愈史郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

愈史郎(ゆしろう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。
鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって基本的に鬼は生み出されるが、愈史郎は無惨の抹殺を目的としている珠世によって鬼になった。珠世に心酔しており、珠世に害をなすものには攻撃的になる。
珠世と共に無惨を倒すことを目的としている。

愈史郎のプロフィール

鬼の首魁である鬼舞辻無惨の抹殺を目的とする珠世に鬼にされた。書生のような格好をしている。
少年のように見えるが、35年の時を生きている。珠世に心から好意を寄せており、珠世に無礼な態度をとる者にひどく腹をたて、暴力を振るうこともある。
珠世のことが一番大事で、炭治郎と禰󠄀豆子を招いたことで無惨の放った鬼に居場所が割れた時には、炭治郎たちを囮にして逃げようと珠世に提案し、珠世からドン引きされた。

通常、鬼は無惨に常に居場所を把握され、無惨の名を発したり、無惨の情報を話そうとすると死に至る『呪い』が掛かっているが、珠世に鬼にされた為に愈史郎は呪いの対象外である。また、鬼にある食人欲求もなく、少量の血を飲むだけで生きることができる。
視覚に関する血鬼術を使用することができる。札を張り付けて自身の視覚を貸し与えたり、視覚を共有したりすることができる。

愈史郎の来歴

珠世との出会い

愈史郎は不治の病に罹っており、余命いくばくもなかった。そんな時、鬼である珠世と出会う。
珠世は人外の存在となっても生きていたいのかと愈史郎に問う。そして愈史郎は鬼となって生き延びる事を選んだ。
その後、愈史郎は珠世と行動を共にし、愈史郎の血鬼術によって鬼から隠れて過ごす。

炭治郎、禰󠄀豆子との出会い

禰󠄀豆子の悪口を言う愈史郎

炭治郎は浅草にて無惨と遭遇するが、無惨は行き交う人を鬼にして騒動を起こし、姿をくらませた。炭治郎は鬼となった人を取りおさえるために身動きが取れなかった。そこに警官隊が駆けつける。警官隊は炭治郎を暴漢だと思い、鬼から引き剥がそうとする。炭治郎が「やめてくれ!この人に誰も殺させたくないんだ!邪魔をしないでくれお願いだから!」と叫ぶと、通りかかった珠世と愈史郎が助けに入る。
珠世は自分たちが無惨の抹殺を目的とする鬼であると明かし、炭治郎たちを自身が隠れ住む館へと招いた。

館は愈史郎の血鬼術によって隠されており、愈史郎は炭治郎と禰󠄀豆子を迎えに行った。愈史郎は禰󠄀豆子を見るなり「鬼じゃないかその女は。しかも醜女(醜い女性)だ。」と言い放った。それを聞いた炭治郎は「醜女のはずないだろう!よく見てみろこの顔立ちを!町でも評判の美人だったぞ禰󠄀豆子は!」「醜女は違うだろ絶対!もう少し明るい所で見てくれ!ちょっとあっちの方で!」と猛反発した。
館に着いた炭治郎は、怪我人の手当てをしている珠世を見て「人の怪我の手当てをしてつらくないですか?」と聞いた。それに対し愈史郎は炭治郎を殴り「鬼の俺たちが血肉の匂いに涎を垂らして耐えながら人間の治療をしているとでも?」と言って苛立ちの表情を見せた。珠世は体を弄って人間を喰わずとも少量の血を飲むだけで生きることができ、珠世によって鬼になった愈史郎はさらに少量の血を飲むだけでよかった。その後、「二百年以上かかって鬼にできたのは愈史郎ただ一人ですから。」という珠世の言葉を聞いて、炭治郎は珠世に年齢を聞く。愈史郎は「女性に歳を聞くな無礼者!」と言ってまた炭治郎を殴りつけた。その後、鬼を人に戻す方法があるという珠世に炭治郎が躙り寄ると、愈史郎は「寄ろうとするな珠世様に!」と言って炭治郎を投げ飛ばした。注意していたのにも関わらず、再三に渡り暴力を振るう愈史郎に珠世は怒りを見せるが、愈史郎は「投げたのです珠世様。殴ってません。」と答えた。

炭治郎たちを囮にして逃げようとする愈史郎

その後、無惨が差し向けた鬼である朱紗丸と矢琶羽が襲来する。
愈史郎は朱紗丸が投げた鞠が直撃し、頭部が吹き飛ぶ。愈史郎は頭部を再生しながらも「俺は言いましたよね?鬼狩りに関わるのはやめましょうと最初から!俺の"目隠し"の術も完璧ではないんだ!貴方にもそれはわかっていますよね!建物や人の気配や匂いを隠せるが、存在自体を消せるわけではない!人数が増える程、痕跡が残り鬼舞辻に見つかる確率も上がる!貴方と二人で過ごす時を邪魔するものが俺は嫌いだ!大嫌いだ!許せない!」と珠世に告げた。
矢琶羽は血鬼術により矢印を出し、その矢印の通りに物体を動かすことができた。その矢印は鬼にしか見えておらず、炭治郎は苦戦していた。しかし、愈史郎が炭治郎に札を張り付けて自身の視覚を貸し与えたことにより、炭治郎にも矢印が見えるようになった。そこで愈史郎は「珠世様!あいつらを囮にして逃げましょう!」と提案するが、珠世が信じられないような顔で愈史郎を見たため、「冗談です!」と即座に取り消した。そして矢琶羽は炭治郎が相手し、朱紗丸は愈史郎、珠世、禰󠄀豆子で相手することになった。
そして炭治郎が矢琶羽を倒し、朱紗丸は珠世の血鬼術により無惨の名前を口に出し、無惨の細胞が暴走して死亡した。

鬼に居場所が割れた為、珠世と愈史郎は浅草を離れることを決めた。炭治郎たちとの別れの際、愈史郎は「お前の妹は美人だよ。」と言い残した。

無限城への侵入

獪岳の死に際に現れた愈史郎

禰󠄀豆子は上弦の肆である半天狗との戦いで太陽を克服する。それにより無惨が全力で禰󠄀豆子を手に入れようとすることが予想された。
ある夜、珠世の元に鬼殺隊の長である産屋敷耀哉からの使いである鴉がやって来る。鴉は無惨を倒すために協力するように持ちかけ、産屋敷邸へと招いた。鬼である珠世が鬼殺隊の本部へ行くのは相当の覚悟が必要だったが、珠世はその提案を受けた。そして愈史郎も珠世と一緒に産屋敷邸へ向かう。

ある夜、無惨は産屋敷耀哉の元へ現れる。しかし耀哉は無惨の到来を予期しており、屋敷に大量の爆薬を仕込んでいた。そして妻と子供を道連れに自爆した。それにより無惨は身体の大半を失った。無惨は体を修復しようとするが、そこに珠世が現れる。珠世は鬼を人間に戻す薬を開発しており、それを無惨へ投与した。そこへ炭治郎や柱たちが駆けつけるが、一同は異空間である『無限城』へと落とされる。

愈史郎も鬼殺隊員になりすまし無限城へと入っていた。その時、愈史郎は鴉と、産屋敷耀哉の息子である産屋敷輝利哉に札を張り付け、視覚を共有させて情報収集に力を貸している。
善逸は上弦の陸である獪岳と戦っていた。獪岳は善逸の兄弟子であった。戦いの結果獪岳は善逸に負け、劣等感にまみれていた。そこへ愈史郎が現れる。愈史郎は「人に与えない者はいずれ人から何も貰えなくなる。欲しがるばかりの奴は結局、何も持ってないのと同じ。自分では何も生み出せないから。独りで死ぬのは惨めだな。」と告げた。そして戦いで負傷した善逸の治療を行なった。

鳴女を操る愈史郎

鬼を人間にする薬を投与された無惨は肉の玉を作り、その中で薬を分解していた。無惨と一緒に肉の玉の中にいる珠世は、無惨が薬を分解する前に誰かが来てくれることを願っていた。しかし、その願いは叶わず、無惨は薬を分解してしまう。肉の玉からでた無惨は珠世を殺害する。血鬼術により珠世の死亡を知った愈史郎の顔は憎悪にまみれていた。

その後、愈史郎は上弦の肆である鳴女と戦う恋柱・甘露寺蜜璃と蛇柱・伊黒小芭内に遭遇する。愈史郎が「いいか。よく聞け。俺は鬼だが味方だ。馬鹿じゃないなら今すぐ理解して協力しろ。」と言う。「私、馬鹿じゃないわ。」と考えた甘露寺は愈史郎の言うことを聞いた。甘露寺たちに囮となって鳴女の注意を引くように言い、愈史郎は気付かれないように近づいて鳴女の頭に指を突き刺して鳴女を操った。無惨は鳴女が見ている景色を見ることができた。愈史郎は鳴女を操って甘露寺と伊黒を殺害する場面を見せ、無惨を謀って甘露寺と伊黒を無惨の元へ送った。炭治郎、義勇と戦っていた無惨は、死んだと思っていた甘露寺たちが現れた事で激怒し、「何をしている鳴女!」と叫んだ。それに対し愈史郎は「何をしているかだって?操っているんだよ。この女の視界を。無惨お前はこの世で最も重い罪を犯した。俺から珠世様を奪ったこと、後悔して跪け!今からお前を地上へ叩き出してやる!」と涙ながらに叫んだ。
鳴女は無限城を操る能力を持った鬼だった。無惨は頸を斬られても死ぬことはなく、無惨を倒すには日光の下に晒すしかなかった。無惨は無限城を操作する愈史郎を止めようとし、鳴女を通して愈史郎の細胞を吸収しようとする。しかし、無惨の元にいる柱たちによる妨害で、愈史郎は無惨を地上に出すことに成功する。

愈史郎の血鬼術

視覚を操る血鬼術

鴉に札を張り付けて、鴉の視界を見ている愈史郎

札を貼り付けることにより視覚を操ることができる。
朱紗丸と矢琶羽が襲来した時には、矢琶羽の血鬼術が見えていない炭治郎に札を張り付け、自身の視覚を貸して矢琶羽の血鬼術が見えるようにした。無限城での戦いでは、鴉と本部にいる産屋敷輝利哉たちに札を張り付け、鴉の視界を共有させることで無限城内部の内情を把握させた。
また、建物を見えにくくしたり、人の気配や匂いも消すことができる。ただし、完全に見えなくなるわけではなく、人数が増えればその分痕跡も増える。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。 炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

Read Article

NEW

珠世(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

珠世(たまよ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。 鬼でありながら、鬼の首魁である鬼舞辻無惨の抹殺を目的としている。通常、人の血肉を喰わなければ飢餓で苦しむことになるが、珠世は体を弄り人間を喰わなくていいようにしている。 医者でもあり、鬼となった禰󠄀豆子を人間にするための研究を進める。

Read Article

NEW

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

NEW

産屋敷耀哉(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの組織『鬼殺隊』の長である。 カリスマ性があり、個性的な人物が多い鬼殺隊の隊員たちを取り纏めている。 『1/fゆらぎ』という特殊な声と、予知ともいえるような先見の明を持っている。 鬼の首魁である鬼舞辻無惨の打倒を宿願としている。

Read Article

NEW

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

NEW

我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

NEW

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

目次 - Contents