上弦の陸・妓夫太郎と堕姫(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

妓夫太郎・堕姫とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の陸に位している。
兄の妓夫太郎、妹の堕姫の二人で一体の鬼であり、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に落とさなければ倒すことができない。遊郭に巣喰い、多数の人間を喰らっていた。

堕姫の身体の中から現れた妓夫太郎

頸を斬られた堕姫は「ほんとにアタシは上弦の陸だもん!本当だもん!」と泣き出す。宇髄はそれに驚くが、堕姫の身体が崩壊しないことに疑問を抱く。その時、堕姫が「頸斬られちゃったああ!お兄ちゃああん!!」と叫んだ。すると堕姫の身体から妓夫太郎が姿を現す。
妓夫太郎は宇髄が防げないほどの速度で攻撃を仕掛ける。そして宇髄の優れた容姿を見て「妬ましいなああ。死んでくれねえかなぁあ。そりゃあもう苦しい死に方でなぁあ。」羨み、「取り立てるぜ俺はなぁ。やられた分は必ず取り立てる。死ぬときグルグル巡らせろ。俺の名は妓夫太郎だからなああ」と宣言した。妓夫太郎の持つ鎌は猛毒だった。宇髄は忍び故に毒に耐性を持っていたが、毒が効かないというわけでなく、毒で死ぬのは時間の問題だった。その後、炭治郎、善逸、伊之助が駆けつけ、炭治郎・宇髄と妓夫太郎、善逸・伊之助と堕姫に別れて戦いを始める。

炭治郎は宇髄と妓夫太郎の戦いに入り込むことができないが、宇髄に向けられた攻撃を捌いてサポートする。途中、宇髄の嫁である『雛鶴』が藤の花の毒が塗られたクナイを放つ。それにより妓夫太郎は一瞬蘇生ができなくなり、宇髄が足を斬っている隙に炭治郎は妓夫太郎の頸を狙う。しかし、妓夫太郎は即座に毒を分解し、ノーモーションで腕から血の斬撃を放つ『円斬旋回・飛び血鎌』を放って防いだ。妓夫太郎はクナイを放った雛鶴を狙うが、水の呼吸とヒノカミ神楽を混ぜ合わせた炭治郎によって阻止される。その後、炭治郎は善逸たちの戦いに巻き込まれる。善逸と伊之助は堕姫が繰り出す帯と、妓夫太郎が飛ばす血の斬撃に防戦一方だった。そこで、炭治郎は一時妓夫太郎を宇髄に任せ、先に堕姫の頸を先に落とすことにした。
堕姫の頸は柔らかく斬りにくいため、二刀流である伊之助が斬り落とすことになった。炭治郎と善逸が道を斬り開き、伊之助は見事に堕姫の頸を斬り落とす。伊之助は堕姫の頸を持って逃げようとするが、そこへ妓夫太郎がやってきて伊之助の胸を刺す。炭治郎が宇髄の方に目をやると、宇髄は左腕を斬り落とされて倒れていた。その時、堕姫の攻撃で建物が倒壊し、炭治郎はそれに巻き込まれて意識を失ってしまう。

頸を落とされた妓夫太郎と堕姫

炭治郎が目を覚ますと、目の前には妓夫太郎がいた。妓夫太郎は炭治郎のことを「虫けら、ボンクラ、のろまの腑抜け、役立たず」と罵る。善逸は建物の瓦礫に挟まれ、伊之助は胸を刺されて意識不明だった。妓夫太郎は炭治郎をからかうかのように「お前も鬼になったらどうだ!妹のために!そうじゃなきゃあ妹もぶち殺すぞ」と言う。炭治郎は一人になりながらも諦めることはなかった。炭治郎は落ちていた遊女の香り袋を破ることで、雛鶴から渡されていた藤の花の毒がついたクナイを妓夫太郎に悟られずに刺した。そして妓夫太郎に頭突きを入れて身体の自由が効かないうちに頸を斬ろうとする。堕姫がそれを阻止しようとするが、善逸が瓦礫から這い出て堕姫を抑える。妓夫太郎は『円斬旋回・飛び血鎌』を使い、炭治郎を退ける。そして炭治郎を殺そうとするが、そこへ宇髄が割り込んでくる。宇髄は毒で死んだと思われていたが、筋肉で心臓を止めて毒の回りを遅くしていた。宇髄は『譜面』という敵の攻撃や律動を音に起こし、敵の動きを読む独自の戦闘計算式を持っていた。『譜面』を完成させた宇髄は妓夫太郎の攻撃を捌き、炭治郎に頸を斬るように命じる。炭治郎は妓夫太郎に顎を鎌で貫かれながらも妓夫太郎の頸を刎ねた(この時、痣が発現している)。
一方、堕姫は善逸に頸を斬られかけていた。善逸は脚が壊れてしまうために2度しか使えない技『雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃 神速』を使っていた。そして、胸を貫かれて意識不明だったはずの伊之助も堕姫に斬りかかる。伊之助は身体が柔らかく、内臓をずらして致命傷を避けていた。そして堕姫も頸を落とされる。

明かされた妓夫太郎と堕姫の過去

生きたまま妹を焼かれた妓夫太郎

頸を刎ねられた妓夫太郎と堕姫は負けた原因を互いのせいにして罵り合っていた。白熱する堕姫は「…アンタみたいに醜い奴がアタシの兄妹なわけないわ!」と発言する。それを聞いた妓夫太郎は「お前なんか生まれてこなけりゃ良かった」と言おうとするが、それを炭治郎に止められる。炭治郎は「本当はそんなこと思ってないよ。全部嘘だよ。仲良くしよう。この世でたった二人の兄妹なんだから。君たちのしたことは誰も許してくれない。殺してきたたくさんの人に恨まれ憎まれて罵倒される。味方してくれる人なんていない。だからせめて二人だけはお互いを罵り合ったら駄目だ。」と話した。堕姫は「アタシたちに説教すんじゃないわよ!悔しいよう!何とかしてよォお兄ちゃあん!死にたくないよォ!」といって消えていった。その時、妓夫太郎は「梅!」と叫んだ。それは堕姫が人間だった頃の名だった。

100年以上前、妓夫太郎は遊郭街で生まれた。妓夫太郎の家は極貧で、妓夫太郎は食べ物が減るという理由で何度も母親に殺されかけた。さらに妓夫太郎は醜い容姿で、周囲の人間から疎まれた。妓夫太郎は鼠や虫を食い、客が忘れていった鎌で遊んでいた。そんなある日、妓夫太郎に妹の梅が産まれた。『梅』とは死んだ母親の病名からつけられた名前だった。梅は子供の頃から美しかった。そんな梅が妓夫太郎は誇らしく、自身の劣等感が気にならなくなった。腕っぷしが強かった妓夫太郎が取り立ての仕事を始め(遊郭で呼び込みや集金をする人間を『妓夫』と呼ぶ。その役職がそのまま妓夫太郎の名前となった)、梅は遊女となった。妓夫太郎は物事がうまく運んでいるような気がした。
しかし、梅が十三の頃、侍の客の目を簪で突いて失明させてしまう。その報復で梅は縛られ、生きたままに焼かれた。仕事から帰った妓夫太郎は、丸焦げとなった梅を見つけた。妓夫太郎は涙を流しながら「俺から取り立てるな!何も与えなかったくせに取り立てやがるのか!許さねえ!!元に戻せ俺の妹を!!でなけりゃ神も仏もみんな殺してやる!」と泣き叫んだ。その時、妓夫太郎は梅を焼いた侍から斬りつけられる。妓夫太郎を雇っていた女将がその凶暴さに耐えられず侍に厄介払いを頼んだのだった。妓夫太郎は傷を負いながらもその女将と侍を鎌で殺害した。
妓夫太郎は丸焦げになった梅を抱えて歩き、やがて力尽きて倒れた。そこに現れたのが上弦の弐である童磨だった(当時は陸)。そうして二人は鬼となった。

「鬼になったことに後悔はねぇ。俺は何度生まれ変わっても必ず鬼になる。幸せそうな他人を許さない。必ず奪って取り立てる妓夫太郎になる」と妓夫太郎は思った。しかし、妓夫太郎は一つ心残りがあった。それは梅が自身と育たなかったら真っ当な人間になっていたのではないか、という思いだった。

梅と一緒に炎に呑まれる妓夫太郎

気付くと妓夫太郎は暗闇に立っていた。そこへ堕姫が声を掛ける。堕姫は『梅』音姿をしていた。梅は妓夫太郎に着いて行こうとする。しかし妓夫太郎は「ついて来んじゃねえ!」と声を荒げて梅を拒否した。そして「お前とはもう兄妹でも何でもない。俺はこっちに行くからお前は反対の方、明るい方へ行け」と告げた。しかし梅は強引に妓夫太郎におぶさり「ずっと一緒にいるんだから!何回生まれ変わってもアタシはお兄ちゃんの妹になる絶対に!」と泣き叫んだ。妓夫太郎は子供の頃、「俺たちは二人なら最強だ。寒いのも腹ペコなのも全然へっちゃら。約束する。ずっと一緒だ。絶対離れない。」と梅と約束したのを思い出した。
そうして妓夫太郎は梅を背負って、地獄の業火の中へ消えていった。

妓夫太郎と堕姫の関連人物・キャラクター

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)

鬼の始祖にして頭領。偏執的なまでに用心深く、一方で残酷かつ横暴な人物。鬼殺隊の剣士が総力でかかってもなお圧倒されるほどの力の持ち主だが、四百年前に花札模様の耳飾りの剣士に一方的に殺されかかったことがある。炭治郎の耳飾りが同じ柄のものだったことから、「あの剣士と何か関係がある人物なのではないか」と疑い、彼を殺すことに固執していく。
配下の鬼の大半に興味を抱いていないが、堕姫のことはその醜悪な精神性と自分への忠誠心から特別に目をかけている。しかし戦力的には堕姫の存在が妓夫太郎の足を引っ張っていたことも理解しており、彼らが炭治郎たちに敗れた後は苛立ちながらそのことを罵っていた。

renote.jp

童磨(どうま)

鬼の中でも別格で強力な集団・十二鬼月の一員。上弦の弐という、上から数えて2番目に位置する存在で、鬼殺隊の剣士たちの戦い方を研究して編み出した多種多様な術を操る。
鬼のほとんどは人間だった頃の記憶をほぼ失っているが、童磨は例外的に自分の過去を全て覚えている。新興宗教「万世極楽教」の教祖という立場を隠れ蓑に、多くの信者を教え導く一方で食い殺すことを続けている。信者に対しては“立派な教祖”としての顔を崩さないが、本人は神仏を信じないどころか心の存在すら理解していない。高い知能を持ってはいるが、現代でいうサイコパス的なパーソナリティの持ち主。
人間だった頃の妓夫太郎と堕姫が死にかけていたところに現れ、「俺は優しいから見捨ててはおけない」と嘯いて彼らを鬼にする。自らスカウトした2人が上弦にまで上り詰めてきたことは、少なくとも表向きには好意的に評価しており、彼らが倒されたことを知った時は残念そうにしていた。
後に「組織の中で円滑に立ち回るために他者との関係を構築していた」ことが明らかとなり、妓夫太郎たちに見せた情も見せかけのものだったと思われる。

renote.jp

竈門炭治郎(かまど たんじろう)

鬼殺隊の新人剣士。やや天然なところはあるものの、真面目で責任感が強く、非常に優しい性格。竈門家の長男で、禰豆子からすると兄にあたる。
鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すために戦い続けている。人並外れて鋭い嗅覚を持ち、またまともにぶつければ鬼ですらひるむほどの石頭である。
“吉原に潜伏している鬼”を見つけるために、遊女に扮して遊郭に潜入。堕姫の存在に気付いてこれと交戦し、次いで妓夫太郎とも刃を交える。その実力に圧倒されるが、仲間たちと巧みに連携してこれを凌ぎ、ついに両者の首を落とす。
その後「お前のせいで負けた」と口汚く互いを罵る妓夫太郎と堕姫の前に現れ、「嘘だよ、2人とも本当はそんなこと思っていない」と指摘し、たった2人の兄妹なのだからせめて仲良くするように諭した。

renote.jp

竈門禰豆子(かまど ねずこ)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と必殺技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

Read Article

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると、家族が惨殺されており、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』では、本編では語られなかった裏話や細かい設定が「大正コソコソ噂話」として紹介されている。本記事ではそれらの情報をまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化され、その高いクオリティから世界的に人気となり、一大ブームを巻き起こした。 炭治郎は鬼舞辻無惨という鬼によって、家族を惨殺された上に妹の禰󠄀豆子を鬼にされた。禰󠄀豆子は強靭な精神力で人間を襲おうとしなかった。炭治郎は『鬼殺隊』という鬼を滅する組織へ入り、禰󠄀豆子を人間にする方法を探す。 この作品の特徴は、人間だけではなく敵である鬼も悲しみを抱えている所である。愛憎渦巻く名言が多数存在している。

Read Article

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』の原作コミックスには、表紙のイラストの他、カバー裏や扉絵、話の合間など多くのイラスト・挿絵が描かれている。この記事ではそれらの絵をまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

キメツ学園(鬼滅の刃スピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

キメツ学園(鬼滅の刃スピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

『中高一貫!!キメツ学園物語』とは、吾峠呼世晴による『鬼滅の刃』の公式スピンオフ漫画である。ジャンルはセルフパロディ、現代パロディ、学園パロディ、ギャグ。「中高一貫キメツ学園」を舞台に、『鬼滅の刃』のキャラクターたちが学生や教師としてユニークな現代風の設定で登場し、ドタバタの日常を繰り広げる。

Read Article

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼滅の刃の原作最終回では平和になった現代の様子が描かれているが、そこでは登場人物たちの子孫や生まれ変わりと思われる人物が多数登場している。本記事では、それらのキャラクターについてをまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 煉獄零巻』とは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典として作られた小冊子。450万部が発行され、全国の映画館で配布された。 内容は初任務に臨む煉獄杏寿郎の姿を描いた原作者吾峠呼世晴による特別読切、鬼殺隊報、アニメ版ストーリー紹介、出演声優へのインタビューなどで構成されている。原作でもファンブックでも明かされなかったとあるキャラクターの秘密も紹介され、初心者でもファンでも楽しめる内容になっている。非売品であり、公式サイトには転売を控えるよう希望する文章が書き添えられている。

Read Article

過狩り狩り・鬼殺の流(鬼滅の刃の前身漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

過狩り狩り・鬼殺の流(鬼滅の刃の前身漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による大ヒット漫画・アニメ作品『鬼滅の刃』。実はこの作品には、週刊少年ジャンプでの連載に至るまでの経緯で作られた、前身とも言える2つのプロトタイプ作品『過狩り狩り』『鬼殺の流』が存在する。この2作品の大まかな設定は鬼滅の刃とほぼ同じであるものの、主人公が異なるなどの違いがある。本記事では、その2作品についてをまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の鬼は伝染病・疫病が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

鬼滅の刃の鬼は伝染病・疫病が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。大正時代を舞台に、主人公竈門炭治郎及びその妹禰豆子と、人食い鬼達との戦いを描く。作中には様々な鬼が登場し、圧倒的な力で炭治郎と彼の所属する鬼殺隊を追い詰める。その中でも特に強力とされるのが、鬼の首魁鬼舞辻無惨直属の「十二鬼月」である。「十二鬼月」でも別格の強さを誇る「上弦」について、その名前の由来が大正時代に流行した疫病・伝染病であるという説がある。

Read Article

鬼滅の刃 浅草編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 浅草編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 浅草編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎は、鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を求めて戦い続けていた。ある時浅草に赴いた炭治郎は、鬼の頭領・鬼舞辻無惨と、その無惨の打倒を目指す鬼・珠世と出会う。医学に通じた珠世に禰豆子のことを相談する一方、無惨の放った刺客が炭治郎たちに迫っていた。

Read Article

鬼滅の刃 遊郭編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 遊郭編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 遊郭編』とは、吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』70話から97話に渡って描かれた、吉原を舞台とする物語である。2021年のアニメ化が決定している。 人食いの怪物・鬼。これを狩るための組織・鬼殺隊。鬼にされてしまった妹・禰豆子を守るために鬼殺隊に入隊した少年竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、ある時鬼殺隊最高位の剣士“柱”の一員である宇随天元に同期の仲間ともども強引に吉原へ連れ出される。ここに潜む鬼を探すため、遊女に扮して遊郭に入り込む炭治郎たちの前に、かつてない強敵が姿を現す。

Read Article

吾峠呼世晴短編集のネタバレ解説・考察まとめ

吾峠呼世晴短編集のネタバレ解説・考察まとめ

吾峠呼世晴短編集とは、大ヒット作品である『鬼滅の刃』の作者・吾峠呼世晴の読切作品をまとめたものである。鬼滅の刃の前身となった漫画賞受賞作品『過狩り狩り』や、週刊少年ジャンプに掲載された金未来杯参加作品『肋骨さん』など計4作品が収録されている。本記事では、それらの読切作品についてまとめていく。

Read Article

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。 大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

Read Article

鬼滅の刃の日輪刀まとめ

鬼滅の刃の日輪刀まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は鬼に家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へ入隊し、妹を人間に戻すため、鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼と戦う剣士たちは、特殊な刀「日輪刀」を用いて戦うが、この日輪刀には持ち主の才能によって違う色に変わるなどの特徴がある。本記事では、その日輪刀についてまとめていく。

Read Article

炭治郎の近況報告書(鬼殺隊見聞録・弐)のネタバレ解説・考察まとめ

炭治郎の近況報告書(鬼殺隊見聞録・弐)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 家族を鬼によって惨殺された竈門炭治郎。一人生き残るも鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族の仇を討つため、鬼との過酷な死闘に身を投じていく。本記事では、戦いに勝利をおさめ、平和に暮らす炭治郎たちのその後を描いた『炭治郎の近況報告書』についてまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃 鼓屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 鼓屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 鼓屋敷編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士・竈門炭治郎と我妻善逸は、鬼に拉致された子供を追って不可思議な屋敷へと踏み込む。屋敷内を徘徊する鬼を倒し、子供の救出に成功するも、先んじて屋敷に乗り込んでいた同輩・嘴平伊之助とのトラブルもあり、三人はそれぞれに負傷。その治療のため、しばしの共同生活を送ることとなる。

Read Article

鬼滅の刃の鬼殺隊は十二支が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

鬼滅の刃の鬼殺隊は十二支が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。時は大正時代、竈門炭治郎は家族を鬼に惨殺され、唯一生き残った禰豆子も鬼と化してしまう。炭治郎は家族の仇を討ち、禰豆子を人間に戻すため、「鬼殺隊」に入隊して鬼との戦いを繰り広げていく。最高位である「柱」を始めとした鬼殺隊に所属する剣士について、そのモチーフが十二支ではないかという説が広まっている。

Read Article

鬼滅の刃の回収済み・未回収の伏線まとめ

鬼滅の刃の回収済み・未回収の伏線まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。連載は人気絶頂の内に終了したが、中には回収されていない伏線もあり、多くの謎が残ったままである。現段階で明らかになっている伏線と、いまだに謎のままの伏線、また、一応の解説がされているものの謎の多い描写について解説する。

Read Article

鬼滅の刃の名前の由来まとめ【登場人物・キャラクター】

鬼滅の刃の名前の由来まとめ【登場人物・キャラクター】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。時は大正時代、竈門炭治郎は家族を鬼に惨殺され、唯一生き残った禰豆子も鬼と化してしまう。炭治郎は家族の仇を討ち、禰豆子を人間に戻すため、「鬼殺隊」に入隊して鬼との戦いを繰り広げていく。アニメ化・映画化し社会現象にまでなった本作のキャラクターの由来について様々な観点から解説していく。

Read Article

鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士竈門炭治郎は、鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すために戦い続けていた。しかしその禰豆子の存在が問題視され、鬼殺隊最高位の剣士“柱”が集う場へと連行される。鬼なら例外なく殺すべきと迫る柱の剣士たちに炭治郎が抗う中、彼に予想外の救いの手が差し伸べられる。

Read Article

鬼滅の刃 那田蜘蛛山編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 那田蜘蛛山編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎は、同輩である我妻善逸、嘴平伊之助と共に、那田蜘蛛山に潜む鬼の討伐に向かう。そこには今まで以上に強大な鬼が待ち構えており、先遣隊はすでに壊滅。炭治郎たちも個々に窮地に追い込まれる。万策尽きた刹那、炭治郎は父の教えを思い出し、かつてない力を発揮する。

Read Article

鬼滅の刃 兄妹の絆のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 兄妹の絆のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 兄妹の絆』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎。彼の不在中に一家は人食いの怪物・鬼に襲われ、妹の禰豆子を残して全滅。その禰豆子もむりやり鬼に変えられてしまっていた。妹を守るため、彼女を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織・鬼殺隊への入隊を目指して炭治郎の修行の日々が始まる。

Read Article

鬼滅の刃 無限列車編(第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 無限列車編(第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 無限列車編』 第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」とは、吾峠呼世晴原作の『鬼滅の刃』の、アニメ第2期シリーズ第1話で放送されたオリジナルエピソードである。『鬼滅の刃』のアニメオリジナルエピソードが製作されるのは、本作が初となる。 新たな任務を受けて出立した炎柱・煉獄杏寿郎。無限列車と呼ばれる汽車の中で度重なる鬼の被害が出ていることを知った彼は、それを討伐するために鬼殺隊の剣士たちを率いて調査に乗り出す。その過程で出会った少女ふくと煉獄の間には、本人たちも知らない浅からぬ縁があった。

Read Article

鬼滅の刃 無限列車編・遊郭編(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 無限列車編・遊郭編(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 無限列車編・遊郭編』とは、吾峠呼世晴原作の漫画作品『鬼滅の刃』のアニメ第2期シリーズである。空前の大ヒットを記録した『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に新作エピソードを追加した『無限列車編』と、その後の戦いを描いた『遊郭編』で構成されている。 鬼殺隊最高位の剣士“柱”の一員である煉獄杏寿郎は、新人剣士の竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助と共に、鬼の巣食う無限列車に乗り込む。一方、吉原遊郭で調査を進めていた柱の一員・宇随天元は、ここにかつてなく強大な鬼が潜伏していることを突き止めていた。

Read Article

鬼滅の刃の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

鬼滅の刃の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『鬼滅の刃』とは吾峠呼世晴による和風バトル漫画とそれを原作にしたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品。アニメはufotable制作で2019年4月から放送開始され、社会現象となるほどのブームを巻き起こした。主題歌も大きな注目を集め、大ヒット曲を数多く生み出した。この記事では『鬼滅の刃』のアニメと劇場版で使用されたオープニング・エンディング主題歌、挿入歌を紹介する。

Read Article

てる子(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

てる子(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

てる子(てるこ)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鼓屋敷と呼ばれる場所での戦いにおいて活躍した少女。名字は不明。 市井の少女で、長兄・清、次兄・正一の三人兄妹の末っ子。清は鬼に取って特別に滋養のある“稀血”という特殊体質で、これを狙った鬼に拉致される。兄を助けようと追いかける中で鬼殺隊の剣士・竈門炭治郎と我妻善逸に出会い、彼らと共に鬼の住まう屋敷へ乗り込む。幼い少女ながら兄を救うために必死に恐怖を堪え、炭治郎や善逸をささやかにサポートした。

Read Article

清(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

清(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

清(きよし)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鼓屋敷と呼ばれる場所での戦いで活躍した少年。名字は不明。 弟・正一、妹・てる子の三人兄弟の長男。鬼に取って特別に滋養のある“稀血”という特殊体質の持ち主で、これを狙った鬼・響凱に拉致される。“稀血”目当てに集まった鬼たちと響凱が争う中、隙をついて逃走。この時不思議な力を持つ響凱の鼓を咄嗟に回収し、これを使って鬼たちから逃げ続ける。設定的には救いを求める弱者だが、幼いながら意外な聡明さを発揮して物語を盛り上げた。

Read Article

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

恋柱・甘露寺蜜璃(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

恋柱・甘露寺蜜璃(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

甘露寺蜜璃とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『恋の呼吸』を使う恋柱。 非常に惚れやすく、誰にでも胸をときめかせる。生まれつき力が強く、その力を生かす為に鬼殺隊へと入った。鬼殺隊の柱として刃を振るうものの、鬼への憎しみを持っていない為に炭治郎や禰󠄀豆子と良好な関係を築いている。

Read Article

水柱・冨岡義勇(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

水柱・冨岡義勇(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

冨岡義勇(とみおか ぎゆう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『水の呼吸』を使う水柱。 炭治郎が初めて出会った鬼殺隊の剣士である。禰󠄀豆子を生かし、炭治郎を鬼殺隊へと導いた人物である。炭治郎と一緒に無惨を倒すために刃を振るう。

Read Article

目次 - Contents