魔入りました!入間くん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔入りました!入間くん』とは『週刊少年チャンピオン』2017年14号から連載している西修のファンタジー漫画作品。主人公の鈴木入間はクズな両親に売られ、魔界の大悪魔・サリバンの孫となり、彼が理事長を務める悪魔学校・バビルスに入学する。非力な人間の少年なのに非偶然と勘違いで天才扱いされる事に困惑していた入間だが、バビルスで出会う個性的な仲間と絆を育むうちに、彼らと肩を並べる一人前の悪魔を目指すという目標ができる。

『魔入りました!入間くん』の概要

『魔入りました!入間くん』とは『週刊少年チャンピオン』にて2017年14号から連載している西修の学園ファンタジー漫画作品。西の『週刊少年チャンピオン』での連載は本作が初めてとなる。TVアニメはNHKEテレにて2019年10月5日から2020年3月7日まで放映、2021年春に第2シリーズが放送。監督は森脇真琴。
友情・努力・勝利の三段構えの王道少年漫画を踏襲した熱い展開、真っ直ぐな心根と向上心の持ち主である入間が癖の強い友人や教師らと出会い成長していく姿を描く、直球青春ストーリーが読者の支持を得た。
初期は一話完結のギャグコメディ要素が強かったが、ストーリーが進むと入間が所属する問題児クラスの面々にも焦点が当たり、個々の悩みや問題を掘り下げた群像劇の趣が強くなる。たとえば入間のクラスメイトのクロケル・ケロリは、優秀な兄姉と比較する家族を見返したい一心で魔界ナンバー1のアクドル(悪魔のアイドル)を目指している。このエピソードでは入間らの協力を得た彼女がコンプレックスを跳ね返し、家族と和解するまでが描かれる。
さらには入間自身にも徐徐に悪魔の自覚が芽生えていき、一人前の悪魔として誇りを持ち、積極的に課題に取り組む姿が見られるようになる。入間は金欲しさから両親に売られた事になっているが、現在は空位になっている魔界の統治者・魔王と関係ある主旨の発言を養子先のサリバンがしていたり、魔王の座を巡る壮大な展開になりそうな予感を匂わす。

主人公・鈴木入間は14歳の中学生。鬼畜外道な両親の金儲けの道具にされ、幼い頃からあらゆる出稼ぎに行き、サバイバルすら余儀なくされる過酷な人生を歩んできた。
そんな入間にある日転機が訪れる。
なんと両親によって、魔界に住む大悪魔・サリバンに売られてしまったのだ。命運尽きたと嘆く入間を予想に反して大いに甘やかすサリバン。サリバンは孫が欲しくて入間を引き取ったと言い、自らが理事長を務める悪魔学校バビルスに彼を入学させる。
魔界生まれの悪魔にとって人間は伝説上の存在であり、その実在すら疑われていた。人間だと周囲にバレたら何をされるかわからない、最悪獲って食われると恐怖した入間は、素性をひた隠しできるだけ穏便な日常生活を送ろうとするが、入学首席のアスモデウス・アリスにライバル視され決闘を申し込まれた際に躓いた勢いでバックドロップをかまして勝利する、使い魔を召喚する授業では自身が人間であったことから悪魔=教師をイレギュラーに召喚してしまうなど、勘違いと偶然の連鎖で何故か天才と持ち上げられ、前途多難なスクールライフが幕を開ける。

『魔入りました!入間くん』のあらすじ・ストーリー

主人公・鈴木入間。困っている人は放っておけず、頼まれたら絶対断れない極度のお人好し。

主人公・鈴木入間は14歳の中学生。鬼畜外道な両親に金儲けの道具と見なされ、幼い頃から出稼ぎに行かされてきた彼は、人に頼まれると断れない極度のお人好しに育ってしまった。そんな入間だが、ある日両親によって魔界の大悪魔・サリバンに売り飛ばされる。獲って食われるかと怯える入間に対し、サリバンは「ずっと孫が欲しかったのだ」とのたまい、彼をベタベタに甘やかす。勿論断ろうとする入間だが、生来のお人好しが災いし、「どうしても孫になってほしい」というサリバンの泣き落としを拒みきれず、なし崩しに彼の孫として魔界で生活を始める。
美味しいご馳走でお腹一杯になり、ふかふかの寝床が用意された夢のような生活にすっかり骨抜きにされた入間。翌日、入間はサリバンが理事長を務める悪魔学校・バビルスに特待生として入学させられる。

バビルスの入学式にて、見るからに凶暴そうな悪魔に囲まれビクビクする入間。

見るからに凶暴そうな悪魔の新入生に囲まれ、できるだけ目立たないように縮こまる入間。悪魔の群れに1人人間が紛れ込んでいるとバレたら何をされるかわからない。魔界において人間は伝説上の存在であり、その実在は疑問視されていたが、入間の近くの生徒が「おいしそうな匂いがする」と鼻をヒクヒクさせている。魔界における自分が超レアな餌だと認識した入間は、これからの学校生活、できるだけ空気としてやり過ごす決意をする。しかしそのそばから孫バカ全開のサリバンが新入生代表挨拶に入間を指名し、無理矢理檀上に上げられた入間は、わけもわからずサリバンが用意したメモを読まされる。
次の瞬間、全校生徒がどよめく。入間が唱えたのはなんと、一字でも間違えば身体が爆発四散する禁忌呪文だったのだ。
入学早々、新入生代表挨拶で禁忌呪文を読み上げた入間は「命知らずのヤベー奴」として話題になる。目立たず生きたい入間にとって、これは最大の誤算だった。しかも新入生首席のアスモデウス・アリスが、自分の晴れ舞台を奪った入間を一方的に敵視し、決闘を挑んでくる。サリバンのサプライズ指名がなければ、彼が新入生代表の挨拶をするはずだったのだ。

入間をライバル視し入学早々決闘を挑むアリス。

アリスは名門アスモデウス家の嫡男でありエリート中のエリートだった。全校生徒が見守る中、入間とアリスの決闘が始まる。

決闘中に躓いてアリスにバックドロップをかました入間は校内新聞に載る。

アリスの炎魔法に逃げ回る入間だが、躓いた拍子にアリスに見事なバックドロップをかまし勝利を掴む。観客はどよめき、アリスは自分を打ち負かしておきながら謙虚な入間に心服し、臣下の礼をとるのだった。
本格的に授業が始まる前、新入生は使い魔召喚の儀を受ける。これはバビルスの伝統行事で、使い魔の質で位階が決まり、今後の成績に影響するのだそうだ。
召喚の儀式の監督官ナベリウス=カルエゴは、理事長の威光を借りて初日から乱闘騒ぎを起こした入間を敵視していた。
優等生のアリスは上位の使い魔であるゴルゴンスネークを呼び出し周囲の称賛を浴びる。さすが名門の出と感心するカエルエゴ。ならば主人の入間はもっとすごい使い魔を召喚するはずとギャラリーの期待が高まる。ただの人間の自分に使い魔なんて召喚できるはずないと卑下する入間だが、儀式に失敗して退学になれば正体がバレずにすむと思い直す。
しかし召喚とは悪魔が使い魔を呼び出す儀式であると同時に人間が悪魔を呼び出す儀式であり、それ故ただの人間の入間の召喚で、監督官としてその場にいたカエルゴが呼び出されてしまった。
生徒が先生を使い魔として従えるなど前代未聞とギャラリーがどよめく。入間は慌ててカエルエゴを送り返そうとするが、カエルエゴが使い魔の力を制限する魔法陣を踏み、コウモリ羽の生えたひよこのような愛くるしい姿に変えられる。解除したくても契約の期限は1年であり、入間は本人の思惑に反し、「悪魔を使い魔にした恐怖の悪魔」として学校中に悪名を轟かせる。
授業の教材をアリスと一緒に受け取りにきた入間。その時、突然物陰から女生徒が転がり出る。それは変人を通り越し、校内で珍獣扱いされているクララ・ウァラクだった。
自分が穿いたスリッパに名前を付け可愛がるクララから、さっさと入間を引き離そうとするアリス。しかしお人好しな入間はクララに引っ張られ、中庭でままごとに付き合わされる。アリスは当然怒るが「一緒にやろアズくん」と入間にとりなされ、意外とノリノリでままごとに加わる。遊びが一段落したあと、クララは懐を叩いてお菓子と飲み物を取り出す。それはクララの家系の特技であり、彼女は一度見たものならなんでも好きな時に呼び出せるのだった。
得意げなクララの頭を、たまたま通りかかった男子生徒が「また飼い主が増えたのか」となでる。ジュースをもらって去っていく男子生徒を見送り、どういうことかと入間が尋ねると、「ああやってジュースをあげるとたまーに一緒に遊んでくれるの」とクララが嬉々として答える。クララがパシリにされているのではと心配する入間だが、「でもこんなにちゃんと遊んでもらえたのは初めて!また遊んでくれる?」という天真爛漫な笑顔にほだされ、また一緒に遊ぶ約束を交わす。
毎日一緒に遊んでくれる相手ができて有頂天のクララだが、ある日例の男子生徒が不良仲間と喋っている現場にでくわす。彼はクララの名前を上げ、「貢ぎ物も迷惑料だよ」「特待生もそのうち飽きるだろ」と嘲る。
パシリとしか思われてないのを本当は知っていたクララだが、それを認めてしまえば誰も遊んでくれない。
入間にまで見捨てられるのを恐れたクララは、ジュースやお菓子や本やおもちゃをどっさり出し「全部あげるからまた遊んで」と乞うが、入間は「いらない」ときっぱり断る。入間に見捨てられたと思い込んだクララは号泣するが、彼は「そんな物なくったって君と一緒に遊びたいよ!」とクララの手を握る。「初めて遊びに誘われた」と大はしゃぎのクララ。

自分を使い走りにしていた男子に啖呵を切るクララ。

そこへクララをパシリ扱いしていた男子生徒が現れ、性懲りなくジュースをねだるが、クララは出した自販機ごと彼の顔面にぶん投げて、「お金を入れたら沢山飲めるよバイバイ!」と宣言する。
それからというもの、入間・アリス・クララはトリオで行動するようになった。目前に迫ったクラス発表に期待を膨らませるクララとアリス。

魔界で友人に恵まれた入間は学園生活に明るい見通しを持つ。

自分と同じクラスを熱望する彼らの姿に、欠席続きで友達ができなかった人間界での生活を思い出し、2人と一緒ならこの先も楽しく過ごせるかもしれないと前向きに考える入間。アリスとクララを自分の友達と思っていいのか問えば、2人はきょとんとする。魔界には友達の概念が存在しないらしい。入間から友達の意味を教わったアリスとクララは、入間の特別な「おトモダチ」になれたと無邪気に喜ぶ。
いよいよクラス発表の日、入間・アリス・クララは無事同じクラスになれた。3人が配属されたのは問題児クラス(アブノーマルクラス)といい、バビルスの問題児が集められたクラスだった。
初授業として実施されたのは、谷の奥の旗に辿り着いた順位を競争する飛行レース。
これはバビルスにおいて重要な課題であり、使い魔召喚の儀式とこのレースとで最初の位階が決定するのだった。位階とは魔界における悪魔の序列で全部で9つある。入間も他の皆と参加するのだが、人間である彼には翼がなくスタートを切ることさえできなかった。

入間をライバル視して張り合うサブロ。

問題児クラスの1人、サブノック・サブロは魔王になる野望に燃えていた。力こそ全てという信条のサブロは、初日から自分の力を誇示する目的で教師に闘いを挑み、それが原因で問題児クラスに送られた。次代の魔王を志すサブロにとって、自分を差し置いて目立ちまくる入間は目障りだった。
翼がなくては飛べないと尻込みしていた入間だが、「さっさとしろ」と痺れを切らしたカルエゴに蹴落とされる。哀れ谷底に真っ逆さまかと思われた入間だが、魔界に住む巨大なカラス、魔界カラスにさらわれる。その途中で谷の長である鳥の巣に落ちる。巣にいた雛が怪我しているのを見た入間は、放っておけずに手当てをする。雛には言葉を通じない為身振り手振りで害意がないと伝えるが、その時うっかり手を傷付けてしまい、入間の血が雛の傷口に滴り落ちる。次の瞬間雛の傷は綺麗に塞がっていた。どうやら入間の血には不思議な力があるらしい。
一方その頃、サブロはカルエゴに危険だと禁止されたコースを爆走していた。このコースはゴールへの近道となるのだ。しかしサブロが飛ぶコースは谷の長の縄張りであり、執拗に付け狙われる羽目になる。サブロが谷の長に襲われ絶体絶命のピンチに陥った時、雛に乗った入間が割り込む。クラスメイトのピンチを見過ごせず、わざわざ正規コースを逸れてまで助けにきたのだった。
谷の長は我が子の恩人に免じてサブロを許す。サブロは闘いを継続する気満々だったが、暴力など用いらずとも谷の長を説き伏せた入間を見直す。入間は谷の長にゴールまで運ばれる。
ゴール地点では位階の発表が行われていた。レースを監視していたランクふくろうの胸に手を入れると位階の番号が入ったバッジが貰えるのだが、入間が手を入れようとすると、なんとふくろうが飛び去ってしまった。数百年間なかった事態に唖然とするカルエゴ。
入間は問題クラスで唯一バッジを獲得できなかったが、ふくろうの胸元に突っこんだ手には、代わりに不思議な指輪が嵌まっていた。その指輪は悪食の指輪といい、手にした者に次代の魔王の座を約束する曰く付きの代物だった。持ち主の魔力を食べる悪食の指輪をカルエゴは危険視するが、様子を見ようと理事長が仲裁に入ってうやむやとなる。ランクの測定ができなかった入間は一番下の位階となり、ただの人間の自分に相応な評価がもらえたと安堵するのだった。

バビルスのカリスマ生徒会長アザゼル・アメリは入間の正体が人間ではないか怪しむ。

バビルスの生徒会長アザゼル・アメリは、その高潔な人柄と凛々しい美貌で全校生徒の憧れの的だった。ある日彼女は生徒会室の窓から入間が咲かせた桜を見て、彼が人間じゃないかと疑問を抱く。入間は魔生物の授業で魔力をこめた花を咲かせるように言い渡されたが、人間の彼には魔力がない。しかしサリバンは入間にいずれ必要になると、悪食の指輪に自分の魔力を注入していた。入間は植木鉢を持ち、「こんな花が咲いたらいいなあ」と戯れに想像を膨らませる。それが指輪を介して植木鉢に流れ込み、温室の天井を突き破る程巨大な桜を咲かせたのだ。
「人間界にしかない桜をどうして入間が知っている?」
魔界における人間は伝説上の存在だった。殆どの悪魔は人間界の存在すら知らずにいた。しかしアメリは人間界と魔界の渉外担当の父の仕事柄、人間界で作られた少女漫画をコレクションしていたのだ。
それは恋する乙女が主人公の王道の少女漫画で、読むたび胸のときめきを隠せないアメリだが、残念ながら人間界の文字が読めない。主人公の少女が少年と衝突した直後に恋に落ちるシーンを目にしたアメリは、「接触だけで惚れさせるなんてすごい」と慄く。人間界の男性は凄い能力を持っていると誤解するアメリ。
そんなある日、廊下を歩いていたアメリは入間と衝突する。平謝りする入間に対し、胸の高鳴りを禁じ得ないアメリは「まさか私も惚れさせる気か?」と勘違いをする。

生徒会長室で読む少女漫画に胸キュンするアメリ。

アメリは勘違いから入間を警戒し、入間はアメリのおかしなリアクションに混乱し、膠着状態が続く。その時、アメリが隠し持っていた漫画『初恋メモリー』が落ちる。それは入間が人間界でアシスタントをしていた漫画家の作品だった。思わず拾い上げ、「懐かしい~」と感激する入間。彼自身も『初恋メモリー』の大ファンであり、アメリを仲間と見なして作品の魅力を語る。入間が人間界の字を読めると知ったアメリは、彼を生徒会室に引っ張っていき、『初恋メモリー』全巻がずらりと並んだ本棚を示す。字が読めないから絵だけで我慢するしかなかったが、入間が読んでくれるならストーリーがわかる。アメリは入間に朗読をお願いし、入間はこれを快諾する。
入間が人間か否か調査する建前で彼に朗読を頼んだアメリは、その目的をド忘れする勢いで『初恋メモリー』にハマりまくっていた。
『初恋メモリー』の展開やキャラクターの心情を話し合ううち、入間とアメリはどんどん打ち解けていく。アリスやクララ、それにアメリと楽しい日々を送る入間は、サリバンの屋敷の執事・オペラに人間界に帰りたいか尋ねられるが、即答できない自分に気付く。前は帰りたかったが、両親にこき使われ、友達も皆無な人間界の暮らしより魔界の生活のほうがずっと恵まれているのだった。悩む入間にオペラは「バビルスを高い位階で卒業すれば人間界へ帰る事も可能だ」と助言する。
アメリと入間の秘密の朗読会は続いていた。入間は周囲にバレないように行動し、アメリも細心の注意を怠らない。入間が隠し事をしているのに気付いたアリスとクララは、掛けた者の気配を消す認識阻害眼鏡を用い、こっそり入間を尾行する。入間とアメリの密会を目撃したアリスは、入間が単身生徒会を制圧していると誤解し、「さすが入間様」と感銘を受ける。
『初恋メモリー』では主人公が夢を語っていた。それを見た入間はアメリの夢は何かと訊く。アメリは「みんなに悪魔として生まれたことを誇ってほしい」「バビルスを彼らの憧れの学び舎にしたい」と夢を語るが、反対に問い返された入間は、自分が確固たる夢を持たないのに気付く。物心付いた頃から流されるまま、他人の都合を優先して生きてきた入間には夢というものが上手くイメージできない。
意気消沈する入間に対し、アメリは「なら作ればいい」とこともなげに言い、「まずはランクを上げるのを目標にすればどうだ」とアドバイスする。だが目立ちたくない入間にとって、位階が上がるのは諸刃の剣だった。
一方クララは入間が朗読会に呼び出され、遊んでもらえないのを不満がっていた。
アメリと会話中の入間を拉致するなど実力行使に訴えたが、まだ気が済まずにサブロに相談したところ、「色仕掛けしかない」と断言される。クララはそれを真に受け、サキュバス先生の誘惑授業を選択科目に選ぶ。色仕掛けをマスターして入間を取り返す魂胆だ。しかし初授業でクララの色気度はたった2%、生まれたての赤子より純粋無垢だと判定される。入門テキストを与えられたクララはへこたれず、捨て身の色仕掛けを次々入間に試していく。

渾身のセクシーポーズを体操と誤解されるクララ。

しかしセクシーポーズで誘惑しようとすれば前衛的な体操と誤解され、ボディタッチで好感度を上げようとすればおんぶの要求にとられ、香水でイメチェンを図れば教室で異臭騒ぎとことごとく失敗する。かくなるうえはとクララはキスを仕掛けるが、入間にあっさり躱される。見かねたサキュバス先生は媚薬を使えば上手くいくかもしれないと言うが、ズルはしたくないとクララは拒む。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents