慕い、シャーマンファイト本戦では葉のチームの一員として戦う。シャーマンファイト終了後はふんばり温泉の板前長となり、葉の息子の花の面倒や、女将の補佐に奔走している。

Read Article

サティ・サイガン(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

サティ・サイガンとは、『シャーマンキング』の登場人物で、正義にも悪にも依らない「中庸」を掲げる組織「ガンダーラ」のリーダーである。ガンダーラは仏教に属するシャーマンたちが所属しており、ハオをも含めた全ての者を漏れなく救済するという方針の元活動している。ハオの悪行を止めるため、葉・蓮・ホロホロ・チョコラブ・リゼルグを「五人の戦士」と見定め、地獄での修行や五大精霊の調達などのサポートを行う。サティは死者を蘇らせる力を持っており、彼女に救われるキャラクターは多い。

Read Article

チョコラブ・マクダネル(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

チョコラブ・マクダネルとは、『シャーマンキング』の登場人物で、中南米インディオのシャーマンの少年。世界一のコメディアンになることが夢だが、ギャグセンスはない。幼い頃に強盗に両親を殺され、自身もギャングとなって殺人を犯した過去を持つ。シャーマンの老人・オロナに救われ、ギャングから足を洗ってシャーマンとなり、「笑いの風」で世界を救うことを目指す。シャーマンファイト終了後は罪を償って服役し、刑務所内で寒いギャグを飛ばす「ミスター・ウインド」の呼び名で親しまれる。

Read Article

マルコ・ラッソ(シャーマンキング)の徹底解説・考察まとめ

マルコ・ラッソとは、『シャーマンキング』に登場するキャラクターで、ハオを倒すために結成された正義の組織「X-LAWS」のナンバー2にして実質的なリーダー。ハオに復讐するためX-LAWSを設立し、ただの孤児であったジャンヌを「聖・少・女」にまで育て上げた。非常に頭が固く、X-LAWSのやり方を好まない葉を毛嫌いし、X-LAWSに所属しながらマルコに同調しないリゼルグに体罰を加える。ジャンヌを騙していたことを許されてからは多少性格が丸くなり、リゼルグが気軽に意見できる間柄となる。

Read Article

目次 - Contents