日本沈没2020(Japan Sinks : 2020)のネタバレ解説まとめ

『日本沈没2020』とは小松左京の小説『日本沈没』を原案としたNetflix配信のオリジナルアニメ作品、全10話。監督は湯浅政明。ジャンルはSFパニックで架空の2020年東京オリンピック終了後が舞台。日本で巨大地震が発生し、都市機能が崩壊する。未来のオリンピック選手として有望視されていた中学生の武藤歩は倒壊した東京を捨て、両親や弟とサバイバルしながら日本を旅する中で様々な人との出会いと別れを繰り返していくが、日本列島沈没はすぐそこまで近付いていた。

室田 叶恵(むろた かなえ)

CV:塩田朋子
55歳。元極道の妻。息子の大地を産んだ時に、彼を通して死者の声を聴く不思議な力を授かる。組長だった夫の死後、その能力とカリスマ性を活かし、大地を象徴とする共同体シャンシティを立ち上げる。シャンシティでは信者の心の拠り所として神聖視されていた。部下の浅田とは愛人関係。なおシャンシティを立ち上げた最大の動機は、障害児である大地にも尊厳が与えられる居場所を求めた為。
シャンシティではマザーと呼ばれている。

浅田 修(あさだ しゅう)

CV:濱野大輝
27歳。マザーこと室田叶恵の腹心。叶恵が組長の妻だった極道で舎弟を務めていたが、息子を産んだのちシャンシティを立ち上げた彼女に付き添って組を去る。叶恵とは愛人関係であり、彼女に忠誠を誓っている。最期は大地の亡骸を抱いた叶恵と共に塔の崩落に巻き込まれて命を落とした。

小野寺 俊夫(おのでら としお)

CV:クレジット表記なし
地震による日本沈没説を唱えてマスコミの寵児となった学者。1話時点で既に大衆に飽きられメディアへの露出も減っていた。被災時に下半身不随となりシャンシティに収容される。自分を介護する歩に、瞬きとベッドパイプを弾く事で地震の予知を伝えた。本作では一言も声を発しない。

ダニエル

CV:ジョージ・カックル
35歳、大道芸人。ユーゴスラビアの内戦で家族を失い、世界中を放浪したあと日本へやってくる。ヒッチハイクの最中に歩たちと出会いシャンシティに来たのちは、誰でも分け隔てなく受け入れ居場所を与えるシャンシティならびにマザーの理念に共鳴し、ここを死に場所と定める。常に微笑みを絶やさぬ陽気な男でマリとすぐ意気投合した。特技は手品。

大谷 三郎(おおたに さぶろう)

CV:武田太一
29歳の元関取。大らかな性格で剛とすぐ仲良くなる。八百長で角界を追放されたのちシャンシティに居場所を見出す。料理人としてやり直す機会を与えてくれたマザーに深く感謝し、最後は彼女たちと運命を共にした。得意料理はカレーライス。

『日本沈没』の用語

D計画

大地震後に日本政府が発表した、何隻かの船舶に国民を振り分けて海外へ脱出させる計画。避難船が停泊した港は日本各地にあり、乗員はマイナンバーによる抽選と、オリンピックへの出場が期待されるスポーツ選手の為の特別枠とに分かれる。

特別枠

避難船の乗船に際し設けられた優遇枠。優先的に乗船を許可される人々で、オリンピック出場が有望視されるスポーツ選手がこれにあたる。

メガフロート

洋上に浮かぶ構造体。メガ(巨大)とフロート(浮体)を組み合わせた造語であり、従来の船とは違い、大型の人工浮体構造物を指す。 本作では純血の日本人のみ乗せて脱出する、国粋主義者の団体が所有していた。平面的な構造体で高さがない為津波に弱く、また油漏れなどの事故が起きて、瞬く間に沈んでしまった。

シャンシティ

マザーこと室田叶恵が立ち上げたスピリチュアルなコミュニティ。大地を介して死者と対話するマザーの能力を信仰する人間が集い、数千人単位の共同体を築いている。自家発電装置を備え、大規模な大麻栽培や通信販売などで収益を上げている。金継ぎされた巨大な土偶のモニュメントがシンボル。高い塔があり、この最上階に大地が君臨する。一般信者の為の学校なども作られていたが、働く働かないは各自の判断に委ねられていた。また、大麻の幻覚に酔いながら音楽に乗せて踊るパーティーが週末に開催されていた。

masami
masami
@masami

目次 - Contents