ID: INVADED(イド:インヴェイデッド)のネタバレ解説まとめ

『ID: INVADED』とはあおきえい監督による日本のSF・ミステリーアニメ作品。2020年1月から3月までTOKYO MX他で放送された。脚本はミステリー作家の舞城王太郎。舞台は凶悪犯罪が増加した現代日本。連続殺人犯の迅速な特定を目的とする組織・蔵は、ミヅハノメと呼ばれる特殊な発明を用い犯人の深層心理が生み出す仮想世界・イドを構築した。元刑事で現囚人の鳴瓢秋人は、名探偵・酒井戸となって、様々な殺人鬼の精神世界に潜るうちに彼らの裏で糸を引く黒幕、ジョン・ウォーカーの存在へ近付いていく。

現実を受け入れた秋人は、イドの中のイドの妻子へ別れを告げる。

10話。妻子がいない現実を受け入れた秋人は、電話越しにちゃんと帰って来るか不安がる椋に、必ず家に帰ると約束する。たとえ虚構でももう一度妻子と幸せな時間を過ごし、きちんと別れを言えた事で、秋人の心は少しだけ整理が付いた。同時に妻子を失くしてから生きる目的を持たず自暴自棄になった秋人に、「家に帰る」という叶えたい目標が芽生えたのだった。

「頑張れ。お前の世界観の証明までもう少しだからな」

花火師を話術だけで自殺に追い込む秋人。

3話終盤。秋人は花火師・冬川の「お前の娘の命に価値はない」という暴言に殺意を覚え、話術のみで彼を自殺に追い込む。多くの犠牲者が出た現場に群がり撮影する大衆を嘲り、連中を啓蒙する為に犯行を重ねたと自分を正当化する冬川の欺瞞を暴き、「お前はただ大量死が見たかっただけの俗物だ、だが独房に入れられた以上二度と見られない」と絶望させる。淡々とした口調と物腰、全てに絶望した暗い目からは、秋人の抱えた闇の深さが伝わる。

「3は……いい数字……」

早瀬浦のイドで井波に銃撃された富久田は、聖井戸に看取られて息を引き取る。

12話、早瀬浦のイドで小春を庇って射殺された富久田の最期の言葉。数唱障害の富久田はドリルで額に穴を開けるまで数字に呪われ続けたが、数字の呪縛から解放されること、小春を助けること、そして小春の中で穴が埋まることで、最終的に3つの望みが全て叶った。同じく額に穴のある小春には、バラバラな物も全て完全に見え、彼女の目を通した富久田の穴は綺麗に塞がれていた。

『ID:INVADED』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

秋人役の津田健次郎の演技で6話の号泣シーンを修正

dengekionline.com

FILE:06『CIRCLED 円環の世界』の終盤、酒井戸がカエルの死体に縋って想いを吐露するシーンだが、最初は酒井戸が号泣する予定だった。しかし津田健次郎の抑えた哀しみがひしひし迫る演技を聞き、カエルの手をとって跪く静謐なシーンに変更した。

キャラクターデザイン担当の小玉有起は、「いい歳したピンク髪の男がなかなかいない」から秋人をピンク髪にした

www.animatetimes.com

キャラクターデザイン担当の漫画家・小玉有起はインタビューにおいて、秋人の髪をピンクにした理由は「いい歳したピンク髪の男がなかなかにいないから」だと語る。正統派ヒロインの髪色のイメージが強いピンクだが、シリアス色が強いイドの世界観で、あえて主人公の髪がピンクというちぐはぐさがこの作品らしいと思ったそうだ。元々舞城王太郎の愛読者であり、彼が描いたキャラクターのイラストに刺激を受けて小春はメンタルの強そうな女の子を意識した、富久田のモデルとなった俳優は映画『ファーゴ』などの悪役で有名なピーター・ストーメアなどの裏話を語る。

あおきえい監督のTwitterにて、脚本担当の舞城王太郎のキャラクター原案公開

本作の脚本を手がける舞城王太郎はもともと漫画家志望でもありイラストを描く。あおきえい監督のTwitterには、第1話放映当日に舞城王太郎が描いた秋人・小春のラフ画と、あおきえい監督および須田プロデューサーの似顔絵がアップされた。力強いタッチの鉛筆描きが印象的。

Blu-ray BOX特典の書下ろし小説は井波と数田の話&鳴瓢家のプライベートエピソード

id-invaded-anime.com

舞城王太郎が執筆するBlu-ray BOX特典の書下ろし小説は、上巻は井波と数田の話、下巻は鳴瓢一家の話となっている。井波と数田の学生時代の回想や共依存に似た歪んだ関係の掘り下げ、鳴瓢家の平和な日常が見所。

『ID:INVADED』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):Sou『ミスターフィクサー』

作詞:SouとRUCCA、作曲・編曲:神谷志龍、歌:Sou

masami
masami
@masami

目次 - Contents