ご近所物語(Neighborhood Story)のネタバレ解説まとめ

『ご近所物語』とは1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。自分のブランドの店を持つことが夢の実果子。矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強に励んでいる。実果子は幼馴染で同級生のツトムとは友達以上恋人未満の関係。二人を中心に個性豊かなキャラクターたちが、夢のためにどう生きていくか、愛とはなにかなどを学んでいく。大人になる途中の男女が、将来のために何をしていくべきなのかを考えながら成長していく青春恋愛バラエティ漫画。

復活編

「復活編」では広彦と留里子の間に生まれた、実果子の妹・実和子を主人公にした後日談が描かれている

クリスマスの日。広彦と留里子の間に生まれた、実果子の妹の実和子はサンタさんに「サンタさんへ お星さまをください。でもむりだったら うさくまちゃんがほしいです」というお願いをする。広彦はうさくまちゃんがどういうものなのかがわからない。広彦は実和子の友達の徳森浩行と永瀬嵐と協力して、うさくまちゃんと星の代わりに金平糖を用意する。

『ご近所物語』の登場人物・キャラクター

矢澤芸術学院の生徒

幸田 実果子(こうだ みかこ)

CV:宍戸留美
ヤザガクの服飾科の生徒。誰よりも服飾に情熱があり、ヤザガクでも一目置かれる存在。中学生時代、目立つ存在という理由でいじめられていた。小学校3年生の夏休みに自分で耳にピアスの穴を開けている。ツトムとは幼馴染で、実果子から見るとサルに似ているので、サルのように扱うことが作品初期は多かったが、ツトムの本当の気持ちに気づき交際を始める。感情的になることが多く、泣くことが多い。気分転換や気持ちの入れ替えに髪の毛をいじることがあり、金髪になったり、ピンク色のショートヘアになったりする。自分の気持ちに素直になれず、よく悩む。身長150cm。6月20日生まれ。

山口 ツトム(やまぐち ツトム)

CV : 山口勝平
実果子の家の隣に住んでいる同級生。バンド「マンボー」のボーカル、中川ケンに似ているので、先輩には「ケンちゃん」と呼ばれることが多い。ビジュアル科に所属している。誰よりも実果子のことが好きだが、それに気づいてくれない実果子にやきもきする。行動力があり、留里子が倒れた時にすぐにするべき対応ができるなど、いざというときに頼りになる。実果子がモデルの、アキンドの看板娘『ハッピー天使のベリーちゃん』を作り上げる。ヤザガクの2年生時になっても自分のやりたいことが見つからなかったが、広彦を尊敬してカメラマンとしての仕事の手伝いをすることになる。6月22日生まれ。

中須 茉莉子(なかす まりこ)

CV : 冬馬由美
別名・ナイスバディ子。その名の通りスタイルが良く、3サイズは上から86/56/86。実果子の1学年先輩。軽井沢・ハワイ・ラスベガスに別荘があるほど親が金持ちである。ツトムに言い寄るも、初恋の相手である修のことが忘れられない。そのことにより勇介と喧嘩と仲直りを繰り返す。インテリア科に所属するが3年生の時にヤザガクを卒業できないことを察し、ヤザガクを自主退学する。わがままなところがあり、周りを呆れさせてしまうことがある。テニスが上手で軽井沢の別荘に行った際には、誰も相手にならなかった。インテリア科の生徒である。

神崎 リサ(かんざき リサ)

CV : 新山志保
実果子と同じ服飾科の同級生。北海道出身。赤い髪がトレードマークのヴィジュアル系女子。両耳に計10程度のピアスの穴がある。バンドマンである彼氏の武史も赤髪である。人前ではかなりクールな印象を与える。実果子にとってのお姉さん的存在で実果子を支える。背が高くスレンダーな体型で、やせすぎると彼氏の武史に怒られる。キャラクター達の言動に対して冷静にツッコむことが多い。ヤザガクの学園祭のファッションショーでは、毛皮を身にまとった格好で口パクのライブを行い、会場を盛り上げた。レンタルビデオ店でアルバイトをしている。

田代 勇介(たしろ ゆうすけ)

CV : 森川智之
ロン毛で目つきが悪い。面倒くさがりではあるが、芯をついたことを言う。よく、つば付きの防止をかぶっている。スーパーカブC105に乗ってヤザガクに通学している。バディ子に思いを寄せていて、喧嘩と仲直りを繰り返す。絵を描くことが得意で学園祭では油絵を出展していた。気分屋であるところもあり、嫉妬すると言動に出る。最終的に歩と付き合う。背中だけの描写で気持ちを表現されることが多い。作品の中では珍しく、下世話なことを考えている姿が見られる。ご近所物語の新しい主役の座を狙っていた。

太田 麻衣(おおた まい)

CV : 山崎和佳奈
服飾科。声が高いことからピイちゃんと呼ばれている。自作のウサギの人形である「プチ・フランソワ」を常に携帯していて、ヤザガクの学園祭のファッションショーでも「プチ・フランソワ」を携帯していた。ロリータファッションが特徴。バディ子の家の別荘では、風呂場で巨乳と評された。白タイツの似合う人が好みで、白タイツが似合うのかはわからないが、如月に初めて会ったときには盛大に鼻血を出した。まつ毛が非常に長い。運動があまり上手ではなく、跳び箱を苦手としている。

及川 歩(おいかわ あゆみ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

NANA(ナナ)のネタバレ解説まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。 創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

Read Article

目次 - Contents