女子高生の無駄づかい(女子無駄)のネタバレ解説まとめ

『女子高生の無駄づかい』とは、ビーノによる漫画で「ニコニコ静画」にて投稿されていた作品。2019年にテレビアニメ化をされる。舞台はさいのたま女子高等学校。主人公の「田中望」とその友人の「菊池茜」、「鷺宮しおり」の3人のシュールな日常が描かれる。彼女たちのクラスメイトも個性的で彼女たちがそれぞれ友達になっていくストーリーも魅力的な作品である。一見タイトルだけ見ればギャグアニメのようには見えない本作だが、女子高校生のアニメなのに下ネタも多く出てくるなど、ギャグ好きの方なら楽しめる作品である。

その他の人物

九条琥珀(くじょう こはく)

CV:上田麗奈

マジョの双子の妹。マジョとは別の学校に通っている。マジョとは違い社交的で行動もやや積極的すぎるところがある。マジョの1番の理解者でマジョを更生させるためならどんな嘘を吐いても部屋から出そうとする1面も見ることができる。

ぴーなっつP

CV:落合福嗣

ぴーなっつクラブで活動するボカロP。ボーカロイドマスターの同人販売会でワセダと隣のサークルになる。巨漢なおかげで常に息を吸っては吐いている。そのせいで彼がいる場ではなぜか酸素が薄くなってしまう。またよく分からない比喩表現をよくする。

ロリのおばあちゃん

CV:新井田綾香

ロリの祖母。おっとりしているがツッコミの切れが良く、目に光るものを見せる。おばあちゃんっ子のロリを甘やかし気味である。

高橋(たかはし)

CV:松岡禎丞

ロボに恋する男子高校生。ロボと小説の話できっかけをつかむ。その後、借りた本を返す口実で告白しようとするが緊張して失敗してしまう。

青山(あおやま)

CV:島崎信長

高橋の友人。高橋に家が臭いと指摘される。その後青山がロボから借りた臭気計を使って家の異臭の原因を探す羽目になる。

『女子高生の無駄づかい』の用語

さいじょ

バカたちが通う「さいのたま女子高等学校」の略称である。

ドラゴニア民族

ヤマイが中二病の頭で語る民族。他にもアルターニア王国も存在する。

『女子高生の無駄づかい』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

バカ「言われるがままにうちは走った。意味も分からず考えず、ひたすら走りつづけた!けど疲れたからすぐに歩いた!!」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents