Maroon 5(マルーン5)の徹底解説まとめ

Maroon 5(マルーン5)とは、2001年にロサンゼルスで結成された7人組ロックバンド。Billboard Hot 100やBillboard 200で1位を獲得する等、出す曲が次々にヒットし、グラミー賞でも数多くの賞を受賞していることから「世界で最も売れたアーティスト集団」とも言われている。音楽のトレンドを上手く読み取り、自分たちの音楽に取り込む事で幅広い年齢層から愛されるグループである。

リズミカルなテンポが印象深く、ハードなサウンドと哀愁あふれるメロディが融合した初期の傑作ナンバー。曲のベースとなっているのはヴォーカルのAdam Levine(アダム・レヴィーン)の恋愛体験と言われている。この曲は、彼女に振り回されているのを理解しているにも関わらず、それでも思いを馳せ、傷ついてしまう男性の気持ちを歌っている。

Moves Like Jagger

ディスコチックなサウンドにエレクトロ・ポップが合わさったダンスミュージックである。Adam Levine(アダム・レヴィーン)の透き通った声とChristina Aguilera(クリスティーナ・アギレラ)のパワフルな声がマッチし、1度聞いたら忘れられない程中毒性のある曲である。今までのMaroon 5の曲調とは少し違った感じで衝撃的な曲でもあったが、この曲が彼らを更に有名にさせた。
タイトルにある「ジャガー」はThe Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)のMick Jagger(ミック・ジャガー)を指しており、ミュージック・ビデオにも昔のMick Jagger(ミック・ジャガー)の映像が使用されている。

Sugar

この曲は、愛情をSugerと表現しており、彼女からの愛情を沢山ほしい、ないと死んでしまうというラブソングである。ミュージックビデオは再生回数27億回以上を超えており、Maroon 5を代表するだけではなく洋楽を代表する曲でもある。ミュージックビデオではMaroon 5がロサンゼルス各地の結婚式会場にサプライズで登場し、パフォーマンスするという映像が流れる。サプライズで自分の決婚式にMaroon 5が登場すれば、ファンにとっては一生の記憶に残る最高の結婚式になる。

Don't Wanna Know

この曲は、別れた彼女が新しい恋人を見つけたと噂には聞くが、そんな事聞きたくないという、まだ未練がある男性の心情を歌っている。Maroon 5の曲は男性が別れた彼女に未練タラタラな内容の歌詞が多い事でも有名である。ミュージックビデオでは、ポケモンGOの世界でMaroon 5がポケモンに成りきり逃げ回るポップな作りになっている。

What Lovers Do

彼女と恋人らしいことをしたくて誘っている彼氏だが、彼女は彼氏よりも上手で恋の駆け引きを楽しんでいる、という内容の歌である。Rihanna(リアーナ)とコラボした事で話題となったSZA(シザ)とのフィーチャリング曲となっている。今までのMaroon 5とは少し違ったR&Bサウンドを取り入れ、夏に聴きたくなるアップテンポな曲調になっている。

Maroon 5の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

Maroon 5のバンド名の由来はトップシークレット

「Maroon 5」というバンド名の由来はトップ・シークレットであり、メンバーは決して口外してはいけない事になっている。しかし、現メンバーと元メンバーのRyan Dusick(ライアン・デューシック)以外に歌手のBilly Joel(ビリー・ジョエル)が知っている。Adam Levine(アダム・レヴィーン)がバンド名の由来をBilly Joel(ビリー・ジョエル)に聞かれた際に、断ることが出来ずに話してしまったのだ。更にJames Valentine(ジェームス・ヴァレンタイン)も、母親に話してしまっているそうだ。
ファンの間では、メンバーのAdam Levine(アダム・レヴィーン)とJesse Carmichael(ジェシー・カーマイケル)が通ったNYのファイブ・タウンズ大学のスクールカラー「マルーン」と学校名「ファイブ」を掛け合わせたのではないかと噂されている。
また、Michael Madden(ミッキー・マデン)は「Kara's Flowers」というバンド名が嫌いだったようで、売れなかったのはバンド名に問題があったからともインタビューで答えている。由来は謎だが「Maroon 5」というバンド名に変えて彼らは一気にトップアーティストとなっていった。

ヨガをリラックス方法として取り入れているAdam Levine(アダム・レヴィーン)

Adam Levine(アダム・レヴィーン)はライブ前に1時間ヨガを行っている。Adam Levine(アダム・レヴィーン)はインタビューで「何千人もの人の前で演奏するのはとても不自然な状況で、でもショーの前に1時間ヨガをやるとリラックスできるんだ」と語っている。股関節とハムストリングが硬いのを解消する為にヨガを始めた事がきっかけではまり、自宅でのヨガを日課とし、NYのヨガ・インストラクターの指導を受けている。

『Memories』は亡き元マネージャーに捧げた曲

2019年9月にリリースした『Memories』は、2017年12月に肺と脚の血栓症によって急逝してしまった元マネージャー、Jordan Feldstein(ジョーダン・フェルド スタイン)に捧げた曲で有名である。
歌詞は人生の出会いと別れを思い出として大切にする気持ちを歌っている。ミュージックビデオでは、フロントマンであるAdam Levine(アダム・レヴィーン)が切々と歌いあげる様をワンカメラの接写で捉えた、シンプルながら心に響く映像となっている。また、ミュージックビデオのラストには「For Jordi」というメッセージが登場し、曲にするほど彼らにとって大切な存在だったことが伝わってくる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents