お結び(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『お結び』とは2020年4月25日に公開された日下部一製作によるフリーゲーム。ジャンルはマルチエンディング型和風ホラーゲームで操作キャラクターの選択によって5種の結末が用意されている。主人公・日向子には、幼い頃近所の森で迷子になった時、自分が落としたお弁当を届けに来てくれた不思議な存在におむすびを分け与えた記憶があった。時が流れ高校生になった日向子は、車に轢き逃げされて迷い込んだ天国と地獄のはざまの世界・辺獄で、一茶と名乗る不思議な男と出会い、彼の力を借りて現世へ帰る為の冒険を繰り広げる。

日向子が幼い頃に死別した祖母。意志が強く高潔な女性で、誰にでも分け隔てなく接することから親切きぬちゃんの愛称で天界の人々にも慕われていた。日向子が作るおむすびは祖母に教えられた思い出の料理。
泣き虫な日向子に「泣いて怖がっているだけじゃ何も解決しないよ」と再三言い聞かせ、芯の強い子に育てた。
天界に来た日向子に時を遡った一茶が憑いているのを見抜き、代わりに穢れを被ってくれた礼を言わせに祠へ向かわせるなど、優れた洞察力とある種の直感を備えている。
幼い頃森で迷った日向子に輪町に伝わる時神の話をし、彼女に祠参りをさせるきっかけを作った。本人も大層信心深い。志鶴の憧れの人物で、彼女に叱られた際の志鶴はそれまでの尊大さが嘘のように顔真っ赤でたじたじになった。

川崎早苗(かわさき さなえ)

輪町に住む少女でめぐる小学校の生徒。
登校中の通学路にて、会社に遅刻しそうになり猛スピードで飛ばしていた会社員の車に轢き逃げされ死亡する。
その後、辺獄にある賽の河原にて獄卒に見張られながら石を積んでいた時に日向子と出会い、彼女が持ってきた石をてっぺんに乗っけて塔を完成させる。塔が完成を見た事で無事天界へ昇れ、次の場所に呼ばれるまで絹と同じ町で暮らしていた。次の場所がどこか彼女自身もわからないが、どこかへ行かなければいけない気はしていると言い、おそらく輪廻転生の順番を待っていると思われる。
天界の監獄から逃げた日向子を助けて絹のもとへ連れて行った。

クロ

日向子の同級生の男子が飼っていた黒猫。既に死んでおり、毎朝登校前に飼い主が墓参りしていた。
辺獄へ飛ばされた日向子の前に最初に現れ、彼女を河川敷へ導いてくれた。天界へ昇ったあとは早苗と行動を共にしている。

その他

木乃葉(きのは)

一茶と親交を結んだ村娘・木乃葉。他の村人によって一茶への生贄に捧げられ非業の死を遂げる。

輪町が輪の村と呼ばれていた頃に時神と出会い、彼に一茶という名前を授けた村娘。
気立てがよく心優しい働き者だが、村で唯一神の声が聞け、その姿を見れたせいで周囲から気味悪がられて孤立する。森の祠にいる一茶のもとへ毎日のように通っては、豊作のお礼のおむすびを供え、他愛ないお喋りを楽しんでいた。しかし村を大飢饉が襲った時、一茶と親しくしている彼女を生贄に捧げてご機嫌をとろうとした村人たちによって殺され、その生首は戸板に乗せて祠へ運ばれる。
木乃葉の死に絶望した一茶は産土神の務めを怠り、土地に飢饉と伝染病を流行らせた罰として、永遠に輪の土地に縛り付けられることになる。
彼女が一茶から貰った禊の紐飾りは、後に天界の禊場にある大岩に現れて日向子の手に渡るが、これは日向子が木乃葉の生まれ変わりであり、一茶を救いたい2人の気持ちが共鳴した現象と思われる。日向子は度々夢で前世の記憶を見ている。なお木乃葉が祠に告げた一茶の名前の由来は、一緒にいると一杯のお茶を飲んだようにホッとするから。

『お結び』の用語

輪町(めぐるちょう)

日向子や早苗が住む町の名前。昔は輪(めぐる)の村と呼ばれていた。産土神である一茶が長年守っていた土地でもあり、神社の森に彼の祠が祭られている。
日向子が木乃葉の生まれ変わりだと考えると、土地の名前は輪廻転生に結び付いていると思われる。

産土神(うぶすながみ)

神道において、その者が生まれた土地の守護神を指す言葉。住人を生まれる前から死んだ後まで守護する土地神とされており、他所に移住しても一生を通じ守護してくれると信じられている。一茶は輪町の産土神として信仰されていた。

祠(ほこら)

輪町の神社の森にある朽ちた祠。今は日向子以外に訪れる者なく寂れており、説明書きの立て札も倒れている。もともと時魂神としての一茶が祭られていた場所で、ご神体の鏡が奉納されている。この鏡が割れたことで膨大な量の穢れが放出され、辺獄の一茶が異形の物の怪と化した。

時魂神(ときのたまのかみ)

輪町を守る神としての一茶の名前。時を操る能力から名付けられた。時を遡って過去へ行くことができる。通称は時神。

万物の神(ばんぶつのかみ)

輪の村の禊を怠った一茶を罰した、天界において最上位の神。最後まで姿は見せず、声だけの登場となる。一茶を輪の土地に縛り付け、永遠にそこで禊を行うように命じた他、木乃葉に会いに天界へ行くのも禁じた。

天道隊(てんどうたい)

天界の秩序を司る武家の男性の集団。俗世の警察組織のようなもの。
隊士は皆黒い羽織りに赤い襟巻で帯刀しており、天界で罪を犯した者を閉じ込める牢獄を施設内に所有する。天への抜け道を使おうとした日向子と一茶の前に現れ、2人を捕縛した。日向子の脱獄を許した志鶴を即斬り捨てようとするなど、厳格な上下関係と掟に縛られている。

天界(てんかい)

死後に善人が行くとされる場所。俗にいう天国。もともと天界生まれの天人と死後にやってきた人間が存在する。
天道隊の施設や禊場が存在する森の他普通に町があり、次の場所へ行く為の準備期間として多くの人々が暮らしている。しかし住人の顔は陰っており、しっかりと見る事はかなわない。辺獄や俗世への抜け道が存在するが、天界の顔役である絹や天道隊の他は詳しい場所を知らない。

masami
masami
@masami

目次 - Contents