ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルティクラウン』とは、制作会社プロダクションI.Gが手掛けたオリジナルアニメであり、フジテレビ系列「ノイタミナ」枠にて2クールアニメとして放送された。
物語前半は突如発生した未知のウイルス"アポカリプスウイルス"が蔓延した10年後の日本を舞台にした作品であり、主人公である桜満集がレジスタンスグループの一員として「王の能力」と共に世界と戦い、物語後半はアポカリプスウイルスの第二次パンデミック発生後からアポカリプスウイルスの消滅まで桜満集が「王の能力」と共に世界を救う構成となっている。

CV:子安武人

「葬儀社」の参謀役。27歳。
22歳の時、少年兵だった涯に見出してから涯を王にするために傍に立ってきた。

第二次ロストクリスマス後、アンチボディズに拘束されて涯と面会するが変わり果てた彼に失望する。集の父親である桜満 玄周(おうま くろす)の日記を集に渡し、アポカリプスウイルスについて伝える役目を担った。

最終決戦にてツグミをハッキングで妨害し続けていた城戸を銃で射殺した。

月島 アルゴ(つきしま あるご)

CV:勝杏里
ヴォイド:照らすと暗闇になるライト

竜泉高校の2年生17歳である。
ナイフと格闘にたけた白兵戦のプロであり、集の訓練の際は手厳しく指導していた。

第二次ロストクリスマス後、クホウイングループにより亜里沙奪還命令を受け封鎖された都心に潜入していたが天王洲第一高校にて監禁されてしまう。
脱出計画後は綾瀬とツグミを連れて葬儀社の生き残りのいたアジトに潜伏していた。

城戸 研二(きど けんじ)

CV;岡本信彦
ヴォイド:重力操作ができる銃

葬儀社と集によりGHQの隔離施設から救出された少年。GHQトップシークレットデータをハッキングするほどの天才少年であり、スカイツリー爆破事件を起こした凶悪犯でもある。

第二次ロストクリスマス後は行方不明となっていたが、涯やダアトと一緒に行動しておりつぐみの前に立ちふさがっていた。
しかし最終局面にて涯が負けてシステムが崩壊し、四分儀に射殺された。

天王洲第一高校

校条 祭(めんじょう はれ)

CV:嶋村侑
ヴォイド:すべてを治す包帯

現代映像文化研究会に所属している16歳の女の子である。集と同じマンションに住んでいる上に中学時代からの付き合いで、お互いに気を許せる仲。密かに集への恋心を抱いている。
集が葬儀社のメンバーであることやいのりと同居していることを知っており、合宿に行った際には集の気を引こうと精一杯努力していた。

ルーカサイト攻略作戦後で抜け殻になってしまった集を気にかけるが、依存する相手を求めていた彼に迫られ平手打ちをしてしまう。その後変わり果てた集に対し、涙を流しつつも彼の背中を押した。

第二次ロストクリスマス以降は天王洲第一高校で生徒会役員として生徒の治療や物資の再生に尽力していたが、独断行動していた颯汰たちを止めるために追いかけて重症を負ってしまう。更に祭を庇って重症を負った集に対し、ヴォイドを使用して治療していたが武装ヘリの攻撃によりヴォイドが破壊されてしまい結晶化して死んでしまう。
集の目の前で結晶化して死んだことにより、ヴォイドランク制の導入や集の王としての覚悟が決まってしまうきっかけにもなってしまった。

寒川 谷尋(さむかわ やひろ)

CV:水島大宙、花澤香菜(幼少期)
ヴォイド:命を断ち切るハサミ

現代映像文化研究会に所属している17歳の少年。集とはクラスメイト。
表では気遣いのできる好青年だが、裏の顔は「シュガー」と名乗るカジュアルドラッグの売人である。集は葬儀社メンバー、谷尋はドラッグの売人であることを互いに知って秘密にする約束をするが、谷尋は弟の治療費のために集の情報をGHQに売り飛ばした。

集が復学した際にはキャンサー化した弟を連れて身を隠しており、集の力で葬儀社に匿ってもらおうとした際GHQに見つかり、内輪もめをしてヴォイドを取り出されて気を失ってしまい、その間に弟を死なせてしまう。その後街を放浪していたが集が発した呼びかけに応じ現れ、集や祭達と共に羽田へ向かう。

第二次ロストクリスマス後は生徒会長である集の補佐につく。祭の死を見ていたことから「ヴォイドの破壊=死」という事実を知り、集がヴォイドを使うのを躊躇うと判断しその事実を隠していたが、亜里沙奪還計画の際に集に事実を知られてしまった事や亜里沙襲撃の犯人がいのりであることから信頼を失い、集と争った結果決別することになる。その際にGHQに集の情報を売って信用を無くしていたことも後悔することになった。

脱出計画達成後は颯太達と共にアルゴ率いる葬儀社の残存メンバーと行動し、最終決戦の際はヴォイドを集に預け、24区に取り残された一般人の避難誘導を行った。

魂館 颯太(たまだて そうた)

画面中央の少年が魂舘 颯汰(たまだて そうた)

CV:阪口大助
ヴォイド:撃ったものを開ける銃

現代映像文化研究会に所属している17歳の少年。集とはクラスメイトであり、「EGOIST」の大ファンである。
空気が読めないと周りから言われているが、わざと読まないときもあるとのこと。いのりに好意を抱いているが、合宿の際に告白しようとして邪魔が入り失敗した。

第二次ロストクリスマス以降は校内で働いていたが、ヴォイドランク制が導入されると底辺に落ちてしまうのを恐れ数名の生徒とワクチン収集の独断行動を行い、祭の死やヴォイドランク導入のきっかけを作ってしまう。ヴォイドランク導入後は他の低ランクの生徒たちと共にワクチン投与の代償に重労働を課せられ、ステージ3まで症状が進行して頭部の一部がキャンサー化してしまう。

涯が復活してクーデターに遭った集を裏切り、恐怖から集をクレーターに突き落とし決別する。
アルゴ率いる葬儀社の残存メンバーと行動を共にし、戦場に戻ってきた集のヴォイドによりアポカリプスを取り除かれたが直前の裏切りや祭のこともありどう接すればいいかわからず素気ない態度をとっていたが握手で和解することができ、葬儀社と共にいく集を見送った。

供奉院 亞里沙(くほういん ありさ)

CV:遠藤綾
ヴォイド:あらゆるものを弾く盾

天王洲第一高校の生徒会長であり、クホウイングループの長を祖父に持つ。いわゆる高嶺の花的な存在で、学校の男子たちからは憧れの的になっている。
グループ主催のクルーズパーティーにて涯と出会って一目ぼれしてしまい、第二次ロストクリスマスの際には集から事情を聴き、羽田へ一緒に行動した。

第二次ロストクリスマスの後、天王洲第一高校にて不安になる生徒達を抑えることができなくなり、不信任決議が言い渡されて集に生徒会長の座を譲ることになる。しかし祭の死により変わってしまった集に対し抗議し、校舎の一室に監禁されてしまう。隙をみて脱出することに成功するが、「ヴォイド破壊=死」の事実に気づいてしまい全生徒に呼びかけようとしたところいのりに襲われ恐怖と混乱に陥ってしまう。その後コンタクトをとってきた涯につけ込まれ、秘密裏に他の生徒を懐柔しクーデターを起こした。

クーデター後はダアトの一員として行動するも涯とは一緒になれず、祖父を自らの手によって殺害することになる。指示どおりいのりを捕縛するが集に拉致される形で葬儀社のアジトに案内させられ、彼にヴォイドを奪われてしまう。

最終決戦ではキャンサー化していた上、国連軍に撃たれて怪我をしてしまうがダアトの構成員に救われ消息不明となっている。

GHQ

ダリル・ヤン

CV:内山昂輝
ヴォイド:万華鏡(触れたものを弾くバリアフィールド生成)

GHQのエンドレイヴパイロット。17歳であり、階級は少尉。GHQ司令官ヤン少将が父親である。
経済的には恵まれた環境だが、人並みの家庭環境ではなく幼少期に愛情を受けて育たなかったこともあり自己中心的な性格をしている。また人格も破綻しており、女子供構わず民間人を殺害することや上官にも噛みつき罵ることから「皆殺しのダリル」の二つ名で呼ばれている。

組織というものを第一に考えず命令無視を度々繰り返し、私情で行動しているためルーカサイト攻略時に重要施設内で発砲し、東京を滅亡させかけるなど危なすぎる一面を持っている。しかしエンドレイヴの操縦技術や戦闘要員としては非常に優秀で、父が高官ということもあるため多少の問題は見なかったことにされている。

物語序盤から後半まで葬儀社(綾瀬の操るエンドレイヴや涯)に執着し行動するが、茎堂のクーデターに協力した後は少しずつ心境が変わっていき、第二次ロストクリスマス以降ゴースト部隊の殺戮に不満を抱いていたり、葬儀社関係者であるつぐみを助けたりしており、憎めない人物となっている。

最終決戦では大型エンドレイヴを操縦して綾瀬の前に立ちふさがるが、涯が負けたことにより綾瀬に負けてしまう。敗北後はアンドレイに助けられ、エレベーターにて一人生き残り逃亡する。

1cSTRF
1cSTRF
@1cSTRF

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』とは、2012年10月からフジテレビ「ノイタミナ」にて第1期が放送された、Pruduction I.G制作のオリジナルテレビアニメの第3期。人間のあらゆる心理状態や性格傾向などが数値として計測可能な「シビュラシステム」の導入された東京を舞台に、厚生省管轄の警察組織「公安局」がシビュラシステムのもと治安維持活動に日々尽力する。登場人物達の葛藤やジレンマを追う群像劇や近未来的事件解決の物語は国内外からも厚い支持を受けている。

Read Article

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。 細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品、及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、不器用な大学生達の報われない恋や自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いた青春群像劇

Read Article

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。 2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。 祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

Read Article

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

EGOIST(エゴイスト)の徹底解説まとめ

EGOIST(エゴイスト)の徹底解説まとめ

EGOISTとは、アニメ「ギルティクラウン」から生まれた架空のアーティスト。ヴォーカルは「楪いのり」というアニメのヒロインだが実際に歌っているのはchelly(チェリー)で、アニメが終わっても歌手として活動を続けている稀有なアーティスト。プロデュースしたのはsupercellのryoである。ライブ活動を精力的に行っており国内だけでなく海外にも進出している。

Read Article

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

目次 - Contents