ドロヘドロ(Dorohedoro)のネタバレ解説まとめ

『ドロヘドロ』とは2000年から2018年まで連載された林田球のダークファンタジー漫画、及びそれを原作としたアニメ。退廃的な背景やオリジナリティ溢れる魔法の設定、グロテスクでユーモラスな世界観、敵味方人外問わず憎めない愛嬌を持った魅力的なキャラクターが話題を呼んだ。記憶喪失の主人公・カイマンは、自分の頭部をトカゲに変えた宿敵の捜索の傍ら魔法使いの練習台にされた人間が住む町・ホールで仲間と愉快な日々を送っていたが、そこへ魔法使いの世界の実力者・煙ファミリーの刺客が襲い来て壮絶なバトルを繰り広げる。

心と能井は日常でも行動を共にするパートナー。

魔法使いがブルーナイトに黒い家に行き、悪魔の体内から出した契約書にサインし、それを交換して体内に埋める事で成立する制度。パートナー契約は体内の契約書を除去しない限り効力を発揮する。日常生活でも2人1組で行動するなど、運命共同体に等しい存在。

町内会

殺した魔法使いの生首を刺して行進する在りし日の町内会。

ホールで魔法使い狩りを主導していた過激団体。生きた魔法使いは被害の有無問わず、その配偶者や子供まで火炙りや磔のリンチにかけて殺していた。心の父親を魔法使いと結婚して子供をもうけた裏切り者と見なし拷問した。心はその復讐に町内会の面々を生きたままバラバラにし、この惨劇がもとで町内会はすっかり衰退し、今ではリビングデッドデイを管理する真っ当な組織になった。

魔法訓練学校

黒い粉が流通し、魔法を使えない者が皆そちらに頼るようになったせいで魔法訓練学校は衰退した。

会川と栗鼠が出会った場所。その名の通り魔法の能力を向上させるのが目的だったが訓練校だったが黒い粉の流通によって衰退し、現在は廃校となっている。

廃物湖

アイが廃物湖に飛び込んだのがすべてのはじまりだった。

ホールの汚水や廃水、危険物や死体が投棄されるヘドロ溜まりのような湖。水は猛毒なので、生きた人間が飛び込めばまず助からない。

花煙

「花煙」でラーメンを食べる心と能井。

煙が魔法使いの世界でチェーン展開していたラーメン屋。宣伝を兼ねたCDなども販売していた。心はこの店で食い逃げしたのがきっかけで能井と知り合った。

ストアの包丁

ストアから借りた包丁を自慢するハル。

悪魔候補生向けに悪魔の肉を売る肉屋の店主、ストアが愛用する包丁。この世において最強の武器であり切れないものはない。悪魔はこの包丁でのみ殺害が可能。ホールくんとの最終決戦で活躍した。

悪魔腫瘍

魔法使いの頭部に存在する悪魔型の腫瘍。

魔法使いの頭部に存在する悪魔型の腫瘍。これを奪われるのは魔法使いにとって致命傷であり、切除されると魔法が使えない。

十字目

ボス失踪後の金欠と物資不足から、古新聞とトイレットペーパーの交換に熱意を燃やす十字目の面々。

煙ファミリーと敵対する組織。名前の由来はメンバー全員が目に十字の刺青を入れている事から。魔法の威力を一時的に上げるドラッグ、黒い粉を売って荒稼ぎしていた。壊がボスだった頃は羽振りが良かったが、彼の失踪後は黒い粉の供給が断たれ、毒蛾らメンバーは金欠に陥り貧しい生活を強いられていた。

レストラン丹波

masami
masami
@masami

目次 - Contents