ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

セオデン王に仕えていた相談役で「蛇の舌」という異名を持つ。原作ではworm-tongueと呼ばれている。映画でも原作でも生年月日は不明。ローハンの民だが、サルマンの手下でセオデンを操っていた。セオデンの意識の中のサルマンをガンダルフが追い出したことで正気に戻ったセオデンにより、ローハンから追放され、サルマンの拠点であるアイゼンガルドに逃げる。その後、木の守護者エント族の襲撃により追い詰められたサルマンと共にアイゼンガルドにあるオルサンクの塔に閉じこもる。そこにガンダルフらと共にやってきたセオデンにより「自由になれ。」と説得されるが、「おまえに自由などない。」とサルマンに叩かれ、逆上してサルマンを刺す。

人間の国ゴンドール

デネソール(演:ジョン・ノーブル)

出典: arda.saloon.jp

長男ボロミアの死を嘆き、ガンダルフが援軍を要請するよう助言するも拒否するデネソール

ゴンドールの執政でボロミア、ファラミアの父。映画では年齢は不明だが、原作では誕生は第三紀2930年。長らく王の不在なゴンドールを守り、都であるミナス・ティリスに住んでいる。長男であるボロミアを寵愛し、次男のファラミアには冷淡に接する。デネソールはゴンドールの復興のためにサウロンの「一つの指輪」が必要と考えており、ボロミアに裂け谷の領主エルロンド主催の指輪の処遇を決める会議に出席し、「一つの指輪」をゴンドールに持ち帰るよう命令していた。ボロミアの戦死を知ると悲嘆し、ガンダルフがゴンドールへの援軍を求めるよう助言しても、王の末裔であるアラゴルンに自分の権力を奪われると思い、頑なに拒否する。ファラミアが戦で倒れ運ばれると、死んだと思い込み、自分の血筋は絶えたと絶望して、ファラミアと共に焼身自殺をしようとする。間一髪でガンダルフとピピンがファラミアを助けるが、デネソールは火に焼かれ、死亡する。

ファラミア(演:デヴィッド・ウェンハム)

城の衛兵となったピピンに、自分の幼い頃の服を渡し、微笑むファラミア

ゴンドールの執政デネソールの次男で兄はボロミア。映画では年齢は不明だが、原作によれば誕生は第三紀2983年で36歳。父親であるデネソールはボロミアを寵愛するあまり、ファラミアに冷淡に接する。それでもファラミアは父デネソールの愛情を求め、父からの指示に従っていた。兄弟の仲は良く、ファラミアは兄ボロミアを慕っていたため、ボロミアが死亡したことを知ると悲嘆する。ゴンドールの大将として常にサウロンの勢力と戦っている。捕まえたフロドとサムが「一つの指輪」を持っていることを知り、彼らを父親のもとに連れていこうとする。しかしモルドールとの国境の砦であるオスギリアスで、ナズグルに襲われた時のフロドとサムの姿を見て、彼らの使命を理解し、死罪を覚悟して、彼らを解放するなど高潔な人物。サウロン軍との戦で重傷を負い、デネソールに死んだと思われ、共に火に焼かれる寸前、ガンダルフとピピンに助けられる。その後、療養所で人間の国ゴンドールの姫であるエオウィンと出会い、愛を育む。

闇の勢力

サウロン

出典: arda.saloon.jp

バラド=ドゥアの塔にあるサウロンの目

冥王(暗黒の王)であり、最も邪悪で最強だが、今は肉体は存在せず、炎の目としてモルドールの塔バラド=ドゥアの頂上にある。映画では生年月日は不明だが、原作によれば誕生は少なくとも第一紀以前。第一紀は4902年、第二紀は3441年続き、フロドがホビット庄を旅立ったのが第三紀の3018年のため、年齢は少なくとも11360歳を超えている。
20個の「力の指輪」を生み出し、それらを統べる「一つの指輪」を自分自身で魂を込めて作り上げた。そのため「一つの指輪」があれば強大な力を持つが、無くすと力が弱くなる。世界を支配するために、捉えたエルフを拷問し、妖術で邪悪なオークを大量に作り、指輪の力で堕落させた人間の王(ナズグル)を配下とするなどして、闇の勢力を拡大し、各地で残酷な殺戮を行い、世界を恐怖に陥れた。しかし、エルフと人間の同盟軍との戦いで、人間の王イシルドゥアに指を切り落とされ、「一つの指輪」を失ったことで肉体が消滅して敗北した。今は炎の目として存在し、長い時を経て復活を果たそうとしている。「一つの指輪」があれば肉体は復活し、再び強大な力を持つことが出来るため、「一つの指輪」を持っているフロドを狙っている。「力の指輪」の全てを統べる「一つの指輪」をサウロンが持つと、他の「力の指輪」の所有者はサウロンの支配下となる。人間の国ローハンに続き、同じく人間の国ゴンドールとの戦いで敗北し、モルドールの黒門の最終決戦では、自身の力の源となる「一つの指輪」を破壊され、とうとう滅びる。

サルマン(演:クリストファー・リー)

出典: matome.naver.jp

オルサンクの塔の頂上からガンダルフと話すサルマン

偉大なる魔法使いで「白のサルマン」と呼ばれている。映画でも原作でも生年月日は不明。アイゼンガルドにあるオルサンクの塔を拠点としている。5人の賢者がサウロンに対処するために結成した白の会議の一員であり、ガンダルフも彼を信頼していた。しかし、サルマンは「一つの指輪」を欲し、サウロンと同盟を結んでおり、相談に来たガンダルフが自分の味方にならないと知ると、ガンダルフをオルサンクの塔の頂上に幽閉した。アイゼンガルドでは妖術を使い、膨大な数のオークやオークより知能が高く戦闘能力に優れたウルク=ハイを生み出し、サルマン軍の兵士としている。また、地下に巨大な武器工場を作り、領地の隣にあるファンゴルンの森にある木々を使い、大量の武器を製造している。指輪を狙い、方々に間者を放ち、旅の仲間の動向を探っている。ローハンの王セオデンの相談役であるグリマも配下とし、魔力でセオデンを操っていた。ローハンに軍を侵攻させるもヘルム峡谷の戦いで敗れ、自身のいるアイゼンガルドはファンゴルンの森の木の守護者であるエントの襲撃を受け追い詰められる。最期は、グリマを自由にせず杖で叩いたことにより、逆上したグリマに刺されて、オルサンクの塔の頂上から落ちて死亡。

アングマールの魔王(演:ローレンス・マコーレ 、声:アンディ・サーキス)

出典: arda.saloon.jp

ミナス・ティリスに降り立ったアングマールの魔王

冥王サウロンの配下の中で最強であり、9人いる指輪の幽鬼ナズグルの首領。大きな黒い馬に乗ったり、空を飛ぶ獣に乗って移動する。魔王の剣「モルグルの刃」は小さな傷ひとつで敵の命を奪う。元々は人間の王だったが、サウロンが渡した力の指輪の魔力で堕落し、指輪の幽鬼となった。映画では生年月日は不明だが、原作によれば第二紀2251年頃に姿を現し、第三紀1300年頃にアングマール魔国を築き、王となる。人間の国ゴンドールの領地でオスギリアスの東を防衛するために造られた塔ミナス・イシルを第二紀2002年に奪い、ミナス・モルグルと名を改め、自分の拠点とした。第二紀2050年に世継ぎのいない人間の国ゴンドールの王を倒し、ゴンドールがその後執政の手に委ねられたきっかけを作った。サウロンの命令で「一つの指輪」を持つフロドを追い、その肩をモルグルの刃で刺す。ゴンドールとサウロン軍のペレンノール野の戦いで、人間の王ローハンの姫エオウィンに倒された。

ゴズモグ(演:ローレンス・マコーレ、声:クレイグ・パーカー)

出典: arda.saloon.jp

ゴンドールのペレンノール野でサウロン軍を指揮するゴズモグ

アングマールの魔王の拠点であるミナス・モルグルの副官。姿かたちはオークと異なり種族は不明だが、人間の国ゴンドールの東の砦であるオスギリアスを奪った時に「これからはオークの時代だ。」と言っている。映画でも原作でも生年月日は不明。ゴンドールのペレンノール野の戦いで、アラゴルンとギムリに倒される。

サウロンの口(演:ブルース・スペンス)

出典: arda.saloon.jp

モルドールの黒門の決戦で、アラゴルンたちにサウロンからの言葉を伝えるサウロンの口

サウロンの居城バラド=ドゥアの副官で、サウロンの意思を伝える役割を担う。映画でも原作でも生年月日は不明。モルドールの黒門の決戦に来たアラゴルンたちに、フロドのミスリルの胴着を見せ、フロドが死んだかのように思わせ動揺させ、怒ったアラゴルンに切り捨てられる。『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション』にのみ登場。

StoryMaker
StoryMaker
@StoryMaker

Related Articles関連記事

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

キング・コング(King Kong)のネタバレ解説・考察まとめ

映画史に残る1933年制作の怪獣映画の古典「キング・コング」を「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督がSFXを駆使してリメイクしたのが、この2005年版「キング・コング」。映画撮影のため南海に浮かぶ海図には乗らない神秘の島・髑髏(どくろ)島に到着した撮影隊がキング・コングを初め様々な怪獣や恐竜たちと遭遇する、ラブロマンスとホラー要素もある痛快アクション・アドベンチャー。

Read Article

グリーンブック(Green Book)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリーンブック』とは、ユニバーサル・ピクチャーズ配給、ピーター・ファレリー監督による長編伝記コメディ映画。黒人差別が強い時期に、単独でディープサウスへの演奏旅行へ挑む天才黒人ピアニストと腕っぷしが強いイタリア系アメリカ人運転手が、ツアーの道程でさまざまな嫌がらせに遭遇し、当初はいがみ合いながらも一つ一つトラブルを切り抜け、最終公演までツアーを敢行する。その後2013年まで生涯続くことになる、厚い友情と信頼関係を築きあげるまでを描いた。8週間の実録ロードムービー。2018年制作・アメリカ作品。

Read Article

グッドライアー 偽りのゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グッドライアー偽りのゲーム』とは、ニコラス・サールの小説『老いたる詐欺師』を映画化したクライムミステリーである。監督は数々のヒット作を持つビル・コンドン。イギリス映画界の重鎮であるヘレン・ミレン、イアン・マッケラン、ジム・カーターを起用し、緊張感に満ちた、良質な大人のサスペンスを生み出した。世間を知らない初老の資産家ベティの全財産の乗っ取りを企む老獪な詐欺師ロイと、相棒のヴィンセントが仕掛ける危険な罠。60年もの間ベティの心の奥底にくすぶっていたロイへの怒りが今、解き放たれようとしていた。

Read Article

目次 - Contents