ニコ・ロビン(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ニコ・ロビンとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。
主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の考古学者。ハナハナの実の能力者で、自由に身体の一部を咲かせる事ができる。
考古学の聖地『オハラ』の唯一の生き残り。8歳にして考古学者になり、ポーネグリフの解読を可能にした天才。現状、ポーネグリフを解読できる唯一の存在であり、物語の中で重要な役割を担っている。

サウロは海軍に見つかり、集中砲火を受ける。サウロはその中で「誇れ!ロビン!お前の母ちゃん立派だで!オハラは立派だでよ!この島の歴史は!いつかお前が語り継げ!ロビン!オハラは世界と戦ったんだでよ!」と話した。そしてサウロはロビンを陸地に置き、砲撃を仕掛けてくる軍艦を攻撃し始めた。ロビンは出航し始めていた避難船にハナハナの実の能力を使って手を伸ばして乗り込もうとする。すると船に乗っていた者達が「うわあああ!化け物だァ!」と大騒ぎを始め、ロビンは手を離してしまった。その時、スパンダインがロビンを見つけ「避難船!そのガキを乗せるな!そいつはチビでも考古学者!攻撃の対象となる者だ!」と告げた。サウロはスパンダインの船に攻撃しようとするが、それを海軍中将・クザン(後の海軍大将)が止めた。
サウロは「クザン…!おめェはこの攻撃に誇りが持てるのか!?おかしいでよ…!お前も知っとるハズだで!これは"見せしめ"だ…!その為にこのオハラを消すんだで!」と話すが、クザンは「それが今後の世界の為なら仕方ない。現に学者達は法を破ってんじゃない…!正義なんてのは立場によって形を変える。だからお前の"正義"も責めやしない。ただ、おれ達の邪魔をするなら放ってはおけねェ…!」と話した。その時、避難船が爆炎に包まれた。それは海軍中将・サカズキ(後の海軍大将)の軍艦による砲撃だった。サカズキは「万が一あの船に学者が一人でも潜んでいたら今回の犠牲の全てがムダになる…!"悪"は可能性から根絶やしにせねばならん!」と話していた。それを見たサウロは「これが正義のやる事か…!これでもまだ胸を張れるのかァ!」と叫んでクザンに攻撃を仕掛けた。そしてロビンを連れて逃げようとするが、ヒエヒエの実(自然系の悪魔の実。口にした者は『氷結人間』となり氷の力を得られる)の能力者であるクザンに足を凍らされてしまう。サウロはロビンに自身が作ったイカダで逃げるように言った。そして「よく聞けロビン…。今は一人だけどもよ…!いつか必ず"仲間"に会えるでよ!海は広いんだで…。いつか必ず!お前を守ってくれる"仲間"が現れる!この世に生まれて一人ぼっちなんて事は絶対にないんだで!」と語った。そして「走れロビン!振り返らずに…!苦しい時は…!教えたでよ!こうやって笑うんだで!デレシシシ!どこかの海で…必ず待っとる仲間に会いに行け!ロビン!そいつらと…共に…生きろ!」と言い、笑いながら氷漬けになった。

ロビンが向かった海岸にはクザンが先回りしていた。クザンは「徹底した正義は…時に人を狂気に変える。…お前をこの島から逃がす事にした…。サウロが守った"種"は一体何者に育つのか…。お前が誰を恨もうと勝手だが、今は命があっただけよかったと思え。この先は…なるだけ地味に生きるんだ。氷のラインを海に引いておいた。小舟でただまっすぐに進めば陸に辿り着く。そして覚えとけ。おれは味方じゃねェ…。お前が何かやらかせばお前を一番に捕らえに行く"敵"だ。」と告げた。
ロビンは小舟から燃え盛るオハラを眺めた。その時、ロビンはクローバー博士やオルビアの事を思い出していた。そして「苦しい時は笑ったらええ。」というサウロの言葉を思い出し「デレシ!デレシ!」と笑った。しかし、ロビンは笑い続ける事ができず、泣き叫んだ。

オハラを出たロビン

ロビンは脱出する所をスパンダインに目撃されていた。そしてポーネグリフを解読できる事で子供ながらに7900万ベリーの賞金首となった。
それからロビンは『悪魔の子』『生きてはいけない』と言われ、海軍に売られたり、迫害を受けながらも各地を転々としながらポーネグリフを探した。そしてある日、『古代兵器プルトン』を欲している王下七武海のサー・クロコダイルと出会った。

偉大なる航路編

アラバスタ編

ルフィ達の仲間となったロビン

クロコダイルは『アラバスタ王国』で海賊などの悪者を倒す英雄として見られていた。しかし、その裏では秘密結社『バロックワークス』を結成し、そのバロックワークスの人間を使ってアラバスタでクーデターを起こそうとしていた。クロコダイルはアラバスタ王国にプルトンが眠っていると考えており、アラバスタ王国を牛耳ろうと考えていた。28歳になっていたロビンは、バロックワークスの副社長としてクロコダイルを補佐していた。

アラバスタ王国の女王ネフェルタリ・ビビはクロコダイルの企みに気づき、バロックワークスに潜入してクロコダイルを止めようとしていた。そんな中でビビはルフィ達と出会い、共にアラバスタへと戻った。クロコダイルの思惑通り、アラバスタではクーデターが起きた。そしてクロコダイルは王宮を襲撃して牛耳る事に成功した。ロビンはアラバスタの王ネフェルタリ・コブラと共にポーネグリフが眠る地下聖殿に向かった。後からやって来たクロコダイルは嬉しそうにポーネグリフの内容をロビンに尋ねた。クロコダイルはそのポーネグリフにプルトンの隠し場所が示されていると考えていたのだった。しかし、ロビンから語られたのはアラバスタの歴史だった。ロビンは「ここには歴史しか記されていない。」と話した。それを聞いたクロコダイルは「…そうか…残念だ。お前は優秀なパートナーだったが、ここで殺すとしよう。」と告げ、攻撃を仕掛けた。ロビンはその事態を想定しており反撃を行うが、クロコダイルに躱されて重症を負った。その時、コブラが地下聖殿を崩す支柱を抜きクロコダイルを生き埋めにしようとした。しかし、クロコダイルはスナスナの実(自然系の悪魔の実で、砂の力を得られる)の能力者であり、岩盤を砂に変えて脱出する事ができた。そこへルフィが現れ、クロコダイルと戦闘を行う。
ルフィは死闘の末にクロコダイルに勝利した。

ルフィはクロコダイルが使った毒に侵されていたが、ロビンがコブラ王に渡した解毒剤により救われた。
コブラ王は「なぜ嘘をついた。その石にはこの国の歴史など刻まれていない…!お前達の欲しがる"兵器"の全てが記してあったハズだ…!そのありかも…。クロコダイルにそれを教えていればあの時点で国はあの男のものになっていた。違うか?」と聞いた。それに対しロビンは「興味がないの…。国や人間が死のうが…生きようが…私にはそんな事どうでもいい。もとよりクロコダイルに"兵器"を渡す気もなかった。私が求めていたのは"真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)"。世界中に点在する ポーネグリフの中で唯一"真の歴史"を語る石…!」と話した。そして「…もういいの…。20年…探し続けてこれ以上のポーネグリフの情報はない。…ここが最後の希望だった。そして…ハズレ。…ここでこのまま死ぬのならちょうどいい…。この道で生きて行く事に私は疲れた…。ただ"歴史"を知りたいだけなのに…。私の夢には敵が多すぎる。」と言って涙を流した。
その時、ルフィがロビンとコブラ王を抱えて聖殿から出ようとした。ロビンは「…ちょっと待って!私にはもう生きる目的がない…!私を置いていきなさい!」と叫ぶが、「何でおれがお前の言う事聞かなきゃいけねェんだ…!」とルフィは答えた。そうしてロビンは死に損なった。

その後、ロビンは麦わらの一味の船に潜んだ。そして一味がアラバスタ王国を出航した時に甲板に姿を見せて一同を驚かせた。ロビンは「私を仲間に入れて。死を望む私をあなたは生かした…。それがあなたの罪…。私には行く当ても帰る場所もないの。だからこの船において。」とルフィに話した。するとルフィは「何だそうか。そらしょうがねェな。いいぞ。」と二つ返事で答えた。仲間達はそんなルフィを批難するが、ルフィは「心配すんなって!こいつは悪い奴じゃねェから!」と言って笑った。こうしてロビンは麦わらの一味の船員となった。

空島編

空島のポーネグリフを見たロビン

麦わらの一味は空島へ辿り着く。そこには『神』を自称するエネルという男がいた。エネルはゴロゴロの実(自然系の悪魔の実。雷の力を得る事ができる)の能力者で圧倒的な力を有しており、空島の国・スカイピアを滅ぼし、聖地とされている『フェアリーヴァース(月の事)』へ行こうとしていた。麦わらの一味はエネルと戦う事になる。
空島には黄金郷があると考えられており、ロビンはエネルがいる『神の島』で黄金探索を行った。その中で、ロビンは知識を頼りに遺跡を発見する。ロビンはそこでエネルの配下の神兵を取りまとめる神兵長・ヤマと対峙する。ヤマは遺跡を躊躇う事なく破壊し、ロビンは遺跡を守って攻撃を受けた。遺跡から離れたロビンは怒り心頭で、ヤマを容赦する事なく倒した。しかし、その後エネルと対面して気絶させられた。

ルフィがエネルを倒し、空島は救われた。その後、ロビンはシャンディアという民が守っていたポーネグリフを解析した。そのポーネグリフには『古代兵器ポセイドン』の在り処が示されていた。ロビンは求めていたリオポーネグリフではない事に気を落とした。その時「…おいアンタ!その横に彫ってあるのは同じ文字じゃないか?」とシャンディアの民が声をかけた。そこには「我ここに至り、この文を最果てへと導く。海賊ゴール・D・ロジャー。」と古代文字で書かれていた。それを見たロビンはロジャーが古代文字を扱える事に驚愕した。そして『リオ・ポーネグリフ』が何なのかを悟った。ロビンは酋長に「酋長さん。このポーネグリフはもう役目を果たしているわ。世界中に存在する情報を持ついくつかのポーネグリフは世界中にきっとそれを繋げて読む事ではじめて"空白の歴史"を埋める一つの文章になる。繋げて完成する今まだ存在しないテキスト、それがリオ・ポーネグリフ。海賊王ゴール・D・ロジャーは確かにこの文章を目的地に届けている。」と話した。それと同時にロビンは自身もこれまで呼んだポーネグリフをグランドラインの最果ての島『ラフテル』へ届けねばならないと理解した。

ロングリングロングランド編

青キジに殺されかけたロビン

ルフィ達は『ロングリングロングランド』という島で『フォクシー海賊団』と『デービーバックファイト』という海賊の賭け事を行い、見事勝利した。その後、ロングリングアイランドに1人の男が現れる。それは海軍大将となったクザン(通称:青キジ)だった。青キジは「お前らをとっ捕まえる気はねェから安心しろ。アラバスタ事後、消えたニコ・ロビンの消息を確認しに来ただけだ。」と話した。だが、その後しばらくルフィの事を観察していた青キジは「じいさんそっくりだな…モンキー・D・ルフィ…。奔放というか…つかみ所がねェというか…!おまえのじいさんにゃあ…おれも昔…世話になってね。おれがここへ来たのはニコ・ロビンと…お前を一目見る為だ…。やっぱお前ら…今死んどくか。」と告げた。青キジは一味が今後、危険な海賊になると思っていた。そしてその中でも特にロビンの事を気にしていた。青キジはロビンがこれまでに関わってきたすべての組織が壊滅している事を告げた。
ロビンは「何が言いたいの!?私を捕まえたいのならそうすればいい!」と叫び、青キジに攻撃を仕掛けるが、氷である青キジには攻撃は通じなかった。青キジの反撃にルフィ、ゾロ、サンジが対抗するが、3人は身体の一部を凍らされてしまう。そしてロビンは全身を凍らされた。青キジはそのままロビンを粉々に砕こうとするが、ルフィ達がなんとかメリー号まで連れ帰った。ゾロやサンジはルフィと一緒に青キジと戦おうとするが、ルフィが一騎討ちを申し込んだ。青キジは「構わねェが…連行する船がねェんで…殺して行くぞ?」と告げた。
その後、青キジと戦ったルフィは、全身を凍らされて戦闘不能になる。しかし、青キジは頭を抱えていた。「まいった。ハメられた。"一騎討ち"を受けちまったからには…この勝負おれの勝ちで…それまで…!そういう事か…?これ以上他の奴らに手を出せば…ヤボはおれだわな。なァ…船長。…それとも、本気でおれに勝つ気でいたのか。」と漏らした。青キジは「お前達は…この先ニコ・ロビンを、あの女を必ず持て余す。ニコ・ロビンという女の生まれついた星の凶暴性をお前達は背負いきれなくなる。」と言い残して姿を消した。ルフィとロビンはチョッパーの処置により息を吹き返した。

ウォーター・セブン編

サンジとチョッパーに別れを告げるロビン

麦わらの一味は水の都『ウォーターセブン』へと辿り着いた。その時、ルフィ達の船である『ゴーイング・メリー号』は損傷が激しく、船大工に修理してもらう事になった。ロビンは町を散策している時に、世界政府の諜報機関『CP9』のメンバーとすれ違った。その人物は何かをロビンに呟いた。その後、ウォーターセブンの市長・アイスバーグが何者かに襲撃される。アイスバーグは襲撃を受けた際にロビンの姿を見たと証言し、麦わらの一味は襲撃犯として追われる事になった。そんな中、ロビンがサンジとチョッパーの前に現れ、アイスバーグを襲撃した事、自身が抱える闇が一味を滅ぼす事、襲撃犯の罪を麦わらの一味に被せて逃げる事を告げた。そして「こんな私に今まで良くしてくれてありがとう。」と告げて姿を消した。

その後、ロビンはCP9のメンバーと再びアイスバーグを襲撃する。アイスバーグは『古代兵器プルトン』の設計図を所持していると考えられており、CP9の任務はその設計図を手に入れる事だった。
ロビンはアイスバーグと対面する。アイスバーグからなぜ政府に加担するのかを聞かれたロビンは「全てを捨てても叶えたい"願い"があるからよ。この町でCP9が私に突きつけてきた条件は二つ。暗殺の罪を"麦わらの一味"にきせる事…。その後、政府に身を預け…従う事。」と話した。政府に従えばロビンの命がないとアイスバーグは話した。するとロビンは、CP9が自身の故郷を滅ぼした『バスターコール』を麦わらの一味に対して発動する権利を青キジもらっている事を話した。そして「条件をのまなければ私達に"バスターコール"がかかる。私が今まで20年、どんな状況でも逃げのびて来れたのは守るものがなかったから…。人を裏切り、盾にできたから。でも、もう今の私には本当にそれができない…!一度捨てた命も…!失った心も、途絶えた夢も、みんな掬い上げてくれる。こんな私を信じてくれる仲間ができた…。」と話した。アイスバーグが「…じゃあお前の"願い"ってのは…。」と聞くと、ロビンは「私を除く"麦わらの一味"の6人が無事にこの島を出向する事。」と告げた。ロビンはルフィ達さえ助かれば世界がどうなろうとも構わなかった。

その後、アイスバーグは死ななかったが、アイスバーグからプルトンの設計図を渡されていたフランキー、フランキーと一緒にいたウソップがCP9に捕らえられ、ロビンと一緒に海列車で『エニエス・ロビー(世界政府が直轄する裁判所がある)』へと連行される。
海列車にはロビンを探していたサンジが乗っていた。サンジはウソップとフランキーを助け出し、ロビンを連れ戻そうとした。サンジ達はロビンを連れ出す事に成功するが、ロビンは自らCP9の元へ戻っていった。ロビンはあくまで麦わらの一味を守ろうとしていた。その時、ウソップは「…大丈夫だ…!ロビン、お前…大丈夫だぞ。…お前まだなんか隠してんな…!別に…それはいい。…ただし海賊は…船長の許可なく一味を抜ける事はできない…!だからお前…ルフィを信じろ。」とロビンに話した。
ロビンを連れ戻しに来たCP9のブルーノは、ロビンの故郷がバスターコールにより滅ぼされ、その恐ろしさを知っている故に協定を破らない、と話して去って行った。それを聞いたサンジは「どこまで腐ってんだてめェらはァ!」と叫んだ。

エニエス・ロビー編

ルフィ達に本心を叫んだロビン

エニエス・ロビーへと連行されたロビンとフランキーはCP9を統括していたスパンダムという男と対面する。スパンダムはオハラでバスターコールを発動させたスパンダインの息子であった。ルフィ達はロビンを何としても奪い返そうとし、エニエス・ロビーへと攻め入った。その報告を受けたスパンダムはルフィ達を捕らえて大監獄『インペルダウン』へと連行しようとする。それを聞いたロビンは「約束が違うじゃない!」と叫ぶが、スパンダムは「あいつらはウォーターセブンを無事に出航してここへ来たんじゃねェのか!?」と言って笑った。その後、ルフィ達は大暴れをし、スパンダムはCP9に麦わらの一味の抹殺を言い渡した。それを聞いていたフランキーは「顔をあげろ、ニコ・ロビン。お前が仲間の為に呑んだ政府からの協定もあっさり破られたはず。もう、あいつらの助けに応じてここを脱出するしか道はねェ筈だ。なのにお前一人が、まだ何かから逃げ回ってるみてェによ…。お前が目を逸らしてたら、あいつらお前を救えねぇんだぞ!今からお前を麦わらに合わせる。」とロビンに告げて部屋から連れ出した。そこから見える対岸にルフィ達は集合していた。

ロビンは「私はもうあなた達の顔も見たくもないのに!どうして助けに来たりするの!?私はもう…死にたいのよ!」と話すと、ルフィは「あのなァ!お前!おれ達ここまで来ちまったから、とにかく助けるからよ!そんでなァ、それでもまだお前死にたかったら、そしたら、その時しね!」と返した。しかし、ロビンはそれでもルフィ達に助けられる決心をつけられずにいた。ロビンは故郷オハラで起こった来事を思い返していた。
「20年前…私から全てを奪い、大勢の人達の人生を狂わせた…たった一度の攻撃が『バスターコール』…!その攻撃が…やっと出会えた気を許せる仲間達に向けられた。私があなた達と一緒にいたいと望めば望むほど、私の運命があなた達に牙をむく!私には海をどこまで進んでも、振り払えない巨大な敵がいる!私の敵は…『世界』とその『闇』だから…!青キジの時も!今回の事も…!もう二度もあなた達を巻き込んだ…!これが永遠に続けばどんなに気のいいあなた達だって…!いつか重荷に思う!いつか私を裏切って捨てるに決まってる!それが一番怖いの!…だから助けに来て欲しくもなかった!いつか落とす命なら、私は今ここで死にたい!」と叫んだ。それを聞いたスパンダムは「そりゃそうだ!お前をかかえて邪魔だと思わねェバカはいねーよ!あの象徴(世界政府の旗)を見ろ海賊共ォー!あのマークは四つの海と『偉大なる航路(グランドライン)』にある170国以上の加盟国の結束を示すもの…!これが世界だ!この女がどれ程、巨大な組織に追われて来たかわかったかァ!」と言って笑った。するとルフィはウソップに「あの旗撃ち抜け。」と命じ、世界政府の旗を燃やした。旗への攻撃は宣戦布告を意味しており、それを見た役人たちは驚愕していた。スパンダムは「正気か貴様らァ!全世界を敵に回して生きてられると思うなよォ!」と言うが、ルフィは「望むところだァーっ!」と叫んだ。
ルフィは「ロビン!まだお前の口から聞いてねェ!『生きたい』と言えェ!」とロビンに言った。ロビンは「生きたいっ!私も一緒に海へ連れてって!」と生まれて初めて自身の本音を話した。それを聞いたルフィ達は笑い、ロビン奪還の為にCP9のメンバーと戦いを繰り広げる。

仲間を得たロビンを青キジは見逃した

フランキーの師匠やアイスバーグがプルトンの設計図を消去しないのはもし古代兵器が復活した時、それに対抗する力を残すためだった。フランキーはトムからロビンは世界兵器を呼び起こす危険人物だと知らされていた。しかし、ロビンが兵器を悪用する人物ではなく、またロビンを守ろうとする仲間がいると知ったフランキーは、プルトンの設計図を焼却した。それによりロビンは古代兵器を復活させる事ができる唯一の存在となった。

スパンダムはロビンを連れてエニエス・ロビーを脱出しようとした。ロビンは海楼石(海のエネルギーを持つ石であり、悪魔の実の能力者の力を制限する事ができる)の手錠をはめれられており、それに従うしかなかった。逃走の途中、スパンダムは誤ってバスターコールを発動させてしまう。ロビンは石橋を噛んで踏みとどまった。しかし、スパンダムは無理矢理ロビンを連行しようとする。その時、スパンダムと周囲にいた衛兵達がウソップに狙撃された。更にそこにフランキーも現れ、ロビンを守った。ロビンの海楼石の錠の鍵はCP9のメンバーが持っていたが、麦わらの一味が倒して鍵を集めていた。それによりロビンは開放される。
バスターコールにより軍艦が押し寄せ、エニエス・ロビーに砲撃が始まった。ロビン達は押し寄せた海兵達と戦いながら、CP9一番の実力者であるロブ・ルッチと戦うルフィを待っていた。ルフィは死闘の末にロブ・ルッチを倒し、「一緒に帰るぞォ!ロビ〜ン!」と叫んだ。それを聞いたロビンは涙を流した。その後、麦わらの一味はウォーターセブンへと帰還した。

ウォーターセブンでは盛大な宴が開かれた。その時、ロビンは青キジと再会した。
青キジが「なぜいつもの様に逃げ出さなかった。お前一人なら『CP9』からも逃げ出せた筈だ。」と問うと、ロビンは「…今までとは違うと言ったでしょう?彼らを見殺しになんてできなかった…。」と答えた。青キジは「20年前オハラの為に戦った巨人ハグワール・D・サウロとおれは…親友だった。あの日…奴の意志をくみ…お前を島から逃したおれには、その後の人生を見届ける義務がある…!だが20年たっても宿る木もなく、追われては飛び回る危険な爆弾をこれ以上放置できないとふんだ。何より…お前はもう死にたがっていると思った…。おれは今回…オハラの全てに決着をつけるつもりでいたんだ。当然『CP9』が敗れるという結果はまったく予測できなかった…。」と続けた。「やっと宿り木が見つかったのか…!?」「サウロがお前を生かした事は…正しかったのか、間違いだったのか…これからお前は…その答えを見せてくれるのか?」と聞かれたロビンはそれを肯定した。青キジは「…だったらしっかり生きてみせろ…。オハラはまだ滅んじゃいねェ。」と言い残して姿を消した。

その後、麦わらの一味はフランキーを船大工として仲間に引き入れ、新たな船『サウザンド・サニー号』で海に出た。

シャボンディ諸島編

ルフィ達は王下七武海の1人ゲッコー・モリアを倒し、音楽家・ブルックを仲間に入れて旅を続けた。麦わらの一味が次に向かうのは深海にある『魚人島』であった。魚人島に行く為には船をシャボン玉でコーティングする必要があった。一行はコーティング職人に当てがある魚人のハチに連れ添って『シャボンディ諸島』へと向かった。

シャボンディ諸島には、世界政府を作った王達の末裔である『天竜人』がいた。天竜人は絶大な権力を持っており、気に入った女性を強制的に連行するなど横暴を働いていた。更に天竜人はハチを銃撃して捕らえようとしたり、ハチの友人の人魚・ケイミーを奴隷として買おうとする。それを見たルフィは激怒し、天竜人を殴りつけた。天竜人への暴行は大犯罪であり、それにより海軍大将・黄猿が軍を率いてシャボンディ諸島に押し寄せる。
麦わらの一味は3日後に集合する事を決め、バラバラに逃げる事にする。しかし、ピカピカの実(自然系の悪魔の実で、光の力を得られる)の能力者である黄猿から逃げるのは難しく、ルフィ達は追い詰められてしまう。それを救ったのは海賊王ゴール・D・ロジャーの船の副船長であるシルバーズ・レイリーだった。ハチの知り合いのコーティング職人とはレイリーの事だった。窮地を脱した一同だったが、そこに王下七武海のバーソロミュー・くまが現れる。くまはニキュニキュの実(肉球人間。手のひらの肉球は何でも弾き飛ばす事ができる)の能力で麦わらの一味の面々をバラバラに弾き飛ばした。それにより、麦わらの一味は離散することになった。

テキーラウルフ編

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ウソップとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の狙撃手。長く伸びたピノキオ鼻が特徴。 卓越した狙撃の腕前でパチンコを駆使して戦う。 臆病者で嘘つき。戦闘に関しては自信がなく、逃げ出そうとする事が多い。だが、仲間の為や誇りの為ならば身を切って戦おうとする一面もある。

Read Article

ゴール・D・ロジャー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ゴール・D・ロジャーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』を制覇して『海賊王』となった。処刑される事になるが、遺言で多くの人間を海へ駆り立て、『大海賊時代』を巻き起こした。主人公のルフィもその一人である。最後の島・ラフテルへとたどり着き、すべての謎を解き明かした重要人物である。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ヴィンスモーク・サンジとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』のコック。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な脚技を用いて戦闘を行う。大の女好きであり、綺麗な女性に対してはたとえ敵であっても目をハートにして優しく接する。幼少の頃に極度の飢餓を経験した事から、食べ物を粗末にする事を決して許さない。全ての海の魚が集うとされる『オールブルー』を夢見ている。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

カイドウ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

カイドウとは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。『世界最強の生物』と呼ばれる人物である。 ワノ国将軍・黒炭オロチと手を組み、ワノ国を牛耳っている。強大な軍勢を築いて世界を巻き込む戦争を引き起こそうとしている。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

トニートニー・チョッパーとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船医。人間ではなく、『ヒトヒトの実』を食べて人間の能力を得たトナカイである。 医療大国である『ドラム王国』の出身。自分自身がすべての病気を治せる『万能薬』になる事を夢見ている。

Read Article

黒ひげ/マーシャル・ D・ティーチ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

マーシャル・ D・ティーチ(通称:黒ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 かつては大海賊・白ひげ海賊団の船員であり、今では『新世界』に皇帝のように君臨する海賊『四皇』の1人に数えられている。ルフィの義兄弟・エースが死ぬことになった原因を作った、ルフィ宿敵の相手である。作中で唯一、悪魔の実の能力を2つ所持している人物である。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ゾロとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の三刀流の剣豪。麦わらの一味の主力の1人であり、強力な剣術を用いて戦闘を行う。 黒い手ぬぐい、左目の傷、腹巻き、左耳のピアスが特徴。冷静沈着で、剣士としての誇りを持っている。一味の中では副船長のような立場にある。

Read Article

ビッグ・マム/シャーロット・リンリン(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

シャーロット・リンリン(通称:ビッグ・マム)とは、ONE PIECEに登場する海賊である。 『偉大なる航路(グランドライン)』の後半の海『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。お菓子の為なら一国を滅ぼしてしまう凶悪な人物。 85人の子供を出産しており、その子供達とビッグ・マム海賊団を結成している。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

フランキー(本名:カティ・フラム)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の船大工。一味が乗っているサウザンド・サニー号を造った。 身体の前半分を機械化したサイボーグで、様々な兵器を内蔵している。義理人情に厚く、兄貴肌な性格である。自他ともに認める変態であり、下半身は必ずビキニパンツ一丁という格好をしている。

Read Article

トラファルガー・ロー(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

トラファルガー・ロー(本名:トラファルガー・D・ワーテル・ロー)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。ルフィと同じく『最悪の世代』の1人であり、『ハートの海賊団』の船長である。『王下七武海』にもなっている。 『新世界編』では、ルフィ率いる麦わらの一味と同盟を組み、強敵たちと激戦を繰り広げる。ルフィと同じく『D』を名に持つ人物である。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

モンキー・D・ルフィとは、『ONE PIECE』の主人公であり、麦わらの一味の船長である。 左目の下の傷と、麦わら帽子が特徴。『ゴムゴムの実』を食べ、全身がゴムの『ゴム人間』になった。命を救ってくれた恩人・シャンクスに憧れ、海賊となった。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した『ひとつなぎの財宝(ワンピース)』を求めて海に出て、様々な冒険を繰り広げる。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

ナミとは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 主人公・ルフィ率いる『麦わらの一味』の航海士。幼少から学んできた航海術と、身体で気候の変化を感じ取る才能で『偉大なる航路(グランドライン)』のデタラメな気候を乗り越える。 整った顔立ちと、魅力的なスタイルの持ち主。金には意地汚く、金銀財宝を目の前にすると、人が変わる。

Read Article

光月おでん(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

光月おでんとは、『ONE PIECE』に登場するワノ国の侍で、重要人物の一人である。 破天荒だが、その大きすぎる器に多くの者が惹かれている。作品で重要な意味を持つ『歴史の本文(ポーネグリフ)』を作った『光月家』に生まれ、四皇"白ひげ"ことエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団、そして海賊王ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に在籍した。ロジャーと共に『ラフテル』へと辿り着き、全ての真実を知った男である。

Read Article

白ひげ/エドワード・ニューゲート(ONE PIECE)の徹底解説まとめ

エドワード・ニューゲート(通称:白ひげ)とは、『ONE PIECE』に登場する海賊である。 海賊王『ゴール・D・ロジャー』と渡り合った大海賊。『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。グラグラの実の能力者で『世界最強の男』と称されていた。 ロジャー、エース、おでんといった重要人物と大きく関わっている。『マリンフォード頂上戦争』の戦いで死亡した。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

フランキー/カティ・フラム(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフまとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

目次 - Contents