グッド・ドクター(Good Doctor)のネタバレ解説まとめ

『グッド・ドクター』とは、2013年にKBSで放送された韓国のテレビドラマである。脚本パク・ジェボム、演出キ・ミンス。主演はチュウォン、ムン・チェウォン。日本ではKBS WorldやBSフジで放送された。自閉症にみられる傾向のサヴァン症候群を持ちながら小児外科医を目指すパク・シオンの成長とピュアな恋愛を描いたストーリー。2017年にアメリカで、2018年に日本でリメイクされた。企画段階では「グリーンメス」というタイトルであったが、内容が読み取りやすいという理由で『グッド・ドクター』に決定した。

『グッド・ドクター』の概要

『グッド・ドクター』とは、KBSドラマ制作局によって制作された韓国のテレビドラマである。KBSとは韓国放送公社の略であり、『冬のソナタ』の放送局として有名である。『神のクイズ』の作家として有名なパク・ジェボムの作品で、全20話。2013年8月5日~2013年10月8日にKBSで放送された。日本では2019年11月27日からBSフジにて放送された。

自閉症の傾向によって天才的な暗記能力・空間認識能力を持っている「サヴァン症候群」の青年が、周囲の偏見や自身の弱さを乗り越えて小児外科医を目指す姿を描いた作品。医療ドラマの要素に加え、ヒューマンストーリー、ピュアなラブストーリーという要素も含まれている。放送初回から最終回まで同時間枠の視聴率1位を独走し、最高視聴率21.5%(ニールセン・コリア調べ)を記録した。主演のチュウォンは、自閉症の仕草や喋り方などの特徴を捉え、且つ人間味の溢れる演技が評価を集め、2013年、韓国KBSで放送されたテレビドラマに出演した俳優に与えられる賞であるKBS演技大賞で最優秀男優賞のほか最優秀演技賞、演技者賞(KBS・MBC・SBS共同賞)、ネチズン(ネットユーザー)賞、ベストカップル賞(チュウォン&ムン・チェウォン)を獲得した。

『グッド・ドクター』のあらすじ・ストーリー

第1話「普通じゃない青年」

出典: www.bsfuji.tv

第1話にて、特別採用が決まったパク・シオン(演:チュウォン)(左から5番目)

主人公である青年、パク・シオンは、自閉症の特徴としてみられることがある「サヴァン症候群」により、天才と言える暗記能力と空間認識能力を持っていた。幼少期に会った医師チェ・ウソクにその才能を見出され、自らも医師の道を目指すが、病歴が問題視されたことにより専門医国家試験で不合格となってしまう。合格を認めてもらうため、ウソクが院長を務めるソンウォン大学病院でシオンに医師の資格を与える事についての検証ための会議が開かれたが、シオンは来る途中で遭遇した事故現場で子供の応急処置を行ったために間に合うことが出来なかった。しかし、シオンが応急処置を行う様子を一般市民が撮った動画がネットで話題となり、そのニュースを医師たちが見たことで再びシオンが医師の資格を持つことの是非に関する審議の場が設けられる。ウソクがシオンのレジデント採用(研修医としての採用)を自身の首をかけて提案すると、「シオンがレジデントになっても、持っている障害によってきっと問題を起こし、そうなれば院長は責任を取って辞めるだろう」と考えた院長の座を狙う派閥が動き可決され、シオンを小児外科のレジデントとして特別採用することが決まった。

第2話「トラブルメーカー」

第2話にて、落ち込むシオンにパンを食べさせるユンソ

病院の寮に入ったシオンは、酔って部屋を間違えてそのまま眠ってしまった小児外科フェロー(研究員)のチャ・ユンソ(演:ムン・チェウォン)と出会う。翌朝、目覚めたユンソは驚くが、少し変わっているシオンに興味を持つ。その日からシオンは小児外科レジデントとしての生活を始めることとなった。出勤初日、キム・ドハン教授(演:チュ・サンウク)の回診に付いたシオンは、コ科長が手術を担当した患者の術後の異常に気づく。コ科長はその危険な状態を見過ごしてゴルフに行っていた。担当医不在で手出しが出来ない状況だということが考えられないシオンは、目の前の患者を助けることだけを考え、まだ別の患者の手術中のドハンの横の手術室に勝手に手術の用意をそろえるという無謀な行動をとってしまう。

手術を受けた未熟児の様子を見に行ったユンソは、壁にシオンが描いた絵が貼ってあるのを見つける。未熟児の両親は、シオンが我が子につけてくれた名前をその子に名づけることにしたことをユンソに語った。また、ユンソは、シオンがなかなか眠れない子供を彼なりの方法で寝付かせているところを見かける。ユンソの中でシオンを信頼する気持ちが生まれてきた。

左から、ユンソ、ドハン

第3話「小さな命」

結局ドハンが二人の患者の手術を同時に行うこととなり、執刀した患者を二人とも助ける事は出来たが、ドハンはシオンの面倒を見ることに限界を感じてしまう。勝手な行動を取ったことで初日から騒動を起こしてしまったシオンは「トラブルメーカー」の烙印を押され、周囲から冷たくあしらわれる。そんなシオンに対し、ユンソは彼の行動の間違いは何だったのかを諭す。

患者の母親たちの中には、自閉症を持っているということへの偏見からシオンを担当から外してほしいと抗議する者もあった。そんな中、小児外科チームは未熟児の難しい手術を成功させる。そこでのシオンの医療的判断は正しいものだったが、チームワークを度外視してしまう面が露呈し、ユンソに叱責を受ける。

第4話「分別のない名医」

また、シオンは栄養管理の必要性に考えが至らなく、患者に食べさせようとケーキを持ってくるという行動をとってしまい患者の母親から怒られ、ユンソから再び注意されてしまう。ユンソは、シオンの医学に関する実力と著しく低い適応能力とのギャップに混乱する。さらにシオンは、子供たちと仲良くなろうとしていた途中で、兄を事故で亡くしたときのフラッシュバックを起こし、よろけた弾みで子供たちに怪我を負わせてしまう。子供たちはシオンのせいだと騒ぎ、もともとシオンに対して良い印象を持っていなかった母親たちはシオンへの不信感を募らせていった。

第5話「天国に通じる扉」

破棄されたミニの服を直そうと回収しているシオン(右)

病院をたらい回しにされた患者・ミニが救急救命センターに運び込まれユンソが手術に踏み切ったが、ミニは命を落としてしまう。両親は子供を死なせたとユンソを激しく責める。手術にあたって裁断され破棄されたミニの服をシオンが「天国で恥ずかしくないように」と繕おうとごみ箱から回収していると、そこに現れたドハンはシオンの行動や考え方が自己満足だと非難する。ミニがちゃんと天国に行けるよう安置所の前に座り続けているシオンのもとにユンソがやってくる。患者を救えなかった罪悪感に苦しむユンソに、シオンは患者を救えなくても救おうとしていること自体が重要だと話す。

ユンソは、何も食べずに安置所の前で座り続けるシオンを気遣い、食事を届けるよう食堂のおばさんに頼む。彼女は安置所の前に座っているシオンを見つけたが、驚いて引き返してしまう。シオンは彼女の実の息子だったからだ。シオンは自分の母親に気付かず、安置所から出てきたミニの両親に繕った服を渡す。ミニの母親は娘の洋服を受け取り、もう娘に会えないという悲しさと、娘のために気遣ってくれているシオンへの感謝で泣く。ミニの葬式に出たドハンは、小児外科を代表してミニの両親に頭を下げる。両親は取り乱してしまったことを謝り、ミニの服を指して、ミニが寂しくないようにそばにいてくれた男の先生にも感謝を伝えてほしいと話す。

シオンの母はユンソに、先ほどは忙しくて届けられなかったからとシオンに鍋を渡してもらうよう頼む。受け取ったシオンは、鍋の中に入っているのが食堂のメニューには無いじゃがいもすいとんであることに驚き、「子供のころに食べた味だ」と喜びながら食べる。

出典: www.bsfuji.tv

第5話にて、過去にそれぞれが亡くした存在を想い天国に思いをはせる3人。左から、シオン、患者イェウン、看護師ジェンミ。

ユンソは、日曜日だからどこかへ行こうとシオンを誘い、2人で動物園に行くことになった。興味津々に園内を回るシオンは、ぐったりとしている動物が病気であることを見抜く。シオンはインターンの時に子供の身体を診ることが出来なかった代わりに動物病院に行っていたのだった。獣医にはならないのかと尋ねるユンソに、シオンは「動物も自分も馬鹿だから、どちらかがしっかりしていないとだめだから」と答える。

小児科の存続について、副院長と理事長、ユ室長は話し合いをしていた。副院長は、小児科への経済的支援は厳しいと勧告する。また、ユ室長は理事長に「私費で小児科医院を建てたらどうだ」と言い放つ。そこへ理事長の秘書が書類を持ってやって来る。書類の内容は、病院の財団を後援していた企業が支援から手を引くというものだった。

第6話「意思疎通の方法」

虐待を受け、犬と一緒にして育てられた少女ウノク

虐待を受け、野性の動物のように育った少女ウノクが尿道管奇形による感染で腫瘍が出来て病院に運ばれてくる。意思疎通ができず暴れるウノクに対し、シオンは動物のマネをして四つ這いになって近づきなだめる。ウノクはシオンに応える様子を見せたが、ドハンから出されていた指示によりウノクは精神安定剤を打たれる。どうして四つ這いになったのかと尋ねるユンソに、シオンは「アニマルコミュニケーション」だとして、自分と動物の心臓を一直線にして動物の心臓の磁場と人間の心臓の磁場を合わせることで意思疎通が出来るという話を始める。その話はドハンの前ではするなと釘を刺すユンソは、腕が細いとシオンの腕を掴む。するとシオンはしゃっくりを始める。なぜシオンがしゃっくりをしたのかは、ユンソに触れられたときにどきどきしたからだと話が進むにつれ明らかになる。

シオンは、自分をウノクの主治医にしてほしいと頼み込むが、ドハンは聞く耳を持たず他のレジデントであるギルナムに主治医をさせると言う。そんなドハンにユンソは、なぜシオンにだけ冷たくするのかと抗議する。そんな中、シオンがミスをすれば院長を追い出せると考えている派閥の一人であるコ科長によってシオンはウノクの主治医となった。

シオンがウノクの主治医になることに異議を唱えるドハンだったが、コ科長は上司であるため決定を覆すことは出来なかった。ウノクの主治医になれたことを喜ぶシオンに、ユンソは「小学校の綱引きみたいにしっかり持ちこたえるのよ」とシオンの両頬を叩きながら応援する。頷くシオンは、またしゃっくりを始める。訝しむユンソに、シオンはまごつく。

ジャンミはウノクの食事の介助をするが、ウノクは食べようとしない。シオンはウノクの手の拘束を解き、犬の餌皿のような器に盛った食事を与える。するとウノクはガツガツと食べ始める。その光景を見たユンソは部屋に入っていこうとするが、院長に止められる。院長とユンソは院長室に移り、院長はかつて大学で自分がユンソにした講義はシオンがウサギとコミュニケーションを取っていたのを参考にしたのだと教える。昔を懐かしむユンソは幼い頃のシオンが写っている写真を見つける。

一方ドハンは、自分が反対するにも関わらずシオンがウノクの主治医になったことで手術中も苛立ちを隠せない。その夜、恋人であるユ室長が料理を作って家で待っていたのにも関わらず「急な手術が入った」と嘘をついたドハンは、一人屋台で酒を飲み、ユンソを呼び出す。呼び出されたユンソに、なぜ自分はシオンに厳しく接するのかを話し始める。ドハンには障害のある弟がいた。弟は周囲に恵まれたこともあり、通常の社会生活を送れるようになっていた。ドハンが弟をもっとしっかりさせようと両親を説得し、弟は一人で学校へ行くことになったが、信号待ち中にたくさんの人に囲まれた弟はパニックを起こし車に轢かれて亡くなってしまう。無理をさせてしまったから弟が帰らぬ人となってしまったと責任を感じているドハンは、弟とシオンを重ね、シオンのためを思ってシビアな態度を取るのだった。

第6話にて、倒れた実母を運ぶシオン

食堂でシオンは、ご飯をおにぎりにして食べていた。その様子を食堂で働いている途中で見かけたシオンの実母は、突然の腹痛に襲われその場に倒れ、ユンソとシオンが駆け付ける。シオンは実母を背負い、救急へと運ぶ。

点滴をする実母を見守るシオンに、ユンソは「この前じゃがいもすいとんを作ってくれた人だ」と挨拶をするように促す。「美味しかった」「故郷で食べた味と同じだった」と話すシオンに、実母は「故郷では誰が作ってくれていたのか」と問うが、シオンはわからないと答える。ユンソはまだ動けないシオンの実母の代わりに入院手続きをすることになり荷物を見ていた。その拍子に財布から落ちた写真を見ると、院長室で見た幼いシオンが写っていた。ユンソは食堂のおばさんはシオンの実母だったのだと初めて気が付く。

副院長は、病院の財団への支援の打ち切りについて、「会長」と呼ばれる男に電話で尋ねるが、「会長」は副院長にも話していない企みがあり通話を切ってしまう。電話を切った「会長」のもとにいたのはユ室長だった。父親と再婚した継母である理事長を恨んでいるユ室長は「会長」の計画に乗り、財団を後援する企業からの支援を次々と打ち切らせていたのだった。

回復し環境に慣れてきたウノクは、小児科の子供たちともコミュニケーションを取ることが出来るほどになる。コ科長は、シオンを貶め院長を退け出世するために、自身が可愛がっている小児科レジデントのイルギュにウノクの部屋の鍵をこっそり開けるよう指示する。イルギュは言われたとおりにわざと解錠し、ウノクは部屋から脱走してしまう。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents