ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

出典: blog.goo.ne.jp

アラゴルンを追い込むオログ=ハイ(右)

サウロンによって造り出されたトロルの上位種。太陽光を浴びても石化せず、トロルより体も大きく、知能も戦闘能力も向上している。黒門での最終決戦では、全身を完全武装したオログ=ハイが、アラゴルンを追い込む。

トロル

サウロン軍のトロル

背の高さは約4mと巨大で、知性はないが、堅い皮膚を持ち、力が強い。闇の勢力に調教された兵器。直接、太陽光を浴びると石化するが、曇り空では力を発揮する。

オリファント

ゴンドールのペレンノール野の戦いでサウロン軍として、ゴンドールを攻撃するオリファントに乗った南方人

巨大な象に似ており、長い鼻と6本の牙を持つ。ハラドリムと呼ばれる南方人が騎乗し、戦闘時の兵器として調教した。ゴンドールのペレンノール野の戦いでは、サウロン軍の配下として参戦。

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ファラミア「万一、生きて戻れたら、迎え入れてください。」

出典: onedio.com

次男ファラミアにオスギリアスを奪還するよう命じるデネソール

ゴンドールの東の砦であるオスギリアスをサウロン軍に占拠され、ファラミアは、父親デネソールにオスギリアスを奪還せよと言われる。父親に「私が死に、代わりに、ボロミアが生きていればと?」と聞くと「いかにも。そう思っておる。」と答えられたファラミアは「亡き兄に代わり、全力を尽くします。」と言う。去り際に、涙をこらえながら、父親に「万一、生きて戻れたら、迎え入れてください。」と告げるが、デネソールは「それは、おまえの戻り方次第だ。」と冷たく言い放つ。父親に冷たくされながらも、怒ることも憎むこともせず、純粋に父親に自分を受け入れてほしいと願うファラミアの切ない言葉に涙するシーン。

セオデン「立て!セオデンの騎士たち!槍を振るえ!盾を砕け!剣の日ぞ!赤き血の日ぞ!日の上る前ぞ!いざ進め!破滅を目指せ!この世の終わりを目指せ!死だ!死だ!進め!エオルの子よ!」

ゴンドールのペレンノール野に到着し、自分の剣を兵士たちの剣にぶつけ、士気を高めるローハンのセオデン王

ゴンドールの危機に際し、援軍として向かったローハン軍。ペレンノール野に到着したローハンの軍勢にセオデン王がこのセリフを言い、檄を飛ばす。馬で進みながら、自分の剣を兵士たちの剣に次々とぶつけ、士気を高めていった。王としての最後の戦いと覚悟を決め、死を覚悟しながら、朗々たる大きな声で勇ましく兵士を鼓舞するセオデンの言葉に、見ている側も緊張感が高まるシーン。エオルというのは、ローハンを建国した王の名であり、エオルの子とはローハンの民を指す。

オリファントに飛び乗り、乗っている南方人を次々と倒し、最後にオリファントの急所を射抜くレゴラス

出典: www.cbr.com

オリファントに飛び乗り、敵を倒すレゴラス

ゴンドールのペレンノール野の戦いで、サウロン軍の配下である南方人が騎乗してきたオリファントに、ゴンドール軍とローハン軍の大勢が殺される。レゴラスはオリファントに飛び乗り、次々と、乗っている南方人を倒し、最後にオリファントの急所を射抜いて倒し、華麗に降り立つ。人間にはできない軽やかな身のこなしで、危なげなくオリファントに飛び乗り、涼しい顔で敵を倒し、オリファントの急所を射抜いて、オリファントの頭から鼻を滑り、何事もなかったかのように地面に降り立つというレゴラスの身体能力の高さを表す名シーン。

サム「指輪の重荷は背負えないけど、あなたを背負うことはできます。」

出典: blog.goo.ne.jp

モルドールの滅びの山で動けなくなったフロドを抱えるサム

モルドールの滅びの山を登る途中で疲労と衰弱から動けなくなったフロド。「僕はもうだめだ。」と言うフロドに対し、サムが「指輪の重荷は背負えないけど、あなたを背負うことはできます。」と言って、フロドを背負って一歩一歩登り始める。火口までもう少しというところで、自分がフロドから指輪をもらい、葬りに行くこともできるのに、実直なサムはフロドを背負い進んでいく。指輪の重荷を背負うのは僕だというフロドを否定せず、自分も疲労困憊でありながら、フロドを背負って山を登っていく感動のシーン。

レゴラス「友達の横でなら?」

出典: twitter.com

モルドールの黒門の前で最終決戦に臨むレゴラス(画像右)とギムリ(画像左下)

モルドールの黒門における最終決戦に、アラゴルンやガンダルフと共に臨むギムリとレゴラス。ギムリが「エルフの横で戦死しようとは思ってもみなかったわ。」と言うと、レゴラスが「友達の横でなら?」と微笑みながら言う。それに対し、ギムリが笑顔で「それなら悪くない。」と返す。エルフとドワーフは仲が悪いにも関わらず、レゴラスとギムリはこの旅の間、命を懸ける戦いの中で友情を育んできた。死を覚悟した戦いを前に、エルフとドワーフという種族を超えて、レゴラスが初めてギムリに「友達」と言い、それにギムリが応える感動シーン。

StoryMaker
StoryMaker
@StoryMaker

Related Articles関連記事

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

キング・コング(King Kong)のネタバレ解説・考察まとめ

映画史に残る1933年制作の怪獣映画の古典「キング・コング」を「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督がSFXを駆使してリメイクしたのが、この2005年版「キング・コング」。映画撮影のため南海に浮かぶ海図には乗らない神秘の島・髑髏(どくろ)島に到着した撮影隊がキング・コングを初め様々な怪獣や恐竜たちと遭遇する、ラブロマンスとホラー要素もある痛快アクション・アドベンチャー。

Read Article

グリーンブック(Green Book)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリーンブック』とは、ユニバーサル・ピクチャーズ配給、ピーター・ファレリー監督による長編伝記コメディ映画。黒人差別が強い時期に、単独でディープサウスへの演奏旅行へ挑む天才黒人ピアニストと腕っぷしが強いイタリア系アメリカ人運転手が、ツアーの道程でさまざまな嫌がらせに遭遇し、当初はいがみ合いながらも一つ一つトラブルを切り抜け、最終公演までツアーを敢行する。その後2013年まで生涯続くことになる、厚い友情と信頼関係を築きあげるまでを描いた。8週間の実録ロードムービー。2018年制作・アメリカ作品。

Read Article

グッドライアー 偽りのゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グッドライアー偽りのゲーム』とは、ニコラス・サールの小説『老いたる詐欺師』を映画化したクライムミステリーである。監督は数々のヒット作を持つビル・コンドン。イギリス映画界の重鎮であるヘレン・ミレン、イアン・マッケラン、ジム・カーターを起用し、緊張感に満ちた、良質な大人のサスペンスを生み出した。世間を知らない初老の資産家ベティの全財産の乗っ取りを企む老獪な詐欺師ロイと、相棒のヴィンセントが仕掛ける危険な罠。60年もの間ベティの心の奥底にくすぶっていたロイへの怒りが今、解き放たれようとしていた。

Read Article

目次 - Contents