日本沈没2020(Japan Sinks : 2020)のネタバレ解説まとめ

『日本沈没2020』とは小松左京の小説『日本沈没』を原案としたNetflix配信のオリジナルアニメ作品、全10話。監督は湯浅政明。ジャンルはSFパニックで架空の2020年東京オリンピック終了後が舞台。日本で巨大地震が発生し、都市機能が崩壊する。未来のオリンピック選手として有望視されていた中学生の武藤歩は倒壊した東京を捨て、両親や弟とサバイバルしながら日本を旅する中で様々な人との出会いと別れを繰り返していくが、日本列島沈没はすぐそこまで近付いていた。

『日本沈没2020』の概要

『日本沈没2020』とは小松左京のSF小説『日本沈没』を原案としたNetflix配信のオリジナルアニメ作品。2020年7月9日より配信がスタートしており、全10話で監督は湯浅政明が務める。ジャンルはSFパニック。制作スタジオはサイエンスSARU。
多視点の群像劇だった原作を大胆に脚色し、本作では中学生の武藤歩と、その家族の軌跡に焦点が当てられている。
2011年の東日本大震災を受け、2020年に開催されるはずだった東京オリンピック後の日本に「日本とは、日本人とは何か」とのメッセージを投げかけるのが制作意図だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京オリンピックが中止されたので、本作で描かれたオリンピック後の時間軸と現実がずれてしまった。
なお視聴者の反応は賛否両論分かれており、本作の後半に登場する、純血の日本人のみ連れて脱出しようとする架空の団体が右翼的、あるいは右翼を皮肉った描き方をされているなど批判を集めている一方、後半キャラクター達がラップバトルで本音をぶちまけるシーンは同じ湯浅監督の作品『DEVILMAN crybaby』にも登場し、その青臭い熱量が評価されている。
突然の巨大地震に見舞われインフラが破綻する中で、逞しくサバイバルしながら安住の地を求める一家を主人公に据えており、流浪先での個性的な人々との出会いと別れを描いたロードムービー要素も含む。人の生き死にに関する描写はシビアで、爆発で手足がちぎれ飛んだり、人間の死体が禽獣に食い荒らされるスプラッタなシーンも多い。配信に先立って脚本の吉高寿男が執筆したノベライズが文春文庫より発売された。主題歌『a life』は大貫妙子が歌、坂本龍一が作詞作曲を担当する。

2020年、架空の東京オリンピック終了直後が舞台。
中学生の武藤歩はフィリピン人の母と日本人の父をもつ混血で、将来を有望視される陸上選手だったが、4年後のオリンピックは彼女にはまだ遠い話だった。そんな彼女が競技場で大会に出ている時に突然の巨大地震が発生。地震の被害は甚大で、東京の建物は倒壊し、道路が割れて水道管が破裂した上、あちこちで火災が起きてパニックが蔓延していた。
歩の母・マリは飛行機に乗って帰国中だったが、飛行機は地震の影響で海面に不時着する。父・航一郎、弟・剛、それに母となんとか合流をはたした歩は、近所の先輩・古賀春生や三浦七海もまじえ、壊滅した東京を捨てサバイバルの旅に出る。

『日本沈没2020』のあらすじ・ストーリー

第1話「オワリノハジマリ」

地震で変わり果てた東京の光景に呆然とする歩。

一機の旅客機が上空を飛んでいる。機内には日本人と結婚したフィリピン人女性・武藤マリがおり、愛用のカメラを構え、窓の外に広がる東京の街並みを撮る。
着陸のアナウンスが入り、乗客が降りる準備を始める。体調を聞きに来たスチュワーデスに「大丈夫よ、ありがとう」と笑顔で答えるマリ。見た目は至って元気そうだが、彼女はなんらかの持病を抱えているようだ。
昼の公園では子供たちが無邪気に遊んでいる。ベンチにはベビーカーに赤ん坊を乗せた主婦が座り、スマホをいじっている。その近くで遊ぶ幼い娘が「ママ見て鳥さん!」と指させば、天災の予兆の如く鳥の大群が飛び立っていく。スマホに夢中な母親は「あら本当、かわいい鳥さんね」と生返事を返す。
近くの競技場では陸上の大会が行われていた。中学3年生の武藤歩は、フィリピン人の母親と日本人の父の間に生まれた混血だ。彼女は将来を有望視される陸上選手で、エースとして期待をかけられていた。4年後のオリンピックをほのめかし鼓舞する顧問に、「4年……遠いなあ」と独りごちる歩。その時突如として地面が揺れ、競技場に動揺が広がる。
マリの自宅では小学生の弟・剛が、テーブルの下に隠れて携帯ゲームをしていた。剛は地震に慣れっこで、「すげー揺れた」と呟く。父親が用意してくれていた手作り弁当は揺れのせいでテーブルから落ちて床にひっくり返っていたが、彼は「なんでもない」とオンライン対戦の相手に告げてゲームに戻る。
競技場の更衣室で歩は着替えをしていた。顧問は家族への連絡を促し、着替えてから競技場前への集合を命じる。お喋りに興じながら着替えを済ます歩達。その時、全員のスマホが地震の警報で激しく鳴りだす。「この音何?」と歩が顔を上げた途端、先程とは比較にならない揺れが襲って天井が崩落する。
歩の父・航一郎は建設現場の主任だった。鉄骨を組んだ足場の上で作業していたが、そこへ地震が襲い空中へと投げ出される。
歩が目覚めた時、更衣室は死屍累々の惨状を呈していた。部活の仲間たちは天井や壁の下敷きになり、あちこちに血が飛び散っている。歩の親友も目の前でロッカーに押し潰されていた。「助けて誰か……」と、瀕死で手を伸ばす親友。しかし歩は何もできず、パニックに駆られて更衣室を飛び出す。
剛も地震で吹き飛ばされてひどく出血していた。「地震の時は外へ逃げろ」という父親の言葉を思い出し、戸棚のガラスや皿の破片が散乱する台所を這いずって脱出する剛。
歩は足首に怪我をしながら倒壊した東京を走り、一路家を目指す。周囲の道路には亀裂が走り、ビルは倒壊していた。あちこちで爆発と火災が起き、モクモクと黒煙が噴き上がる。崩壊する街並みを駆けながら、歩は昔書いた家族を紹介する作文の内容を思い出す。
歩の母親はホテル勤務で海外出張が多かった。母親の帰国時には皆で美味しいものを食べにいくのが慣例で、特に母親は新鮮な海の幸に目がなく、ご馳走を食べる為なら何時間でも車を飛ばすのだが、この地震のせいで歩たちが行った食堂や車を走らせた道路も崩壊しており、もはや回想の中にしかない平和な日常と現実の光景の落差に打ちひしがれる歩。
航一郎は命綱のおかげで助かった。彼はバイクで巧みに瓦礫を避け、歩と剛の無事を確かめにいく。
家に帰る途中、歩は至る所で人々の争いを見る。
避難場所になった校庭では一缶の乾パンを巡り、主婦と中年男性が激しく口論する。力尽きたように座り込んで動かない男性や、瓦礫に母親を押し潰され泣き喚く子供もいる。
「ファイトファイト、うちに戻ればみんないる!」

倒壊した自宅を前に呆然と立ち尽くす歩。

そう自らを奮い立て家に帰った歩は、倒壊した自宅に呆然とする。
新築の家は航一郎がこだわりぬいたデザインで、彼は庭の植木をライトアップするのが趣味だったが、もはやその跡形もない。歩は近くの校庭で家族を捜すが、両親と弟の姿はなく絶望しかける。スマホにかけても繋がらない。その時、高台の神社に続く石段が綺麗にライトアップされているのを見る。
マリもまた家の近くに戻ってきていた。旅客機は海面に不時着し、救命ボートに1人1人乗って脱出したが、彼女はそれを待てず泳いできたのだった。マリは元競泳選手だった。離陸時のごたごたでスマホを紛失したマリは、通りがかった女性にスマホを貸してくれないか頼むが、「ふざけないでよ、馬鹿じゃないの」すげなく断られる。そこで神社の石段が目に入り、慌てて駆けていく。
歩もまた神社に向かっていた。
神社の石段を彩る照明のグラデーションは、在りし日の自宅の庭と同じだった。仕掛け人は父親に違いない。石段をのぼりきった歩は航一郎と念願の再会を果たす。航一郎の胸にとびこんで安堵する歩。航一郎は「皆が集まるまで消さないからな」と宣言し、極彩色に染まる石段の両側の桜並木を仰ぐ。
神社の境内には照明に惹かれ、他にも人々が集まっていた。しばらくのち、歩の近所に住む若い女性・三浦七海が、布きれを目に巻いた剛を連れてくる。剛は何も覚えてないと言い、自分が駆け付けた時にはもう両目から血を流していたと七海が補足する。剛は航一郎の手当てを受ける。幸い切れているのは瞼だけで視力に問題ない。
「さすがゲーマーだな、反射神経がいい」と褒め、ホッチキスで剛の傷口をとめる航一郎。「変じゃない?」と気にする剛を、「ピアスみたいでかっこいいよ」と歩がフォローすれば、「前向きな物言いが母さんに似てきた」と航一郎が茶化す。歩はそれを嫌がるが、「私に似るのがそんなに嫌?」の一声とともにマリが登場。武藤一家は無事に合流を果たす。
再会を喜び合った4人は、記念に1枚写真を撮ることにする。境内には歩の先輩で、元陸上選手の古賀春生もいた。春生は高校陸上のスターだったが、スランプがきっかけでずっとひきこもっていたのだった。快活なマリは春生と七海も一緒に撮ろうと誘うが、七海がカメラマンを申し出、武藤家と春生を写す。
「家族との写真、私も撮っておけばよかった」と惜しむ七海。彼女の実家は福岡だった。マリは「七海ちゃんと春生くんもきっと家族と再会できるわよ」と励ます。直後、境内に散らばった人々のスマホが一斉に鳴り出す。地震から数時間ぶりに電波が入ったのだ。七海に携帯を貸してくれないかと頼まれた歩は快諾する。スマホをおいてきてしまった失態を嘆く航一郎とマリの傍らで歩が泣き崩れる。どうしたと心配する両親に対し、「部活のみんな置いてきちゃった……みんな苦しんでたのに何もできなくて、逃げてきて」と告白する歩。自分たちも同じだとフォローする航一郎とマリだが、歩は友人を見捨てておきながら、スマホだけはしっかり持ってきた自分を許せずにいた。「これがないと誰にも連絡できないし必要だと思ったんだもん」と泣きじゃくる歩を、「何があったとしても私はあなたが生きていることが嬉しいよ」とマリは支える。
その時、突如として空から何かが降ってくる。腕に降り注ぐ血液にぎょっとする七海。境内の木には火災の爆風に煽られ、自衛隊のヘリから投げ出されたパイロットがひっかかっていた。木の枝に貫かれ絶命したパイロット。惨たらしい死体を見せまいと、固い表情で剛を抱き締めるマリ。

第2話「トウキョー、サヨナラ」

倒壊した東京をさまよう被災者の群れ。

境内ではコンビニ経営者の男性が食べ物を配給していた。歩と剛も列に並んで受け取る。後方では割り込みしたしないで喧嘩が起きる。
2人がマリと航一郎のもとに食べ物を持って戻ると、近くの主婦が木陰に蹲る春生を盗み見て、コソコソ噂話をしている。春生は陸上に挫折してから自宅にひきこもり姿を見せず、その変貌ぶりに驚きを隠せない主婦たち。同じ陸上選手である歩にとっても春生は憧れの人だった。他と離れポツンと座り込む春生を見、「先輩……」と悲痛な表情で呟く歩。
高台の境内からは街が一望できたが、どこでも火災と爆発が起きている。都市機能が麻痺しているのか、消防車のサイレンすら聞こえない。毛布にくるまった歩はスマホでLINEをチェックするが、生存が確認できた同級生はわずか3人のみだった。「ガンバロー」のスタンプが付いたLINEを見詰め、俯く歩。
明け方、街の延焼はますます広がっていた。中の1人が石段の下まで水が来ていると騒ぐ。近所の川の堤防が決壊した可能性にざわめく一同。各々スマホを手に取ってニュースをチェックするが、大手のマスコミが情報を規制しているせいで海外の記事しか読めない。歩は墨田区の祖父母を心配してスマホをチェックするが、「スイカ送ったよ、部活がんばってね」という地震前に受信したメールしかなく落胆する。墨田区は海抜ゼロメートルだから祖父母の生存は絶望的だ。航一郎は「たまには肉を送れってんだ」と声を詰まらす。
スマホの動画サイトには、有名YouTuberが撮った沖縄沈没の瞬間がアップされていた。これが本当なら大変だとどよめく人々。動画の真偽を巡って人々は二分されるが、「僕は信じる」と剛が呟く。「海外では事実として報道されているわ」とマリも同意する。日本が太平洋側に傾いており、いずれ沈没するという説も出回ってるそうだ。実際地殻変動による日本沈没を提唱している小野寺という学者がおり一時期持て囃されていたが、ブームが去った今は目立ちたがりのホラ吹きとして扱われていた。
航一郎は境内からの移動を提案する。ここにいてもいずれ食料は尽きる、水位が上昇すればもっと危なくなると見越した判断だ。人々はその意見に賛同し、歩は孤立している春生にも「一緒に行きませんか」と声をかける。母親を待っているのかと聞けば、「……死んだ」と一言返される。歩は不用意な発言を後悔するが、春生も最終的に移動に加わった。
石段を下りれば街は浸水していた。航一郎を先頭にした一同は、足首まで水に浸かりながら歩く。足首の怪我に水がしみ、思わず顔を顰める歩を一緒に行くことになった七海がいたわる。海外のニュースサイトをチェックした同行者の間でフィリピンも水没したというニュースが流れ、マリの表情が暗くなるが、「まだわからない」と気持ちを引き立て先へ進む。
移動の最中、マリは飛行機で助けた男の子と再会する。彼は溺れかけたところをマリに救われたのだ。
男の子の父親はマリに感謝をし、彼らもまた移動に加わる。暫く行くと道が分岐する。コンビニ経営者の男性は自分の店がある東へ向かうと言い、そこなら食料が手に入ると主張する。武藤家と七海と春生は西を目指す。剛がスマホでエストニアの友人に聞いたところ、人工衛星で見た日本の東側には明かりがなかったのだそうだ。
「何があっても自己責任だ」とコンビニ経営者の男性が言い、マリの提案で集合写真を撮ったあと東と西に分かれる。大半はコンビニ経営者に付いていった。

武藤家と七海と春生、6人は高速道路に沿って西を目指す。

武藤家と春生、七海は高速道路を辿って西へ行く。途中座り込んだ老夫婦を見かけた歩は水を分けるが、有り難く礼を述べて飲んだ老夫婦は、ペットボトルをそのまましまいこむ。まさか返せとは言えずとぼとぼ戻る歩をマリは「平気よ、また手に入る」と励ます。サービスエリアに辿り着いたが、店の中は空っぽだった。食品や飲料、生活必需品の類は持ち去られてしまっている。再び地震が襲って蹲る一行。日陰を選んで移動することに決め山道を行く。若い頃山歩きをしていた両親と違い、慣れない登山に消耗する歩と剛。
澄んだ沢に到着した一行は喜んで水を飲む。沢下りをして川沿いに進み、山間の集落に出た一行は民家に助けを求めるがどこも空っぽだ。崩落で圧死した人間をカラスが啄んでいるのを目撃した航一郎は「来るな!」と子供たちを制す。集落は廃村と化し、付近の禽獣が死肉を漁りに来ていた。

山間の集落で遭遇した猪を捕らえる航一郎。

集落を探索中に野生の猪と遭遇した航一郎はこれを組み伏せ解体、火を通して皆と食べる。「歩ちゃんのお父さんサバイバル力すごいね」と褒める七海。しかし唯一歩だけは嘔吐してしまい猪肉を食べられなかった。都会っ子の歩は初めて見た解体作業がトラウマになっていたのだ。
翌日、空腹でふらふらしている歩を見かねた航一郎は山芋の葉を発見する。航一郎は蔦が絡んだ金網を飛び越え山芋を掘りだす。歩と七海も食べれる物を探して付近を徘徊するが、蔓延る蔦を取り払った歩の目に「不発弾注意」の札が飛び込んでくる。直後、不発弾をシャベルで突いた父親が爆死し四肢が飛散する。

第3話「マイオリタキボウ」

父親の死のショック冷めやらぬ歩は、仕切り屋の母親と口論する。

父親を不発弾の爆死で失った歩たちは黙々と山道を歩き続ける。先頭を行くマリは「歩、遅れないで」と歩に注意する。間延びした声で「はあい」と答える歩。母子の間にはピリピリムードが漂っていた。度々早くと急かされた歩は「お母さんは哀しくないの、お父さん死んだんだよ!?」とキレる。マリと歩の間で口論が勃発、自暴自棄になった歩は後方へ運動靴を投げて駄々をこねる。大の字に寝転がる歩を叱責するマリ。七海は歩が放置した靴を拾いに行くが、そこへ若者が運転するジープが通りかかる。
一行はジープに乗せてもらう。武藤家と春生は荷台、七海は助手席に座るが、ハンドルを握る若者は堂々と飲酒運転をして、それを注意した七海に「もう捕まえる奴なんていないさ」と嘯く。「どうせなら今までできなかったことをやろうぜ、楽しまなきゃ損だよ」と車の窓から酒瓶を投げ捨てる若者。
無人のガソリンスタンドに給油に立ち寄ったが、皺くちゃの紙幣がなかなか入らず苦戦する若者。仕方なく諦めることにするが、給油を手伝ったマリが手を洗いに単独行動をすると同時に、彼はその本性を露わにする。七海を尾行してガソリンスタンドの奥へ行った若者は、彼女に強姦を働こうとする。しかし七海は格闘技経験者であり、彼を返り討ちにする。ベルトを抜いて滅多打ちにしようとする若者に渾身の蹴りを見舞うが、次に彼が取り出したのは火花散るスタンガンだ。
「あんた何してんの!」
そこへ七海の帰りが遅いのを訝しんだマリが駆け付け、モップの柄で若者を殴打する。しかし若者の逆襲に遭い倒れ、七海も男が持ったモップの柄で鳩尾を突かれる。絶体絶命かに思われたが、様子を見に来た歩の懐中電灯に照らされた若者が面食らった隙にマリが地面に落ちたスタンガンをひったくり、若者を感電させる。一行は失神した若者をその場に残して車へ戻る。七海は若者から奪った眼鏡を春生にかけ、「割れてるよりはいいかと思って」と微笑む。地震の衝撃で春生の眼鏡にはひびが入っていたのだ。
若者の車を奪って峠道を移動する一行。七海は若者の末路を思いだし、「ちょっとスカッとした」と上機嫌だ。暫く行くとトンネルが土砂崩れで塞がっていた為、車を捨てて山に上る。「ねー僕たち死んじゃうのー」とキツい山道に弱音を零す剛。足を滑らせかけた春生の手を掴み「きばりんしゃい」と発破をかける七海。いい感じの2人を眺め、春生に淡い恋心を抱く歩はモヤモヤする。

七海と春生のふれあいを見た歩は嫉妬心から七海に意地悪を働く。

富士山を遠くに臨む道を歩いている時、春生のスマホの充電が切れる。七海はスマホばかり見ている春生と向き合い、「目の筋肉を鍛えたほうがいいよ」と瞼を揉みほぐす。それを見た歩は嫉妬し、足首を抱えて蹲る。「大丈夫?」と慌てて駆け寄った七海に「トイレ行きたい。トイレ」と耳打ちし、なんとか春生と引き離すのに成功する。
歩と七海は斜面を下りて用を足すことにする。歩は七海の指示で斜面の上を選ぶが、ドサリと物音がして見下ろせば、七海がガスに巻かれて倒れている。
「このあたりは大地から有毒なガスが漏れて下に溜まっている、早く上に上がってこい!」
突如としてハングライダーを装着した男が上空に現れ、歩にそう警告する。歩は動揺して七海に呼びかけるが、彼女はもう死んでいた。マリのもとへ戻った歩は、春生と七海を邪魔しようとした出来心で七海が死んでしまったショックに泣きじゃくる。

一行の前に颯爽と現れた有名YouTuberのカイト。

ハングライダー男の名前はカイトといった。彼は有名なYouTuberで、憧れの人と会えた剛は感激する。何をしていたんだと問えば富士山を撮影していたと回答するカイト。なんと、沖縄沈没の動画を撮ったのもカイトだった。沖縄沈没の動画を偽物と決め付けた歩は、「酷いイタズラ」とカイトを非難するが、彼は全て事実だと開き直る。
カイトは腹をすかせた剛にチョコバーを渡すが、「あなた人がいなくなった民家から食品を盗んでるでしょ、人の不幸で稼いでる人から物を貰っちゃだめ!」と歩が止めに入る。剛は「これエストニアのお菓子だよ」と反論し、息子がカイトに懐いてるのを見、初対面の子供に貴重な食料を与える彼の人柄を見込んだマリは、剛だけでも安全な場所へ逃がせないかカイトに相談する。カイトのハングライダーはあと1人だけなら同乗できる。
しかしカイトは「気が変わった」と言い、自分で直接歩たち全員を案内する。山道を歩き通した一行は田舎のスーパーマーケットに辿り着く。「食料は調達できそうだな」と喜ぶカイトに「生きる為よね」と同意するマリ。「お金もないのに……」と渋りながら、雷雲轟く空模様に背中を押され、「賞味期限切れの物だけ」と誓ってスーパーに足を踏み入れる歩。
スーパーマーケットの陳列棚はすかすかだったが、必要分の食料は調達できそうだった。大喜びで食べ物をカゴに入れていくマリ。スーパーには服や靴もおいてあり、剛は勝手に新品の服に着替えている。春生が真新しい運動靴に履き替えたのを見た歩は、「やっぱり似合いますね。こんな時になんですけど先輩の走ってる姿また見たいです」と、春生への好意をほのめかす。
弛緩した空気が流れる中、突如として矢が射られる。スーパーの店主が歩たちを泥棒と思い、物理攻撃で牽制してきたのだ。キャットウォークの高みから一方的に矢を射かけられて逃げる歩たちだが、老人の矢が剛の胸に命中する。

第4話「ヒラカレタトビラ」

masami
masami
@masami

目次 - Contents