攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)のネタバレ解説まとめ

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)とは、Production I.Gが制作を務める、士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」を原作としたアニメ作品である。本作は主人公の草薙素子が公安9課を結成する前の物語に焦点が当てられており、バトーやトグサら9課の仲間たちがどのような形で素子と出会い、彼女と行動するようになったかが描かれているのが特徴となっている。

『攻殻機動隊ARISE』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

題名にある「ARISE」の意味

題名にある「ARISE」とは英語で「起こる、発生する」という意味を持っており、この「ARISE」が題名に含まれている意図として以下の3つの観点が挙げられる。

・「希望は、ここから始まった」という本作のキャッチコピー
・本作のPV画像にあった「自我 記憶 未来への希望」というフレーズ
・本作のストーリーが、主人公の草薙が「少佐」という公安9課のリーダーとなる前の内容であること

草薙の過去から未来へ繋がる「希望」となる何かが起き、彼女を中心にして公安9課の前身である「独立攻性部隊」という新しい物語が始まることから、「ARISE」という題名が付けられたと考えられる。

「第四の攻殻」と位置付けられた理由

「攻殻機動隊ARISE」の制作発表会において、プロダクションI.G.の社長を務める石川光久は、ARISEを「第四の攻殻」と呼んでいる。
石川は、「第一の攻殻」は士郎正宗の原作、「第二の攻殻」は押井守の長編映画、「第三の攻殻」は神山健治のテレビでのシリーズ作品とそれぞれナンバリングした。それに続いて、黄瀬和哉が総監督として制作するARISEは4番目のシリーズ作品となることから、ARISEを「第四の攻殻」と位置付けたのだという。

脚本家・冲方丁の「攻殻機動隊」への思い

「攻殻機動隊」との出会いは修行時代の漫画版と劇場版

冲方は攻殻機動隊との出会いについて下記のように語っている。

--まず、冲方さんにとって「攻殻機動隊」との出会いはいつでしたか?

冲方丁(以下、冲方) まずは漫画が先で、その後、劇場版の「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(1995)を見ました。作家デビューのちょっと前のことだったので、感動はしましたけど、どちらかというと勉強になりましたね。作家修行時代最大の教科書のひとつと言ってもいいかもしれません。そんなに簡単に消化できない(笑)。

--当時の修行時代には、どんなことをされていたのですか?

冲方 学んで、知識を得て、技術を身につけて、それを自分の感性に従って発揮するにはどうしたらいいかということを試行錯誤していました。そうしないと食っていけないぞと。

--元々、こうした近未来SFのような設定の作品はお好きだったんですか?

冲方 特にこのジャンルがというよりも、それぞれのジャンルですぐれた傑作からなんとかしてそのエキスを吸ってやろうと。そのうちの、「SF・ディテクティブ・サイバーパンク・サイボーグアクション」の筆頭だなあと思います(笑)。

--まさにそうですね(笑)。

冲方 ていうか、ほかにないくらいですけどね(笑)。

--その時のファーストインプレッションはどんなものでしたでしょうか?

冲方 「ここまでやれるんだな」というのが最初の印象です。漫画でもアニメでも、ここまで深くテーマを掘れるし、キャラクターを繊細に描けるし、かつ超複雑な世界観を、漫画の場合は細密画のように散りばめていって、映画版の場合、エキスだけをスパッと抽出して、非常に抽象的なイマジネーションでもって統一しているという、それが非常に勉強になりましたね。

--その後の冲方さんの創作にもだいぶ影響を与えたんじゃないですか?

冲方 結構そうですね。情報密度の基準が、あの作品のせいで人よりずれちゃったなあ(笑)。普通の気分で書いてても、一般の読者の方からは「密度が濃い」って言われちゃう(笑)。密度という点で言えば、「攻殻機動隊」をはじめとした士郎正宗先生の影響はありますね。

出典: akiba-souken.com

一大コンテンツである『攻殻機動隊』を誰かがつなげなくてはならないという使命感

冲方は『攻殻機動隊ARISE』の脚本依頼が来たときの心境について、「好きだった攻殻機動隊の仕事を断れなかった」「一大コンテンツである『攻殻機動隊』を誰かがつなげなくてはならないという使命感があった」と答えている。

--そんな冲方さんに「攻殻機動隊ARISE」(2013-2014)の脚本の依頼が来たときの心境はどんなものだったんでしょう。

冲方 いろんな意味で「逃げられない、どうしよう」って思いました。受けざるを得ない感じがしましたね。日ごろから「攻殻好き好き」言ってたので、「いや、攻殻はちょっと」って言えるわけないしなあとか。あと、勉強させていただいた恩返しっていう意味合いもありました。「攻殻機動隊」って単発の作品じゃないんですよね。「攻殻機動隊」自体がひとつのジャンルというかコンテンツになってますので、今後とも続いていくだろうという思いがありました。誰かがバトンを受け取って次に渡さないと、バトンとバトンの距離が広くなってしまって、作品世界と現実世界との隔たりができてしまう。ちゃんと誰かがつながないとダメだろうというので、覚悟を決めました。後から聞いたら「ハリウッド版」(編注:「ゴースト・イン・ザ・シェル」(2017))の企画もあったとかで、先に言えよ、って感じなんですけど(笑)。

--結構、使命感を感じてたんですね。

冲方 使命感とか持たないと、こんな面倒くさい作品できませんよ(笑)。

出典: akiba-souken.com

プロット作成における苦労と原作漫画の前日譚という時系列設定に至った経緯

冲方は『攻殻機動隊ARISE』のプロット作成における苦労と、原作漫画『攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL』の前日譚という時系列設定に至った経緯について下記のように語っている。

--「攻殻機動隊ARISE」の企画がスタートした頃にはすでに、「攻殻機動隊」って、ファンも含めて、もうある種のイメージが固まっていたと思います。そのイメージをまずは壊しにいくという作業をなされたんじゃないかと思いますが。

冲方 そうなんですよね。しかも、別の意味で単発ではない、「オムニバス形式の連作」で、監督がひとりひとり違うんだけど、話としてはつながるようにしてくれっていう。バカヤローって話ですよね(笑)。自分が何を言っているのかわかってるんだろうか、っていう気分でしたけど。それも、しょうがない、受け入れようと(笑)。いろんなものを受け入れてやらざるを得ないって思ったんですけど、それをするだけの価値がある作品だし、作るだけでも勉強になりました。なので、最終的には、やれてよかったと思ってます。

--おそらく、プロット作成段階から、相当なご苦労があったんではないかと思いますが。

冲方 もう忘れました(笑)。

--「攻殻機動隊ARISE」は、時系列的には、士郎先生の原作漫画「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」の冒頭につながるという前日譚を描いた作品ですが、そのあたりの設定自体は最初から提示されていたんですか?

冲方 いえ、そこにたどり着くのが大変だったという感じですね。最初はもう、てんでバラバラな意見が飛び交うカオスな会議でしたので。取りあえず僕のほうでも、こんなことやったらいいんじゃないかとか、いろいろ提案をしていくうちに、「今やらないと、今後やれなくなることって何だ?」という話になり、だったら「過去編」だろうと。もしかすると、この後、さらなる続編が作られていったときに、(草薙)素子っていう存在がいなくなるかもしれないし、書くなら今しかないんじゃない?という話になっていきました。

--なるほど。そこで初めて「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」の最初のシーンにつながっていくお話になったと。

出典: akiba-souken.com

「ファイア・スターター」という未知の存在と、「疑似記憶」というデータの世界を登場させた理由

冲方は「ファイア・スターター」という未知の見えない存在と、「疑似記憶」という「人とモノ」以外の世界を登場させた理由について下記のように語っている。

冲方 まあ、SFの醍醐味のひとつは「未知の何か」であり、「未知の脅威の向こう側にある何かの可能性」であったりするわけです。攻殻機動隊シリーズでも、割と通奏低音的に流れているものですけれども、「攻殻機動隊ARISE」では「ファイア・スターター」という未知の見えない存在を出しました。なおかつ「疑似記憶」というものが、どうやら「人の世界」と「モノの世界」に対して、「データの世界」という第三の世界として生まれつつあるんじゃないかと。それまで人間は、「人とモノ」という区別しかしてなかったわけですが、そこにデータの世界というものが生まれたときに、そこから勝手に何かが生まれてくるんじゃないのか。そういう可能性も今後あるんじゃないかというテーマを入れ込んでいます。「攻殻機動隊」ってサイバーパンクの世界観もあるので、サイバーパンクの世界観はそこです。

出典: akiba-souken.com

『攻殻機動隊ARISE』の主題歌・挿入歌

劇場版オープニング / テレビシリーズ版エンディング(#09、#10):コーネリアス『GHOST IN THE SHELL ARISE』

作詞・作曲:小山田圭吾

本作の主題歌。劇場版ではオープニングテーマ、アニメ版ではTV版完全新作「Pyrophoric Cult」のエンディングテーマとして使われている。

テレビシリーズ版オープニング:坂本真綾 コーネリアス『あなたを保つもの』

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

攻殻機動隊ARISE、攻殻機動隊 新劇場版(黄瀬・冲方版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊ARISE』は2013年6月に公開された劇場用アニメ。公安9課結束以前の物語で、正体不明のハッカー・ファイアスターターを巡る事件を追う。『攻殻機動隊 新劇場版』は『攻殻機動隊ARISE』の続編で2015年6月全国公開。ファイアスターターと草薙素子の出生の秘密が繋がっていくストーリー。 黄瀬和哉総監督・冲方丁脚本版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

攻殻機動隊シリーズ(原作漫画)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』は士郎正宗によるSF漫画。1巻は草薙素子こと少佐が公安9課で事件を追う中人形使いと出会い融合するまで、1.5巻『攻殻機動隊1.5 HUMAN-ERROR PROCESSER』は少佐が去った後の公安9課の活躍、2巻『攻殻機動隊2 MAN MACHINE INTERFACE』は荒巻素子がテロ事件を追う内に草薙素子と邂逅するまでを描いている。

Read Article

蒼穹のファフナー EXODUS(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

蒼穹のファフナー Dead Aggressor / RIGHT OF LEFT(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2004年にXEBECにより「島・ロボット・群像劇・少年少女」をキーワードに企画・制作されたオリジナルアニメ。舞台は未知の生命体「フェストゥム」によって侵略された近未来の世界。西暦2146年、唯一の楽園だった孤島・竜宮島にフェストゥムが侵攻する。真壁一騎は皆城総士に導かれ「思考制御・体感操縦式」有人兵器「ファフナー」のパイロットとなり、人類存亡をかけた激しい戦いの渦に巻き込まれていく。

Read Article

Yellow Magic Orchestra(イエロー・マジック・オーケストラ、YMO)の徹底解説まとめ

1978年に細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3名によって結成された日本の音楽グループ。 日本において「テクノポップ」というジャンルを根付かせた、シンセサイザーなどの電子楽器を使用した音楽が特徴。グループ名の頭文字をとって、通称YMO(ワイ・エム・オー)と呼ばれる。 代表曲は「RYDEEN」「BEHIND THE MASK」「君に、胸キュン。」など。

Read Article

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX、S.A.C. 2nd GIG、Solid State Society(神山版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊S.A.C.』は2002年放送のTVアニメ及びそのシリーズ。AD2030年、内務省直轄独立攻性部隊・公安9課が「笑い男事件」を追うストーリー。 続編の『S.A.C. 2nd GIG』ではテロリスト「個別の11人」を追う事件、『Solid State Society』は主人公・草薙素子が失踪後に謎のハッカー「傀儡廻し」に関わる事件となっている。 神山健治監督版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(アニメ)のネタバレ解説まとめ

2010年12月に公開された「蒼穹のファフナー」の劇場版。舞台はTVアニメシリーズの2年後、西暦2148年。平和は守られたはずだった。人々は多くの犠牲を払い、取り戻した平和な日々を過ごしていた。そんな生活の中真壁一騎は皆城総士との約束が果たされる日を待っていた。一隻の船が竜宮島へ打ち上げられたその日、束の間の平穏は破られ再び少年少女たちは戦いの渦へと巻き込まれていく。

Read Article

フリッパーズ・ギター(The Flipper's Guitar)の徹底解説まとめ

1988年の活動開始から1991年の解散までのわずかな活動期間ながら、日本の音楽シーンに多大な影響を与えたフリッパーズ・ギター。 それまでのバンドサウンドとは違い、ニューウェーブやギターポップ、ネオアコなど様々なスタイルを取り入れた都市型志向の音楽と言われる「渋谷系」を流行らせた。 日本の音楽に洋楽志向を根付かせたバンドとして、今も語り継がれている。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

懐かしき90年代 邦楽シーン / コーネリアス (小山田圭吾) の魅力

1990年代、フリッパーズギターでの活動により、"渋谷系"ムーブメントの中心となった小山田圭吾。フリッパーズ・ギター解散後、ソロになってからはコーネリアスとして活動。その多彩な才能で、音楽プロデューサー、クリエイターとして多岐に渡る活動を行っている。その小山田圭吾の魅力をご紹介したいと思います。

Read Article

【映画音楽】『リリィ・シュシュのすべて』のリリィ・シュシュ(岩井俊二&小林武史&Salyu)名曲4選

映画『リリィ・シュシュのすべて』は2001年に公開された岩井俊二監督作品です。映画のキーパーソンとなる架空のカリスマシンガー、リリィ・シュシュの音楽は、岩井俊二、音楽プロデューサー小林武史、歌手Salyuのユニットプロジェクトとして制作されました。本日は、映画に登場するリリィ・シュシュの名曲4選を紹介します。

Read Article

女性アーティスト「Salyu」の魅力についてまとめてみました!

映画やCMの主題歌やテーマ曲に数多くタイアップとして起用され、 その圧倒的な歌唱力と声の美しさで、多くのファンを生み出し続けています。 「この曲聞いたことあるけど、なんていう人なんだろう?」、「名前は聞いたことあるけど」、「to U」しか知らないという方の為に女性アーティスト「Salyu」の魅力を楽曲と共にご紹介したいと思います。

Read Article

目次 - Contents