龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如くシリーズ」の第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、龍が如くの主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼が刑務所というどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。重くハードなストーリー展開はそのままに、これまでの喧嘩アクションに新しくライブコマンドRPGバトルが加わり、これまでのシリーズとは全く異なったRPG作品となっている。

サバイバル缶拾い

序盤でプレイ可能になる「サバイバル缶拾い」。限られた時間の中で、缶を集めることが目的で、クリアした後は集めた数に応じてエコポイントが入手できる。エコポイントでゲーム攻略に有利なアイテムなどが手に入るので、やりがいのあるミニゲームとなっている。

名画座

プレイスポットの一つ、名画座では映画を鑑賞することができる。眠気を誘う羊たちを十字キーと各ボタンで撃退していく。時々出現するニワトリは春日のゲージを回復してくれる役割があるため攻撃してはならない。タイミングとスピードが求められるミニゲームである。

大海原資格学校

大海原資格学校では、情熱さや陽気さなど春日の人間力を鍛えることができる。資格は、スポーツや音楽検定など実際にありそうなものから、裏社会学やSEGA検定などユニークなものまで幅広く用意されている。

会社経営モード 「一番製菓」

ミニゲームの一つである会社経営。春日は、ひょんなことから「一番製菓」の社長として、新店舗を出店し街でキャラクターを雇いながら会社経営を行っていくこととなる。

今作のプレイスポットの目玉が一番製菓を日本一の企業にするモード「会社経営」である。最初出会ったときの一番製菓は経営も成り立たない状態だが、経営改善を進めていくことで資金が増えていく。中盤以降の金策として非常に有効であるので、ストーリーを進めて開放したら真っ先に進めておきたいミニゲームである。

スジモン図鑑

異人町コリアン街にいるスジモン博士は街じゅうの「スジモン」を研究している。春日たちがスジモン図鑑を作成していくことでスジモン博士から報酬がもらえる。

今作でストーリーを進めて行くとスジモン博士という人物に出会い、収集要素として「スジモン」図鑑が追加される。スジモン図鑑は敵にエンカウントすることで自動的に追加されていき、敵ごとの弱点やドロップアイテムなどがわかるようになる。スジモンは全て合わせると252体というボリュームで、集めていくごとにスジモン博士から報酬がもらえるので、ストーリーを進めつつこちらも意識して集めていきたい。

バイトクエスト

本編とは別に発生するバイトクエスト。「サポート」「レスキュー」「チャレンジ」に分けられていて、過去の「龍が如くシリーズ」でいうところの「達成目録」にあたるシステムである。

ストーリーを進めていくと、スーツ姿でヒーローマスクをかぶっている広尾と出会うことになり、その後「バイトヒーロー.com」という派遣サービスが利用できるようになる。「バイトヒーロー.com」では、広尾から受注したバイトクエストをそれぞれ攻略していくことで、春日に必要な人間力を上げたり資金を増やしたりすることが可能である。バイトクエストには、アイテムを調達する「サポート」、特定の敵を倒す「レスキュー」、移動や飲食の回数で達成できる「アドベンチャー」、撃破数や技の使用回数が問われる「バトル」、プレイスポットでの成績が問われる「プレイスポット」チャレンジが存在する。いずれにせよ達成できれば報酬が手に入るので、まずは自分の得意なものから順にクリアしていきたい。

人間力

今作で追加された人間力。大海原検定に合格するほか、成長アイテムで上げることができる。

龍が如く7では、新たに人間力が追加された。人間力は春日一番にのみ与えられた人間性を表すパラメータのことで、「情熱」「メンタル」「陽気」「優しさ」「知性」「お洒落」の6項目がある。それぞれを上げることで、サブストーリーを発生させたりバトルが優位に進められたりできる。また、会社経営の際に人材をスカウトするために必要となるので、ストーリーと並行して上げておきたいパラメータである。

絆レベル

絆レベルが一定値まで上がった状態で「サバイバー」へ向かうと、仲間ごとの絆ドラマが発生する。本編では語られなかったサブストーリーを楽しむことができる。

今作では、仲間と食事をしたりバトルを繰り返したりすると絆ゲージが上昇する。絆レベルは5段階まであり、1段階ごとに「サバイバー」で絆ドラマを発生させることが可能である。絆レベルが上がると、その仲間が追撃に参加してくれたり、控えのメンバーでも経験値が入りやすくなったりするので、攻略の大きな手助けとなる。また、イベント中の選択肢によって、春日の人間力が上がるので、自分の上げたい項目に近い回答をするようにしよう。

kazamidori-futa
kazamidori-futa
@kazamidori-futa

Related Articles関連記事

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

PS3・PS4対応のアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品。 今作は、主人公の桐生一馬を坂本龍馬(斉藤一)としてキャラ設定を変え、坂本龍馬が生きた幕末の時代を舞台にしたアクションアドベンチャーとなっている。 キャッチコピーは「かつて日本には、英雄がいた。」。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』は、2021年にセガから発売されたリーガルサスペンスアクションゲーム。『龍が如く』シリーズの派生作品で、2018年に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編となっており、主演は引き続き木村拓哉が務める。 前作から3年。「神室町」の探偵である八神隆之は、「横浜・伊勢崎異人町」に潜む「闇」に直面する。「法とは何か」「正義とは何か」時代を問わず、どこにでもあり得る「イジメ問題」をテーマにサスペンスフルなストーリが繰り広げられていく。

Read Article

NEW

JUDGE EYES:死神の遺言(ジャッジアイズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『JUDGE EYES:死神の遺言』は2018年に発売された、リーガルサスペンス巨編のコンシューマーゲームである。本ゲームは、極道モノのアクションアドベンチャーゲームとして地位を築いている『龍が如く』シリーズ初の派生作品でもある。 主役は木村拓哉が務める。『龍が如く』でお馴染みの、舞台は「神室町」、関東一帯を束ねる「東城会」の人間も登場する。猟奇殺人や、現代の日本の課題である「認知症」がテーマとなり、ストーリーを展開していく。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

目次 - Contents