ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

その他

ゴラム(演:アンディ・サーキス)

滅びの山の火口で、フロドから奪った指輪を手にし、喜ぶゴラム

元は川辺に住むホビットに近い種族で、本当の名前は「スメアゴル」という。映画では年齢は不明だが、原作によれば誕生は第三紀2430~2440年頃。「一つの指輪」を偶然川の中で発見した友人のデアゴルを殺し、奪って以来、長い間指輪の効果で生き続け、姿形が変わってしまった。「一つの指輪」に魅了され、「愛しいしと」と呼ぶ。フロドの養父ビルボが、若い頃冒険の旅に出た時、ゴラムが隠れていた洞窟に立ち入った際、偶然ゴラムが落とした指輪を見つけ持ち帰っていた。「一つの指輪」に執着するゴラムは、指輪を狙ってフロドを執拗に付け回し、フロドとサムに捕まった後はモルドールへ向かう道の案内役となる。長年指輪を持ち続け二重人格となり、「悪くてずる賢いゴラム」が表に出ていたが、フロドの働きかけにより、もう1つの元々の人格である「良いスメアゴル」が表に出てくる。しかし、サムに疑われ罵られたり、ゴンドールの大将ファラミアに捕まってひどい扱いを受けることで、「悪いゴラム」が「良いスメアゴル」に打ち勝ち、フロドとサムを殺して指輪を奪おうとする。モルドールの隣にあるキリス・ウンゴルの峠で大蜘蛛にフロドを襲わせるも指輪を奪うのに失敗し、その後、滅びの山の火口でフロドを待ち伏せ、指輪を奪い、火口の中へと落ち、結果として指輪を破壊することとなった。

死者の王(演:ポール・ノレル)

出典: ksl-live.com

死者の王(画像中央)

人間の国ローハンの馬鍬谷にある峡谷から入る死者の道に住む亡霊の軍勢の王。生前、ゴンドールの北部に横たわる白の山脈付近に住む山々の人間と呼ばれる未開の民族だった。昔、山々の王はイシルドゥアに戦があれば参加すると忠誠を誓った。しかし、イシルドゥアがサウロンとの戦いのために山々の人間を召集するが、彼らは戦うことを拒否する。イシルドゥアは怒り、彼らの王に向かい、誓言が果たされるまで永遠の眠りにつかせないと呪いをかけた。そのため、彼らは成仏できないまま、死者の道にいる。王の剣アンドゥイルを持つアラゴルンをゴンドールの王と認め、誓言を果たすため、サウロン軍との戦いに参加する。

デアゴル(演:トーマス・ロビンズ)

出典: arda.saloon.jp

スメアゴルと川で魚釣りをするデアゴル

川辺に住むホビットに近い種族でスメアゴルの友人。映画で年齢は不明だが、原作によれば、第三紀2463年に「一つの指輪」を偶然川の中で発見する。その後、一緒に魚釣りに来ていたスメアゴルに殺され、指輪を奪われる。

木の鬚(声:ジョン・リス=デイヴィス)

出典: arda.saloon.jp

画像は『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』より

ファンゴルンの森に住む木の守護者であるエント族の最長老。映画では年齢は不明だが、原作によれば上古(第一紀以前)に生まれた。森を見回って木々を育て、外敵が森に入り込むのを防ぐ。ガンダルフに頼まれて、サルマンの手下であるウルク=ハイとオークの手から逃げ出したメリーとピピンを保護する。メリーとピピンに中つ国の現状を聞き、戦いを促されたが、長老会議で戦わないことに決まった。しかし、可愛がってきた森の木々が無残に破壊されている姿を見て、戦うことを決意。仲間のエントを呼び集め、メリーとピピンを肩に乗せたままアイゼンガルドへを攻撃し、壊滅させたアイゼンガルドを管理する。

ビルボ・バギンズ(演:イアン・ホルム)

出典: arda.saloon.jp

灰色港で、西方の神々の国に旅立つ船に乗るビルボ

中つ国のホビット庄に住むホビット族。映画では111歳で、原作によれば生年月日は第三紀2890年9月22日。袋小路の屋敷で養子であるフロドと住む。若い頃ガンダルフに連れられ冒険の旅に出たが、道に迷いゴラムが隠れていた洞窟に立ち入った際、偶然ゴラムが落とした指輪を見つけ持ち帰っていた。その指輪は指にはめると姿が見えなくなるものだった。以後、肌身離さず指輪を持ち続けたが、自身の111歳の誕生日に屋敷や指輪をフロドに譲り、裂け谷に行くことを決意する。111歳の誕生日パーティにお祝いに来たガンダルフは指輪に執着するビルボの表情を見て、サウロンの「一つの指輪」ではないかと疑い、指輪をフロドに譲り旅立つようビルボに助言する。裂け谷でフロドと再会したビルボは、フロドに若い頃の冒険で手に入れたつらぬき丸とミスリルの鎖帷子を贈った。つらぬき丸はエルフが作った剣でオークが近づくと青く光って危険を知らせる。ミスリルはドワーフ族の王国モリアで産出される銀で、槍や剣の攻撃から身を守ってくれる。この2つの贈り物でフロドは何度も助かっている。フロド達が旅立って4年後、西方の神々の国に旅立つエルフの最後の船に乗って中つ国を去る。

ロージー(演:サラ・マクロード)

出典: bibi-star.jp

旅から戻ったサム(画像右)と結婚したロージー(画像左)

本名はローズ・コトン。
中つ国のホビット庄に住むホビット族の女性。映画では年齢は不明だが、原作によれば誕生は第三紀2984年で、サムより4歳下。緑竜館というホビット庄にある店で働いている。旅を終え、ホビット庄に戻ってきたサムからプロポーズされ、第三紀3020年、36歳の時に結婚する。

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の用語

中つ国(ミドル・アース)

出典: www.pinterest.jp

中つ国の地図

ホビット族、エルフ族、ドワーフ族、魔法使い(イスタリ)、人間、オーク、ウルク=ハイ、ゴブリン、ナズグル、トロルなどが住む世界。この中つ国(ミドル・アース)が物語の舞台となる。中つ国の海を隔てた西方には神々の住むアマンがある。フロドたちの旅の時代は中つ国第三紀にあたる。フロドたちホビット族は、中つ国の北西部にあるエリアドールにあるホビット庄(シャイア)に住む。

力の指輪

StoryMaker
StoryMaker
@StoryMaker

Related Articles関連記事

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

キング・コング(King Kong)のネタバレ解説・考察まとめ

映画史に残る1933年制作の怪獣映画の古典「キング・コング」を「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督がSFXを駆使してリメイクしたのが、この2005年版「キング・コング」。映画撮影のため南海に浮かぶ海図には乗らない神秘の島・髑髏(どくろ)島に到着した撮影隊がキング・コングを初め様々な怪獣や恐竜たちと遭遇する、ラブロマンスとホラー要素もある痛快アクション・アドベンチャー。

Read Article

グリーンブック(Green Book)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリーンブック』とは、ユニバーサル・ピクチャーズ配給、ピーター・ファレリー監督による長編伝記コメディ映画。黒人差別が強い時期に、単独でディープサウスへの演奏旅行へ挑む天才黒人ピアニストと腕っぷしが強いイタリア系アメリカ人運転手が、ツアーの道程でさまざまな嫌がらせに遭遇し、当初はいがみ合いながらも一つ一つトラブルを切り抜け、最終公演までツアーを敢行する。その後2013年まで生涯続くことになる、厚い友情と信頼関係を築きあげるまでを描いた。8週間の実録ロードムービー。2018年制作・アメリカ作品。

Read Article

グッドライアー 偽りのゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グッドライアー偽りのゲーム』とは、ニコラス・サールの小説『老いたる詐欺師』を映画化したクライムミステリーである。監督は数々のヒット作を持つビル・コンドン。イギリス映画界の重鎮であるヘレン・ミレン、イアン・マッケラン、ジム・カーターを起用し、緊張感に満ちた、良質な大人のサスペンスを生み出した。世間を知らない初老の資産家ベティの全財産の乗っ取りを企む老獪な詐欺師ロイと、相棒のヴィンセントが仕掛ける危険な罠。60年もの間ベティの心の奥底にくすぶっていたロイへの怒りが今、解き放たれようとしていた。

Read Article

目次 - Contents