Far Cry 5(ファークライ5)のネタバレ解説・考察まとめ

『Far Cry 5』とは、ユービーアイソフトが発売したアクションアドベンチャー・ファーストパーソン・シューティングゲームである。舞台は、アメリカの架空地域ポープカウンティ。プレイヤーは新人の保安官となり、カルト教団の脅威を止めるべく、立ち向かう。

『Far Cry 5』の概要

『Far Cry 5』とは、アクションアドベンチャー・ファーストパーソン・シューティングゲームである「Far Cry シリーズ」の7作目。
開発は、ユービーアイソフトの開発チームであるユービーアイソフトモントリオールとユービーアイソフトトロント。
リリースは2018年3月29日で、PS4、Xbox One、PCに展開しており、日本語(日本語音声・字幕)にも対応している。

『Far Cry 5』のゲームシステム

キャラクターのカスタマイズ

プレイヤーの分身であるキャラクターをカスタマイズすることができる。
キャラクターは、8種の容姿から選択でき、性別も選べる。
キャラクター容姿はカスタマイズできないが、服装とアクセサリーの着せ替えが可能。
服装とアクセサリーは、全部で20種類以上あり、プレイヤーの好みにカスタマイズできる。

武器の種類

本ゲームでは、サイドアーム、アサルトライフル、サブマシンガン、ショットガン、マシンガン、スナイパーライフル、弓、ロケットランチャー、近接武器、スペシャルウェポンの10種の武器が登場する。
装備できる武器の数は、最大5種である。
武器は各基地にあるショップで購入できるほか、ミッションの報酬としても入手できる。
また、敵が落とした武器を装備することもできる。
武器はカスタマイズ可能で、アタッチメントを付けたり、カラーを変えたりできる。
アタッチメントを付けることで、連射速度やリロード速度などを向上する。

サイドアーム

セミオートピストルの「1911」。

サイドアームには、ピストル、マシンピストル、グレネードランチャーの3種類が存在する。
ピストルは、セミオート(自動単発射撃)とリボルバー(回転式弾倉)の2種類があり、リボルバーの方が強力な武器となっている。
マシンピストルは、連射速度が早く近距離で威力を発揮する武器である。
グレネードランチャーは、グレネードを打ち出し敵に爆発ダメージを与える。

アサルトライフル

アサルトライフルの「AR-C」。

近距離から中距離戦に向いた武器。
武器の操作性が良いため、初心者でも扱える武器である。

ショットガン

ショットガンの「M133 MS」。

近距離戦で威力を発揮する武器である。
弾が散弾するため、敵に近づかないと全くダメージがでない。
室内戦で使うのが、最も効果的である。

サブマシンガン

サブマシンガンの「MP5」。

近距離戦に向いた武器。
一発あたりのダメージは低いが、連射速度速い。
射程距離が短いため、総合的なダメージが低い。

スナイパーライフル

スナイパーライフルの「MBP .50」。

長距離戦に特化した武器。
手動で弾薬の供給と排出を行うボルトアクション(単発射撃)と自動で弾薬の供給と排出を行うセミオート(自動単発射撃)の2種類があり、ボルトアクションの方がダメージが高いがリロード時間が長い。

マシンガン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

《ゲームネタ》UBISOFT様の一度はプレイしておきたいゲームまとめ

今現在、飛ぶ鳥を落とす勢いのUBISOFT様をご存知ですか?UBISOFT様は、フランスに本社を置くゲーム会社なんですよ。ゲームジャンルとしては、主にアクションゲームやFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)などでCEROの区分がC以上のものから、誰でも楽しめる簡単スクロールゲーム等、その幅はとても広く面白いです。

Read Article

一度プレイしておきたい家庭用オープンワールドゲーム

オープンワールドゲームとは、スマホなどでは到底味わう事の出来ない広大なフィールドを自由に駆け回れる、極めて自由度の高いゲームのことです。いつ何をしなければいけないという閉塞感がなく、クエストを受けてもやるかやらないかさえ自由、どこへなにしにいっても自由いう、まさに二次元世界で自由気ままな旅をしているような感覚を味わえるのです!

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents