BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。
個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

子供の姿

大人の姿

元第3十刃。身長176cm、体重63kg(身長、体重共に本来の姿における数値)、4月24日生まれ。
一護が出会った破面の少女。ひび割れた髑髏の仮面を被り、東北弁を話す。顔の中央には大きな傷跡がある。通称『ネル』。ペッシェとドンドチャッカという破面と行動を共にしており、2人のことを兄としている。一護と仲良くなり、共に虚夜宮へと向かった。ネルの唾液には多少の回復効果がある。

その正体は、前任の第3十刃。当時の姿は山羊の髑髏のような仮面を被った巨乳の美女であり、背中に『3』の刻印がされていた。ペッシェとドンドチャッカはネルの従属官である。争いを好まない性格だったが、当時第8十刃だったノイトラを寄せ付けないほどの強さを誇っていた。命令を無視して気ままに行動をするノイトラを何かと諫めることが多かった。その事からノイトラに嫉妬のような感情を抱かれた。ネルに正面から敵わないノイトラは、ペッシェとドンドチャッカを襲撃した。そしてザエルアポロと結託してネルの背後から頭を割り、『虚夜宮』から放り出した。その出来事によりネルは記憶を失って子供の姿になっていた。一護がノイトラに追い詰められた時、本来の姿に戻って一護を守る為に戦う。ネルはノイトラを圧倒するが、あと少しという所で子供の姿へと戻ってしまった。

『千年血戦篇』でも登場しており、一護と一緒に『見えざる帝国』と戦った。

帰刃:『羚騎士(ガミューサ)』

ネルの帰刃。解号は「謳え『羚騎士』」。
発動すると足が四足獣の足に変わり、山羊を思わせる姿となる。斬魄刀は巨大なランスになる。
ノイトラの虚閃を取り込み、自身の虚閃を上乗せして返すなどの技を見せた。

第3十刃(トレス・エスパーダ):ティア・ハリベル

プロフィール

第3十刃。身長175cm、体重61kg、7月25日生まれ。司る死の形:犠牲。
金髪で褐色の肌が特徴の女性の破面。巨乳で、乳房の下半分が見えるような衣装を身につけている。襟が口元まで伸びて見えないが、服の下には口から胸にかけて仮面がある。右の乳房に『3』の数字が刻印されており、下腹部に虚の孔が空いている。
冷静で慎重な性格。戦いも用心深く進める。藍染に対しては高い忠誠心を見せている。従属官は全て女性の破面。敗北した部下を叱咤することなく、その仇を取ろうとしている事から尊敬の念を集めている。

藍染と一緒に空座町へと侵攻する。そこで日番谷と戦闘を行うが、氷漬けにされて一時的に戦闘不能となる。その後、ワンダーワイスの介入により戦線へ復帰し、ひよ里・リサ・日番谷と戦う。しかし、十刃を見限った藍染により攻撃を受けた(藍染が十刃を見限ったのはトップであるスタークとバラガンが敗北したせい)。ハリベルは藍染に向けて刃を振るうが、返り討ちにされた。命は落としておらず、戦いが終了してからは虚圏を統治していた。
『千年血戦篇』で『見えざる帝国』からの襲撃を受けてユーハバッハと戦う。その結果、敗北して囚われの身となった。その後どうなったのかは分かっていない。

帰刃:『皇鮫后(ティブロン)』

ハリベルの帰刃。解号は「討て『皇鮫后』」。
発動するとミニスカートにブーツを着用し、右手に巨大な大剣を携える。通常の状態よりもかなり露出が上がっている。
水を操って攻撃を行う。単純に水を操作するだけではなく、水圧や水温も自在に操作する事が可能。

第4十刃(クアトロ・エスパーダ):ウルキオラ・シファー

プロフィール

第4十刃。身長169cm、体重55kg、12月1日生まれ。司る死の形:「虚無」。
左胸に『4』の数字が刻印され、虚の孔は喉に存在する。角が生えた仮面を頭の左半分に被っている。ロングコート丈の破面死覇装を着用している。表情に起伏がなく、感情が表に出ることはほとんどない。残忍な性格で、仲間に対しても『屑』『下衆』といって見下す事もある。
高い戦闘能力を持ち、ウルキオラと戦った一護は第1十刃だと思い込んでいた。観察眼にも優れており、『事象の拒絶』という織姫の能力にもいち早く感づいていた。『帰刃』の第二解放である『刀剣解放第二階層(レスレクシオン・セグンダ・エターパ)』を使える唯一の存在である。その為、第4十刃だが、他の十刃と比べても桁違いに戦闘能力が高い。
藍染に高い忠誠心を示している。一護に関する出来事を一任されている事から藍染からも信頼されている事が伺える。
一護や織姫と接していく内に人間の心に対して憧れのような気持ちを抱くようになる。

藍染の命令で一護が藍染たちの脅威となりうる人物か調べる為にヤミーを率いて空座町へ赴いた。そこで一護たちと戦った結果、脅威に値しないと判断した。その後、藍染が織姫の能力に目をつけた事により、仲間の殺害をチラつかせて織姫を攫っていった。
虚夜宮で織姫の奪還に来た一護を迎え撃つ。一護は虚化して戦うが、ウルキオラは問題にせずに圧倒した。その時、グリムジョーが霊体を閉次元に幽閉する道具『反膜の匪』をウルキオラに使い、織姫を攫っていくというアクシデントが起きる。元々『反膜の匪』は十刃に使うように作られていなかった為、ウルキオラは閉次元から脱出を果たした。
その後、藍染たちは空座町へ侵攻する事となり、ウルキオラは虚夜宮の守護を任される。そして虚夜宮で一護と合間見える。虚化して戦う一護に対して、ウルキオラは『帰刃』を使い圧倒的な戦力差を見せた。しかし一護はそれでも戦うことを止めようとしなかった。それを見たウルキオラは『刀剣解放第二階層』を使い一護の胸を貫いた。一護は戦闘不能になるが、完全虚化して復活する。完全な虚となった一護の力は凄まじく、ウルキオラは身体の半分を吹き飛ばされる。一護は我を忘れており、仲間の石田に斬魄刀を突き立て、虚閃で追撃しようとする。その時、ウルキオラが一護の角を破壊し、それにより一護の虚化は解けた。ウルキオラは身体を再生しようとするが、既に力を使い果たしており、左手と左足は戻らなかった。意識を取り戻した一護にウルキオラは斬魄刀を渡し、決着をつけようとした(胸にあいた穴は虚化の影響で塞がった)。しかし、一護は完全に虚となった自分の力を認めておらず、ウルキオラと対等な勝負をする為に自身の左手と左足を斬り落とすように言った。ウルキオラは一護の言う通りにしようとするが、その瞬間に身体が崩れだした。「歩く力も残ってはいない。今斬らなければ勝負は永遠につかなくなるぞ。」とウルキオラが言うと、一護は「こんな勝ち方があるかよ!」と叫んだ。ウルキオラは「最後まで思い通りにならん奴だ。ようやくお前たちに、少し興味が出てきた所だったんだがな。」と言った。そして織姫に向かって手を伸ばし「心とはなんだ?俺が怖いか?女。」と聞いた。織姫は「怖くないよ。」と答え、ウルキオラの手を掴もうとした。ウルキオラは「そうか。」と言って塵になった。

帰刃:『黒翼大魔(ムルシエラゴ)』

ウルキオラの帰刃。
頭に兜のようなものを被り、背中から巨大な蝙蝠のような羽が生える。この翼は防御に使うことができる。光の槍『フルゴール』で直接攻撃を加えたり、投擲して投擲して攻撃する。投擲すると辺り一帯を吹き飛ばす力がある。
虚化した一護が手も足もでないほどの強さを持つ。

刀剣解放第二階層(レスレクシオン・セグンダ・エターパ)

十刃の中でもウルキオラだけが使える帰刃の第二形態。
兜が消え去り、2本の巨大な角が生える。また、四肢には黒い毛が生えて悪魔じみた姿へと変わる。
ただでさえとてつもない強さを誇るウルキオラの帰刃がさらに強化され、一護は防御することすらもできなかった。

第5十刃(クイント・エスパーダ):ノイトラ・ジルガ

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents