装甲騎兵ボトムズ(VOTOMS)のネタバレ解説・考察まとめ

装甲騎兵ボトムズ(Armored Trooper VOTOMS)とは、日本サンライズ(現・サンライズ)制作のロボットアニメである。テレビシリーズが1983年4月1日から、1984年3月23日までテレビ東京系で放送された。テレビシリーズは全52話である。
テレビシリーズの後日談や、サブエピソードを描いた小説、漫画、OVA作品が制作、発表され続けている。
アーマードトルーパー(通称AT)と呼ばれる、大量生産の安価なロボット兵器が、主役機、敵機、関係なく次々と撃破されていく姿は、圧巻である。

『装甲騎兵ボトムズ』の概要

本作はアニメ監督の、高橋良輔によるロボットアニメだ。同監督によるロボットアニメ、「太陽の牙ダグラム」(1981年~1983年)に続くリアルロボット路線の作品である。
本作に登場するロボット、アーマードトルーパー(通称AT)は、作中ではありふれた単なる機械、単なる兵器として登場させている。これは「太陽の牙ダグラム」以上に徹底した描写だ。1979年に始まった「機動戦士ガンダム」に始まるサンライズのリアルロボット路線では、本作が一つの頂点に達したと言われている。また本作は、監督の高橋良輔、キャラクターデザインの塩山記生、主人公の声を演じた郷田ほづみ、音楽を担当した乾裕樹のそれぞれの代表作の一つとされている。
テレビシリーズが終了後にも、OVAで続編、派生作品が多数制作されている。一部の外伝作品を除き一貫して主役は、キリコ・キュービーが務めている。この作品の主人公、キリコ・キュービーのキャラクターとしての人気の高さが伺える。

本作のストーリーは4つのパートに分かれている。治安警察と暴走族が牛耳る「ウド」(第1話~第13話)。反政府軍との内乱が続く、熱帯の王国「クメン」(第14話~第27話)。砂漠の惑星「サンサ」(第29話~第39話)。主人公のキリコの出生の秘密が隠された惑星「クエント」(第41話~第52話)。
舞台が変わる毎に、市街戦・湿地戦・宇宙戦・砂漠戦など、さまざまなバリエーションの戦闘シーンが用意されている。戦いの舞台を1クールごとに改める事で、視聴者が飽きさせない工夫がなされている。これは監督の高橋良輔が、前作「太陽の牙ダグラム」の舞台が砂漠だけで、絵柄が単調になってしまった為とされている。とりわけ「クメン」編は、ベトナム戦争さながらの緑の地獄を描き、全話の中でも人気が高い。

キリコ・キュービィーが搭乗する主役メカ、スコープドッグも、本編中何度も乗り捨てられたり、破壊されたりしている。また、色違いの機体を敵陣営が使用していたりと、それまでのロボットアニメの“主役用にカスタマイズされたメカ”という描写がなく、単なる兵器としての演出が全面に出ている。
装甲騎兵ボトムズは、テレビ放映中、平均視聴率は高いとはいえなかったが、AT(スコープドッグ)関連のプラモデル、玩具類のセールスが好調だったため、打ち切られる事なく4クールの放映を全うした。

『装甲騎兵ボトムズ』のあらすじ・ストーリー

ウド篇

終戦直前の作戦中、キリコは冷凍睡眠用カプセルの中で眠る謎の女と遭遇する。

アストラギウス銀河に君臨する二大強国ギルガメスとバララントは、もはや開戦の理由も分からなくなった宇宙戦争を100年もの間続けていた。俗に百年戦争と呼ばれるそれが、ようやくにして終戦を迎えた時、多くの兵士が戦場で負った傷心を抱えたままそれぞれの故郷へと戻り、しかし日常に馴染めず苦しんでいた。
ギルガメス軍の兵士でAT乗りだったキリコ・キュービーは、終戦直前の最後の作戦で、冷凍睡眠用のカプセルで眠る謎の美女と出会う。その後キリコはどういうわけか友軍に狙われ、捕らえられ、ジャン・ポール・ロッチナというギルガメス軍の情報将校から「何を目撃したのか」について拷問を受ける。隙をついて逃げ出し、そのまま軍を脱走したキリコは、そこでようやく百年戦争の終わりを知るのだった。

その後キリコは、ギルガメス軍の追手から逃れるため、惑星メルキアのウドという名の街に潜伏する。ウドは戦争難民や行き場のない帰還兵が大量に流れ着く街であり、身を隠すにはちょうどいい場所ではあったが、極めて治安の悪い場所でもあった。
街の支配者に捕まり、彼らに命じられるまま強制労働に従事していたキリコだったが、労働者の反乱に乗じてここを脱出。その後ブールーズ・ゴウトという闇商人、彼の下で働いていたバニラ・バートラー、戦災孤児のココナと出会い、その兵士としての経歴を見込まれて「バトリング」という違法競技に参加することとなる。

バトリングとは、AT同士の模擬戦を興業化したものである。キリコはその腕前を見せつけて連戦連勝を続け、ウドの街の裏社会で注目される存在となっていく。しかしそれを理由に裏社会の大物たちから睨まれ、次第に彼らの権力闘争に巻き込まれていった。
自分の運命が他人に左右されることを疎んじる一方、世話になったゴウトたちを見捨てることもできずに葛藤するキリコ。しかし最後の作戦で目撃した謎の女がバトリングの相手として立ちはだかったこと、彼女の名前が「フィアナ」であることをなぜか思い出したこと、どういうわけかフィアナに惹かれる自分を抑えられないことから、次第に自分からウドの闇とフィアナの謎に関わっていくこととなる。

キリコを始末せんとする者、彼を利用して邪魔者を排除しようと画策する者、フィアナを裏で操る謎の組織。彼らの暗闘は、やがて大規模な暴動という形で爆発し、ウドの街は炎で包まれる。
からくもこれを切り抜けて生き残る一方、キリコはこの街で助け合って生きてきたゴウト、バニラ、ココナの3人とはぐれ、彼らの生死もフィアナの行方も分からぬまま、失意を抱えてウドを後にする。

クメン編

ウドの街で別れたゴウト(左端)、ココナ(左から2人目)、バニラ(右端)と再会するキリコ。

その後キリコは、各地を転々とした末に、惑星メルキアのクメン王国へと流れ着く。クメン王国は歴史ある小国だが、メルキア連邦政府からの干渉と彼らの要求する近代化をどこまで受け入れるかで国が二分し、激しい内乱が続いていた。
国の未来のためにむりやりにでも近代化を推し進めようとする王家と、それに異を唱える反対派をまとめ上げて「神聖クメン王国」を樹立した第三王子ヒロラム・カンジェルマンの対立は、カンジェルマンの抱えるビーラーゲリラという戦闘部隊とそれを支援する謎の秘密結社の存在により、後者が優勢を保っていた。これに対抗するための戦力を王家は欲しており、キリコはアッセンブルEX-10という傭兵部隊の一員として内乱に参加していたのだった。

部隊長のカン・ユーに振り回されながら、ブリ・キデーラ、ポル・ポタリア、ル・シャッコといった傭兵仲間と共に戦場を駆け抜けていく中、キリコはここでゴウト、バニラ、ココナとも再会を果たす。彼らもまた暴動により滅びていくウドをなんとか脱出し、新たな仕事と儲け話を求めてクメン王国にやってきていた。互いの無事を喜ぶキリコたちだったが、秘密結社からの戦力提供と彼らの暗躍により、クメン王国の内乱は次第に混迷を深めていく。
戦いの中、キリコは戦場でフィアナと再会。彼女が秘密結社によって作られた、PS(パーフェクトソルジャー)という人為的な手法で兵士としての能力を極限まで高めた存在であることを知る。敵味方の垣根を超えて交流し、互いに惹かれ合うキリコとフィアナ。しかし2人目のPSであるイプシロンはそれを快く思わず、その圧倒的な実力で王国正規軍に大打撃を与え、キリコも生け捕りにされてしまう。

処刑されそうになるキリコだったが、フィアナの機転でこれを切り抜ける。一方、王国正規軍はメルキア連邦政府を味方につけた上で神聖クメン王国の本拠地に大攻勢を仕掛け、ついにこの内乱に決着をつける。ビーラーゲリラの中心戦力である秘密結社、その主力であるイプシロンがキリコにこだわるあまり主戦場で力を発揮し切れなかったことも勝利の要因となった。
神聖クメン王国のリーダーであるカンジェルマンは「旧体制の象徴として自分が倒されることで、クメン王国の人々に近代化を受け入れさせ、この国にさらなる繁栄をもたらす」という己の真の目的を幼馴染のポタリアに語り、彼によって討たれる。秘密結社が協力を申し出てきたことはカンジェルマンにとっても意外だったが、それすらもうまく利用して自らが憎まれ役となり、クメン王国の膿を出し切ろうとしていたのだった。

こうしてクメン王国での戦いは終結。キリコはゴウトたちや傭兵仲間と別れ、秘密結社を裏切ったフィアナと共に、あてもない逃亡生活を始める。

サンサ編

クメン王国を後にし、秘密結社の追手から逃げ続ける日々を送るキリコとフィアナは、無人の宇宙戦艦へと辿り着く。ここを当面の隠れ場所にしようと考える2人だったが、彼らが艦内に乗り込んだところで突如謎の音楽が鳴り響く。それはかつてキリコも所属していたことのあるギルガメス軍の精鋭部隊レッドショルダーのテーマであり、キリコにとっては同隊が行った数々の戦争犯罪と、それに自分も関与したのだということを否応なく思い出させる忌まわしいものだった。
過去の記憶に苦しむキリコをフィアナが案じる中、バララント軍の戦艦が接近。身を守るために応戦するしかなかったキリコとフィアナだが、皮肉にも2人のAT乗りとしての傑出した実力はバララント軍の興味を引く結果となる。「あれが噂のPSではないのか」と考えたバララント軍の執拗な追撃を受け、キリコたちは消耗していく。

キリコたちを乗せた宇宙戦艦はオートで動き出し、惑星サンサへと辿り着く。ここはかつてギルガメス軍とバララント軍が熾烈な戦いを繰り広げた荒涼とした星で、同時にキリコの故郷でもあった。ここでもゴウト、バニラ、ココナの3人組と再会するキリコだったが、彼らと共に仕事をしているゾフィーという男は家族をレッドショルダーに殺された過去を持ち、キリコがかつてレッドショルダーに所属していたと聞いて憎悪を隠せなくなっていく。
PSを手中にせんと迫るバララント軍、さらにはキリコとの決着を望むイプシロンと秘密結社の部隊の攻撃を回避しながら、キリコはフィアナのためにヂヂリウムを探し回る。PSはその延命のために定期的にヂヂリウムのシャワーを浴びる必要があり、バララント軍との戦いで消耗し衰弱したフィアナには急いでその処置を行う必要があった。キリコを憎むゾフィーがこれを密かに追うも、自身も戦災孤児であるココナの「家族を失ったのはお前だけじゃない」との言葉に反論できず、復讐を断念して去っていく。

なんとかヂヂリウムを確保してフィアナに処置を施すキリコだったが、ついにバララント軍に捕捉され、彼らの大攻勢を受ける。降伏し、フィアナやゴウトたちのことは見逃してほしいと相手の指揮官に直談判しようとするキリコだったが、驚いたことにバララント軍を率いていたのはギルガメス軍の将校のはずのロッチナだった。ロッチナはキリコの要望を受け入れる代わりに、イプシロンと一対一で決闘するよう迫る。
やむなくこれを承諾し、互いにATに乗った上でのイプシロンとの決闘に臨むキリコだったが、アクシデントから瓦礫の下に閉じ込められてしまう。生き残るために一時休戦し、協力して脱出を図る中、キリコは初めてイプシロンの個人としての人柄を知る。PSであることにのみ自分の価値を見出し、戦うことでしか生きる意味を確かめられない彼こそは、ウドの街へと辿り着く前のキリコとなんら変わらない“戦争の被害者”だった。

イプシロンに対して共感と哀れみを感じるキリコだったが、フィアナやゴウトたちのためには彼を倒さなければならない。救出された後、改めて2人は決闘し、キリコは対PS用に調整したプログラムでイプシロンに対抗。ついに彼を打ち倒す。PSである自分を倒したお前もまたPSであるはずだと瀕死のイプシロンに迫られたキリコは、当初は対PS用プログラムのお陰だと否定するも、自身のATのコンピュータが戦闘中に焼き切れていたことが明らかとなり、自分の力だけでイプシロンを倒したことを認めざるを得なくなる。
それはつまり、キリコがPSに匹敵する戦闘力を持つことを、PSと同等の存在であることを証明するも同然だった。同じPSに敗れたのなら納得だと、イプシロンは戦士としての誇りを抱いたまま息を引き取る。自分自身が何者なのか分からなくなったキリコに、ロッチナが「真実を知りたければ自分に従え」と囁く。彼の言葉を受け入れ、キリコは仲間たちと別れて1人惑星クエントへと向かうのだった。

クエント編

「銀河をも支配する力を継承し、新たな神となれ」というワイズマンの誘いを受けたキリコは、これを承諾して仲間に牙を剥く。

惑星クエントにやってきたキリコは、そこでクメン王国で共に戦ったシャッコと再会する。シャッコはもともとクエントの出身で、クメン王国との契約が切れたため戻ってきていたのだという。
クエントのどこに自分の秘密につながる情報があるのか、困惑しながらも同行を申し出てくれたシャッコと共に旅を続けるキリコ。クエントにはもともとギルガメス軍とバララント軍が駐留しており、ここにロッチナたち秘密結社の部隊が乗り込んできたことで三つ巴の戦いが巻き起こる。キリコもまたここに巻き込まれ、敵を変え、機体を変え、戦場を変えながらこれを切り抜けていく。

誰が何を求めているのかも分からない戦いの中、キリコは謎の声に導かれ、クエントの上空に浮かぶ人工天体へと向かう。キリコの脳内に直接呼びかけるその謎の声こそは、アストラギウス銀河に遥かな昔から君臨してきた存在ワイズマンのものだった。ワイズマンとは、今のそれを遥かに凌駕する文明を築いていた古代クエント人たちが自身の精神を原形質保存装置に記憶させた存在で、“神”を自称して銀河中の人々の運命を好き勝手に弄んでいたのだ。
キリコこそは古代クエント文明の終焉のきっかけとなった“異能者”の末裔で、その兵士としての能力だけを人為的に再現したのがPSだった。今までキリコが様々な修羅場を味わわされてきたのは、彼が本当に異能者なのかどうかを確かめようというワイズマンの策略だったのである。自らの下へと辿り着いたキリコを異能者と、新たな神となるべき存在だと認め、ワイズマンは自身の全てを彼に継承させると宣言する。

自分たちがキリコを導くためだけにワイズマンに利用されたことを知った秘密結社は反旗を翻し、ギルガメス軍やバララント軍も利用しつつその遺産を我が物にせんと原形質保存装置が安置されている大裂溝ほと迫る。銀河の全てを裏から操ることさえ造作も無く実行できる力を得たキリコは、自身が新たな神になることを宣言してこれを迎撃。キリコを止めようとしたフィアナさえも手にかけ、異能者としての恐るべき力を見せつけて全ての敵を撃滅する。
改めてキリコの力を見届けたワイズマンは、いよいよ全てを継承させるべく彼を自らの本体が安置されている中心区画へと迎え入れる。しかしキリコはここで突如ワイズマンを裏切り、原形質保存装置のことごとくを破壊していく。

「たとえ神にだって、俺は従わない」
驚き、恐慌するワイズマンに、自分は誰かを支配することも支配されることも拒否すると宣言するキリコ。全てを手に入れるチャンスを得ながらそれを放棄するキリコにロッチナが驚き、これを止めようとするも、駆けつけたフィアナによって阻止される。フィアナはキリコに倒された際、彼がわざと手心を加えていたことから「従ったふりをして油断させてからワイズマンを倒す」という意図を見抜き、それをフォローするために立ち回っていたのだった。
全ての因縁に決着をつけた後、キリコは最後まで協力してくれたゴウト、バニラ、ココナの3人とシャッコに別れを告げて、フィアナと共に旅に出る。PSであるフィアナに残された残り僅かな時間を、2人で穏やかに過ごすことがその目的だった。

やがてギルガメスとバララントの和平が脆くも崩れ、アストラギウス銀河に新たな戦乱の兆しが見え始めると、キリコは「戦争がある限り自分たちは利用されるだけだ」と悟り、フィアナと共に冷凍睡眠用のカプセルで眠りにつく。いつか再び目覚める時、そこが平和で戦争のない時代であることを願い、2人を乗せたカプセルは宇宙を漂うのだった。

『装甲騎兵ボトムズ』の登場人物・キャラクター

キリコ・キュービィー

CV:郷田ほづみ
『装甲騎兵ボトムズ』の主人公。また本作品以外のボトムズ関連の、OVAでも主人公を務める。
テレビシリーズ第一話の時点では、年齢18歳である。ギルガメス歴(アストラギウス暦7196年)7月7日生まれ。その正体はアウトラギウス銀河を裏で支配する“ワイズマン”によって生み出された異能者にして、生まれながらのパーフェクトソルジャー(PS)である。

本人の過去の記憶が曖昧な為、正確な出身は不明である。性格は、冷静沈着かつ寡黙で不愛想、本人曰く、「くそ真面目な男」である。後に出会い仲間となる、バニラ・バートラーには「根暗」とからかわれるが、長引く戦争と、ボトムズ乗りとしての本人の過酷な体験が、性格を歪めた部分が大きい。物語序盤は、仲間たちの計画に積極的に参加したがらなかった。一方で信頼した仲間や、受けた恩には報いようとする義理堅い男でもある。
18歳と若いからか血気盛んな面もあり、自身を窮地に陥れた相手を探そうと躍起になり、リスクを顧みず突っ走り、暴走する事もある。バニラ・バートラー、ブールーズ・ゴウト、ココナの3人とは、「ウド」編で出会い、以降この3人とは行動を共にする様になる。物語終盤では、彼らと打ち解け冗談や軽口も言う様になる。

番組のアイキャッチで手前に振り向くキリコ・キュービー。

6eyamapon6623
6eyamapon6623
@6eyamapon6623

Related Articles関連記事

機甲猟兵メロウリンク(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

機甲猟兵メロウリンク(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『機甲猟兵メロウリンク』とは1989年にサンライズで制作されたOVA作品。全12話。 同社の人気作『装甲騎兵ボトムズ』シリーズ初となる、別主人公の外伝作品として制作された。 二つの陣営に分かれた百年戦争が続くアストラギウス銀河を舞台に軍の謀略に伴う作戦で仲間を謀殺された機甲猟兵メロウリンクによる復讐劇。シリーズ構成に高橋良輔、キャラクターデザイン・作画監督に谷口守泰、音楽に乾祐樹と、同シリーズでおなじみのスタッフに加え、監督に『機甲戦記ドラグナー』等を手掛けた神田武幸を迎えている。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED(シード)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムSEED(シード)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

伝説巨神イデオン(THE IDEON)のネタバレ解説・考察まとめ

伝説巨神イデオン(THE IDEON)のネタバレ解説・考察まとめ

『伝説巨神イデオン』は日本サンライズ制作・富野喜幸監督(当時)による日本のアニメ。 地球植民星ソロで発掘された、第6文明人の遺跡かつ変形合体する巨大ロボット「イデオン」と、その力の源「無限力イデ」を巡り、地球人と異星人バッフ・クラン両文明の衝突が発生。 銀河全体を巻き込む果て無き抗争へ発展していき、それを見つめ続けたイデの裁きによる全文明の終焉と全人類の輪廻転生までを描いた「解り合えぬ人々」を主役とした群像劇。 『新世紀エヴァンゲリオン』に強い影響(元ネタ)を与えた作品としても有名である。

Read Article

機動戦士ガンダムF91(Formula 91)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムF91(Formula 91)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムF91は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズである「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と貴族主義を掲げるクロスボーン・バンガードとの戦いを描く。 「人は、いつ戦争を忘れることが出来るのか?」がキャッチコピーとしてつけられた。

Read Article

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム00』とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは富野由悠季氏による日本のアニメーション作品。 技術の頂点を極めた人々が戦争の末に人類を滅亡しかけた宇宙世紀の1000年以上後を舞台にしている。命からがら生き延びた人々は新しい時代を「リギルド・センチュリー(R・C)」と名付け、さらには同じ轍を踏まぬよう技術に制限をかけ再び繁栄を初めていた。 明るく純粋無垢な主人公ベルリ・ゼナム、少し世話の焼けるお嬢様アイーダ・スルガンの二人の成り行きで始まった世界の仕組みを知る旅の物語である。

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムΖΖ』とはガンダムシリーズの3作目として1986年3月~1987年1月に放映された。スペース・コロニー「サイド1」でジャンク屋を営んでいた「ジュドー・アーシタ」は前作Z(ゼータ)ガンダムの主人公「カミーユ・ビダン」との邂逅によりニュータイプとして目覚めたことをきっかけにモビルスーツのパイロットとして戦火へと身を投じてゆく。

Read Article

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91(Mobile Suit Gundam F91)は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と武装集団クロスボーン・バンガードの戦いを描く。 シリーズの代名詞である人型兵器モビルスーツも、作品の見どころのひとつとして挙げられる。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

機動武闘伝Gガンダム(Gガン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動武闘伝Gガンダム(Gガン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動武闘伝Gガンダムとは、1994年より地上波で放送されたテレビアニメ作品。 未来世紀60年、スペースコロニー間の代理戦争として行われるガンダムファイトを戦う、ファイターたちの成長を描く。 ガンダムシリーズの監督である富野由悠季以外の手によって製作されたアニメで、従来とのシリーズ作品との繋がりはなくなっている。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

男子高校生の日常(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

男子高校生の日常(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「男子高校生の日常」とは山内泰延によるギャグ漫画、及び2012年にサンライズで制作されたアニメーション作品。2013年には実写映画化もされた。男子高校生たちの日常生活の中で起こるギャグを描いた作品。また男キャラに負けない存在感と力強さを持った女子高校生達も登場する。主人公のタダクニに入野自由、タダクニの友人ヒデノリとヨシタケに杉田智和と鈴村健一などベテラン声優が数多く出演している。

Read Article

スクライド(s.CRY.ed / s-CRY-ed)のネタバレ解説・考察まとめ

スクライド(s.CRY.ed / s-CRY-ed)のネタバレ解説・考察まとめ

監督・谷口悟朗、脚本・黒田洋介によるサンライズ制作のオリジナルアニメーション作品。2001年7月4日から12月26日まで放送され、熱いストーリー展開で人気を博した。アルター能力者であるカズマが好敵手である龍鳳や多くの敵との戦い、さらには本土からの刺客との激戦を繰り広げる能力バトルアニメである。

Read Article

夏色キセキ(スフィア)のネタバレ解説・考察まとめ

夏色キセキ(スフィア)のネタバレ解説・考察まとめ

『夏色キセキ』は2012年4月から6月まで放送されたテレビアニメ。 2009年の結成当初から温められていた寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生による声優ユニット「スフィア」の4人を主演にしたアニメの企画が実現したもので、静岡県下田市に住む女子中学2年生4人の日常と、御石様と呼ばれる願い事を叶える不思議な石の力によって巻き起こる「キセキ」が描かれている。 作品の舞台となった下田市民からは作品終了後も愛されており、キャラクターの誕生日が近付くと「誕生日会」と銘打ったオフ会イベントが行われている。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

ガンダムシリーズの宇宙世紀年表まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブルとは、「機動戦士ガンダムシリーズ」に登場するキャラクターである。 天才的なパイロットにしてシリーズの初代主人公「アムロ・レイ」のライバルであり、同時に謀略家としての一面を持つ。常に仮面で顔を隠しているが、アムロにとっての敵でもあるジオン公国、それを統べるザビ家への復讐を胸に秘める。そのため時にアムロたちを利用し、時に手柄として付け狙い、やがて壮絶な私闘を繰り広げていくこととなる。 そのミステリアスな雰囲気と華々しい活躍から、シリーズ全体でも屈指の人気キャラクターである。

Read Article

異世界居酒屋「のぶ」(蝉川夏哉)のネタバレ解説・考察まとめ

異世界居酒屋「のぶ」(蝉川夏哉)のネタバレ解説・考察まとめ

『異世界居酒屋「のぶ」』は、蝉川夏哉によるライトノベルを原作とし、コミカライズ・スピンアウト・アニメ・ドラマと多岐にわたるメディアミックス化をしている。異世界転移というジャンルではあるが、経営している居酒屋の入口が異世界に通じ現代日本の料理と酒で異世界の人々を癒すという異世界転移にグルメジャンルを取り入れた異色のストーリーだ。帝国の古都アイテーリアにある居酒屋「のぶ」。そこはアイテーリアの人々が見たこともないようなお酒や料理を出し訪れた客を暖かく癒やしてくれる不思議な居酒屋だった。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-IIとは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』および『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、人型兵器「モビルスーツ」の一機で『機動戦士Ζガンダム』の物語前半に主役機を務める。 モビルスーツの外装と骨格を、生き物のように分ける事を可能とした「ムーバブルフレーム」を採用し、革新的な運動性能を得た。地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」にて製造されたが、反地球連邦組織「エゥーゴ」によって全機が奪取されている。 主たるパイロットはカミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ。

Read Article

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダムとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する人型兵器「モビルスーツ」の一機で、同作品の主役機を務める。 地球連邦政府に対して反乱を起こした「シャア・アズナブル」と決着をつけるために、その宿命のライバル「アムロ・レイ」が設計から関わり完成させた。搭乗する人間の意志に反応する、モビルスーツ用構造部材であるサイコフレームを搭載し、それによって精神波操縦兵装フィン・ファンネルを使用する事が可能になっている。

Read Article

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

アムロ・レイとは『機動戦士ガンダム』の主人公であり、作中ではRX-78-2 ガンダムのパイロットを務めた。人類革新の姿「ニュータイプ」であるとされ、非常に強い感受性を持っている。 作中最強のパイロットであるともされ、そのモビルスーツ操縦技術は非常に高い。 劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でも大人となったアムロが主役を務めた。 また、1979年より続くガンダムシリーズにおける最初の主人公でもあり、そのため「ガンダムといえばアムロ」というほどに高い知名度を誇っている。

Read Article

ガンダムF91(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムF91(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムF91とは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』に登場する、主役メカ(モビルスーツ)である。従来のガンダムシリーズに登場したモビルスーツの平均20m程度の全長よりも一回り小さく、15mとなったが、より高性能であると設定されているのが特徴。 また、この小型化設定により本機を含めて『機動戦士ガンダムF91』のプラモデルシリーズは、従来のガンダムシリーズプラモデル主力スケールだった144分の1から、100分の1へと拡大されて展開された。

Read Article

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダム(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

RX-78-2 ガンダムとは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する人型機動兵器「モビルスーツ」の一機にして、同作の主役機である。 敵対するジオン公国軍のモビルスーツ開発に後れを取った、地球連邦軍によるモビルスーツ開発・配備計画「V作戦」の一貫として製造された試作機。あらゆるコストを度外視して設計・製造されたため非常に高性能であり、戦艦の主砲並の威力を持つビーム兵器「ビームライフル」を運用できる。 主たるパイロットはアムロ・レイ。

Read Article

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムAGE」とは2011年10月から2012年9月までMBS・TBS系列にて放送されたテレビアニメである。突如あらわれた謎の勢力との戦争の中で、主人公(フリット、アセム、キオ)が世代交代していくのが特徴だ。子供向けの絵柄とは裏腹に、敵との戦争の中で各々の異なった葛藤を描いているのも魅力の一つであり、子供から大人まで楽しめる作品となっている。

Read Article

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

Ζガンダム(ゼータガンダム)とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の主役機であり、ウェイブライダー(戦闘機)形態への変形機能を有する可変型モビルスーツである。 機動力を特色としたバランスの良い機体で、同世代では最強クラスの性能を誇る。ただし操縦性は悪く、パイロットにも高い資質が求められる。 また、バイオセンサーというニュータイプ(宇宙進出で感知力を増大した人種)の精神波に反応し、それを力に変えるシステムが搭載されており、パイロット次第ではスペック以上の性能を発揮する。

Read Article

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダン(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

カミーユ・ビダンとは『機動戦士Ζガンダム』に登場するキャラクターで、ガンダムシリーズで最高のニュータイプ(宇宙進出で超感知力を得た人類)能力を持った少年。 先の戦争で地球連邦に敗北したジオン残党狩りを目的とした特殊部隊ティターンズに反感を持ち、その配備モビルスーツ「ガンダムMk-II」を奪い、反連邦組織エゥーゴに参加し軍属となる。 後に「Ζガンダム」に乗り換え戦局を渡り歩くも、最終決戦で宿敵パプテマス・シロッコを倒すため精神をオーバーロードさせ、廃人になってしまった。

Read Article

ジュドー・アーシタ(機動戦士ガンダムΖΖ)の徹底解説・考察まとめ

ジュドー・アーシタ(機動戦士ガンダムΖΖ)の徹底解説・考察まとめ

ジュドー・アーシタとは、テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役であり、それまでのガンダムシリーズでは描かれてこなかった明るく元気な性格を持つニュータイプ(宇宙進出で感知能力を増大させた人種)である。 ジャンク屋として生活していたが、Ζガンダムのパイロットになり、後にΖΖガンダムを受領しつつ、エゥーゴおよび地球連邦軍と、ネオ・ジオン軍の戦いである第一次ネオ・ジオン抗争を戦い抜いた。

Read Article

∀ガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

∀ガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

∀ガンダムとは、テレビアニメ『∀ガンダム』に登場する主役メカ(モビルスーツ)であり、同時に全ての「ガンダム」が辿り着く終着点のようなキャラクター性を付与された、最強にして究極のガンダムである。 『∀ガンダム』の作中時間軸では、すでに忘れ去られた「黒歴史」の時代に建造されたモビルスーツであり、あらゆるもの砂と化す「月光蝶システム」を使用して黒歴史時代の地球文明を滅ぼしてしまったとされている。 『Gのレコンギスタ』発表までは、ガンダム正史上で最後に存在するガンダムとしても有名であった。

Read Article

シーブック・アノー(機動戦士ガンダムF91)の徹底解説・考察まとめ

シーブック・アノー(機動戦士ガンダムF91)の徹底解説・考察まとめ

シーブック・アノーとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主役キャラクターであり、同作主役モビルスーツ「ガンダムF91」のパイロットを務めた少年。 『機動戦士ガンダムF91』の後の時代を描いた、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズにも「キンケドゥ・ナウ」という名で出演している。 それまでのガンダムシリーズの主役達がクセの強い性格設定であった事に対し、突飛な部分が少ない、調和タイプのキャラクターとなっている。

Read Article

ΖΖガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ΖΖガンダム(モビルスーツ)の徹底解説・考察まとめ

ΖΖガンダム(ダブルゼータガンダム)とはアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機であり、多段変形合体機能に加えて、重武装を誇る恐竜的進化を遂げたモビルスーツである。 凄まじい戦闘能力を誇り、単機で戦局を変えうる可能性をも秘めている。 地球連邦軍およびエゥーゴと、ネオ・ジオンの戦いとなる、第一次ネオ・ジオン抗争の最中に地球連邦軍・エゥーゴの切り札として投入された。主なパイロットはジュドー・アーシタ。

Read Article

ロラン・セアック(∀ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ロラン・セアック(∀ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ロラン・セアックとは、アニメ『∀ガンダム』の主役キャラクターであり、褐色の肌に銀色の髪を持ったムーンレィス(月の民)の少年。 ガンダムシリーズの中でも随一といえるほどに優しい性格の持ち主で、命ある者と平和を心から愛し、故にこれを乱す「命を大切にしない者達」と粉骨砕身の覚悟で戦った。 過去のガンダム世界を土の下に埋葬して滅ぼしたモビルスーツ、∀ガンダムに偶然乗り込んだが、これもひとつの道具として捉え、単なるパイロットを超えて正しき使用者として接した。

Read Article

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(ポケ戦・ポケなか)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(ポケ戦・ポケなか)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とは、1979年から断続的に製作され続けているロボットアニメ『ガンダムシリーズ』の1作品で、「宇宙世紀」と呼ばれる架空の時代の出来事を描いたOVAである。 地球連邦軍の新型モビルスーツ・ガンダムNT-1の奪取または破壊任務を命じられたジオン軍の特殊部隊サイクロプス隊。リボーコロニーで暮らす少年アルは、偶然からサイクロプス隊の面々と交流し、その作戦に加担していく。やがて彼らの戦いはコロニーの命運をも巻き込み、アルに戦争の残酷さを突き付ける。

Read Article

蒼き流星SPTレイズナー(Blue Comet SPT Layzner)のネタバレ解説・考察まとめ

蒼き流星SPTレイズナー(Blue Comet SPT Layzner)のネタバレ解説・考察まとめ

『蒼き流星SPTレイズナー』とは、地球人とグラドス星人の混血児エイジが、地球侵略を目論むグラドス星の野望を阻むために戦う姿を描いた、1985年に制作された日本サンライズ(当時)制作の日本のロボットアニメである。スタイリッシュなキャラクターやSPTのデザインと、ハードな動きを追求した作画やリアルな設定で高い評価を得ながら、スポンサーが商品で事故を起こしてしまったために降板するという不運にあい、無念の打ち切りとなった。現代においても評価の高い『蒼き流星SPTレイズナー』についてまとめた。

Read Article

目次 - Contents