上弦の壱・黒死牟 / 継国厳勝(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

黒死牟(継国厳勝)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。
鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』のトップに立つ鬼であり、驚異的な強さを誇る。
人間だった頃は鬼殺隊の剣士であった為に、月の呼吸を使用する。『日の呼吸』の使い手である継国縁壱は黒死牟の双子の弟である。

幼い頃の厳勝(左)と縁壱(右)。

戦国時代、継国家という侍の家系に生まれる。父からは厳勝を送られた。
当時、双子は跡目争いの原因となってしまうため、不吉なものとされていた。厳勝の弟である縁壱には生まれつき不気味な痣があり、それが理由で父親は縁壱を殺すことにした。しかし、それに対し母親が烈火の如く怒り狂った為、縁壱は殺される事なく、十歳になったら出家する事になった。
それから厳勝と縁壱は差別されて育った。厳勝には縁壱よりも上等な部屋、食事、着物、教育などが与えられた。それが原因なのか、縁壱はいつも母親の左脇から離れようとしなかった。そんな縁壱を厳勝は憐れんだ。厳勝は縁壱に与えられた三畳の部屋に父親に内緒で遊びに行った。その時、厳勝は自分で作った不恰好な笛を縁壱に贈った。縁壱は笑う事なくその笛を受け取った。

縁壱は幼少の頃から表情を変える事がなく、厳勝は縁壱が耳が聴こえないものだと思っていた。しかし、七歳の時にそれが間違いだとわかった。
剣術の稽古をしていた厳勝は、縁壱から「兄上の夢はこの国で一番強い侍になる事ですか?」と話しかけられた。その事に厳勝は驚いて、思わず持っていた木剣を落とした。縁壱は続けて自身も侍になると言って笑った。縁壱は出家して僧になるはずで、侍になる事など不可能だった。それを知っているのかはわからないが、厳勝はにっこりと笑う縁壱のことが気味が悪かった。そもそも、母親を見つけてはすぐに抱きつきに行くような者が、侍になる事など不可能だと厳勝は思った。
それから縁壱は剣の稽古をしている厳勝の周りをうろつくようになった。その姿を見た指導役の男が、縁壱に袋竹刀を持たせ、構え方、打ち方を口頭で教えた。そして男は戯れで自身に打ち込んでくるように縁壱に告げた。しかし、次の瞬間、男は縁壱に打たれて気絶していた。縁壱は、厳勝がいくら挑んでも一本も取ることができなかった男を易々と倒したのだった。
それから縁壱は侍になりたいと言わなくなった。それは、人を打つ感触が耐え難く不快なものであったからだった。厳勝は縁壱に強さの秘訣を聞こうと食い下がった。すると縁壱は「打ち込んで来る前に肺が大きく動く。骨の向きや筋肉の収縮、血の流れをよく見ればいい」と不思議な事を言った。厳勝は「縁壱が生き物の体を透かして見ることができる」という事を理解するのに、しばらくの時間がかかった。

弟・縁壱への妄執の始まり

弟の縁壱(左)が自分より遥かに優れた資質の持ち主であることを知り、厳勝は彼に対する憎悪と羨望を抱き始める。

厳勝は、今まで憐れんできた縁壱が、自身より遥かに優れた者だという現実を突きつけられた。
厳勝は強い剣士になりたかった。才能を認められていた厳勝は、努力すればするだけ強くなった。しかし、それも縁壱と比べれば亀の歩みに他ならなかった。
どれだけ強くとも、縁壱は全く剣に興味がなかった。縁壱は酷くつまらなそうに剣の話をした。縁壱にとって剣は遊び以下のものだった。

ある夜更けに厳勝は縁壱が優れた剣の腕を持っていた事で立場が逆転し、自身が三畳の部屋に詰め込まれ、出家させられると考えていた。するとそこへ縁壱が訪ねて来た。縁壱は母親が死んだこと告げた。そして縁壱はこのまま寺へ行くと言った。縁壱は以前厳勝から貰った笛を取り出し「いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず日々精進いたします」と笑顔で言った。厳勝は何が嬉しいのか分からず、何も縁壱に返さなかった。縁壱は笛を宝物のように布に包んで、懐にしまい、そして殆ど荷物を持たぬまま何処かへ行ってしまった。

その後、厳勝は母親の日記を見た。その日記には、縁壱が自身が後継ぎになる事を知って、予定よりも早く家を出ることにしたと書かれていた。更に、縁壱が母親の病気と死期を悟っていたらしい事、母親が病により数年前から左半身の自由が利かなくて苦しんでいた事が書かれていた。それを見た厳勝は、縁壱が母親にくっついていたのは、甘えていたのではなく、母親を支えていたのだったと知った。
その時、厳勝は嫉妬で全身を灼かれ、縁壱という天才を心から憎悪した。

人から鬼へ、厳勝から黒死牟へ

「なんとしても縁壱と同じ力を手に入れたい、縁壱に勝ちたい」。その想いが、厳勝の人生を狂わせていく。

厳勝の父親は縁壱を連れ戻すべく寺に使いを送ったが、縁壱は寺に行っておらず、消息が途絶えた。縁壱がいなくなる事を望んでいた厳勝の願いは突如として叶った。それから厳勝は妻を娶り、子供を作り、平穏な日々を送った。そんなある日、厳勝が配下の兵達と野営をしているとそこに鬼が現れた。部下達が次々と殺され、厳勝に鬼が襲い掛かった時、一人の剣士が厳勝を救った。その男は成長した縁壱だった。縁壱の姿を見た厳勝は、再び嫉妬で心を灼かれた。
縁壱は自身の到着が遅れた事で、厳勝の部下が死んだ事を詫びた。縁壱は幼少の頃とは比べ物にならない剣技を身につけ、非の打ち所のない人格者となっていた。厳勝は縁壱の剣技を習得するために、身分も、家族も捨てて、鬼狩りの剣士となった。
縁壱はためらう事なく剣技や呼吸を教えていた。だが、誰一人として縁壱と同じようにできなかった。そこで縁壱は人に合わせて呼吸法を変えて教えた。それにより多くの呼吸が生まれた。呼吸法を極めた者の体には、縁壱の体にもある痣のような模様が浮かぶようになった。
厳勝もまた呼吸法を学び、短期間で痣を発現させるほどの剣士となる。しかし修得したのは自ら編み出した派生である『月の呼吸』であり、『日の呼吸』を使うことはできなかった。このまま鍛錬を重ねればいつか縁壱に追いつくことができるのか、と苦悩していた時、痣を発現させた剣士達が次々と死んでいった。それにより、痣を発現させた者が早死にすることが分かり、自身に鍛錬を重ねる時間が無いことを厳勝は知った。そんな時に無惨と出会い、「鬼になれば無限の刻を生きられる」と唆された厳勝は、これを受け入れ鬼となる道を選んだ。この際、無惨への手土産に当時の鬼殺隊の当主の首を持参している。

月下の決闘

黒死牟の前に現れた縁壱。

鬼となり、「黒死牟」と名を変えてから数十年後の赤い月の夜、一人の剣士に出会う。それは記憶にある姿より遥かに老いた縁壱だった。
生まれつき痣を発現させている縁壱が齢八十を超えて生き永らえている事に、黒死牟は驚きを隠せなかった。縁壱は鬼となった兄の姿を見て「お労しや 兄上」と言って涙を流した。感情を出す事がなかった縁壱が涙を流して兄を憐れむ姿に、黒死牟は怒りどころか、これまでに感じた事のない感情を抱いた。黒死牟は老人となった肉親を斬り捨てねばならない事に動揺した。しかし刀を構えた縁壱の前に、その感情は消え失せた。老いてなお、縁壱の剣技は鬼としての力を手に入れ数十年をひたすら研鑽に費やした黒死牟を果てしなく上回っていた。
縁壱はすれ違いざまに黒死牟の頸を斬り裂いた。黒死牟は次の一刀で自身が死ぬ事を確信した。黒死牟は「何故いつもお前が、お前だけがいつもいつも特別なのか。痣者であるというのに生き永らえ、その老骨で振るう技は、全盛期と変わらぬ速さ、そして威力。お前だけがこの世の理の外側にいる。神々の寵愛を一身に受けて生きている。お前が憎い。殺したい」という焦燥と敗北感で内臓がねじ切れそうだった。しかし、黒死牟の頸が落とされることは無かった。縁壱は刀を持ったまま、寿命が尽きて死んでいた。

無惨の片腕として

怒りのままに縁壱の遺骸を斬り捨てる黒死牟。

黒死牟は鬼になる事で全てのしがらみから解放されたはずだった。しかし縁壱は二十五を超えても死ぬ事は無く、比類無き強さを持って再び黒死牟の前に現れた。無惨でさえも縁壱に敵わず、誰一人として傷をつけることすらできなかった。
黒死牟は寿命で死亡した縁壱を前に「何故だ?何故いつもお前は私に惨めな思いをさせるのだ?」と憎悪の念を膨らませた。そして、死んだ縁壱の体を両断した。その時、縁壱の懐から巾着袋が飛び出した。その中にはかつて厳勝だった頃の自分が縁壱へ送った笛が入っていた。それを見た黒死牟の胸に自分でも理解できない膨大な感情が溢れ、その目からは涙がこぼれ落ちていた。

人生そのものを賭した最大の目的である「縁壱に勝つ」ことが永遠に不可能となり、その後は抜け殻のようになって生き続ける。それでも鬼としては無惨に次ぐ実力を持ち、その圧倒的な剣技で鬼殺隊の剣士たちを斬り続け、人を食らい続けた。
無惨は自身もまったく歯が立たなかった縁壱を恐れ、彼の強さを受け継ぐ存在が生まれることを警戒。鬼殺隊で『日の呼吸』を学ぶ者が現れるたびに、成長する前に率先して倒すようになり、黒死牟もこれを手伝うようになる。高い実力と忠誠心から、鬼の中でも特に無惨に評価され、ビジネスパートナーのような関係となっていった。

無限城で時透無一郎・不死川玄弥・不死川実弥と戦闘を繰り広げる

時透の前に立った黒死牟。

鬼となってから400年ほど経ち、時代は大正に突入する。異空間・無限城にて霞柱の時透無一郎と遭遇し、戦闘を始める。上弦の伍である玉壺を一人で倒した時透でさえも、黒死牟を前にすると身震いが止まらなかった。
『透き通る世界』により時透の体を透かして見た黒死牟は、時透の名を尋ねる。時透の名を聞いた黒死牟は「成る程…そうか…絶えたのだな。”継国”の名は…」と言う。そして、「私が…人間であった時代の名は継国厳勝…。お前は…私が…継国家に残して来た…子供の…末裔…。つまりは…私の子孫だ…」と明かした。
時透は一瞬にして平常心を取り戻し、黒死牟に『霞の呼吸』で斬りかかるが、黒死牟はなんなくそれを躱す。時透は痣を発現させ、玉壺を斬り伏せた『霞の呼吸 漆ノ型 朧』で斬りかかるが、黒死牟は「実に良き技」と評しながらも平然とかわしていた。そして「此方も抜かねば…無作法というもの…」といい、『月の呼吸 壱ノ型 闇月・宵の宮』を繰り出す。黒死牟はその一刀で時透の左腕を斬り落とした。
時透はすぐに止血し、『霞の呼吸 肆ノ型 移流斬り』を繰り出すが、黒死牟は刀を素手で奪い、時透の右肩を刺して柱に磔にする。そして「我が末裔よ。あの方にお前を鬼として使って戴こう」と黒死牟は言う。

玄弥を追い詰める黒死牟。

黒死牟と時透の背後には炭治郎の同期であり、風柱・不死川実弥の弟である不死川玄弥がいた。
玄弥は銃で黒死牟を撃つが、黒死牟は一瞬の間に玄弥の後ろに立っていた。玄弥は左腕を斬り落とされ、右腕で日輪刀を抜いて戦おうとするが、その右腕さえも斬り落とされてしまう。黒死牟は「鬼喰いをしていたのはお前だったか…」と言い、玄弥の胴体を切断した。しかし、玄弥はそれでも死なず、それを見た黒死牟は「三百年以上前、お前と同じく鬼喰いをしている剣士がいた…。その剣士は胴の切断で絶命したが…お前の場合は首か…?貴様のような鬼擬き…生かしておく理由はない…」と言い、首を切断しようとする。その時、風柱・不死川実弥が現れ、玄弥を救う。

不死川実弥に重傷を負わせる黒死牟。

実弥は黒死牟の技に食らいつき、それを見た黒死牟は「やりおる…。肉体的にも技の…全盛と見た…」と評する。この時、実弥は『月の呼吸』での一振りに不規則で細かな刃が付き纏う事に気づき、「時透がやられる筈だ。長い経験で培われた感覚が無けりゃ無理だ」と分析している。その後、打ち合いを続ける二人だったが、異次元の強さを持つ黒死牟を相手に、実弥は「瞬きもできねぇ!ほんの少し、切っ先の振りをしくじっただけで即死だ!」と言い、追い詰められる。そして黒死牟は『月の呼吸 陸ノ型 常夜孤月・無間』を放ち、実弥に重傷を負わせる。
その時、黒死牟の体に異変が現れる。実弥は『稀血(人間の中でも稀少な血。喰らうと鬼の力を大きくあげる事ができる)』の中でもさらに稀少な血の持ち主だった。実弥の血を前にした鬼は、血に酔い千鳥足になってしまうのだった。臓物が溢れるほどの傷を負った実弥だったが、筋肉を引き締める事で戦闘を続けた。だが、血に酔った黒死牟に傷ひとつさえつける事ができなかった。そこへ岩柱である悲鳴嶼行冥が現れる。

悲鳴嶼行冥が応援に現れる

痣の代償を語る黒死牟。

鍛え抜かれた悲鳴嶼の体を『透き通る世界』で透かして見た黒死牟は、「素晴らしい…極限まで練り上げられた肉体の完成形…。これ程の剣士を拝むのは…それこそ三百年振りか…」と称賛した。悲鳴嶼の日輪刀は、手斧に鎖で繋いだ鉄球であった。悲鳴嶼はその日輪刀を巧みに操り、黒死牟の刀を絡め取って切断する。しかし、黒死牟の刀は、黒死牟の肉で形成されていた。それ故、黒死牟はすぐに刀を再生させた。
黒死牟の強さを体感した悲鳴嶼は痣を発現させた。それを見た黒死牟は「そうか…お前も…痣の者…残念だ…」と零した。悲鳴嶼がその意味を問うと、黒死牟は「喪失を…嘆いている…。痣の者は例外なく…二十五の歳を迎える前に死ぬのだ」と伝えた。痣は大きく力を飛躍させるが、それは寿命を前借りして力を向上させる事と変わりなかった。二十七を超えて痣を出した悲鳴嶼は、今日の夜にでも死ぬことを告げた。それを聞いた悲鳴嶼は命を惜しんでいると思われた事に激怒した。そして悲鳴嶼は黒死牟が嘘をついた事を指摘する。悲鳴嶼が「例外はあったのだろう。痣を持ち、二十五を超えて尚、生き続けた者がいた」と言うと、黒死牟は顔色を変えて斬りかかった。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と必殺技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

Read Article

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると、家族が惨殺されており、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』では、本編では語られなかった裏話や細かい設定が「大正コソコソ噂話」として紹介されている。本記事ではそれらの情報をまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化され、その高いクオリティから世界的に人気となり、一大ブームを巻き起こした。 炭治郎は鬼舞辻無惨という鬼によって、家族を惨殺された上に妹の禰󠄀豆子を鬼にされた。禰󠄀豆子は強靭な精神力で人間を襲おうとしなかった。炭治郎は『鬼殺隊』という鬼を滅する組織へ入り、禰󠄀豆子を人間にする方法を探す。 この作品の特徴は、人間だけではなく敵である鬼も悲しみを抱えている所である。愛憎渦巻く名言が多数存在している。

Read Article

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』の原作コミックスには、表紙のイラストの他、カバー裏や扉絵、話の合間など多くのイラスト・挿絵が描かれている。この記事ではそれらの絵をまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

キメツ学園(鬼滅の刃スピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

キメツ学園(鬼滅の刃スピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

『中高一貫!!キメツ学園物語』とは、吾峠呼世晴による『鬼滅の刃』の公式スピンオフ漫画である。ジャンルはセルフパロディ、現代パロディ、学園パロディ、ギャグ。「中高一貫キメツ学園」を舞台に、『鬼滅の刃』のキャラクターたちが学生や教師としてユニークな現代風の設定で登場し、ドタバタの日常を繰り広げる。

Read Article

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼滅の刃の原作最終回では平和になった現代の様子が描かれているが、そこでは登場人物たちの子孫や生まれ変わりと思われる人物が多数登場している。本記事では、それらのキャラクターについてをまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 煉獄零巻』とは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典として作られた小冊子。450万部が発行され、全国の映画館で配布された。 内容は初任務に臨む煉獄杏寿郎の姿を描いた原作者吾峠呼世晴による特別読切、鬼殺隊報、アニメ版ストーリー紹介、出演声優へのインタビューなどで構成されている。原作でもファンブックでも明かされなかったとあるキャラクターの秘密も紹介され、初心者でもファンでも楽しめる内容になっている。非売品であり、公式サイトには転売を控えるよう希望する文章が書き添えられている。

Read Article

過狩り狩り・鬼殺の流(鬼滅の刃の前身漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

過狩り狩り・鬼殺の流(鬼滅の刃の前身漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による大ヒット漫画・アニメ作品『鬼滅の刃』。実はこの作品には、週刊少年ジャンプでの連載に至るまでの経緯で作られた、前身とも言える2つのプロトタイプ作品『過狩り狩り』『鬼殺の流』が存在する。この2作品の大まかな設定は鬼滅の刃とほぼ同じであるものの、主人公が異なるなどの違いがある。本記事では、その2作品についてをまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の鬼は伝染病・疫病が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

鬼滅の刃の鬼は伝染病・疫病が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。大正時代を舞台に、主人公竈門炭治郎及びその妹禰豆子と、人食い鬼達との戦いを描く。作中には様々な鬼が登場し、圧倒的な力で炭治郎と彼の所属する鬼殺隊を追い詰める。その中でも特に強力とされるのが、鬼の首魁鬼舞辻無惨直属の「十二鬼月」である。「十二鬼月」でも別格の強さを誇る「上弦」について、その名前の由来が大正時代に流行した疫病・伝染病であるという説がある。

Read Article

鬼滅の刃 浅草編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 浅草編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 浅草編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎は、鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を求めて戦い続けていた。ある時浅草に赴いた炭治郎は、鬼の頭領・鬼舞辻無惨と、その無惨の打倒を目指す鬼・珠世と出会う。医学に通じた珠世に禰豆子のことを相談する一方、無惨の放った刺客が炭治郎たちに迫っていた。

Read Article

鬼滅の刃 遊郭編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 遊郭編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 遊郭編』とは、吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』70話から97話に渡って描かれた、吉原を舞台とする物語である。2021年のアニメ化が決定している。 人食いの怪物・鬼。これを狩るための組織・鬼殺隊。鬼にされてしまった妹・禰豆子を守るために鬼殺隊に入隊した少年竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、ある時鬼殺隊最高位の剣士“柱”の一員である宇随天元に同期の仲間ともども強引に吉原へ連れ出される。ここに潜む鬼を探すため、遊女に扮して遊郭に入り込む炭治郎たちの前に、かつてない強敵が姿を現す。

Read Article

吾峠呼世晴短編集のネタバレ解説・考察まとめ

吾峠呼世晴短編集のネタバレ解説・考察まとめ

吾峠呼世晴短編集とは、大ヒット作品である『鬼滅の刃』の作者・吾峠呼世晴の読切作品をまとめたものである。鬼滅の刃の前身となった漫画賞受賞作品『過狩り狩り』や、週刊少年ジャンプに掲載された金未来杯参加作品『肋骨さん』など計4作品が収録されている。本記事では、それらの読切作品についてまとめていく。

Read Article

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。 大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

Read Article

鬼滅の刃の日輪刀まとめ

鬼滅の刃の日輪刀まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は鬼に家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へ入隊し、妹を人間に戻すため、鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼と戦う剣士たちは、特殊な刀「日輪刀」を用いて戦うが、この日輪刀には持ち主の才能によって違う色に変わるなどの特徴がある。本記事では、その日輪刀についてまとめていく。

Read Article

炭治郎の近況報告書(鬼殺隊見聞録・弐)のネタバレ解説・考察まとめ

炭治郎の近況報告書(鬼殺隊見聞録・弐)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 家族を鬼によって惨殺された竈門炭治郎。一人生き残るも鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族の仇を討つため、鬼との過酷な死闘に身を投じていく。本記事では、戦いに勝利をおさめ、平和に暮らす炭治郎たちのその後を描いた『炭治郎の近況報告書』についてまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃 鼓屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 鼓屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 鼓屋敷編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士・竈門炭治郎と我妻善逸は、鬼に拉致された子供を追って不可思議な屋敷へと踏み込む。屋敷内を徘徊する鬼を倒し、子供の救出に成功するも、先んじて屋敷に乗り込んでいた同輩・嘴平伊之助とのトラブルもあり、三人はそれぞれに負傷。その治療のため、しばしの共同生活を送ることとなる。

Read Article

鬼滅の刃の鬼殺隊は十二支が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

鬼滅の刃の鬼殺隊は十二支が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。時は大正時代、竈門炭治郎は家族を鬼に惨殺され、唯一生き残った禰豆子も鬼と化してしまう。炭治郎は家族の仇を討ち、禰豆子を人間に戻すため、「鬼殺隊」に入隊して鬼との戦いを繰り広げていく。最高位である「柱」を始めとした鬼殺隊に所属する剣士について、そのモチーフが十二支ではないかという説が広まっている。

Read Article

鬼滅の刃の回収済み・未回収の伏線まとめ

鬼滅の刃の回収済み・未回収の伏線まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。連載は人気絶頂の内に終了したが、中には回収されていない伏線もあり、多くの謎が残ったままである。現段階で明らかになっている伏線と、いまだに謎のままの伏線、また、一応の解説がされているものの謎の多い描写について解説する。

Read Article

鬼滅の刃の名前の由来まとめ【登場人物・キャラクター】

鬼滅の刃の名前の由来まとめ【登場人物・キャラクター】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。時は大正時代、竈門炭治郎は家族を鬼に惨殺され、唯一生き残った禰豆子も鬼と化してしまう。炭治郎は家族の仇を討ち、禰豆子を人間に戻すため、「鬼殺隊」に入隊して鬼との戦いを繰り広げていく。アニメ化・映画化し社会現象にまでなった本作のキャラクターの由来について様々な観点から解説していく。

Read Article

鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士竈門炭治郎は、鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すために戦い続けていた。しかしその禰豆子の存在が問題視され、鬼殺隊最高位の剣士“柱”が集う場へと連行される。鬼なら例外なく殺すべきと迫る柱の剣士たちに炭治郎が抗う中、彼に予想外の救いの手が差し伸べられる。

Read Article

鬼滅の刃 那田蜘蛛山編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 那田蜘蛛山編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎は、同輩である我妻善逸、嘴平伊之助と共に、那田蜘蛛山に潜む鬼の討伐に向かう。そこには今まで以上に強大な鬼が待ち構えており、先遣隊はすでに壊滅。炭治郎たちも個々に窮地に追い込まれる。万策尽きた刹那、炭治郎は父の教えを思い出し、かつてない力を発揮する。

Read Article

鬼滅の刃 兄妹の絆のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 兄妹の絆のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 兄妹の絆』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎。彼の不在中に一家は人食いの怪物・鬼に襲われ、妹の禰豆子を残して全滅。その禰豆子もむりやり鬼に変えられてしまっていた。妹を守るため、彼女を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織・鬼殺隊への入隊を目指して炭治郎の修行の日々が始まる。

Read Article

鬼滅の刃 無限列車編(第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 無限列車編(第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 無限列車編』 第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」とは、吾峠呼世晴原作の『鬼滅の刃』の、アニメ第2期シリーズ第1話で放送されたオリジナルエピソードである。『鬼滅の刃』のアニメオリジナルエピソードが製作されるのは、本作が初となる。 新たな任務を受けて出立した炎柱・煉獄杏寿郎。無限列車と呼ばれる汽車の中で度重なる鬼の被害が出ていることを知った彼は、それを討伐するために鬼殺隊の剣士たちを率いて調査に乗り出す。その過程で出会った少女ふくと煉獄の間には、本人たちも知らない浅からぬ縁があった。

Read Article

鬼滅の刃 無限列車編・遊郭編(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 無限列車編・遊郭編(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 無限列車編・遊郭編』とは、吾峠呼世晴原作の漫画作品『鬼滅の刃』のアニメ第2期シリーズである。空前の大ヒットを記録した『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に新作エピソードを追加した『無限列車編』と、その後の戦いを描いた『遊郭編』で構成されている。 鬼殺隊最高位の剣士“柱”の一員である煉獄杏寿郎は、新人剣士の竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助と共に、鬼の巣食う無限列車に乗り込む。一方、吉原遊郭で調査を進めていた柱の一員・宇随天元は、ここにかつてなく強大な鬼が潜伏していることを突き止めていた。

Read Article

鬼滅の刃の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

鬼滅の刃の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『鬼滅の刃』とは吾峠呼世晴による和風バトル漫画とそれを原作にしたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品。アニメはufotable制作で2019年4月から放送開始され、社会現象となるほどのブームを巻き起こした。主題歌も大きな注目を集め、大ヒット曲を数多く生み出した。この記事では『鬼滅の刃』のアニメと劇場版で使用されたオープニング・エンディング主題歌、挿入歌を紹介する。

Read Article

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

妓夫太郎・堕姫とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の陸に位している。 兄の妓夫太郎、妹の堕姫の二人で一体の鬼であり、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に落とさなければ倒すことができない。遊郭に巣喰い、多数の人間を喰らっていた。

Read Article

てる子(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

てる子(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

てる子(てるこ)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鼓屋敷と呼ばれる場所での戦いにおいて活躍した少女。名字は不明。 市井の少女で、長兄・清、次兄・正一の三人兄妹の末っ子。清は鬼に取って特別に滋養のある“稀血”という特殊体質で、これを狙った鬼に拉致される。兄を助けようと追いかける中で鬼殺隊の剣士・竈門炭治郎と我妻善逸に出会い、彼らと共に鬼の住まう屋敷へ乗り込む。幼い少女ながら兄を救うために必死に恐怖を堪え、炭治郎や善逸をささやかにサポートした。

Read Article

清(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

清(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

清(きよし)とは、大正時代を舞台にした吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の登場人物で、鼓屋敷と呼ばれる場所での戦いで活躍した少年。名字は不明。 弟・正一、妹・てる子の三人兄弟の長男。鬼に取って特別に滋養のある“稀血”という特殊体質の持ち主で、これを狙った鬼・響凱に拉致される。“稀血”目当てに集まった鬼たちと響凱が争う中、隙をついて逃走。この時不思議な力を持つ響凱の鼓を咄嗟に回収し、これを使って鬼たちから逃げ続ける。設定的には救いを求める弱者だが、幼いながら意外な聡明さを発揮して物語を盛り上げた。

Read Article

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

恋柱・甘露寺蜜璃(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

恋柱・甘露寺蜜璃(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

甘露寺蜜璃とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『恋の呼吸』を使う恋柱。 非常に惚れやすく、誰にでも胸をときめかせる。生まれつき力が強く、その力を生かす為に鬼殺隊へと入った。鬼殺隊の柱として刃を振るうものの、鬼への憎しみを持っていない為に炭治郎や禰󠄀豆子と良好な関係を築いている。

Read Article

目次 - Contents