ご近所物語(Neighborhood Story)のネタバレ解説まとめ

『ご近所物語』とは1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。自分のブランドの店を持つことが夢の実果子。矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強に励んでいる。実果子は幼馴染で同級生のツトムとは友達以上恋人未満の関係。二人を中心に個性豊かなキャラクターたちが、夢のためにどう生きていくか、愛とはなにかなどを学んでいく。大人になる途中の男女が、将来のために何をしていくべきなのかを考えながら成長していく青春恋愛バラエティ漫画。

CV : 皆口裕子
ツトムと同じビジュアル科の生徒で彫刻家の孫である。大人っぽくて少し背が高い。マッシュという雌犬を飼っている。勇介が描いた絵に心揺さぶられ、勇介のことが気になる。勇介がバディ子に言い寄っているときも、ずっと勇介のことを思い続けていた。素直でまじめだが鈍感なところがある。言ってしまってから後悔することがある。ヤザガクの学園祭では、大きな立体のオブジェを出展したが、ジローには「けったいなもの」と評されていた。学園祭ではくじ運が悪く、案内係兼監視役を任されてしまった。アキンドの合宿で勇介と洞窟に避難したときには、怖いという様子はなく、探検が楽しそうであった。

西野 ジロー(にしの ジロー)

CV : 津久井教生
紫色のリーゼントに黒のサングラスの格好で関西弁を話す。スーツを着ていることが多いキャラクター。最終回に、ロンドンに行く実果子だけにサングラスを外した姿を見せた。とても貧乏性。アキンドとしての最後のフリマでは、売り上げのもうけにアキンド内で唯一泣いていた。パソコンを使うことが上手で、初めてのアキンドのフリマではパソコンゲーム「ノリジーの逆襲」を用意し、子供に人気を博した。

中須 新太郎(なかす しんたろう)

CV : 米本千珠
バディ子の2学年下の弟でドレッドヘアが特徴的。工芸科所属。はにわ作りが得意でヤザガクの学園祭やフリマの際には、はにわを出展販売していた。能天気なところがあり、アキンド内では最年少のキャラクターでありながら、年上に特に物怖じすることなく発言する。いつもバディ子のことを気にかけている。「ひでーや、ねーちゃん」が口癖。バディ子のTバック姿を見て照れてしまうくらい純情な性格。ヤザガク入学時に偶然アキンドの看板を見つけアキンドの一員となる。

実果子の家族

幸田 留里子(こうだ るりこ)

CV : 川浪葉子
実果子の母親。人気の少女漫画家で、よく締め切りに追われている。著作に『ふたりのファンタジア』というラブストーリーの作品がある。実果子が外に遊びに行くのに対し連れてってと言うなど、たびたび精神年齢が低くなることがある。それに対して、実果子に怒られてしまう。実果子いわく「一人じゃなにもできない」。お酒を飲みすぎて吐いてしまうことがよくある。のちに広彦とヨリを戻し、二人の間に子どもの実和子を設ける。実果子の成長をいつも心配している。実果子に秘密で広彦と温泉旅行に行った。

櫻田 広彦(さくらだ ひろひこ)

CV : 屋良有作
実果子の父親であり、幸田留里子の元夫。3月6日東京生まれ。N大芸術学部写真学科卒。フリーのカメラマンとして活動後ヨーロッパへ飛んだ。日本に戻ってきた後に、神奈川で「空の写真展」を開いていた。ひげ面で眼鏡をかけている。のちに留里子とヨリを戻し、二人の間に子どもの実和子を設ける。ヤザガクの学園祭に行ったときに、ツトムの撮った写真に才能を見出し、広彦の仕事の手伝いをツトムに提案する。

その他のキャラクター

如月 星次(きさらぎ せいじ)

CV : 三木眞一郎
留里子のアシスタントのバイト。通称キラキラ星人。キラキラという効果音がよくついている。超絶イケメンであまりのカッコよさに鼻血を飛ばされることがある。料理と絵を描くことと猫が好き。留里子が作ったアルバイトのチラシを見て、留里子のアシスタントとなる。ヤザガク・ファッションショーの2年連続グランプリ受賞者である。4歳の時に両親が事故で他界していて、祖母に育ててもらっていた。夢への決意が固く、ヘアメイクの勉強のために実果子とロンドンへ行く。嘘が上手で、星次がホモであるとツトムに嘘を言い、ツトムを安心させた。

新谷 修司(あらや しゅうじ)

CV : 金丸淳一
バディ子の初恋の相手でバディ子の実家のお隣さん。夏休みにアキンドが行ったバディ子の別荘の隣に別荘を持っている。バディ子とのすれ違いが続くが最終的に結ばれる。

浜田 (はまだ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

NANA(ナナ)のネタバレ解説まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。 創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

Read Article

目次 - Contents