ID: INVADED(イド:インヴェイデッド)のネタバレ解説まとめ

『ID: INVADED』とはあおきえい監督による日本のSF・ミステリーアニメ作品。2020年1月から3月までTOKYO MX他で放送された。脚本はミステリー作家の舞城王太郎。舞台は凶悪犯罪が増加した現代日本。連続殺人犯の迅速な特定を目的とする組織・蔵は、ミヅハノメと呼ばれる特殊な発明を用い犯人の深層心理が生み出す仮想世界・イドを構築した。元刑事で現囚人の鳴瓢秋人は、名探偵・酒井戸となって、様々な殺人鬼の精神世界に潜るうちに彼らの裏で糸を引く黒幕、ジョン・ウォーカーの存在へ近付いていく。

CV:飛田展男
ミヅハノメの開発者である白衣の老人。木記が入院していた病院に勤務していた。
彼が行方不明になった事でミヅハノメやワクムスビには未知の領域が多く残った。後に百貴宅の庭から遺骨が発見されが、これは百貫に罪を着せようとした早瀬浦の罠で、彼がミヅハノメの秘密漏洩を防ぐ口封じで配下の殺人者に殺させた可能性が高い。
飛鳥井木記に対してミヅハノメのプロトタイプとなるヘルメットを用いて実験を行い、ジョン・ウォーカーと共謀していた。

漫画版の登場人物

福千(ふくせん)

小春の後任として松岡と組む新人外務分析官で糸目が特徴の青年。アニメ版では13話のエピローグに登場。
ワクムスビの機能を面白がったり小春のことをパイセンと呼ぶ軽い性格だが、小春の補佐役としては有能。

『ID: INVADED』の用語

ミヅハノメ

ミヅハノメに搭乗する早瀬浦。

蔵が所有する犯罪者の殺意を感知する装置。リング状の構造に囲まれたコックピットが端末で、本体には木記が封印されている。
携帯端末ワクムスビで現場に残留する思念粒子を検知・採取、その情報から殺人犯のイドを構築し、コックピットを介したパイロットのイドへの投入と位置情報の追跡・観測が可能。
イドに潜れるのは殺人犯だけである。
軍事利用を防止する目的でシステムの情報開示は制限され、下手に探ると懲罰を受ける。開発者も行方不明になっている為、詳しい原理や法則は蔵も理解していない。

思念粒子

人間の感情や思考が物質的な粒子となった不可視の残留物。犯行現場で採取される殺意がこれにあたる。
発生地点に留まるが風に飛ばされたり、薄いコンクリート程度の遮蔽物は突き抜ける特性を持っている。残留期間の長さは殺意の強さに比例する。
ワクムスビで検知できる殺意は殺人行為の核の殺人衝動をさし、殺意の思念粒子が生じるのは実際に殺人を犯す瞬間であるため、どんなに強い恨みや憎しみでも実行を伴わない計画からは発生しない。

イド

小春のイドは彼女の頭を貫いたドリルが複数突き刺さった世界。

殺人犯の思念粒子を基盤にしてミヅハノメが構築する仮想世界。デフォルトでカエルの死体が存在し、持ち主の記憶や経験などが強く反映される。
保存された過去の殺意が形作る世界であり、原則として現在の持ち主の無意識からは独立している。しかしミヅハノメやワクムスビとイドの持ち主が接続すると、イド主の殺人犯の無意識を受け、イドの世界観が更新されるケースもある。
イドを生んだ殺人犯のみがパイロットとして中に入ることができ、井戸端スタッフの判断で投入・排出される。
自分自身のイドに入る事も可能だが、ドグマに落ちるとしてタブー視されている。ネーミングは精神分析学におけるイド・井戸・異土の三重の意味を有す。

名探偵

ジョン・ウォーカーに挑む名探偵の酒井戸と聖井戸。

イドの中でカエルの死体と出会い、その死の謎を解くパイロットの総称。投入される都度自分の素性や経歴など一切が消去され、記憶喪失の状態から出発するが、カエルの死体を認識する事で自らの役割を思い出す。イドを形成した殺人犯であればパイロット足る資格を得るが、どれ位生き残れるかは個々人の推理力やサバイバル能力に左右される。

イドの中のイド

崩壊していくイドの中のイド。

落雷の世界・砂漠の世界・バラバラの世界に存在するミヅハノメから入る事が出来るイド。イドの搭乗者は飛鳥井木記と液晶に表示される。
通常のイドとは違い、現実世界に極めて似た虚構の世界であり、投入された名探偵は自身が最初の殺人を犯す前の時間軸に到着する。その世界では現実の記憶が引き継がれ、カエルの死体も存在しない。イド内の時間は現実と同期せず、現実における数分間を数年分と体感する。
秋人は小春と出会った事で時間のズレを認識し、イドの中のイドを崩壊させてしまった。早瀬浦は崩壊して行くイドの中のイドに取り残され、世界と一緒に滅んだと見られる。

世界融解

世界融解に巻き込まれた蔵の職員。

飛鳥井木記の能力の暴走によって引き起こされた参事。巻き込まれた人間は木記の無意識に取り込まれ昏睡状態に陥り、彼女が取りこんだ様々な殺人者のイドや、おぞましい記憶を追体験させられる。現実に影響は出ないが体験者の一部は今でも意識不明が続いており、人の精神に及ぼす影響は甚大。

masami
masami
@masami

目次 - Contents