フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』とは「Annapurna Interactive」から発売されたゲーム作品。変死や蒸発など、奇怪な事件に彩られたある一族の歴史を紐解いていく重層的なストーリーが高く評価され、数々の名誉ある賞を獲得している。主人公の少女エディス・フィンチはフィンチ家の末裔にして唯一の生き残りだ。彼女は6年前に去った、ワシントン州オルカス島の実家に再び足を運び、屋敷を探検する中で不審死を遂げた親族たちの秘密を知る事になる。

写真左端がスヴェン。

声優クレジットなし。
イーディの夫。子供たちの為に庭にドラゴンの形のすべり台を作ろうしていたが、未完成のすべり台が崩落し、資材の下敷きになって死亡する。イーディは夫の死を「ドラゴンに殺された」と吹聴した。
大工仕事が趣味で、現在のフィンチ家の屋敷はスヴェン自身が設計したもの。パズルや秘密の通路の製作に熱を上げ、フィンチ家の屋敷内に数多くの抜け道や隠し部屋を作った。生前は地下室を作業場として使っており、テーブルソーに腕を巻き込んで大怪我をしたことがある。

オーディン・フィンチ

祖国ノルウェーの墓地に妻子を埋葬するオーディン・フィンチ。

声優クレジットなし。
イーディの父親でエディスの先祖。物語スタート時からおよそ100年前、ノルウェーからはるばる海を越えアメリカ合衆国ワシントン州オルカス島へやってきた。
元はノルウェー出身で、現地で500年続く由緒あるフィンチ家の当主だったが、妻のインゲボルグと産まれて間もない息子ヨハンを亡くしたのがきっかけで新天地への旅立ちを決意する。
巨大な船に屋敷を移築し、海を越えてオルカス島の目前まで迫った沖合で座礁し、屋敷と共に海へ沈む。

モリー・フィンチ

モリ―の部屋にある彼女の祭壇。

声優クレジットなし。
イーディとスヴェンの長女。享年10歳。ある晩母親に夕食を抜かれて部屋に閉じ込められたが、空腹なせいで寝付けず、室内にあったネズミの餌やヒイラギの歯、はては洗面所の歯磨き粉まで食べる。そのせいで食中毒による幻覚症状を引き起こして死亡する。モリ―が死の間際まで付けていた日記には、彼女が様々な動物に変身し、遂には怪物となって自分の部屋に戻ってくる空想が綴られていた。
動物を愛する夢見がちな少女で、エディスは彼女が生きていたら仲良くなれたのにと惜しんでいた。

バーバラ・フィンチ

バーバラの部屋にはイーディが描いた彼女の肖像画が飾られていた。

CV:Maria Benson
イーディとスヴェンの次女。享年16歳。元はハリウッドで活躍した子役スターでフィンチ一族最大の有名人。
迫真の悲鳴でスターダムにのしあがったものの、16歳の誕生日を迎える頃には輝きを失い、ダイナーのウェイトレスなどの端役を演じるまで落ちぶれていた。自分の主演映画のファンの集いに招かれ、そこで悲鳴を披露する事になり、ボーイフレンドのリックの指導のもと特訓に挑む。しかしハロウィンの晩リックと喧嘩別れをした後、オルゴールにひきちぎられた片耳だけを残して蒸発する。
警察はリックに殺害されたと見て捜査したが、結局遺体は見付からず事件の真相は不明である。

カルビン・フィンチ

ブランコを漕ぐカルビンの視点。

声優クレジットなし。
イーディとスヴェンの長男でサムの双子の兄。享年11歳。宇宙飛行士に憧れる夢想家の少年で、ブランコを限界まで高く漕げば空を飛べると信じていた。しかしそれは無理だと主張するサムと対立し、庭先のブランコを猛然と漕いでいる時、勢い余って転落死する。サムはカルビンの死を不幸な事故で片付けるのを是とせず、彼が本当に空を飛べると信じ、実行したのだと前向きにとらえていた。

サム・フィンチ

サムがタイマーをかけて最後に撮った写真。手前がサム。

CV:Alex Jebb-Quine(幼少期)Kevin Ivie(成人後)
イーディとスヴェンの次男でカルビンの双子の弟。享年33歳。
趣味は狩猟でサバイバル知識や銃の扱いにも長けていた。ベトナム戦争からの帰還兵でもあり、恐怖の克服を信条とする勇敢な男性だった。フィンチ家の呪いで父や姉、双子の片割れや子供たちを次々亡くした経緯から、「生き延びたいなら強くあらねばならん」と娘のドーンに説いた。
ドーンと森に狩りに訪れた際、ドーンが仕留めた牡鹿と記念撮影しようとするも、息を吹き返した牡鹿に崖から振り落とされる。

ウォルター・フィンチ

ウォルター視点で見たシェルターの様子。

CV:Dan Hollingsworth
イーディとスヴェンの三男にして末っ子。バーバラの事件当時は自室のベッドの下に隠れていたが、姉を襲った悲劇にショックを受け、「外には恐ろしい怪物がいて、いずれ自分を殺しにやってくる」と被害妄想を育む。バーバラの事件後は地下室のシェルターに籠城し、戸棚に貯蔵された缶詰を食べながら30年以上を過ごす。常に怪物の気配に怯えていたが、30年が経過したある日突如としてシェルターを襲う揺れがおさまり、勇気をふりしぼって外へと脱出する。
地下道の行き止まりの壁を鶴嘴で崩し、トンネルから外へ出た瞬間、走ってきた列車に轢き殺されて生涯を閉じる。

ガス・フィンチ

ガス視点で凧を飛ばしている映像。

声優クレジットなし。
サムと彼の最初の妻、ケイの長男でイーディの1人目の弟。享年13歳。気が強く生意気なパンク少年で、弟グレゴリーの事故死がきっかけでケイが去った後、サムの再婚に反対していた。フィンチ家の庭で行われたサムと後妻の結婚式にも参加せず、独り凧を揚げ続けていたが、嵐で飛ばされてきたテントに押し潰されて死亡する。

グレゴリー・フィンチ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents