わたしを離さないで(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

演:八代 英輝

恭子が子供のころ、陽光学苑で描いた自分の絵が本の表紙になっていたのを目にし、その本の出版社に出向き、編集者の古井にこの絵が使われた経緯などを聞こうとする。そして、古井がその絵について知る人物に伝手があるということで、恭子に手紙を託される。

サッカーをしている子供「ひろき」の父親

演:かもめんたる・槙尾 ユウスケ

子供のころに陽光学苑の子供(広樹)から「心臓」の提供を受けたおかげで、生き延びることができた。龍子先生が取材した縁で、自分の提供者の名前が「広樹」だと知り、その名前を自分の子供につけるほど、心臓を提供してくれた子供に感謝していた。

この父親のことを龍子先生に教えてもらい、自暴自棄になっていた友彦の心を提供者としての人生を全うしようと前に向かせることになったキーパーソンになっている。

『わたしを離さないで』の用語

施設(陽光学苑)

クローン人間としてこの世に生まれた子供たちが育てられた施設で、子供たちが教育を受ける場所である。子供たちは施設の外に出ることができない。施設は外の世界から隔離されている。

クローン

人の細胞から人の手によって結合して作られたのが「クローン人間」である。ドラマの中では、同じ細胞同士を使ってできた子供が同じ姿で登場している。

提供(提供者)

提供とは、自分の体の臓器を他人にあげることを意味し、提供者とは、自分の体の臓器をあげる人のことで、提供者は、自分の介護人を「リクエスト」という形で指名することができる。

コテージ

子供のころに施設で育ち、卒業後「3年間の猶予期間」を過ごす共同生活の場所を「コテージ」と呼ぶ。このコテージには、様々な施設で育ったクローンが生活することになり、コテージもいくつか存在する。

猶予

臓器提供をしないでいられる期間のことを猶予と呼んでいる。その間は、決められた場所やルールはあるものの、普通の人間に近い生活がおくれる。

ルーツ

一般的に人の「ルーツ」といえば、生まれてきた親の存在だったり、祖先を指すが、ドラマの中での「ルーツ」とは、細胞を提供した人を指している。

介護人

「介護人」は、提供者のお世話係だ。介護人は、提供者の検診や体調管理、提供者が生活する病院の様な施設で日常の掃除、洗濯、入浴の介助、シモの世話をする仕事である。
そんな介護人もいずれ「提供者通知」が来る。

『わたしを離さないで』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

恭子「たとえそれが、私のすべてだった男であろうと」

「たとえそれが、私のすべてだった男であろうと。たとえそれが、私からすべてを奪った女であろうと、最後は始末するだけだ」
恭子が自分の使命を初めて聞かされてから20年後、自分の人生を思い、教えに従い忠実に生きていること、そして、使命を全うするのは当たり前だと思って生きているからこその恭子の言葉である。

龍子先生「生まれてきてくれてありがとうございます」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

ホタルノヒカリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホタルノヒカリ』とは、ひうらさとるによって2004年から2009年まで『Kiss』に掲載された漫画作品。2007年に綾瀬はるか主演にてテレビドラマ化され、2010年に『ホタルノヒカリ2』、2012年には『映画 ホタルノヒカリ』と続いた。恋愛するより家で寝ていたいと思っている27歳の干物女雨宮蛍が、枯れ果て忘れていた恋心を取り戻す物語。

Read Article

奈緒子(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「奈緒子」は1994年から2003年までビッグコミックスピリッツに連載された坂田信弘原作・中原裕作画による漫画。2008年2月16日に実写映画化もされた。漫画の終盤は「奈緒子 新たなる疾風」というタイトルで仕切り直しがされた。 長崎県壱岐市をモデルにした「波切島」を舞台に、小さくして事故で父親を亡くした「日本海の疾風(かぜ)」と呼ばれる天才走者壱岐雄介の成長を描いた物語である。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・マジックアワー』とは三谷幸喜が脚本・監督したエンターテインメント映画である。佐藤浩市の主演映画で妻夫木聡や深津絵里など豪華キャストが多数出演している。三谷幸喜が監督する4作品目の映画で、第32回日本アカデミー賞で4部門にノミネートされた。マフィアの天塩商会が牛耳る港町の守加護。彼らの怒りを買ってしまった備後は、助かるために三流俳優の村田を騙し、映画撮影と称して殺し屋のデラ富樫を演じさせる。天塩の者たちに村田が偽のデラ富樫だとバレないよう備後が四苦八苦する、大ヒットコメディ映画。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

目次 - Contents