BEASTARS(ビースターズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BEASTARS』とは2016年より板垣巴留が『週刊少年チャンピオン』で連載している漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。肉食獣と草食獣、爬虫類や鳥類などの様々な動物が共存する世界を舞台に、全寮制の学校チェリートン学園に通う悩めるハイイロオオカミの高校生・レゴシが、恋愛や部活、家族との関係や社会での関わりを通し、種間の違いに葛藤しながら成長していく青春を描く。擬人化された肉食獣と草食獣の対立や異なる種間の相互理解を巡るすれ違いが生み出すドラマは国内のみならず海外にも厚い支持を受ける。

主要人物

レゴシ

CV:小林親弘
本作の主人公、ハイイロオオカミのオス。名門チェリートン学園高等部2年で演劇部美術チーム所属。
眼光鋭い三白眼、立派な爪と牙を備えた外見から敬遠されがちだが心優しく繊細な性格。その優しすぎる性格故、オオカミとして生まれ落ちた事を引け目に感じできるだけ目立たず生きたいと望んでいたが、ハルとの恋愛やルイとの友情によって変わっていく。
12巻でテムの食殺事件解決後に学園を退学、アパート「伏獣荘」に引っ越して独り暮らしを始める。
ハイイロオオカミとコモドオオトカゲのクォーターであり、祖父のゴーシャとは爬虫類の血が混ざった弊害で全身が鱗に覆わていくのを苦にした母の自殺以降疎遠になっていたが、学園での成長を通し和解。混血児のメロンにまだ見ぬハルとの子供を重ねて非情に徹しきれないなど、彼女との将来を真剣に考えている。

ハル

CV:千本木彩花
本作のヒロイン、ドワーフウサギのメス。チェリートン学園の高等部3年園芸部所属、レゴシより一歳上の先輩。
明るくサバサバした性格で誰が相手でも物怖じしないが、小さく非力なウサギとして生まれ落ちた事に劣等感と老成した諦観を抱いており、唯一性行為でのみ自分が優位になれるとして複数の異性と関係を結ぶ。そのせいで女子から嫌われて嫌がらせを受けていた。ルイとも性交渉があり、自他ともに厳しく弱音を漏らせない彼の心の拠り所であった。またレゴシが園芸部を訪れた際は、彼もどうせ誰とでも寝る淫乱ウサギの体がめあてだろうと早とちりして誘惑している。
ルイに恋していたが種族と立場の違いから成就は絶望的と悟っていた。演劇部の夜間練習の見張りをしていたレゴシに襲われ間一髪逃げ出したが、薄々彼が犯人ではないかと気付いていた。ひたむきな好意を寄せてくるレゴシを憎からず思っていたが、隕石祭でシシ組から救出されたのをきっかけに惹かれていき恋人同士になる。

ルイ

CV:小野友樹 田村睦心(幼少期)
アカシカのオス、チェリートン学園高等部3年演劇部役者チーム役者長。ホーンズ財閥の御曹司でもあり眉目秀麗・成績優秀な学園のスター。
プライドが高く自他ともに厳しい性格で、惰弱な者や愚劣な振る舞いには容赦なく嫌悪感を示す。責任感も強く、怪我を押して舞台に上がろうとして部員に止められている。
次代のビースターの座に最も近いと目されていた優等生だったが、隕石祭篇でシシ組に加入後は学園を去る。
ハルとは俗にいうセフレの関係だったが、本心から彼女に好意を寄せていた。しかし体面に縛られ誘拐された彼女を見捨ててしまったせいでレゴシに厳しく非難される。

当時5歳のルイは裏市で生き餌として売られていた。右足の裏にはその時の焼印「4」の痕がある。

彼が完璧な存在であろうとした理由は、食肉用のシカとして隔離されていた幼少時の体験に起因する。当時は名前すら与えられず番号で呼ばれていた。
その後レゴシとリズの決闘の立会人を務め、レゴシに自身の片足を食わせて激励。ハルを巡る三角関係を経て、種族をこえた特別な絆で結ばれる。

ジュノ

CV:種﨑敦美
ハイイロオオカミのメス、チェリートン学園高等部1年役者チーム所属。レゴシやルイの後輩にあたる。
当初は気弱な性格で草食獣の男子にいじめられていたが、レゴシに助けられた事がきっかけで好意を抱く。演劇部内でも持ち前の美貌と気配りで支持を獲得、隕石祭では行方知れずのルイの代役として踊り手に抜擢。日の当たる場所でないと肉食獣は輝けないという自負がある。
その後レゴシに告白するがうやむやにされ、燻っていた時にルイが裏市にいると知る。レゴシとの初遭遇時に草食獣の男子にいじめられ抵抗するでもなくただ泣いていた事からわかるとおり、本来の彼女は傷付きやすく繊細な面も秘めていたが、肉食獣に生まれたからには上に立たなければ居場所を勝ち取れないと思い込んでいた。そんな彼女は草食獣でありながら裏市の闇に染まり、肉食獣を従える居場所を勝ち得たルイの、自分とも通底する二面性と危なっかしさに惹かれていく。

ゴウヒン

CV:大塚明夫
ジャイアントパンダのオス、39歳。知る人ぞ知る裏市の心療内科医。食殺を犯した動物を捕獲し、時に監禁まがいの事までしてスパルタなカウンセリングを施す。
豪放磊落な性格で、反抗的な患者を組み伏せる為に笹を食べトレーニングを行い肉体を鍛え上げた。
裏市に迷い込んだレゴシと知り合い、彼の師匠となって厳しい修行を課す。既婚者だが妻は既に家を出ている。

演劇部 役者チーム

サヌ

CV:落合福嗣
ペリカンのオス、問題児ぞろいの演劇部を束ねる部長で温厚な人格者。肉食獣と草食獣の部内での対立や、癖の強い部員達に悩まされている。

ビル

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

BEAST COMPLEX(ビーコン)のネタバレ解説・考察まとめ

『BEAST COMPLEX(ビースト コンプレックス)』とは、擬人化した肉食獣と草食獣が織り成す社会模様を描いた、板垣巴留(いたがき ぱる)による漫画作品。 スマホなども存在する現代風の世界。そこでは二足歩行する能力と高い知性を持った動物たちが、文明的な生活を謳歌していた。それでいて彼らは獣としての本能を捨て切れず、肉食獣は隣人たる草食獣の肉を欲してやまず、潜在的にそれを理解している草食獣は肉食獣を恐れている。危うい均衡で成立する社会の中、苦悩しながらも歩み続ける獣たちを描いた短編集。

Read Article

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス(マジェプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』とは、2013年にTOKYO MX等で放送された動画工房及びオレンジ制作のロボットアニメ。舞台は地球暦2110年人類が宇宙進出を果たした世界。地球は謎の勢力「ウルガル」による攻撃を受け滅亡の危機を迎えていた。「チームラビッツ」に所属するイズル、アサギ、ケイ、タマキ、スルガの5人は「アッシュ」のパイロットとなり対ウルガルの切り札として戦いに巻き込まれていく。

Read Article

宝石の国(第10話『しろ』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスはボルツにペアを組むことを持ちかけられる。ボルツのペアであるダイヤは複雑な心境ながらもフォスの背中を押した。巡回をする二人の前に新たな月人が現れる。今回は「宝石の国」第10話『しろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第8話『アンタークチサイト』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 腕を失ったフォスはアンタークチサイトと新しい腕を探しに「緒の浜」へと行く。そこは宝石たちが生まれた場所だった。二人が腕の代わりになる宝石を探していると、空が晴れ月人たちが姿を現す。今回は「宝石の国」第8話『アンタークチサイト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第5話『帰還』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスが消え、宝石たちは大慌てだった。一方、フォスは月人に連れ去られようとする。その時、ウェントリコススの弟アクレアツスが目を覚ました。 今回は「宝石の国」第5話『帰還』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第4話『魂・肉・骨』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスは無事に元の体に戻ることが出来た。そしてアドミラビリス族を束ねる王・ウェントリコススと共に行動するよう義務付けられる。そしてウェントリコススから海に宝石たちに似た者がいることを聞く。 今回は「宝石の国」第4話『魂・肉・骨』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品。累計発行部数は140万部を超える。2017年10月にアニメ化した。アニメーション制作は「オレンジ」。 今から遠い未来。この星にいた生物は不死の体を持つ宝石になっていた。月から飛来する「月人」と呼ばれる連中は宝石たちを攫い、装飾品にしていた。二十八体の宝石たちと月人との戦いを描く。

Read Article

宝石の国(第11話『秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 月人と相対するフォスたちだったが、月人は先生の前では従順で大人しくしていた。フォスは先生が何か隠していることに気づく。今回は「宝石の国」第11話『秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第7話『冬眠』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冬が来て、宝石たちは冬眠に入る準備をしていた。フォスはアンタークチサイトと共に冬を眠らずに過ごす。そしてフォスは聞き慣れない声を耳にする。 今回は「宝石の国」第7話『冬眠』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第1話『フォスフォフィライト』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 遠い未来、生物は進化して陸には意思を持つ宝石たちが存在していた。役立たずであったフォスフォフィライトは、思い悩むシンシャにある約束をする。 今回は「宝石の国」第1話『フォスフォフィライト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第9話『春』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 アンタークを失ったフォスはまるで別人のように変わってしまう。冬眠から目覚めた宝石たちもフォスの変わりように驚きを隠せなかった。今回は「宝石の国」第9話『春』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第12話『新しい仕事』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスは自分の中に生まれた疑問を隠すことはできず、先生と月人の関係を暴くことを決心する。そして、そのためにシンシャを求めるのであった。そして今回は「宝石の国」第12話『新しい仕事』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第6話『初陣』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 早く走れる脚を手に入れたフォスは、アメシストと共に念願の見廻りに出る。そして見廻りにも慣れた頃、月人が現れ戦闘が始まった。 今回は「宝石の国」第6話『初陣』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第3話『メタモルフォス』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスはカタツムリに取り込まれ、ダイヤモンドはフォスを元に戻すための方法を探していた。そしてフォスの体には異変が起きていた。 今回は「宝石の国」第3話『メタモルフォス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【HUNTER×HUNTER】【BLEACH】実は恋愛漫画を描いていた意外な漫画家【マギ】【バキ】

大ヒット漫画『BLEACH』の作者である久保帯人の最新作『BURN THE WITCH』はなんとラブコメ。しかし『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博、『マギ』大高忍、『バキ』シリーズの板垣恵介など、有名漫画家が描いたラブコメの名作は実は多い。本記事では有名漫画家の隠れた名作ラブコメを紹介していく。

Read Article

目次 - Contents