泣きたい私は猫をかぶる(泣き猫)のネタバレ解説まとめ

『泣きたい私は猫をかぶる』とは、2020年6月18日16時からNetflixにて全世界に独占配信されている日本の長編アニメーション映画である。スタジオコロリドが制作を手掛けており、監督に佐藤順一と柴山智隆を迎え、岡田麿里が脚本を担当している。
猫に変身できるお面を所有する少女「ムゲ」と、彼女の思い人であり、素直になれない少年「日之出」との恋愛関係と其々の心情を描いている。少し切なくも暖かいストーリーと、ヨルシカの手掛けた主題歌が相まって、多くの人気を博している。

『泣きたい私は猫をかぶる』の概要

『泣きたい私は猫をかぶる』の公式ポスター。

『泣きたい私は猫をかぶる』とは、2020年6月18日からNetflixの限定コンテンツとして配信されている長編アニメーション映画作品。
元々は劇場公開の予定だったのだが、新型コロナウイルスの影響と「ウイルスが蔓延る状況下でも多くの人に見て貰いたい」という監督の思想によって、配信限定のコンテンツとなった。
この作品は、『ペンギンハイウェイ』を手掛けたスタジオコロリドが作成し、『あの日みた花の名前を僕たちはまだ知らない』を制作した岡田麿里が脚本を手掛ける。
また注目すべき点はそれだけではなく、『僕のヒーローアカデミア』にて「メリッサ」の声優を務めた志田未来が主人公「ムゲ」の声優、『鬼滅の刃』の主人公「竈門炭治郎」を演じた花江夏樹が主人公の思い人である「日之出」の声優を務めている。その他にも、『アンパンマン』や『銀魂』等の多くの作品で様々なキャラクターを演じている有名声優、山寺宏一がキーキャラクターを務め、スポーツアニメなどの声優を務めた小野賢章や浪川大輔、『Hugっと!プリキュア』でプリキュア役を務めた引坂理恵や田村奈央等も、この作品に参加している。

主人公の笹木美代(ささき みよ)は、陽気でいつも明るく振る舞う、少し空気の読めない中学二年生の女の子。
色んな言動で周囲を驚かせる彼女は、クラスメイトからは無限大謎人間、通称「ムゲ」というあだ名で呼ばれているが、本当は、家族内での小さな綻びや、自分の中の感情を抑え、周りに気を使う、まさに「無限大謎人間」とは裏腹の日々を過ごしていた。
そんなムゲが、熱烈な想いを寄せているのが、クラスメイトの日之出賢人(ひので けんと)。
ムゲが編み出した技「日之出サンライズアタック(ヒップアタック)」をしたりして、毎日陽気で懸命なアタックを続けているのだが、あまり素直になれない日之出からは、残念ながら全く相手にされない。
めげずにアピールするムゲだが、彼女が日之出を諦めないのは、実は誰にも言えないとっておきの秘密があった。
この作品は、そんな女の子の抱える小さな闇や、男の子の思春期的な悩みを描く青春群像劇となっており、皆を思い、感情を抑える女の子と、思い入れのある猫の前でしか素直になれない男の子の関係を描く、恋愛ストーリーでもある。

『泣きたい私は猫をかぶる』のあらすじ・ストーリー

お面屋と出会うシーン。

舞台は愛知県常滑市のとある町。
無限大謎人間(通称:ムゲ)と呼ばれている陽気で空気の読めない女の子、笹木美代。
彼女は、クラスメイトの日之出賢人に好意を抱いており、いつも登校時に彼に「日之出サンライズアタック」と名付けたヒップアタックを繰り出しては、呆れられている。日之出に呆れられようが、めげることはなく、それどころか「好き」と言う感情を爆発させるほどに日之出のことが好きだった。
そんな彼女がめげることのない理由は、猫のお面。
とあるお祭りの日、彼女はひょんなことからお面屋の猫店主に出会い、猫になれるお面をプレゼントされる。
それを手にしたムゲは、学校から帰ると猫に変身し、「太郎」として日之出に会いに行く。

太郎の匂いを嗅ぐ日之出。

いつも来る白猫がムゲということを知らない日之出は、いつも太郎と触れ合いつつ、自分の思いを太郎に吐き出している。
そんな日之出は成績優秀なために、母親から高偏差値の高校を勧められているが、祖父の営む陶芸蔵を継ぎたいという思いもあり、それを誰にも打ち明けられずにいた。
猫として、その事を知ったムゲは、日之出に元気であってほしいという思いを込めて、いつも陽気に振る舞っていた。
しかし、その理由はそれだけではない。
ムゲの家庭は、彼女と父、そして再婚相手の水谷薫とその飼い猫のきなこの3人と1匹で暮らしている。
前の母親のことをまだ思っているムゲであったが、家庭の中では平穏を保っていたいため、父と薫の関係を壊さぬために自分の感情を圧し殺しながら、薫とは一線を引いていた。
この箇所から、ムゲが抱えているものと、日之出が抱えているもの、違うけれど、なにか似ているものを感じられる。
そして、それと同時にムゲが「猫でありたい」と言う思いも考えられる。
自分の家への帰り道の途中、彼女の前に現れた猫店主からは「本当は猫でありたいんじゃない?」と、悪魔の囁きを受ける。

昼食を共にするシーン。

とある日、ムゲと親友の頼子が昼食を食べようとしていた時、たまたま日之出の悪口を言うクラスメイトを見つける。
それに怒るムゲは、猫になった時のように三階から飛び降り、クラスメイトを懲らしめようとする。
その光景をみていた日之出は呆れながらも、弁当を台無しにしてしまったムゲに自分が作った弁当を分けることになる。
学校の屋上で、ムゲ、頼子、日之出、伊佐美と昼食を共に過ごす。
好きな人の作った弁当に感動するムゲの行動に笑う日之出をみて、彼女は猫の時とは違う「人間としての幸福感」を抱いていた。
猫か人間か悩んでいる立場の中で、この嬉しさの描写は、人間として生きる上であまり気づくことのできない特別な物への尊さを感じられるものである。
猫としても、人間としても、日之出との幸せを感じていたそんな時、日之出の祖父が経営の限界で陶芸の蔵を閉めることを決断していた。
祖父の陶芸が好きな日之出にとって、それは大きなショックであり、自分の気持ちを伝えることのできない日之出は、自分の思いをなにも言い出すことはできなかった。
白猫になって、日之出家の一大事を知ったムゲは、日之出に元気になって貰いたいと言う一心と、自分の本当の思いを伝えたい、という気持ちから、彼女は日之出の目の前で、日之出への思いを正直に書いた手紙を渡す。
しかし、先日、日之出の悪口を言っていたクラスメイトが、その現場を見て、手紙を取り上げて読み上げてしまう。

日之出から拒絶されてしまい、涙を流すムゲ。

祖父が陶芸を閉めるということに未だショックを抱えている上、目立つことが嫌いな日之出は、ムゲに「こういうことは嫌だ」と言ってしまい、彼女はショックで駆け出してしまう。
親友の頼子は友人としてムゲに寄り添うが、日之出の笑顔が好きな彼女の思いは晴れない。

薫がムゲと話すシーン。この後、ムゲが怒りを爆発させてしまう。

さらに、事件はムゲが帰宅した後のことだった。
ムゲと仲良くありたいけれど、ムゲの母親から嫌がらせを受けていた薫は、思わず「ムゲが自分の思いを吐かないこと」や「どんなに寄り添ってもムゲが一線を引いてしまうこと」への不満をムゲに話してしまう。
その言葉から、ムゲが圧し殺し続けていた物が爆発してしまい、彼女はお面を持って、逃げ出してしまった。
猫になってフラフラとしていたところで、ムゲは猫店主と出会う。
日之出の笑顔を自分が奪ってしまったこと、自分が殺してきた言葉をぶちまけてしまったこと。
それによって、彼女はついに「猫のままでありたい」という思いを言葉にしてしまった。
すると、猫の顔から人間のお面が出現する。
猫店主はそれを待っていたかのように、お面を回収。
そして、ムゲは猫(太郎)の姿から、抜け出せなくなってしまった。

その裏で、ムゲの父と薫はムゲを探すために学校へ。
薫の証言で、ムゲが行方不明になってしまったことと、ムゲが家族にすらも自分の感情を話したことが無いと言うことを知った日之出や頼子は、ムゲを探しだす。
どしゃ降りの雨の中、日之出に近づいた太郎(ムゲ)と共に、日之出は彼女の姿を探す。

ムゲの思いに気付いた日之出。

ムゲが駆け出した後、ムゲから貰った手紙を読んでいた日之出は「ムゲのことが好きだった」という気持ちに気づき、雨の中、木の下で、腰かけて項垂れながら太郎に向けてその感情を話した。
人の思いは、たったひとつの出来事で変わり、本当の感情に気づく。
事態が変わったのは、ムゲが行方不明になってから3日後のこと。
ムゲは何事もなく、日之出達と一緒に登下校をしていた。
しかし、日之出達の見ているムゲは本当は薫の飼い猫である「きなこ」だった。
きなこは、自分の寿命があとわずかであることを察知して、薫ともっと一緒に暮らしたいと思っていた。そこに猫店主と出会い、太郎から剥がれたお面を受けとり、きなこは人間であるムゲとして暮らすことになった。
しかし、日之出の本当の気持ちに気づき「人間に戻りたい」という思いが再燃したムゲは、きなこに近づいてお面を返すことを要求する。
せっかく手に入れた薫との時間を譲ることができないきなこは、こうなってしまった元凶である猫店主を追うため、ムゲに多くの猫が住んでいる街「猫の島」に行くことを提案する。
人間に戻るため、ムゲが猫の島へ行く。

日之出に自分がムゲではない事をばらすきなこ。

一方、ムゲの姿になっているきなこが帰宅すると、愛猫がいないことでショックを受けている薫を見る。
薫がムゲの事ときなこの事、両方とも大切に思っていることを知ったきなこは、猫に戻りたいと思うようになる。
しかし、きなこが猫に戻っても、ムゲがいないと意味がない。
そのため、きなこは日之出の元へ行き、ムゲを探すため、猫店主にお面を返すため、二人で猫の島へ。
きなこと共に猫の島に到着した日之出。
きなこは猫店主の隠れ家を見つけ、人間のお面を返すと伝えるが、猫店主は自分の野望を邪魔されたくないがために、彼らを隠れ家のなかに閉じ込めてしまう。

人間だった猫と話すムゲ。

一方、先に猫の島へ行っていたムゲは、猫店主を探す最中で、元々人間だった猫達に出会う。
彼らは、人間であったことの息苦しさや、本当に人間に絶望したことをムゲに話し、日之出に思いを伝えろと言う。
そんな時、彼らの前に猫店主が現れ、自分の計画のためにムゲを拐おうとする。
しかし、人間に戻りたいと願うムゲを捨て置けない猫達は、店主を止めるために戦い、ムゲを逃がす。
猫達は猫店主の隠れ家にムゲを案内し、日之出とムゲが再会する。
きなこはムゲにお面を返し、これでもう終わりかと思われたが、ムゲがいくらお面を被っても、人間には戻れない。
逃げ出していた猫店主は、その隙にムゲを拐い「約束の地」を目指す。
追いかける日之出達は、なぜムゲが人間に戻れなかったのかを考え、その理由が「ムゲが本当に人間に戻りたい」と願えていないからと言うことに気づく。
約束の地へと到着した猫店主は、人間が猫へと変身したことによって浮いた寿命を手に入れるという野望の達成のためムゲから人間としての姿を取り上げてしまう。
しかし、それを防がんと日之出が猫店主に掴みかかる。
猫店主との戦いのなか、自分の感情を隠し続けていた日之出とムゲは、互いに自らの思いを話す。
「日之出の気持ちに答えたい」
「ムゲの思いに気づけなかった」
ムゲと日之出の思いが交差したとき、人間だった猫達が現れ、猫店主の野望を止める。
そして、日之出はムゲに対する好意や当たり前へのありがたみ等の様々な気持ちを知り、自分の思いを話すことのできたムゲは、日之出や友達、家族と向き合う事、それを含めて自分にとっての幸せな未来を求めるため、猫から人間の姿に戻ることができた。

手をつなぐムゲと日之出。

猫の島から自分の世界へと帰ることができた二人は、猫のお面を捨て、互いに手を繋ぐ。
日が落ちていき、猫の島が自分達の視界から消えていく中、二人が交わすその思いと共に、主題歌である『花に亡霊(ヨルシカ)』が流れ、物語は終わる。
自分の意見を殆ど言わない猫と、言葉があるから思いを伝えることができる人間。
その絶妙なバランスと、スタジオコロリドの美しく可愛らしい作画、そして主題歌のハーモニーが合わさって、とても美しく暖かな青春劇となっている。

『泣きたい私は猫をかぶる』の登場人物・キャラクター

笹木 美代(ささき みよ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

さよならの朝に約束の花をかざろう(さよ朝)のネタバレ解説まとめ

『さよならの朝に約束の花をかざろう』とは、2018年に公開された日本のファンタジーアニメ映画である。「P.A.WORKS」が制作を担当し、「岡田麿里」が監督を務めた。この物語の内容は、普通の人間よりも遥かに長い寿命を持つ少女「マキア」が、普通の人間の赤ん坊「エリアル」を拾い、様々な困難を乗り越えながら育てていく物語である。長寿の母とそうではない息子との物語を描いた本作品では、「愛」や「命」の尊さが繊細かつ美しく表現されており、鑑賞した人々に大きな感動を与えた作品として評価されている。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

目次 - Contents