モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

モンキー・D・ルフィとは、『ONE PIECE』の主人公であり、麦わらの一味の船長である。
左目の下の傷と、麦わら帽子が特徴。『ゴムゴムの実』を食べ、全身がゴムの『ゴム人間』になった。命を救ってくれた恩人・シャンクスに憧れ、海賊となった。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した『ひとつなぎの財宝(ワンピース)』を求めて海に出て、様々な冒険を繰り広げる。

メリー号と別れるルフィたち

ウォーターセブンへと帰る途中、限界が来ていたメリー号は崩壊を始める。ルフィはそこでメリー号と分かれる事を決め、メリー号に火を付けた。その時、どこからかメリー号の声が聞こえてくる。メリー号は「ごめんね。もっとみんなを遠くまで運んであげたかった…。…ごめんね。ずっと一緒に冒険したかった…。だけど、ぼくは、だけど僕は幸せだった。今まで大切にしてくれてどうもありがとう。ぼくは本当に幸せだった。」と話した。こうしてルフィ達はメリー号と別れた。

ガープの口からルフィの父親が明かされた

ウォーターセブンへと帰ったルフィが眠りこけていると、そこにガープがやって来る。ガープはルフィに合わせたい人物がいると話した。それは海軍に入ったコビーとヘルメッポであった。ルフィ達とコビー達は久々の再会を喜んだ。
その後、ルフィと話をしていたガープはシャンクスが今ではグランドラインの後半の海を統べる4人の海賊『四皇』の1人である事を話した。そして「そういえばルフィお前、親父に会ったそうじゃな。」と切り出した。父親がいる事すら知らなかったルフィは誰かを問う。ガープは「お前の父の名はモンキー・D・ドラゴン。革命家じゃ。」と告げた。それを聞いた誰もが驚愕する。ドラゴンは、世界政府に直接戦いを挑む組織『革命軍』の首領であり、『世界最悪の犯罪者』と呼ばれる人物であった。

麦わらの一味に入ったフランキー

ガープ達が去った後、ルフィはフランキーが新たな船をルフィ達に作った事を知らされる。ルフィはフランキーを船大工として仲間に入れようとするが、フランキーはそれを拒んでいた。
フランキーの師であるトムは海賊王の海賊船を造った罪により死罪を言い渡されるも、海列車を作って荒廃していたウォーターセブンを復興させた事によりその罪を帳消しにした。しかしプルトンの設計図を狙っていた世界政府が、当時フランキーが造っていた戦艦を使って司法船を襲撃し、その罪をトム達は着せられた。それによりトムは殺されており、フランキーはその罪滅ぼしの為にウォーターセブンを守ろうとしていたのだった。
フランキーは『自身が船に乗り世界を一周する』という夢を持っていたが、ルフィの勧誘を断った。その時、フランキーの考えを知っていたアイスバーグが「トムさんが許しても、おれがお前を許しても何も変わらない…。もういい加減に!自分を許してやれよ、フランキー!もうてめェの夢に生きていいだろ?」と話した。続いてフランキーの子分達も「おれ達バカだから、ねぇ頭振り絞って一生懸命考えたんですっ!少しぐらい考えたらダメですか!?おれ達みたいなゴロツキを拾ってくれた大恩人の…あんたの幸せも考えたらダメですか!」と続けた。それを聞いたフランキーはルフィの申し出を引き受け、船大工として麦わらの一味に加わった。

その後、ルフィ達は詫びを入れたウソップを再び仲間に加え、新たな船『サウザンド・サニー号』で海に出た。

スリラーバーク編

仲間に入ったブルック

ルフィ達は霧が立ち込める『フロリアン・トライアングル』へと迷い込む。そこで遭遇した配線に乗り込んだルフィは動く骸骨『ブルック』と遭遇する。ブルックを見たルフィは素性もよく知らないままブルックを仲間へと勧誘した。サニー号へと招かれたブルックは自身の経歴を話した。ブルックはある海賊団に所属していたが、フロリアン・トライアングルで強敵と出会い、毒を使われて死亡した。『ヨミヨミの実(死んで初めて能力が発動する悪魔の実で、一度だけ復活する事ができる)』を食べていたブルックは魂が肉体に戻ろうとするが、立ち込める霧のせいで肉体を見つける事ができずに1年が経過し、肉体に戻った時には骸骨になっていたのだった。
ブルックは王下七武海の1人であるゲッコー・モリアの『カゲカゲの実(影を操ったり、他者の影を抜き取ってそれを死体に入れる事でゾンビ兵を作れる)』の能力により影を抜かれていた。影を抜かれたままで太陽の下に出ると消滅する為、ブルックは長い間フロリアン・トライアングルから出る事ができないでいた。ブルックは長い間孤独だった為ルフィに仲間に誘ってもらったのを喜んでいたが、この海域から出れない事を理由に勧誘を断った。その時、強い衝撃が起こる。ルフィ達が外に出るとモリアの巨大な海賊船『スリラーバーク』の姿があった。ブルックはルフィ達に小事を立ち去るように告げ、影を取り返す為にスリラーバークへと向かった。ナミやウソップは逃げるように言うが、ルフィは楽しそうな顔を浮かべスリラーバークへと向かった。

スリラーバークを進むルフィだったが、モリアに捕らえられ、影を抜かれてしまう。ルフィの影は巨人族よりも遥かに巨大な身体を持つ『オーズ』という人物の死体に入れられた。その後、意識を取り戻したルフィはブルックと遭遇していたフランキーから、ブルックがかつて出会ったクジラ『ラブーン』と『グランドラインを一周して再びラブーンに会いに行く』という約束を交わした海賊である事を聞き、仲間にする事を決めた。

その後、ルフィを除く麦わらの一味はオーズと戦いを繰り広げる。そこへ100人分の影を取り込んだルフィが現れる。ルフィはモリアから影を抜かれた者達が保有していた影を全て体内に宿し、強大な力を得ていたのだった。その力を用いてルフィはオーズとモリアに大ダメージを与えた。しかし、ゾンビであるオーズは痛みを感じておらず立ち上がる。ルフィは影が抜け出てパワーアップが終了するが、麦わらの一味全員でオーズの背骨をおり、行動不能にした。
その後、モリアはスリラーバーク中の影を取り込み暴走を始める。モリアは島を割るほどのパワーを手に入れるが、ギア2とギア3を併用したルフィの攻撃により、全ての影を吐き出した。こうしてルフィ達は影を取り戻し、ゲッコー海賊団との戦いに勝利した。

ルフィ達はモリアに勝った事で宴を開いた。その最中にルフィは自分たちがラブーンに会った事、ラブーンが今でもブルック達を待っている事をブルックに話した。それを聞いたブルックは涙を流した。そして約束を守り、グランドラインを一周してラブーンの元へ戻る事を決意し、ブルックは麦わらの一味に音楽家として加入した。

シャボンディ諸島編

ルフィの前に現れたレイリー

ログポースが指す次の島は『魚人島』であり、船をコーティング(シャボン玉を船を包む事で海底での航海が可能になる)ルフィ達は人魚の『ケイミー』に出会う。ケイミーは友人を人攫いに捕らえられて困っており、ルフィ達はケイミーに力を貸す事になった。ルフィ達はケイミーの友人を救い出す事に成功するが、その友人とはアーロン一味の幹部である『ハチ』であった。ナミは表情を曇らせるが、ハチ単体はそこまで悪い魚人ではない為、ハチを許した。ハチはコーティング職人に宛てがあり、ルフィ達を『シャボンディ諸島』へと連れて行った。

シャボンディ諸島には『天竜人(世界政府を造った王達の末裔であり、絶大な権力を持っている)』が来訪していた。天竜人は気に入った女性を強引に連れ去るなどの横暴を働いていた。また、島には名を成して億を越える懸賞金を賭けられたルーキーの海賊達が集結していた。
ハチの知り合いのコーティング職人は行方不明となっており、ルフィ達はシャボンディ諸島を探し回る事になる。そんな時、ケイミーが奴隷商人に連れ去られ、ルフィ達はケイミーを取り返そうとする。ルフィ達が奴隷市場に乗り込んだ時、そこには天竜人がおり、ケイミーを落札していた。更に天竜人は魚人のハチをみつけた瞬間にハチを銃撃し、ハチを奴隷として捕まえようとする。それを見たルフィは激怒し、天竜人に歩み寄るが、それをハチが止めた。天竜人への暴行は大犯罪であり、海軍大将が動く可能性があったからであった。しかし、ルフィはハチの静止を振り切り、天竜人を殴りつけた。そこに1人の老人が現れる。その老人は海賊王ゴール・D・ロジャーの船の副船長である『シルバーズ・レイリー』であった。ルフィの姿を見たレイリーは「会いたかったぞ。モンキー・D・ルフィ。」と告げた。
その後、ルフィ達はレイリーが根城にしている『シャッキー』という女性の酒場へ向かった。レイリーはシャンクスからルフィの事を聞いていたと話した。ルフィがシャンクスとレイリーが顔見知りなのか、と聞くと、レイリーはシャンクスとバギーがロジャー海賊団の見習いだった事を話した。そしてレイリーは、ロジャーが不治の病にかかっていた事、双子岬のクロッカスを船医として仲間に加えてラフテルに辿り着いた事、すべての謎を知った事等を話した。
その後、ルフィ達はレイリーが船にコーティングしている間、3日後に集結すると決め、シャボンディ諸島を逃げ回る事にした。

シャボンディ諸島には海軍大将『黄猿』がやってくる。ルフィ達は必死に逃げるが『ピカピカの実(自然系の悪魔の実であり、光の力を得る)』の能力者である黄猿から逃げるのは難しかった。さらにルフィ達の攻撃は黄猿に通じず追い詰められてしまう。そこへレイリーが現れ、黄猿を食い止めた。だが、そこに王下七武海である『バーソロミュー・くま』が現れる。くまは『ニキュニキュの実(手についた肉球で何でも弾き飛ばす事ができる)』の力でルフィ達を別々の場所へ弾き飛ばした。それによりルフィ達は離散する事になってしまう。

女ヶ島編

エースの処刑を知ったルフィ

ルフィは王下七武海の『ボア・ハンコック』が治める女ヶ島『アマゾン・リリー』へと飛ばされた。ルフィは『マーガレット』『スイトピー』『アフェランドラ』という女達に助けられたが、男子禁制の島である為に処刑されそうになる。逃げ出したルフィはハンコックに船を貰ってシャボンディ諸島へ戻ろうとする。
ルフィはハンコックがいる建物へ侵入した。その時、ハンコックは丁度、湯浴みの途中であり、ルフィはハンコックの背中を見る。ハンコックの背中には天竜人の奴隷の証である焼印があった。ハンコックとその2人の妹はかつて天竜人の奴隷であり、だれにもその印を見られないようにしていた。秘密を見られたハンコックは激怒し、ルフィと2人の妹を戦わせ、殺害しようとする。
ルフィが戦っている途中、ハンコックは男を招いた事を理由にマーガレット、スイトピー、アフェランドラを『メロメロの実(ハンコックに魅了された者は石となってしまう)』の能力で石にし、殺害しようとする。それを知ったルフィは激怒し、止めるように叫んだ。すると感染していた女達が次々に気絶し始める。ルフィは『覇王色の覇気』という巣万人に1人しか持ち得ない特殊な力を持っており、その力により女達が気絶していたのだった。それを見たハンコックやその妹達は驚愕していた。その後、戦いの途中でハンコックの妹に火が付き、背中が露出しそうになる。背中を見られるのを嫌っているのを知っていたルフィは咄嗟に背中にしがみついた。ハンコックは妹の秘密を守る為、即座に決闘を中止した。
ルフィはハンコックにマーガレット達の石化を解くように頼んだ。するとハンコックは、石化を解く事と、島から脱出する事の2択を選ばせた。ルフィは即答で石化を解くように答え、ハンコックはそれに驚いた。
その後、ルフィはハンコックの城に呼ばれ、焼印の意味を知らされた。その時、アマゾン・リリーに住む老婆『ニョン婆』が新聞を持って現れ、ルフィが天竜人を殴り飛ばす大事件を起こした張本人である事を告げた。そんなルフィを気に入ったハンコックはルフィをシャボンディ諸島へと送り届けることを約束した。しかし、その夜、ルフィはニョン婆からエースが黒ひげに敗北して海軍に身柄を渡され公開処刑が行われる事、『世界最強の海賊』と呼ばれる『白ひげ海賊団』が船員であるエースを助ける為に海軍と王下七武海と戦争を起こしている事を知らされる。それを聞いたルフィはエースを助ける為に大監獄『インペルダウン』へと向かう事を決めた。その為には海軍から招集を呼びかけられているハンコックがそれに応じ、海軍の船に乗る必要があった。ルフィがハンコックにお願いをしに行くと、ハンコックは即答でそれを了承した。ハンコックはルフィに恋をしていたのだった。ルフィはハンコックの服の中に忍び込み、海軍の軍艦に乗ってインペルダウンへと向かった。

インペルダウン編

仲間を得てインペルダウンを出ようとするルフィ

インペルダウンへと侵入したルフィは道中で、バギー、クロコダイルの部下であったMr.3とMr.2と出会い、共に行動する事となる(バギーとMr.3はルフィが深部に行こうとしている事を知らず、Mr.2は伝説のオカマである『イワンコフ』を開放しようとしている)。数々の敵を打ち倒しながらもルフィは進むが、そこに署長の『マゼラン』が立ち塞がる。マゼランは『ドクドクの実(身体から様々な毒を放出する事ができる)』の能力者であり、全身に毒を纏った。ルフィは毒を受けながらも攻撃するが、マゼランの前に倒れてしまう。猛毒に侵されたルフィは絶対零度の『極寒地獄』に放置される。そこにMr.2が助けに来るが、極寒地獄に生息している狼に襲われ、2人とも倒れてしまう。それを救ったのがイワンコフとその仲間であった。

イワンコフ達はかつての脱獄者が掘った巨大な穴の中に楽園を築いていた。イワンコフは『ホルホルの実(人間のホルモンを操作できる)』の能力を使ってルフィの治癒力を増し、それによりルフィは復活する。ルフィはMr.2がイワンコフを助けようとしていた事を話した。するとイワンコフはまだ脱獄する気がないと言う。イワンコフは革命軍の幹部であり、首領であるドラゴンが動かない今はその時ではない話す。それを聞いたルフィは自身の父がドラゴンである事を告げた。その事実を知ったイワンコフはルフィの兄のエースの処刑にドラゴンが動く可能性があると考え、ルフィと共に脱獄する事を決めた。

黒ひげと遭遇したルフィ

その後、ルフィ達はエースが捕らえられている『LEVEL6』へと辿り着く。しかし、エースはルフィと入れ違いに海軍本部のある『マリンフォード』へと連行されていた。ルフィがそれを追いかけようとするとLEVEL6にいた王下七武海の『ジンベエ(白ひげに大恩がある)』とクロコダイル(以前白ひげに敗北しており、リベンジを考えていた)が同行を申し出る。ルフィはそれを受け入れインペルダウンから脱出しようとする。
その道中、ルフィはインペルダウンに侵入してきた黒ひげ海賊団と遭遇する。ルフィはジャヤであった男が黒ひげだとそこで知る事になった。エースが処刑されるきっかけである黒ひげにルフィは殴りかかる。黒ひげがルフィを地面に叩きつけると、ゴム人間であるはずのルフィが出血する。黒ひげは『ヤミヤミの実(自然系の悪魔の実で、物体や、悪魔の実の能力さえも引きずり込む事が可能)』の能力者であり、黒ひげはその能力でゴムゴムの実の力を無効化していたのだった。ルフィは戦いの途中でジンベエに止められ、脱出を急いだ。そしてMR.2の命を懸けた行動によりインペルダウンからの脱出を果たした。

マリンフォード頂上戦争編

エースを解放したルフィ

マリンフォードでは白ひげ海賊団が傘下の海賊を率いて海軍と向き合っていた。海軍元帥である『センゴク』はここでエースを処刑する事に大きな意味があると話す。センゴクはエースの出自を語りだす。そしてその最後にエースの父親がゴール・D・ロジャーの息子であることを明らかにした。ルフィは戦争真っ只中のマリンフォードへ辿り着き、エースを助けようと戦いを始める。ルフィの姿を見たセンゴクは、ルフィがドラゴンの息子である事を明らかにして、ルフィを討ち取るように命じた。
戦争には名だたる海兵や、王下七武海などの強者達がいた。ルフィは海軍将校や世界最強の剣士『ジュラキュール・ミホーク』や、モリアなどと激戦を繰り広げながらエースの元へ向かう。しかし、海軍大将に阻まれ吹き飛ばされてしまう。ルフィはインペルダウンからの戦いで疲労の限界に達して動けなくなってしまう。その時、ルフィはイワンコフに興奮ホルモンを注入してもらい動けるようにするように頼み込む。これ以上の戦いはルフィの命に関わると判断したイワンコフはその申し出を断るが、ルフィは「やるだけやって…死ぬならいい…!戦わせてくれ!今、戦えなくて…!もしエースを救えなかったら…!おれは後で…死にたくなる!今…戦う力をおれにくれ!」と叫んだ。それを聞いたイワンコフはルフィにホルモンを注入する。
戦いが繰り広げられる中、センゴクは予定の時刻をよりも早くエースの処刑をしようとする。それを見たルフィは「やめろー!」と叫ぶと共に覇王色の覇気を放ち、処刑人や周囲の者達を気絶させた。それを見た白ひげは、仲間の海賊にルフィをサポートするように叫んだ。ルフィは白ひげ海賊団のサポートを受け、エースに迫る。しかし、その前にガープが立ち塞がった。ルフィは退くように叫ぶが、ガープは自身を殺して先に行けと告げた。そうしてルフィとガープは拳を戦う事になるが、ガープはこれまでのルフィやエースとの想い出が蘇り目を瞑った。そしてルフィはガープを殴り飛ばしエースの元へ辿り着く。ルフィは戦場でハンコックからエースの手錠の鍵を渡されていたが、錠を外す瞬間に黄猿から鍵を破壊される。そして近くにいたセンゴクがルフィに攻撃をした時、ルフィは倒れていた処刑人が変装したMr.3である事に気づく。Mr.3は命をとしてルフィに兄を助けさせようとしたMr.2に報いる為に処刑人になりすましてエースに近づいていたのだった。ルフィはMr.3の『ドルドルの実(蝋を生み出して操る事ができる)』の力でエースの手錠の鍵を作るように命じ、エースを開放した。

その後、重症を負っていた白ひげは自身を置いてマリンフォードを去るように仲間達に告げた。ルフィはエース達と共にマリンフォードを脱出しようとするが、その時、海軍大将である『赤イヌ』が「エースを開放して即退散とは、とんだ腰抜けの集まりじゃのう。白ひげ海賊団。船長が船長…。それも仕方ねェか…!白ひげは所詮…先の時代の敗北者じゃけェ…!」と呟いた。それを聞いたエースは「取り消せよ…!今の言葉…!」と言って立ち止まり、赤イヌと戦いを始める。しかし、『マグマグの実(自然系の悪魔の実であり、マグマの力を得られる)』の能力者である赤イヌは『メラメラの実』の能力者であるエースの身体さえも焼いた。赤イヌは世界的犯罪者の血を受け継ぐエースとルフィだけは逃す気がなく、ルフィに攻撃を仕掛ける。エースはルフィを庇って赤イヌに身体を貫かれてしまう。
ルフィはエースの治療をするように叫ぶが、エースは自身が死ぬ事を悟っていた。エースは最後に「そうだ。お前いつか…ダダンに会ったら…よろしく言っといてくれよ…。何だか…死ぬとわかったら…あんな奴でも懐かしい…。心残りは…一つある…。お前の夢の果てを見れねェ事だ…。…だけどお前なら必ずやれる…!おれの弟だ…!…昔誓い合った通り…おれの人生には…悔いはない!…おれが本当に欲しかったのものは…どうやら名声なんかじゃなかったんだ…。…おれは『生まれてきてもよかったのか』欲しかったのは…その答えだった。もう…大声も出ねェ…。ルフィ、おれがこれから言う言葉を…お前、後からみんなに…伝えてくれ。…!オヤジ…!みんな…!そしてルフィ…。今日までこんなどうしようもねェおれを、鬼の血を引くこのおれを…!愛してくれて…ありがとう!」と残してその生涯を終えた。ルフィは眼前で死亡したエースを見て泣き叫び、意識を失った。

その後、マリンフォードに突如、黒ひげ海賊団が現れる。黒ひげはインペルダウンで大罪人を牢から出して仲間に加えていた。黒ひげはかつて自身の船長であった白ひげと戦いを繰り広げる。白ひげは黒ひげから能力を封じられるも、黒ひげに重症を負わせた。だが、最後には黒ひげ海賊団全員から攻撃を受け、命を落とした。黒ひげは死亡した白ひげに黒い布を被せ、その布の中へ入っていく。そして布から出てきた黒ひげは白ひげの『グラグラの実(超人系の悪魔の実であり、『振動人間』となって地震を起こす事ができる)』の能力を発動させた。そして黒ひげは海軍と戦いを始める。
ジンベエはルフィを抱えながら赤イヌから逃亡していたが、赤イヌはジンベエごとルフィに重症を与えた。その時、『トラファルガー・ロー(シャボンディ諸島にいた億超えの海賊。ルフィが天竜人を殴った際に居合わせており、その後ルフィと一緒に海軍と戦っている)』が潜水艦で現れ、ルフィを自身の船に乗せるように叫んだ。
一方、白ひげやエースが死んだ後でも、戦争は止まらず、次々と死者が生まれていた。その時「もうやめましょうよ!もうこれ以上戦うの!やめましょうよ!命がもったいないっ!」とコビーが叫び、一瞬戦いが止まった。だが、それを聞いた赤イヌは「正しくない海兵はいらん。」と吐き捨て、コビーに攻撃を仕掛けた。その時、1人の男が赤イヌの攻撃を防いだ。それはシャンクスであった。シャンクスは戦争を止めにマリンフォードに来ていたのだった。シャンクスを前にした黒ひげは自身の仲間を率いて立ち去っていった。センゴクも戦いを止めるように海兵に命じた。ルフィはローの潜水艦に乗せられてマリンフォードを離れた。こうして『マリンフォード頂上決戦』が終結した。

ルフィを庇って攻撃を受けるエース

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

シャーロット・リンリン(通称:ビッグ・マム)とは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。 85人の子供を出産しており、その子供達とビッグ・マム海賊団を結成している。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

トニートニー・チョッパーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船医。人間ではなく、『ヒトヒトの実』を食べて人間の能力を得たトナカイである。 医療大国である『ドラム王国』の出身。自分自身がすべての病気を治せる『万能薬』になる事を夢見ている。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ニコ・ロビンとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の考古学者。ハナハナの実の能力者で、自由に身体の一部を咲かせる事ができる。 考古学の聖地『オハラ』の唯一の生き残り。8歳にして考古学者になり、ポーネグリフの解読を可能にした天才。現状、ポーネグリフを解読できる唯一の存在であり、物語の中で重要な役割を担っている。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』を制覇して『海賊王』となった。処刑される事になるが、遺言で多くの人間を海へ駆り立て、『大海賊時代』を巻き起こした。主人公のルフィもその一人である。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

エドワード・ニューゲート(通称:白ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 海賊王『ゴール・D・ロジャー』と渡り合った大海賊。『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。グラグラの実の能力者で『世界最強の男』と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。『マリンフォード頂上戦争』の戦いで死亡した。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ナミとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の航海士。幼少から学んできた航海術と、身体で気候の変化を感じ取る才能で『偉大なる航路(グランドライン)』のデタラメな気候を乗り越える。 整った顔立ちと、魅力的なスタイルの持ち主。金には意地汚く、金銀財宝を目の前にすると、人が変わる。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

フランキー(本名:カティ・フラム)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船大工。一味が乗っているサウザンド・サニー号を造った。 身体の前半分を機械化したサイボーグで、様々な兵器を内蔵している。義理人情に厚く、兄貴肌な性格である。自他ともに認める変態であり、下半身は必ずビキニパンツ一丁という格好をしている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

カイドウとは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ウソップ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ウソップとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の狙撃手。長く伸びたピノキオ鼻が特徴。 卓越した狙撃の腕前でパチンコを駆使して戦う。 臆病者で嘘つき。戦闘に関しては自信がなく、逃げ出そうとする事が多い。だが、仲間の為や誇りの為ならば身を切って戦おうとする一面もある。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。ルフィと同じく『最悪の世代』の1人であり、『ハートの海賊団』の船長である。『王下七武海』にもなっている。 『新世界編』では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく『D』を名に持つ人物である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフまとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

目次 - Contents