ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

『ホビット 思いがけない冒険』の概要

『ホビット 思いがけない冒険』は、2012年に公開されたアメリカ・ニュジーランド合作のファンタジー映画。本作は、J・R・R・トールキンが1937年に発表した小説『ホビットの冒険』を原作として実写化した『ホビット』3部作の1作目となる。『ホビット』3部作は、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の前日譚であり、60年前の中つ国が舞台となっている。最新技術を活用し、3D映画として製作された。映画監督は『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』のピーター・ジャクソンが続投し、主人公ビルボ・バギンズを『ブラック・パンサー』やBBCドラマ『SHERLOCK』のマーティン・フリーマンが演じている。出演は他に、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のリチャード・アーミティッジ(トーリン役)、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』から引き続き、イアン・マッケラン(ガンダルフ役)、ヒューゴ・ウィービング(エルロンド役)、ケイト・ブランシェット(ガラドリエル役)など。
第85回アカデミー賞には、美術賞、視覚効果賞、メイクアップ賞でノミネートされたが受賞は逃した。後にブルーレイ化された『エクステンデッド・エディション』では、約13分間の未公開シーンが追加されている。本記事ではこの未公開シーンの内容も一部含んでいる。

人間やエルフ族、ドワーフ族、ホビット族などが住む中つ国(なかつくに)。ホビット族の青年ビルボは、魔法使いのガンダルフに巻き込まれ、ドワーフ族の王であるトーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフと共に冒険に旅立った。その旅の目的は、竜のスマウグに奪われた、ドワーフの王国、はなれ山(エレボール)を奪還することだった。
旅の途中で、彼らは冥王サウロンの手下である種族のオークの王アゾグに追われる。かつて、トーリンの祖父スロールを殺したアゾグは、怒ったトーリンに自分の右腕を切り落とされた恨みがあり、トーリンを追っていた。ビルボやドワーフの一行は、魔法使いのラダガストに助けられ、エルフの国である裂け谷に逃げ込む。はなれ山に入るための地図を解読するために、裂け谷の領主であるエルロンドの力を借りた彼らは、エルロンドと話していたガンダルフを置き去りにしたまま、旅を再開する。途中の山で、崖から落ちそうになったビルボはトーリンから足手まといだと言われ、家に帰ろうとするが、その時、地面が割れ、全員が地下に落ちてしまう。ドワーフたちは地底に住むゴブリンに捕まり、ビルボは落ちた地底湖で謎の生き物のゴラムと出会い、金の指輪を拾う。追いついたガンダルフに助けられたドワーフたちだが、アゾグに見つかり、崖に追い込まれる。トーリンがアゾグに殺されそうになったが、ビルボが敢然と立ち向かい彼を助ける。ドワーフたちも反撃するが敵に囲まれてしまう。危機一髪のところで、ガンダルフが呼んだ大鷲たちによって一行は助けられ、トーリンはビルボに足手まといと言ったことを謝り、仲間として認め、はなれ山への旅を続けるのだった。

『ホビット 思いがけない冒険』のあらすじ・ストーリー

ビルボの回想と冒険の始まり

出典: twitter.com

袋小路屋敷でフロド(画像左)と話す、111歳の誕生日を迎えたビルボ(画像右)

人間やエルフ族、ドワーフ族、ホビット族などが住む中つ国(なかつくに)。中つ国の西にあるホビット庄に住むホビット族のビルボは机に向かい、養子のフロドに宛てて、60年前の自分の冒険物語を書いていた。

遠い昔、中つ国の東に平和と繁栄に満ちたデイルという谷間の国があった。人間の国であるデイルの前にそびえているのが、はなれ山(エレボール)だった。そこは、山の下の王と呼ばれるドワーフ族の最強の王スロールが治めており、その山中に築かれた要塞のような地下都市は地中の貴重な鉱石と豊富な金脈によって潤っていた。その中でも、一際輝く大きくて白いアーケンストーンという宝石は王家の宝とされ、それが王の証とされていた。
ある時、スロールと同盟を結んでいた、闇の森のエルフの王であるスランドゥイルが自分の妻のために家宝の「ラズガレンの宝石」の加工をスロールに頼んだ。しかし、できあがった宝石の所有権についてどちらも譲らず、交渉が決裂し、スロールはスランドゥイルに宝石を渡さなかった。そのため、スロールとスランドゥイルとの間に決定的な亀裂が入ったのだ。所持していた七つの指輪の魔力によってか、スロールは徐々に黄金に執着し、心を蝕まれていった。その頃、はなれ山の財宝を嗅ぎつけた、第三紀で最大最強最悪であり、火を吐く火竜のスマウグが飛来し、デイルを襲って焼き払った。スマウグは黄金に目がなく、はなれ山のドワーフたちを殺して黄金を奪い、そのまま、はなれ山に居ついた。ドワーフたちを助けに来たエルフ軍だが、竜を見ると恐れをなして戦うことなく戻っていった。スロールの孫であるトーリンは助けに来なかったエルフを見て、裏切られたと感じ、エルフを憎むようになる。故郷を追われたドワーフたちは流浪の民となり、トーリンは竜に復讐を誓った。これが冒険物語の発端となった遠い昔の出来事であった。

ビルボは111歳の誕生日を迎えたその日も物語を書いていた。ビルボの養子であるフロドは、ビルボの誕生日を祝いに訪れる魔法使いのガンダルフを迎えに行く。 その間、ビルボは家の前のベンチに座りパイプ草をふかし、60年前の冒険のことを思い出していた。

出典: www.cinematoday.jp

袋小路屋敷の前のベンチでビルボを旅に誘うガンダルフ

青年ビルボは、ホビット庄の袋小路屋敷に住んでいる。おいしい食べ物を食べ、平穏な日々を愛するビルボの元に、魔法使いのガンダルフがやってくる。ガンダルフは冒険の旅に出る者を探していると言うが、ビルボは「ここには旅に興味のある者などいない。」と答える。しかし実はガンダルフはビルボのことを昔から知っており、母方のトゥック家の血筋の影響で彼が冒険好きなことを思い出した。そこでガンダルフはビルボを冒険に連れていくことを決めるが、ビルボは「冒険なんてお断りです。」とにべもなく断る。
その晩、彼が夕食をとろうとすると、家にドワーフ族がやってきた。寝耳に水の来訪にビルボはとまどうが、実はガンダルフが、旅の仲間として選んだビルボの家のドアに、仲間の集合場所となる目印を書いていたため、12人のドワーフが続々とやってきたのだ。家にある食べ物を勝手に食べ、どんちゃん騒ぎをする彼らに、ビルボは怒り、迷惑がるが、後から来たガンダルフは「慣れれば陽気な奴らじゃ。」と言い、止める気配はない。
そこにドワーフ族7氏族の会議に行っていたドワーフ族の王であるトーリン・オーケンシールドが到着した。邪竜のスマウグに奪われた、はなれ山(エレボール)と財宝を奪還することが彼らの目的だった。ドワーフの会議で、他の氏族に援軍を求めたトーリンだったが、協力は得られなかった。しかし、予言によれば、大ガラスが山に戻ることが竜の時代が終わる前兆であり、先ごろ、その前兆があった。さらに、はなれ山へ入る秘密の入口の見つけ方の書かれた地図と鍵をトーリンの父親スラインから、ガンダルフが預かっていたこともわかった。援軍は来ないものの、前兆とはなれ山に入るための地図と鍵が見つかったこの機を逃さず、ビルボの家に集まった、たった13人ではなれ山に行くことが決まった。彼らは、はなれ山の大量の黄金の中に埋もれたアーケンストーンを、竜に気づかれずに探すために「忍びの者」を探していた。ガンダルフは忍びの技と少なからぬ勇気を持つ者として、14人目の仲間にビルボを選んだのだ。しかし、急に旅はできない、危険な旅で戻れないかもしれないとビルボは断り、翌朝13人のドワーフとガンダルフはビルボを置いて旅立った。目覚めたビルボは、旅への同行を断ったものの、皆がいなくなって寂しさを感じた。冒険への好奇心を抑えきれなくなったビルボは急いで荷造りをして、ガンダルフたちを追いかけ、旅へ同行する契約を交わしたのだった。

トーリンとアゾグの因縁とトロルに捕まった旅の一行

慣れない野営で眠れないビルボは、ドワーフたちにオークの夜襲の話を聞く。オークは冥王サウロンの配下として闇の勢力の主力を成す種族で、残酷で好戦的な生き物だった。笑い話のように話す若いドワーフの兄弟、フィーリとキーリに怒るトーリン。年長のドワーフであるバーリンは、トーリンがオークを憎む理由を話し始める。竜に、はなれ山を奪われた後、スロールはドワーフたちを連れて古代王国のモリアへ向かった。しかし、モリアは既にアゾグ率いるオーク軍に占拠されていた。アゾグはグンダバドのオークで、他のオークと比べて巨大で、極めて卑劣な「穢れの王」と呼ばれていた。グンダバドはドワーフの父祖であるドゥリンが目覚めた場所で、ドワーフにとって神聖で崇拝する土地であったが、オークたちに奪われ、占拠されてしまっていた。アゾグはドゥリンの血を根絶やしにすることを誓っており、モリアにやってきたスロールの首を切り落とした。スロールの息子で、トーリンの父であるスラインは悲しみで正気を失い、行方不明となってしまった。しかし、トーリンはアゾグに一人で立ち向かい、武具をなくした時、とっさに近くにあった樫の木(オーク)を盾として戦い、アゾグの左腕を切り落とした。それがトーリンが「オーケンシールド(オークの盾)」と呼ばれる由来であった。トーリンは祖父を殺し、父の正気を失わせ、多くの仲間を殺したオークを憎悪していたのだった。

旅の途中、ガンダルフは自分の他にも魔法使いがいることを話す。最も偉大な白の魔法使いサルマン、青の魔法使いが2人、動物と心を通わし、森を見張っている、変わり者の茶の魔法使いラダガスト、そして灰色のガンダルフの5人であった。
その頃、ラダガストは森の様子がおかしいことに気づいていた。ラダガストの可愛がっているハリネズミが強力な闇の魔術で苦しみ、邪悪な大蜘蛛が彼の家を襲う。大蜘蛛がどこから来たかを調べるため、ラダガストは大蜘蛛を追いかける。

出典: www.kevinestey.com

トロルに捕まったビルボ

霧ふり山脈の西側の南にある森に来たドワーフの一行は、野営の準備をしていた。ガンダルフは地図を解読するために、エルフの協力が必要だとトーリンに話す。しかし、トーリンは、はなれ山が竜に襲われた時に助けに来なかったエルフを憎んでおり、エルフに協力を求めることを頑なに拒む。夜になり、山のトロルが彼らの馬を食べようと盗んでいったことに気づいたフィーリとキーリは、忍びの者と言われていたビルボを使い、馬を取り戻そうとする。そこには馬2匹を両手で抱えるほど巨大なトロルである、ウィリアム、バート、トムがいた。
トロルが料理の準備をしている間に、ビルボはこっそり近づくが、見つかって捕まる。助けに来たドワーフも捕まるが、朝日を浴びると石になるというトロルの話を聞いたビルボはドワーフの食べ方について話し、時間稼ぎをする。このビルボの機転により、ガンダルフの助けが間に合い、ガンダルフが割った石の割れ目から朝日を浴びたトロルたちは石化して、一行は助かった。
近くにあったトロルの洞窟に入ったドワーフたちは、そこで、トロルの隠した財宝やゴンドリンの名剣を見つける。ゴンドリンは約1万年前の第一紀に、中つ国北西部の青の山脈よりも西にあったエルフの隠れ王国で、当時最も美しい都と言われていた。このゴンドリンで作られた短剣をガンダルフはビルボに与える。エルフが作った剣はオークやゴブリンが近くにいるとその刃が青白く光るのだ。剣は使ったことがないというビルボに、ガンダルフは「真の勇気が試されるのは命を奪う時ではない。命を助ける時だ。」と言う。

出典: eiga.com

ガンダルフ(画像左)にドル・グルドゥアについて話すラダガスト(画像右)

そこに、ラダガストがガンダルフを捜してやってきた。ラダガストは緑の森が病んでいることや、蜘蛛の悪霊ウンゴリアントの末裔である大蜘蛛が森にいて、その後を追うと大蜘蛛はドル・グルドゥアに戻ったことをガンダルフに話す。ドル・グルドゥアは闇の森の南西部にある砦で廃墟のはずだったが、今は闇の力で覆われており、そこに冥王サウロンの配下で指輪の幽鬼の首領であるアングマールの魔王と、死者を呼び戻す死人遣い(ネクロマンサー)がいたのをラダガストは見たのだ。急ぎ戻ったラダガストはその証拠となるアングマールの魔王の剣である「モルグルの刃」をガンダルフに渡す。
そこへオークがドワーフたちを追ってきた。ラダガストが囮となり、巨大な狼であるワーグに乗ったオークを引き付けている間に、ドワーフたちは逃げる。追い込まれたドワーフたちが、ガンダルフの導きによって岩の下に逃れると、ちょうどそこにオークを追ってきたエルフたちがオークを倒していった。岩の下の道を進んだドワーフたちがたどり着いたのは、エルフの国である裂け谷であった。

裂け谷での日々と地図の解読、そして賢者たちの会議

出典: gigazine.net

エルフの国、裂け谷にあるエルロンドの館

裂け谷に到着したドワーフたちだが、トーリンはエルフへの敵意を隠さなかった。ドワーフたちは、オーク狩りから戻ってきた裂け谷の領主であるエルロンドを見て武器を取るが、エルロンドはトーリンに歓迎すると告げる。裂け谷のエルフたちは、ドワーフたちを野菜中心の食事や優雅な音楽でもてなしてくれるが、ドワーフたちにエルフのもてなしは合わず、ドワーフの歌を歌い、食べ物を投げ、どんちゃん騒ぎを始めるのだった。
ガンダルフは、はなれ山の地図を解読できるのは、エルロンドしかいないと、拒むトーリンを説得する。トーリンが渋々エルロンドに地図を見せると、地図には、月光文字という書かれた時と同じ形、同じ季節の月明かりの下でしか読めない文字で、はなれ山の入り口の見つけ方が書かれていた。エルロンドは、ちょうどドワーフが来た日の晩に同じ月光が射すため、読むことができると言う。月光が射し、解読された文字は「ツグミが叩く時、黒き岩のそばに立て。ドゥリンの日に沈む太陽の最後の日差し、それが鍵穴を照らすであろう」と書かれていた。ドゥリンの日とはドワーフの新年の元日であり、秋の最後の月と冬の最初の太陽が同じ空に出る日だった。ドゥリンの日を間近に控え、トーリンは焦る。

出典: irision.cocolog-nifty.com

ガンダルフ(画像中央)は、会議でドル・グルドゥアにネクロマンサーがいる証拠を見せる

エルロンドの館を見て回っていたビルボは、エルロンドに「君が望むならここに残るといい。」と言われる。一方でドワーフたちは泉で裸になって水遊びをしたり、好き勝手に過ごしており、エルフの顰蹙を買っていた。
ある夜、ガンダルフは、はなれ山を奪還する計画について、竜が目覚めたら危険だとエルロンドから諭されていた。はなれ山を奪還すれば、サウロンがいるはずの東方への守りが固くなるとガンダルフは主張するが、エルロンドはトーリンの祖父や父が心の病にかかったことから、はなれ山の財宝を手に入れればトーリンも同じ病にかかるのではと危惧していた。その話を偶然近くにいたビルボとトーリンは耳にしてしまう。
話を続けるガンダルフがエルロンドに案内された先には、サウロンに対処するために結成した白の会議のメンバーである、エルフの国、ロスローリエンの奥方のガラドリエルと白の魔法使いサルマンが待っていた。ガンダルフは、「はなれ山の竜スマウグがサウロンと組んだら脅威になる。」と言うが、サルマンは「サウロンは敗北し二度と復活しない。」と言い切る。ガンダルフは強力な魔力を持つ「力の指輪」のうち、ドワーフが与えられた「七つの指輪」の行方についても言及する。「七つの指輪」のうち4つは竜に消され、2つはサウロンに奪われ、最後の1つはスラインがつけたまま行方不明となっていた。しかし、「すべてを統べる一つの指輪がなければ七つの指輪に価値はない。一つの指輪は海に消えたままである。」とサウロンは言う。さらにガンダルフは、スマウグを超える悪、ネクロマンサーがドル・グルドゥアにいることを伝え、信用しないサルマンにモルグルの刃を見せる。アングマールの魔王と共に封印されたはずの剣がそこにあることに驚く彼らだが、サルマンは一向に信用せず、ネクロマンサーなどいないし、ドワーフの旅も認めないと主張するのだった。その頃、ドワーフたちは、ガンダルフを置いて裂け谷を後にしていた。
話し合いの後、ガラドリエルと残ったガンダルフは、魔王の剣の謎を突きとめてほしいとガラドリエルに言われる。さらに、彼女になぜホビットを連れていくのか聞かれ、「普通の人の日々の行いが闇を追い払うと考えているんです。多分、わしも悪と対峙するのは怖いんです。そんなわしに彼は勇気を与えてくれるんです。」とガンダルフは答えた。ガラドリエルはガンダルフに「恐れないで。私がいます。」と温かく助力を申し出るのだった。

ゴブリンに捕まったドワーフたちと、ゴラムと出会ったビルボ

出典: lazylob.blog35.fc2.com

ゴブリン王国に落ちたドワーフたちに話すゴブリン王(画像右)

旅を再開したドワーフたちだが、霧ふり山脈でビルボが急な崖道から落ちそうになる。ビルボはドワーフたちに助けられるが、トーリンに足手まといと言われてしまう。一行は山の洞穴で一夜を過ごすことになり、ドワーフたちが寝ている中、ビルボは足手まといと言われたことを気にして裂け谷に戻ろうとする。すると見張りのために一人だけ起きていたボフールがビルボに気づいた。13人のドワーフのうち、親しみやすく、ビルボのことを気にかけていたボフールはビルボを引き留める。しかしトーリンに足手まといと言われ、家に帰りたいという気持ちが募ったビルボの気持ちをボフールは受け止め、「幸せを祈る。」とビルボに伝える。その時、ビルボの剣が青白く光り、突然、地面が割れ、一行は地下のゴブリン王国に落ちてしまう。ドワーフたちはゴブリンに捕まり、ビルボは一人、深い地底に落ちてしまった。トーリンの首には、アゾグが高い賞金を懸けていたため、トーリンを見つけたゴブリン王は彼を差し出そうとアゾグに使いを出す。

出典: pc.video.dmkt-sp.jp

落ちた地底で指輪を拾うビルボ

地底に落ちたビルボが目を覚ますと、「ゴラム、ゴラム」と喉を鳴らしている生き物(ゴラム)がゴブリンを食べようと殴り殺していた。ビルボは、ゴラムが落とした金の指輪を拾う。ゴラムに襲われそうになり、エルフの剣で追い払おうとするビルボに、何者だとゴラムが聞くと、ビルボは自分の名前を名乗り、ホビットであることを告げる。ビルボを食べるため殺そうとするゴラムを、ビルボは剣で脅しながら、出口の場所を聞く。ゴラムは「わしらは出口を知っている。」と言うが一方で「黙れ。」と言う。実はゴラムは二重人格でもう一人の自分と話していたのだった。ゴラムの相反する独り言を聞いたビルボが、「何を遊んでいるんだ?」と言う。するとそれを聞いたゴラムが目を輝かせて「遊びは大好きだ。」と言い、ビルボになぞなぞを問いかける。ビルボを食べたいというゴラムの気を逸らそうと、ビルボはゴラムの好きな、なぞなぞ遊びをすることにした。そして、ビルボは自分がなぞなぞに勝ったら出口に案内することを約束させる。一方ゴラムは自分が勝ったらビルボを食べることを約束させた。ビルボはなぞなぞ勝負に勝つが、その時、自分が持っていた指輪がなくなっていることに気づいたゴラムは気が狂ったように指輪を探し、泣き崩れる。ビルボが指輪を盗んだと思ったゴラムは、ビルボを殺そうとする。
ゴブリン王国では、追いついたガンダルフが現れ、ドワーフたちに「武器を取って戦え。」と叫ぶ。ガンダルフの導きによって、彼らはゴブリンの洞窟からの脱出に成功した。
その頃ビルボは、出口がわからないながらもゴラムから逃げていた。途中で偶然指輪が指にはまり、姿が見えなくなることに気づいたビルボは、追いついてきたゴラムを殺そうとする。しかし、ゴラムが指輪を失くして悲しむ顔を見て、情けの心が湧き、彼を殺さないことにした。ガンダルフたちが逃げていく姿を見かけ、出口がわかったビルボは彼らを追いかけ、洞窟から逃げることに成功した。外に出たビルボは、ビルボが家に帰りたくて逃げたのではないかというドワーフたちの会話を聞き、姿を現す。ビルボは彼らが言うように自分は家や故郷が恋しい、だから彼らの奪われた故郷を取り戻す手伝いがしたいと言うのだった。

StoryMaker
StoryMaker
@StoryMaker

Related Articles関連記事

NEW

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

NEW

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

キング・コング(King Kong)のネタバレ解説まとめ

映画史に残る1933年制作の怪獣映画の古典「キング・コング」を「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督がSFXを駆使してリメイクしたのが、この2005年版「キング・コング」。映画撮影のため南海に浮かぶ海図には乗らない神秘の島・髑髏(どくろ)島に到着した撮影隊がキング・コングを初め様々な怪獣や恐竜たちと遭遇する、ラブロマンスとホラー要素もある痛快アクション・アドベンチャー。

Read Article

歴代シャーロック・ホームズ役者には個性的なイケメンがずらり!

シャーロック・ホームズ!彼がいなかったら、テレビドラマでの刑事物やバディ(相棒)物というジャンルはおそらく生まれていなかったと思います。彼を演じた役者の数もかなりのボリュームで、まだ映画に音がない(サイレント映画)時代から既にホームズ映画はありました。そんなホームズを演じた様々な俳優達を時系列で紹介します。

Read Article

目次 - Contents