ハズビン・ホテル(Hazbin Hotel)のネタバレ解説まとめ

『ハズビン・ホテル』とはヴィヴィアン・メドラーノが原作・監督・脚本を務めるアメリカ合衆国のアニメーション作品。大人向けのカートゥーンを銘打ち、ポルノ・ドラッグ・犯罪など退廃的な内容を多く扱いながら、ディズニーミュージカルを思わせるコミカルなシーンも取り入れている。主人公のチャーリーは地獄のプリンセス。彼女は悪魔の更生を目的にしたハッピー・ホテルを創業するが、極悪非道な悪魔たちは優等生的な発想を嘲笑う。しかし地獄で一際強力な悪魔・アラスターが好奇心から協力を申し出る。

本作のスピンオフ外伝『ヘルヴァ・ボス』は同一世界観の別キャラクターの話

2019年11月25日にYouTubeにて公開された『ヘルヴァ・ボス』は同一世界観の別キャラクター達の話。地獄の殺し請負業者の話で、ボスのヘルヴァを中心にした愉快な仲間たちが、依頼をとるために試行錯誤する様がコメディタッチで描かれる。

『中毒』(Addict)というエンジェル・ダストの声優本人が唄ったイメージソングが存在する

作詞・作曲:Silva Hound 歌:Michael Kovach&Chi-Chi

本作でエンジェル・ダストの声優を務めるMichael Kovachが唄ったイメージソングが存在する。タイトルは『中毒』(Addict)で、「それが僕の在り方 薬の過剰摂取で 最後は昏睡でも 気にしないよ」など、エンジェル・ダストの死に様を暗示するような退廃的な歌詞が印象的。

『ハズビン・ホテル』の主題歌・挿入歌

挿入歌:Judy Garland『虹を追って』(原題:I'm Always Chasing Rainbows)

作曲・作詞:Harry Carroll、歌:Judy Garland

挿入歌:Elsie Lovelock『悪魔は皆心に虹がある』(原題:INSIDE OF EVERY DEMON IS A RAINBOW)

作詞・作曲:Parry Gripp、歌:Elsie Lovelock

挿入歌:Seth Atkinson『Alastor's Reprise』

作詞・作曲:Parry Gripp、歌:Seth Atkinson

masami
masami
@masami

目次 - Contents