マイ・ドッグ・スキップ(My Dog Skip)のネタバレ解説まとめ

『マイ・ドッグ・スキップ』とは、2000年にアメリカ合衆国で公開された、孤独な少年と飼い犬の交流を描くヒューマン映画である。原作は作家ウィリー・モリスによる同名の自伝小説『My Dog Skip』。
原作者の回想記を元に、一匹の子犬との出会いによって、孤独な少年が愛と友情と別れを学び成長していく実話に基づいた感動ストーリー。監督はジェイ・ラッセル、主演はフランキー・ムニッズが務めた。

日本語吹替:横堀悦夫
マイ・ドッグ・スキップではナレーションで始まりナレーションで終わる。最初に原作者ウィリー・モリスが昔を思い出し、子供の頃を懐かしむように語り、ウィリーがどういった少年なのかの説明が入る。そして最後も「スキップは僕の心の中で眠っている」でナレーションは終わり、幼少期にスキップと遊んでいたシーンで終わる。ナレーションありきの映画である。

『マイ・ドッグ・スキップ』の用語

ウォルドー・グレイス

ウィリーが黒人の男の子から教えてもらった黒人の野球選手。男の子の地元では有名な野球選手だが、ウィリーは今まで隣人で地元のヒーローだった白人の野球選手しか見ていなかった。スキップを通してたくさんの人と出会い、たくさんの経験をしたウィリーは今まで見た事がなかった黒人達の野球試合を観戦しに行った。

魔女の墓

ビックボーイ達がウィリーの男としての度胸を試す為に、ウィリーに一晩過ごせと言った場所。その墓地には魔女が埋まっているとビックボーイ達は噂していた。そこで、ウィリーは一晩過ごし、見事ビックボーイ達に仲間として認めてもらえる事になる。

『マイ・ドッグ・スキップ』の魅力

犬の素晴らしさを感じる作品

犬を飼う事の素晴らしさを感じる事ができる作品。犬を通して、友情、恋愛、成長、命全てを学ぶ事ができるのだと感じさせられる。特にこの時代は、黒人への差別があった時代だが、犬には色など関係無い。スキップが居た事で、ウィリーは黒人の男の子と出会い友達になる。そして、その男の子から教えて貰い初めて黒人の野球選手の試合を見に行くようになる。今までは黒人とは少し距離を置いて過ごしてきたウィリーだったが、犬と共に生きて行く事で、考え方が少しづつ変わっていくのだ。

スタンドバイミーを彷彿とさせる作品

5人の子供が冒険に出る映画で有名な「スタンドバイミー」を彷彿とさせる作品でもある。今作は冒険ではないが、5人で集まり野球や映画館に行ったり、共にスキップに芸を教えたりと子供達の友情を感じられる事ができる作品でもある。

戦争の痛みも描いた作品

ウィリーの父親も片足を戦争でなくした退役軍人であり、戦争を経て笑顔を見せずに厳格な態度を取るようになってしまった。ウィリーが憧れていた隣人のディンクも戦争を経て、以前の輝きを失い酒に逃げてしまう。ディンクは死ぬ事の怖さよりも、人を殺す事への怖さがあったと告白した。ウィリーの父親は勲章を貰い戦争から帰還したが、勲章よりも片足が欲しかったと告げる。戦争は何かしらの犠牲を払わなくてはならないものであり、精神面、身体面の痛みが描かれている。

『マイ・ドッグ・スキップ』の名シーン・名場面

スキップのドライブ

ウィリーを車で迎えに来た母親は、学校から出てくるウィリーがいじめられっ子達からからかわれているのを目撃する。そこで母親はスキップを運転席に乗せて、犬が車を運転しているように見せてウィリーを元気づけた。この事がきっかけで、スキップは町中に知れ渡り人気者になっていく。

ウィリーの八つ当たり

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

Read Article

ストリート・オブ・ファイヤー(Streets of Fire)のネタバレ解説まとめ

『ストリート・オブ・ファイヤー』とは、ウォルター・ヒル監督による1984年製作のアメリカ映画。ロックンロールを中心とした音楽が効果的に使用された、ミュージック・ビデオ感覚のアクション映画である。本国アメリカよりも、日本で熱狂的に受け入れられ、1984年の「キネマ旬報」人気投票では読者部門第1位を獲得した。リッチモンドの街を舞台に、ストリートギャング“ボンバーズ”に拉致されたかつての恋人を救うため、故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描く。

Read Article

目次 - Contents