機動戦艦ナデシコ(Martian Successor Nadesico)のネタバレ解説まとめ

『機動戦艦ナデシコ』とは、宇宙を題材としたリアルロボットSFアニメである。突如現れた敵「木星蜥蜴」と、地球連合宇宙軍やネルガル重工の戦いを描いたものである。題材は虐殺や歴史修正主義など重厚なものを取り扱っているが、恋愛やコメディー要素を多く取り入れ、SFファンからも支持を集めている。劇中劇として登場するアニメ『ゲキ・ガンガー3』など細かい設定にもこだわりが詰め込まれている作品である。原作は月刊少年エースにて1996年から1999年まで連載された、麻宮騎亜の漫画作品『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』である。

『機動戦艦ナデシコ』の概要

『機動戦艦ナデシコ』とは、西暦2196年の宇宙を舞台としたSFロボットアニメである。度々比較対象に挙げられる『新世紀エヴァンゲリオン』とは全く異なった、ラブコメディー要素の強いストーリー展開が特徴である。
1996年10月1日〜1997年3月25日の期間、テレビ東京系で全26話が放送された。監督は佐藤竜雄、キャラクター原案は原作『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』の作者、麻宮騎亜である。
メインヒロインのミスマル・ユリカを演じた桑島法子は本作がきっかけで人気を博すこととなった。またテンカワ・アキト役の上田祐司(現:うえだゆうじ)もこの時期にテレビアニメ初主演となった。
22世紀末、火星に進出していた人類を、謎の機動兵器軍団「木星蜥蜴」が突如襲う。瞬く間に火星は制圧され、火星に残された人々がいるものの連合軍は地球の防衛で手一杯。ここで地球一の大企業である「ネルガル重工」が立ち上がり、「木星蜥蜴」に対抗すべく「スキャパレリプロジェクト」を計画、「機動戦艦ナデシコ」を竣工し火星の人々の救出を試みる。
主人公テンカワ・アキトは幼なじみのミスマル・ユリカとの再会をきっかけに機動戦艦ナデシコに乗り込み、人型機動兵器「エステバリス」のパイロットとして戦いに身を投じていく。
マニアックな拘りが詰まった作品であり、劇中に登場するアニメ『ゲキ・ガンガー3』は専門のチームを編成して作り上げられている。
ナデシコのオペレーターであるホシノ・ルリは、ヒロインのミスマル・ユリカを凌ぐ人気を博しており、現在も当時からの根強いファンが多く存在する。日本神話由来の固有名詞やモニター等に漢字が多く表示されるなど、従来のSF作品とは異なった和風要素の強さも特徴であり、日本神話の神々から引用した固有名詞が数多くある作品である。
1998年8月1日に、続編の劇場アニメ『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』 が公開され、ゲーム作品『機動戦艦ナデシコ The blank of 3years』 『機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION』 が発売されている。
関連CDやビデオの売れ行きも好調で、続編を望む声が非常に多い作品だが、2005年8月9日に監督・佐藤竜雄の公式サイトにて続編制作中止が発表されている。作品自体の問題ではなく、他の要素で実現不可能となったとされている。ファンの間では制作会社間での確執が原因かと囁かれているが、明確には発表されていない。
2006年に、文化庁メディア芸術祭10周年記念で実施された「日本のメディア芸術100選」のアニメ部門に46位でノミネートされたことでも話題になった。

『機動戦艦ナデシコ』のあらすじ・ストーリー

アキトとユリカの再会

アキトとの再会を喜ぶユリカ

西暦2196年。人類が謎の機動兵器軍団「木星蜥蜴」の攻撃を受けて1年が経過し、火星と月は制圧状態にあった。地球を防衛することで手いっぱいになっている地球連合軍に代わり、地球一の大企業「ネルガル重工」は火星に残された人々を救うべく「スキャパレリ・プロジェクト」を発動することに。作戦の要となる「機動戦艦ナデシコ」を竣工し、多少人格に問題があっても能力のあるクルーを集める。同時に「木星蜥蜴」からの襲撃を受け、そこで出会った少女アイちゃん達を救えなかったトラウマから、ストレス障害を患うようになったテンカワ・アキトは、アルバイトで勤めていた食堂のコックを首になり途方に暮れていたところ、幼なじみのミスマル・ユリカと偶然再会する。両親が幼少時代に爆破事故で死亡しており、その事故の真相が仕組まれたものではないかと考えていたアキトは、事件の真相を知っているかもしれないとユリカを追いかける。アキトはネルガル重工の地下ドックにたどり着くが、警備に捕まってしまう。ネルガルから出向し、ナデシコの会計・監査役であるプロスペクターにコックとしてナデシコへ搭乗するよう任命される。地下ドックを見学している際、アキトはナデシコを狙った「木星蜥蜴」の襲撃を受け、成り行きで人型機動兵器「エステバリス」を操縦し敵の殲滅に協力する。その際、ユリカがナデシコの艦長であることを知る。

ナデシコの独立宣言・ガイの死

息を引き取るガイ

「木星蜥蜴」に対抗し得るナデシコの性能を知った地球連合軍は、独自で動こうとするナデシコを戦力に加えるため戦艦トビウメを交渉へ差し向ける。その頃、地球連合軍からネルガルへスカウトされた元地球連合軍フクベ提督に無理やり付いてきて搭乗していた部下ムネタケはナデシコ艦内を制圧し、ユリカやプロスペクターを地球連合軍との交渉に向かわせる。クルー達が反対する中、連合軍との交渉に応じることを決意したユリカは、地球連合宇宙軍第三艦隊司令・父ミスマル・コウイチロウの元へ人質として向かう。クルー達が軟禁され、意気消沈する中エステバリスのパイロットであるダイゴウジ・ガイは、クルー達を団結させるため、ロボットアニメ『ゲキ・ガンガー3』を皆で視聴する。幼少期に観ていた熱血アニメに心を打たれ、アキトはユリカを連れ戻し火星に向かうことを決意する。ユリカは父に、アキトの両親が遭った事故について真相を聞き出そうとするが、濁される。「木星蜥蜴」からの襲撃を受け連合軍が動揺する中ユリカはプロスペクターと父の元から脱出する。驚く父達に、アキトの両親について知りたかっただけであり、ナデシコを手放す気はないことを宣言する。アキトとガイが共闘、艦長として戻ったユリカも参戦し、「木星蜥蜴」を殲滅する。
地球を守るビッグバリアは、地球から火星に向かうナデシコにとって諸刃の剣となる。ユリカは連合軍にビッグバリアの開放を求めるが却下される。強行作戦に出たナデシコは、力づくでバリア突破・地球離脱を試みる。ナデシコの前に、連合軍側についたユリカの幼なじみでありナデシコ副長のアオイ・ジュンが立ちふさがる。ガイを人質にジュンはユリカへ投降を勧告するものの、ユリカは拒否、ヤケになったジュンはガイのエステバリスを破壊しようとするがアキトに阻止される。アキトとガイに説得され、ジュンはナデシコに戻ることを決意する。
無事地球を離脱したナデシコだったが、ナデシコから脱出しようとするムネタケ達を目撃したガイはムネタケから狙撃されてしまう。そのままガイは死亡してしまい、アキトは落ち込むが他のクルーはあまり関心が無い様子であった。

エステバリス隊との合流

スバル・リョーコ

ナデシコは新しいパイロットを補充するため、地球と火星を結ぶ航路付近に位置する、地球人が住む人工居住地コロニー・サツキミドリ2号へ向かった。到着する寸前にコロニーが爆破されてしまい、ナデシコ艦内では何者かの侵入が確認される。侵入したのは爆破からなんとか生き残った新しいパイロット達、エステバリス隊(スバル・リョーコ、アマノ・ヒカル、マキ・イズミ)であった。元声優でナデシコの通信士であるメグミ・レイナードは直前までサツキミドリ2号と通信を取っており、直前まで会話していた人々が命を落としたことにショックを受ける。同じくガイの死に心を痛めるアキトと分かり合いいい雰囲気になる。コロニーに残された機体の回収に臨むエステバリス隊、アキトも苦戦しながら無事任務を遂行する。任務を終え帰還したアキトにメグミが抱きつき、キスをする場面をユリカは目撃してしまう。
コロニーが壊滅した際、多くの犠牲者が出てしまった。故人の意志を汲み取るため、様々な葬儀の様式をナデシコでは行なっていた。儀式に合わせて牧師などを手配することもできないため、艦長のユリカが全てを取り仕切ることに。技術が発達した時代、艦長は緊急事態以外は基本的に指示を出すこともなく、ユリカは自分の艦長としての存在意義について悩むように。アキトと会うこともできず、瞑想室に籠るようになってしまった。その頃アキトはコックの素晴らしさを再認識するもののコックよりもパイロットとして戦うよう周りに言われ、疲れており同じく瞑想室に。悩みの解決法を探る二人だったが、火星到着直前で敵の本格的な攻撃を受け瞑想を中断する。敵の攻撃を受け苦戦するエステバリス隊だったがアキトの活躍で撃退することができた。エステバリス隊から見直され、信頼されるようになるアキトであった。

火星への到着・イネス達との出会い

イネス・フレサンジュ

火星に降り立ち、ナデシコはネルガルの研究所へ揚陸艇へ探査に向かう。その頃アキトは故郷ユートピア・コロニーへ一緒にエステバリスに乗り込んできたメグミと共に向かっていた。到着し、思い出に浸るアキトだったが、そこで火星の生き残りの人々に遭遇する。ナデシコのメインシステムの研究開発に携わっていたイネス・フレサンジュ含む火星の人々はナデシコへの搭乗を拒否する。開発に携わっていたからこそ、「木星蜥蜴」への勝ち目がないと言うのだ。説得する最中に「木星蜥蜴」の大群より襲撃を受け、ユリカはナデシコを守り、ナデシコに出向いていたイネス以外の生き残りの人々を捨てる。結果、人々を見殺しにしてしまったと落ち込むユリカは、アキトにキスをして欲しいと伝えるが、アキトに拒まれてしまう。

フクベ提督との別れ・連合軍への編入

ナデシコのクルー達に別れを告げるフクベ提督

火星の重力圏からの離脱も困難な被害状況にあるナデシコ。現状を打破するため北極冠にあるネルガル研究所に向かい、修理を試みることに。イネスに生い立ちについて話していたアキトは、イネスの話からフクベ提督が過去に迎撃した敵の墜落によって、故郷が壊滅したことを知り激怒しフクベに殴りかかる。その後フクベはナデシコを火星から脱出させるための囮になり、集中砲火の中に消える。火星を脱出したナデシコは、飛び込んだ「木星蜥蜴」のワープ兵器「チューリップ」により8ヶ月先の宇宙、第4次月攻略戦戦場に飛ばされ、第4次月攻略戦の真っただ中に出現してしまう。ナデシコ不在の間にネルガルと連合軍は共同戦線を張っていた。争うこともできず、ナデシコは連合軍に編入する。連合軍への編入に納得のいかないアキトだったが、最新式エステバリスを操縦するパイロット、アカツキ・ナガレにナデシコに搭乗する意味を気付かされ、改めてガイの気持ちを継ぎ、地球を守るためナデシコで戦う決意をする。
連合軍に編入し、任務を与えられたナデシコ。某国の親善大使が北極海域の孤島にとり残されており、その救助に向かうという難易度の低い任務であった。手持ち無沙汰になったクルー達は自由時間を過ごすことになるが、アキトはメグミに誘われバーチャルルームで21世紀前半の学園生活体験を行うことになる。アキト達が気になるユリカは心此処にあらずとなり、誤って主砲を発砲する。なんとか敵の襲撃を受けながらも親善大使の保護に成功したアキトだったが、親善大使は連合軍が多大な予算をかけて研究していたシロクマであった。

束の間の休息・進化する敵

海でくつろぐホシノ・ルリ

ナデシコは赤道直下のテニシアン島へ、落下した新型チューリップの調査へ向かった。滅多にない海水浴のチャンスに、クルー達はハメを外してビーチバレーや屋台を楽しむ。浜辺を少し離れたアキトはアクアと名乗る少女と出会う。アキトが理想としていた『ゲキ・ガンガー3』のアクアマリンに瓜二つだった。アクアの家で過ごすアキトの元にユリカとメグミが現れ、アキトを問い詰めている間、アクアの指示により新型チューリップから敵が現れる。アクアは豪州圏最大のコンツェルンオーナーであるクリムゾン家の一人娘だった。彼女は自身の悲劇のヒロインになるという願望を果たすためチューリップを利用し、攻撃を受けてアキトと共に死のうと考えていた。エステバリス隊隊長のスバル・リョーコに助けられ、アキトは間一髪で島を脱出することができた。
新型の敵ナナフシを排除する任務のため、ナデシコはクルスク工業地帯へ向かった。遠方から砲撃しようとしたが、強力な迎撃を受けナデシコは墜落してしまった。小規模のブラックホールを出現させられるマイクロ・ブラックホール砲を装備しており、今までにない強力な敵だったのだ。作戦を変え、アカツキを隊長にエステバリス隊が撃墜に向かう。敵の攻撃に苦戦するアカツキ達だったが、アキトとアカツキの協力により敵を撃破することに成功する。

オモイカネの暴走

オモイカネの記憶に対峙するアキト

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

蒼穹のファフナー Dead Aggressor / RIGHT OF LEFT(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2004年にXEBECにより「島・ロボット・群像劇・少年少女」をキーワードに企画・制作されたオリジナルアニメ。舞台は未知の生命体「フェストゥム」によって侵略された近未来の世界。西暦2146年、唯一の楽園だった孤島・竜宮島にフェストゥムが侵攻する。真壁一騎は皆城総士に導かれ「思考制御・体感操縦式」有人兵器「ファフナー」のパイロットとなり、人類存亡をかけた激しい戦いの渦に巻き込まれていく。

Read Article

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2010年12月に公開された「蒼穹のファフナー」の劇場版。舞台はTVアニメシリーズの2年後、西暦2148年。平和は守られたはずだった。人々は多くの犠牲を払い、取り戻した平和な日々を過ごしていた。そんな生活の中真壁一騎は皆城総士との約束が果たされる日を待っていた。一隻の船が竜宮島へ打ち上げられたその日、束の間の平穏は破られ再び少年少女たちは戦いの渦へと巻き込まれていく。

Read Article

蒼穹のファフナー EXODUS(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

Read Article

みんなの知らない神アニメ「機動戦艦ナデシコ」の世界(知らない人はヤバいかも)

「機動戦士ガンダム」は知ってるけど「機動戦艦ナデシコ」は知らないという方が、結構いると思います。もちろん、ナデシコ自体はゲームやグッズなどで商品展開こそされていますが、今では完全に日陰に立ってしまっています。今回は、そんな超名作と言われる「機動戦艦ナデシコ」のあらすじや、その魅力ポイントをまとめてみました。(画像提供:GYAO!様より)

Read Article

あなたは誰派??「機動戦艦ナデシコ」女子キャラまとめ

「機動戦艦ナデシコ」の女性キャラクターといえば、みんな個性が異なり、とても魅力的な方がたくさんいらっしゃいます。もちろん、ホシノ・ルリの人気ぶりはメーカーさんの商品ラインナップを見れば、自ずと理解できますが、本当にそう思っていますか?周囲の意見に付和雷同、流されてませんか?今回は、そんなナデシコに登場する女子キャラたちを、アニメの世界から切り取り、まとめてみました(画像提供GAYO!様)。

Read Article

《クイズ形式》あなたは読める!?ロボット作品の独特な読み方

「機動戦士ガンダム」を主に、日本では様々なロボットアニメや漫画が人気を博していますよね。しかし、そんな中で度々出てくるのが、その独特な読み方の数々。それはもはや、《読めない=知らない=にわかファン》と言われても言い返せないほどです。今回はそんな独特な読み方をする作品からワードを集めて、クイズ&面白くまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents