モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

モンキー・D・ルフィとは、『ONE PIECE』の主人公であり、麦わらの一味の船長である。
左目の下の傷と、麦わら帽子が特徴。『ゴムゴムの実』を食べ、全身がゴムの『ゴム人間』になった。命を救ってくれた恩人・シャンクスに憧れ、海賊となった。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した『ひとつなぎの財宝(ワンピース)』を求めて海に出て、様々な冒険を繰り広げる。

アルバーナへ向かった一行は、バロックワークスの幹部たちと戦い、ビビを王宮へと行かせた。王宮へ辿り着いたビビは国王軍に白旗を上げさせる。しかし、両軍に潜入していたバロックワークスにより攻撃が始まり、戦いは激化した。ビビは王宮に現れたクロコダイルにより王宮から放り出される。ルフィはそこに現れ、ビビを救った。そして再びクロコダイルとの戦いに挑む。

砂の肉体を持つクロコダイルには通常の攻撃は通じないはずだった。しかし、ルフィはクロコダイルを殴りつけた。ルフィはクロコダイルの砂の身体が水によって固まる事に気付いており、手足を水で濡らしていた。ルフィはクロコダイルと戦いを繰り広げるが、クロコダイルはルフィを掴み、ルフィの身体の水分を吸い取って戦闘不能にし、プルトンの在り処が記されていると思われるポーネグリフの元へ向かった。ロビンは考古学者の聖地である『オハラ』出身であり、ポーネグリフの解読ができた。クロコダイルがロビンにプルトンの在り処を問うと、ロビンは「記されていないわ。ここには歴史しか記されていない。」と答えた。それを聞いたクロコダイルは「お前は優秀なパートナーだったが、ここで殺すとしよう。」と言い、ロビンを鉤爪で突き刺した。そこに水を飲んで復活したルフィが現れる。
ルフィの姿を見たクロコダイルは「何度殺されりゃあ気が済むんだ!?」と言って激高した。ルフィは「…まだ返してもらってねェからな…!お前が奪ったものを…!」「おれ達がこの島に来た時にはもうとっくになかったぞ…!あいつ(ビビの事)の国なんて…!ここが本当にあいつの国なら、もっと…!笑ってられるはずだ!」と叫び、再びクロコダイルに立ち向かった。その時ルフィは水を持っていなかったが、自身から流れる血でクロコダイルの砂を固めて攻撃した。クロコダイルは鉤爪に仕込まれた毒を使ってルフィを攻撃した。ルフィは毒で身体が満足に動かないながらにクロコダイルを討ち倒した。

ロビンに連れてこられていたコブラはクロコダイルを倒すために、神殿が崩壊する装置を発動させており、神殿は今にも崩れだそうとしていた。
重症ながらも生存していたロビンはクロコダイルが使った毒の解毒薬をコブラへ渡し、気を失ったルフィの毒を解毒させた。実はポーネグリフにはプルトンの在り処が書かれていたが、ロビンの目的は『空白の百年(世界政府が隠蔽している900〜800年前の歴史。その頃に作られた情報を持つ石がポーネグリフ)』に何が起きたのかを明らかにする事であった為、クロコダイルには嘘をついていたのだった。気を取り戻したルフィはコブラとロビンを背負って神殿を出ようとする。ロビンはこの場で自身を死なせるように言うが、ルフィはそれに耳を貸すことがなかった。
外で巻き起こった争いは雨が降った事、クロコダイルの罪が明らかになった事によりおさまった。そしてルフィやゾロ達は王宮にて手当を受ける事となった。

ビビに仲間の証を掲げる一同

傷を癒やしたルフィ達はアラバスタ王国を離れる事となった。その時、ビビは「…ねぇみんな…私…どうしたらいい…?」と漏らす。ビビはルフィ達と旅に出るか、国に留まるかで迷っていたのだった。ルフィ達は12時間後に東の海岸に船を寄せると話し、後の判断はビビに任せた。
翌日、ルフィ達は海軍に追われながらも東の海岸へ向かった。そこにはビビの姿があり、ルフィ達は喜んで海岸に船を寄せようとした。その時、ビビは「お別れを!言いに来たの!」と叫んだ。そして「私…一緒には行けません!今まで本当にありがとう!冒険はまだしたいけど!私はやっぱりこの国を愛してるから!だから行けません!私は…私は…ここに残るけど…!いつかまた会えたら!もう一度仲間と呼んでくれますか!?」と続けた。ルフィはそれに答えようとしたが、ナミがそれを止めた。それは海軍にルフィ達とビビの繋がりを知られてしまえば、ビビが犯罪者になってしまうからであった。なにも返答がない事にビビは涙を流すが、その時、左腕を上げるルフィ達の姿を目撃する。その腕にはバツ印があった。そのバツ印は『マネマネの実(一度触れた人間の姿に化ける事ができる悪魔の実)』の能力者であったMr.2に騙されない為にルフィ達が考えた仲間の証であった。こうしてルフィ達はアラバスタ王国を離れた。

船に現れたロビン

その後、ルフィ達はビビがいない事に意気消沈していた。その時、船室からロビンが現れる。ロビンは死ぬはずだった自身を助けた罪がルフィにあると話し、仲間に入れるように告げた。一同は驚愕するが、ルフィはあっけなくそれを許可した。こうしてロビンを仲間に加え、一行は船を進めた。
ルフィはクロコダイルを倒した事により、懸賞金が1億ベリーへと上がった。

ジャヤ編

黒ひげとの出会い

航海を続けている途中、ナミが驚きの声を上げる。ナミが持つ『ログポース(グランドラインを渡るために必要な羅針儀。グランドラインは磁気異常と常に変わる海流や風の為に普通の羅針儀は公開ができない。その為に磁気を記録するログポースが必要となる)』が空を指していたのだった。それを見たロビンは次の島が『空島』である事を告げる。

一行は『ジャヤ』という島へ行き、空島の情報を探す事にした。そこでルフィ達は『ベラミー海賊団』という海賊と遭遇する。船長のベラミーはルフィ達が空島へ行こうとしている事を知ると「呆れたぜ…。お前をテストして新時代への船員に加えてやろうと思ったのに、とんだ妄想野郎だ…。いいか…海賊が夢を見る時代はもう終わったんだ!黄金郷!?エメラルドの都!?大秘宝ワンピース!?夢の宝に目がくらんだアホ共は足元の利益に気づかねェ…!この海の時代に誰よりも強く海を渡れる野郎どもがありもしねェ幻想に振り回されて死んでいく!死んだバカはこう言われるのさ。『あいつは夢に生きて幸せだった!』ハハッハ…!負け犬の戯言だ!そういう夢追いのバカを見てるとおれァムシズが走るんだ!」と言って嘲笑い、ルフィを酒瓶で殴りつけた。そしてベラミーの仲間達も、酒場にいた男達もルフィ達を嘲笑う。立ち上がったルフィは「ゾロ、このケンカは絶対買うな!」と告げた。ルフィはベラミー達を同じ土俵に立っていないと判断していたのだった。

ベラミー達はルフィ達を好きなだけ殴りつけて去って行った。ルフィ達が外に出ると1人の男がルフィ達に声をかけた。男は「空島はあるぜ…。何をくやしがるんだねーちゃん…。今の戦いはそいつらの勝ちだぜ。アイツらの言う『新時代』ってのはクソだ。海賊が夢を見る時代が終わるって…!えェ!オイ!ゼハハハハハハ!人の夢は!終わらねェ!そうだろ!?人を凌ぐってのも楽じゃねェ!笑われていこうじゃねェか。高みを目指せば出す拳の見つからねェケンカもあるもんだ!オオ邪魔したみてェだな。先急ぐのか。行けるといいな。空島へよ。」と言って去って行った。

その後、ルフィ達はジャヤのハズレに住む『モンブラン・クリケット』という男に会いに行った。クリケットは『モンブラン・ノーランド』という男の子孫であった。ノーランドは「ジャヤに黄金郷を見た。」という嘘をつき、斬首されたという男であり、絵本になるほどに有名人であった。クリケットはノーランドが本当に嘘をついたのか確かめる為、そして何よりロマンを求めてジャヤの海へ潜り黄金郷を探していた。クリケットは少ない金塊を発見したものの、黄金郷は見つけられないでいた。ルフィ達から空島の話を聞いたクリケットは、空島を信じるルフィ達に力を貸す事を決めた。クリケットはジャヤの近海に『突き上げる海流(ノックアップストリーム)』という水が空へ立ち上げる現象が起きる事を話し、それに乗ってルフィ達を空島へと届けようと考えた。
その夜、ルフィ達は正確にノックアップストリームが起きる場所へ辿り着くために『サウスバード』という常に南の方角に顔を向ける鳥を捕まえに森に入った。ルフィ達は無事にサウスバードを捕獲して戻るが、そこで見たのは何者かに襲撃された倒れたクリケットの姿だった。クリケットは金塊を求めてやって来たベラミー海賊団に襲われていた。それを知ったルフィは1人でベラミーの元へ向かう。ルフィの姿を見たベラミーは大笑いし、ルフィに攻撃を仕掛けた。ルフィは一撃でベラミーを叩き伏せ、金塊を奪い返して戻った。
翌日、ルフィ達はノックアップストリームに乗るべく海へ出た。その時、ルフィ達を負ってくる者達の姿があった。それは「人の夢は!終わらねェ!」とルフィ達に語った男とその仲間だった。その男こそがエースが追っていた『黒ひげ(本名:マーシャル・D・ティーチ)』であり、ルフィが1億の賞金首であると知って追いかけてきていたのだった(ルフィ達は相手が黒ひげだと走らない)。だが、ルフィ達は黒ひげ海賊団と戦う事なく、ノックアップストリームに乗って空へ昇っていった。

空島編

エネルを討ち倒し、黄金の鐘を鳴らしたルフィ

ルフィ達は無事に空島へと辿り着いた。そこでルフィ達はノックアップストリームにより、ジャヤの一部が空島へと打ち上げられていた事を知る。黄金郷は空にあったのだった。『シャンディア』という部族はかつてノーランドに救われた事により、黄金の大鐘楼を鳴らしてノーランドの帰りを待っていた者達であった。だが、空島に打ち上げられた時に土地を追われ、今はその土地を取り返そうと戦いを繰り広げていた。
その聖域を支配していたのが『エネル』という『神』を自称する男だった。エネルは『ゴロゴロの実(自然系の悪魔の実であり、雷の力を得られる)』の能力者であり、その強大な力を使って『スカイピア(空島にある国)』を滅ぼし、聖域とされている『フェアリー・ヴァース(月の事)』に向かおうとしていた。ルフィ達はエネルと、エネルに使える神官達と戦う事になる。

雷の身体を持つエネルに誰も敵わず、ゾロやサンジも敗北してしまう。そんな中、ルフィはエネルと対面する。エネルはルフィに攻撃を仕掛けるが、ルフィは平然としていた。ゴムの身体を持つルフィはエネルの天敵であり、電撃は効かない上に、ルフィの攻撃はエネルに有効だった。それを知ったエネルはルフィの腕に黄金の玉をつけて船から突き落とし、フェアリー・ヴァースへと向かおうとする。しかし、その前に再びルフィが立ち塞がる。ルフィはスカイピアを破壊する雷雲とエネルを吹き飛ばし、黄金の金を打ち鳴らした。それは、エネルと長きに渡って戦ってきた者達、そしてずっと黄金郷を探していたクリケット達の戦いの終わりを告げる音色でもあった。

ロングリングロングランド編

フォクシーと戦うルフィ

青海に戻ったルフィ達は草原が広がる島に上陸し、そこで『トンジット』という老人と、トンジットが飼っている『シェリー』という馬と出会う。トンジット達がいたのは『ロングリングロングランド』という島で、海によって10の島に区切られていた。トンジットには遊牧民の仲間がおり、3年に1度の頻度で海が大きく引く日に共に島から島に移動をしていたが、トンジットとシェリーは島に残されていた(トンジットが高すぎる竹馬に乗ったまま、降りるのが怖くて竹馬の上で10年間を過ごしていた)。シェリーは10年もの間、主人であるトンジットを待っていたのだった。トンジットとシェリーが再会に喜んでいると、突如シェリーが銃撃を受けた。シェリーを売ったのは『フォクシー海賊団』という海賊たちであった。激高したルフィが攻撃しようとすると、船長のフォクシーが『デービーバックファイト』という戦いを申し込む。ルフィは「何をゴチャゴチャ言ってんだ!さっさとかかって来い!勝負なら受けてやる!」と叫び、デービーバックファイトが始まってしまった。

デービーバックファイトとは、海賊が海賊を賭けて戦うゲームであり、ゲームの勝者は敵船の船員や、海賊旗などを奪う事ができるものであった。ルフィ達は『レース』『球技』『戦闘』でゲームをする事になる。
レースにはナミ、ウソップ、ロビンが出場する事になった。3人は優勢にレースを進めていたが、ゴール直前で『ノロノロの実(超人系の悪魔の実であり、フォクシーが発するビームを浴びると動きがスローになる)』の能力者であるフォクシーの妨害により、敗北してしまう。それにより、チョッパーが敵に奪われてしまう。
続く球技にはゾロとサンジが出場し、互いのゴールにメンバーの1人の頭につけられたボールを入れれば勝利となる『グロッキーリング』で戦う。審判による不正などによりゾロとサンジは苦戦するが、土壇場で2人が協力した事により勝利し、チョッパーを取り返した。
そして最後の格闘はルフィとフォクシーが戦う事になった。敵の不正により、フォクシー海賊団の船が戦場となり、フォクシーに有利な仕掛けが多数ある中でルフィは苦戦を強いられる。だが激闘の末にルフィは勝利し、フォクシー海賊団から海賊旗をルフィが描いたヘンテコな海賊旗に変更させた。こうしてフォクシー海賊団との戦いは終了した。

ルフィは青キジに敗北した

戦いが終わり、ルフィ達が一息ついていると、そこに1人の男が現れる。ロビンはその男の顔を見て驚愕していた。その男は海軍大将の『クザン(通称:青キジ)』であった。青キジはロビンの様子を見に来ただけでルフィ達に危害を加えるつもりはないと話した。トンジットの状況を知った青キジは、トンジットを仲間の元へ連れて行くと言った。青キジは海を凍らせ、海を歩いて仲間の元へ行けるようにした。青キジは『ヒエヒエの実(自然系の悪魔の実で、氷の力を得られる)』の能力者であった。トンジットが旅立った後、青キジはルフィが祖父であるガープに似ており、今後驚異的な海賊になるという予感を抱き、ルフィ達を捕まえようとする。

青キジはロビンを一瞬で氷漬けにした。ルフィ、ゾロ、サンジは一斉に青キジに飛びかかるが、氷の身体を持つ青キジに攻撃が効かず、反撃を受けてしまう。青キジはロビンを砕いて殺そうとするが、一同がロビンを守り船へ連れ帰った。ゾロ達が青キジに攻撃を仕掛けようとすると、ルフィがそれを止め、青キジに一騎討ちを申し込んだ。青キジは「構わねェが…連行する船がねェんで…殺して行くぞ?」と告げた。戦いの末、ルフィは青キジに敵わず、氷漬けにされた。青キジはそのルフィの前で頭を抱え「まいった。ハメられた。一騎討ちを受けちまったからには…この勝負おれの勝ちで…それまで…!そういう事か…?これ以上他の奴らに手を出せば…ヤボはおれだわな。なァ…船長。…それとも、本気でおれに勝つ気でいたのか。」と話した。そして「お前達は…この先ニコ・ロビンを、あの女を必ず持て余す。ニコ・ロビンという女の生まれついた星の凶暴性をお前達は背負いきれなくなる。」と言い残して去って行った。

ウォーターセブン編

ウソップと決闘するルフィ

その後、ルフィ達は『ウォーターセブン』という町へ辿り着く。その時、ゴーイング・メリー号は大きく破損していた為、造船会社『ガレーラカンパニー』にメリー号の修繕を頼む事にした。そんな時、ウソップが『フランキー一家』というならず者に修繕の為の金を奪われ、ボロボロにされてしまう。それを知ったルフィ達はフランキー一家のもとに乗り込み、そこにいた者たちを叩き伏せた。その後、ルフィはガレーラカンパニーの職人からもうメリー号が修繕できないほどの状態だと聞かされ、メリー号を廃船にする事を決定した。それを聞いた一同は納得したが、ウソップだけがそれに反対した。ウソップはメリー号を捨てようとするルフィを決して認めようとせず、喧嘩を始める。激高したルフィはついウソップに一味を脱退するように口走ってしまい、サンジに蹴り飛ばされてしまう。ルフィは咄嗟に謝るが、ウソップは脱退を宣言し、メリー号を賭けてルフィに決闘を申し込んだ。
その日の夜、ルフィはウソップと決闘を繰り広げた。ウソップは工夫しながらルフィに攻撃を仕掛けてるが、最後に立っていたのはルフィだった。ルフィはウソップにメリー号を譲り渡し、自身達は新しい船で航海を続けると告げた。

その後、ルフィは街中でフランキー一家の親分である『フランキー』と遭遇する。子分の敵を討ちにきたフランキーとルフィは戦いを繰り広げるが、その途中でガレーラカンパニーの職人達に襲われる。それは市長のアイスバーグがロビンがに襲われたと話したからであった。ルフィは真偽を確かめる為にアイスバーグのもとへ向かう。
ルフィがアイスバーグの屋敷へと着いた時、アイスバーグは襲撃者に襲われていた。アイスバーグを襲っていたのは、ガレーラカンパニーの職人や、アイスバーグの秘書、町の酒場の店主であった。彼らは世界政府の諜報機関である『CP9』のメンバーであり、アイスバーグが持つ古代兵器『プルトン』の設計図を求めてウォーターセブンに潜入していたのであった。アイスバーグはゴール・D・ロジャーの海賊船を作った伝説の船大工『トム』の弟子であり、トムからプルトンの設計図を渡されていたのだった。ルフィはCP9の『ロブ・ルッチ』と戦うが、ロブ・ルッチに吹き飛ばされてしまう。アイスバーグはプルトンの設計図をもう1人のトムの弟子『カティ・フラム』に渡していた。『カティ・フラム』はフランキーへと名前を変えていた。CP9はフランキーの正体に気づいており、フランキーとその場にいたウソップを世界政府の裁判所が存在する『エニエス・ロビー』へと連行した。ロビンはサンジとチョッパーに別れの言葉を告げ、CP9と共にエニエス・ロビーへ向かった。ルフィ達はロビンと話をしていたアイスバーグから、ロビンが『バスターコール(海軍中将5人と、軍艦十隻を動かして全てを焼き払う攻撃)』の権利を得たCP9からルフィ達を守る為にCP9に力を貸していると聞かされた。ルフィ達はロビンを取り戻す為に、ガレーラカンパニーの職人、フランキー一家と共にエニエス・ロビーへ乗り込むことを決めた。

エニエス・ロビー

ギア2を発動したルフィ

一足先にエニエス・ロビーへ侵入したルフィはCP9の1人であるブルーノと遭遇する。しばらくブルーノと戦ったルフィは手を止めた。そして「青キジが現れた時、おれァ思ったんだ。ここから先の海はもっと強くならなきゃ、仲間は守れねェ…。おれには、強くなんかなくったって、一緒にいてほしい仲間がいるから、おれが誰よりも強くならなきゃ、そいつらをみんな失っちまう!力いっぱい戦う方法を考えた。誰一人、失わない様に…。」と告げ、身体から蒸気を立ち上がらせた。ルフィはゴムの体を活かして常人では耐えられないような速度で血液を流し、爆発的な瞬発力を得ていた。それによりルフィの技は威力、速度共に強化されており、ルフィは軽々とブルーノに勝利した。
エニエス・ロビーを突き進んだルフィ達はロビンと対面するが、ロビンは助けられる事を望んでいなかった。ロビンは考古学者の聖地である『オハラ』に生まれた。そのオハラの考古学者は世界政府に禁じられているポーネグリフの解読をしていた。そしてその事実が明らかになった事によりバスターコールでオハラは滅ぼされた。ロビンはオハラの唯1人の生き残りであった。バスターコールの恐ろしさを知っていたロビンは、なんとしてもルフィ達を守ろうとしていたのだった。それを聞いたルフィはそげキング(仮面をかぶったウソップの事。ルフィはウソップだと気づいていない)に世界政府の旗を狙撃するように命じた。それは世界政府への宣戦布告を意味していた。そしてルフィは再びロビンの真意を聞く。するとロビンは「生きたい!私も海に連れて行って!」と涙ながらに叫んだ。それを聞いていたフランキーは隠し持っていたプルトンの設計図を取り出した。フランキーはトムからロビンが古代兵器を復活させる事ができる危険人物だと聞かされていた。そのロビンが世界政府の手に渡り古代兵器が復活した場合、対抗する為に設計図が必要だった。しかし、ロビンを守る仲間がいる事を知ったフランキーは設計図を燃やした。その後、ルフィ達はCP9との戦いを繰り広げる。

ロブ・ルッチを倒すルフィ

ルフィはロブ・ルッチと戦う事になった。『猫猫の実 モデル:ジャガー』の能力者であり、『六式』という特殊な体術を使うルッチは強く、ルフィは『ギア2」と、空気を入れて身体の一部を巨大化させて強力な攻撃を行う『ギア3』を駆使して対抗する。しかし、身体に負担がかかるギア2を使った事と、ルッチな強力な攻撃を受けてルフィは倒れてしまう。その時、ウソップが「ルフィ!!お前何やってんだよォ!!!起きろー!!ルフィ!」「カン違いすんじゃねぇぞ!おれはロビンを助ける為にここへ来たんだ!お前の顔なんか見に来たんじゃねぇ!おいコラ、ボスネコ!!俺様が相手してやる!かかってこい!」と叫んだ。ルフィは「バカか!やめろウソップ、殺されるぞ!こいつはおれがブッ飛ばすんだ!」と止めると、ウソップは「だまれ!じゃあ死にぞこないのお前に、何が出来るってのか!?だったらすぐに立てよ!!!だったら死にそうな顔してんじゃねぇよ!お前らしくねェじゃねぇか!爆炎で黒くたって空も見える、海も見える…ここが地獄じゃあるめぇし!お前が死にそうな顔すんなよ!心配させてんじゃねェよ、チクショー!勝って!みんなで一緒に帰るぞルフィ!」と続けた。それを聞いたルフィは立ち上がり、ルッチを倒すまでギア2を解除しないと宣言した。そしてルフィは死力を果たしルッチを討ち倒した。
CP9の長官であるスパンダムはバスターコールを発動させており、エニエス・ロビーは軍艦からの砲撃が始まっていた。そんな中、メリー号が突如現れ、ルフィ達はメリー号に乗ってエニエス・ロビーを脱出した。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

シャーロット・リンリン(通称:ビッグ・マム)とは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。 85人の子供を出産しており、その子供達とビッグ・マム海賊団を結成している。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

トニートニー・チョッパーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船医。人間ではなく、『ヒトヒトの実』を食べて人間の能力を得たトナカイである。 医療大国である『ドラム王国』の出身。自分自身がすべての病気を治せる『万能薬』になる事を夢見ている。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ニコ・ロビンとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の考古学者。ハナハナの実の能力者で、自由に身体の一部を咲かせる事ができる。 考古学の聖地『オハラ』の唯一の生き残り。8歳にして考古学者になり、ポーネグリフの解読を可能にした天才。現状、ポーネグリフを解読できる唯一の存在であり、物語の中で重要な役割を担っている。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』を制覇して『海賊王』となった。処刑される事になるが、遺言で多くの人間を海へ駆り立て、『大海賊時代』を巻き起こした。主人公のルフィもその一人である。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

エドワード・ニューゲート(通称:白ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 海賊王『ゴール・D・ロジャー』と渡り合った大海賊。『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。グラグラの実の能力者で『世界最強の男』と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。『マリンフォード頂上戦争』の戦いで死亡した。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ナミとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の航海士。幼少から学んできた航海術と、身体で気候の変化を感じ取る才能で『偉大なる航路(グランドライン)』のデタラメな気候を乗り越える。 整った顔立ちと、魅力的なスタイルの持ち主。金には意地汚く、金銀財宝を目の前にすると、人が変わる。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

フランキー(本名:カティ・フラム)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船大工。一味が乗っているサウザンド・サニー号を造った。 身体の前半分を機械化したサイボーグで、様々な兵器を内蔵している。義理人情に厚く、兄貴肌な性格である。自他ともに認める変態であり、下半身は必ずビキニパンツ一丁という格好をしている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

カイドウとは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

ウソップ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ウソップとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の狙撃手。長く伸びたピノキオ鼻が特徴。 卓越した狙撃の腕前でパチンコを駆使して戦う。 臆病者で嘘つき。戦闘に関しては自信がなく、逃げ出そうとする事が多い。だが、仲間の為や誇りの為ならば身を切って戦おうとする一面もある。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。ルフィと同じく『最悪の世代』の1人であり、『ハートの海賊団』の船長である。『王下七武海』にもなっている。 『新世界編』では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく『D』を名に持つ人物である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフまとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

目次 - Contents