珠世(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

珠世(たまよ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。
鬼でありながら、鬼の首魁である鬼舞辻無惨の抹殺を目的としている。通常、人の血肉を喰わなければ飢餓で苦しむことになるが、珠世は体を弄り人間を喰わなくていいようにしている。
医者でもあり、鬼となった禰󠄀豆子を人間にするための研究を進める。

珠世のプロフィール

二百年以上生きる女性の鬼。自身の体を改造し無惨の支配から逃れており、無惨を倒そうとしている。体を弄っている事で、食人欲求はなく、多少の血を飲むだけで生きながらえることができる。血は輸血と称して人間から買っている。
医学に精通しており、鬼を人間に戻す方法を研究している。禰󠄀豆子は体を弄ることなく無惨の支配から逃れた特殊な鬼である。珠世は鬼を人間に戻す研究を進めるために、禰󠄀豆子の血を調べる事と、無惨の血の濃い上弦の鬼の血を入手する事を炭治郎にお願いした。

従者である愈史郎は、珠世が鬼にしている。無惨以外で鬼を作り出したのは珠世だけである。

珠世の来歴

無惨に鬼にされる

二百年以上前、無惨により鬼にされる。鬼になった事で自身の夫と子供を襲って殺害した。その事がきっかけで無惨への復讐が目的となった。
無惨の血を持つ鬼は、常に無惨にその居場所を知られ、目の前に立つと心を読まれてしまう。さらに、無惨の名前を発したり、無惨の情報を話そうとすると無惨の細胞が暴走して死に至る。だが、珠世は自身の体を弄り、その呪いから逃れている。また、食人衝動を抑え、少量の血を飲むことで生き長らえるようになった。

その後、瀕死の状態の愈史郎と出会う。珠世は鬼となって生き延びたいか確認を取った上で愈史郎を鬼にした。その後、愈史郎と行動を共にする。

炭治郎・禰󠄀豆子との出会い

炭治郎を助けた珠世

浅草で炭治郎・禰󠄀豆子と出会う。炭治郎は浅草の人混みの中で無惨と出会うが、無惨は周囲の人間を鬼にして騒動を起こし、その間に姿を隠した。炭治郎は鬼となった人が周囲の人を襲わないように抑えていたが、駆けつけた警官隊に取り押さえられそうになってしまう。炭治郎は「やめてくれ!この人に誰も殺させたくないんだ!邪魔をしないでくれお願いだから!」と叫んだ。その時、「あなたは鬼となった者にも「人」という言葉を使ってくださるのですね。そして助けようとしている。ならば私もあなたを手助けしましょう。」というセリフと共に珠世と愈史郎が現れる。珠世は幻覚を見せる血鬼術『視覚夢幻の香』を使い、炭治郎を助けた。炭治郎は匂いにより珠世が鬼だと気付く。珠世は「そう、私は鬼ですが、医者でもあり、あの男、鬼舞辻を抹殺したいと思っている」と話した。そして珠世は鬼となった男性を連れ帰り、炭治郎と禰󠄀豆子を自分たちが隠れている館へと招いた。

珠世は館に来た炭治郎に、体を弄って無惨の呪いから逃れた事、愈史郎を鬼にした経緯を話した。そして、「鬼になった人を人に戻す方法はありますか?」と聞く炭治郎に、その方法はあると答えた。しかし、その方法はまだ確立できていなかった。珠世は鬼を人間に戻す方法を見つけるために、禰󠄀豆子の血を調べさせて欲しいと炭治郎に頼んだ。人の血肉を喰わずとも凶暴化することがない禰󠄀豆子は、極めて特殊な鬼であった。
そしてもう一つ、無惨の血が濃い十二鬼月の血を採取してくるように頼んだ。

その時、無惨の手下である朱紗丸と矢琶羽が襲来する。
矢琶羽は炭治郎が相手し、朱紗丸は禰󠄀豆子、珠世、愈史郎が相手することになった。珠世は脳の機能を低下させる血鬼術『白日の魔香』を使用し、朱紗丸に無惨の名前を言わせた。朱紗丸は無惨の名前を口にしたことで『呪い』が発動し、無惨の細胞が暴走して死亡した。
戦いを終えた後、禰󠄀豆子はしきりに珠世と愈史郎に抱きついてきた。どういう事か珠世が炭治郎に聞くと、禰󠄀豆子は人間が家族に見えるように暗示をかけられており、珠世と愈史郎を人間と見なしていると話した。それを聞いた珠世は涙を流した。
その後、無惨に居場所が割れてしまった為、珠世たちは浅草を後にした。

鬼舞辻無惨との再会

産屋敷邸へと招かれた珠世

ある夜、珠世の部屋に鴉がやってくる。それは鬼殺隊の長である産屋敷耀哉が遣わした人語を操る鎹鴉だった。鎹鴉は鬼舞辻無惨を倒すために協力を持ちかけ、鬼殺隊の本部である産屋敷邸へ招待した。鬼である珠世にとって、それは非常に危険な提案だったが、珠世はそれに同意した。

無惨に鬼を人間に戻す薬を投与する珠世

その後、無惨は産屋敷邸を訪れる。耀哉は無惨の到来を予期しており、邸に大量の爆薬を仕掛けていた。そして耀哉は妻と子供もろとも自爆した。それにより無惨は体の大部分を欠損する。無惨はすぐさま体を修復しようとするが、そこに珠世が現れる。珠世は鬼を人間に戻す薬を開発しており、それを無惨に投与する。
無惨は「お前も大概しつこい女だな珠世。逆恨みも甚だしい。」「お前の夫と子供を殺したのは誰だ!私か?違うだろう!他ならぬお前自身だ!お前が喰い殺した!」と口にした。それに対して珠世は「そんなことがわかっていれば私は鬼になどならなかった!病で死にたくないと言ったのは!子供が大人になるのを見届けたかったからだ…!」と涙ながらに訴えた。そして「私はお前とここで死ぬ!」と叫んだ。
その後、鬼殺隊の柱や炭治郎が無惨を討とうと駆けつけるが、その時、異空間である『無限城』が出現し、一同は無限城に落ちた。
珠世も無惨と一緒に無限城の中へ落ちた。無惨は珠世と共に肉の玉の中へ閉じこもり、鬼を人間に戻す薬を分解しようとする。珠世は無惨が薬を分解する前に鬼殺隊の剣士が来ることを願った。

無限城には上弦の鬼たちが集結していたが、そのほとんどが炭治郎や柱たちによって討たれた。しかし、それにより炭治郎や柱たちは無惨の元へ辿り着くのが遅れ、無惨は鬼を人間に戻す薬を分解してしまう。肉の玉の中から出た無惨は集まってきていた鬼殺隊の隊士たちを皆殺しにした。
無惨の手には頭だけとなった珠世の姿があった。無惨は「どうだ?珠世。お前の鬼を人間に戻す薬とやらも結局効きはしなかったようだぞ。」と言った。珠世は「お前…は…今日…必ず…地獄に堕ち…る…」と告げるが、無惨は「今まで何百もの人間が私にその言葉を吐き散らかしたが、それが叶うことは決して無かった。気の毒なことだ。」と涼しげに告げた。珠世は「私の…夫…と…子供を…かえ…せ…」と言うが、無惨は「ならばすぐさま死んで己が殺した身内の元へ行くがいい。」と告げて、珠世の頭を握り潰した。

珠世の血鬼術

惑血(わくち)

自身の血の匂いを嗅がせることで発動する血鬼術。
匂いを嗅いだ者に効果が及ぶ為、匂いのする範囲に仲間がいると、仲間もその影響を受けてしまう。

視覚夢幻の香(しかくむげんのこう)

自身の血の匂いを嗅いだ者に、幻覚を見せる血鬼術。
花のような紋様が視界に現れ、行動を制限する。この術で、警官隊に取り押さえられかけた炭治郎を救った。

白日の魔香(はくじつのまこう)

脳の機能を下げる血の匂いを放つ。自白剤のような作用があり、嘘をついたり、秘密を守ることができなくなる。
この血鬼術を受けた朱紗丸は、無惨の名前を口にしてしまい、無惨の細胞が暴走して死亡した。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。 炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

Read Article

NEW

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

NEW

産屋敷耀哉(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの組織『鬼殺隊』の長である。 カリスマ性があり、個性的な人物が多い鬼殺隊の隊員たちを取り纏めている。 『1/fゆらぎ』という特殊な声と、予知ともいえるような先見の明を持っている。 鬼の首魁である鬼舞辻無惨の打倒を宿願としている。

Read Article

NEW

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

NEW

我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

NEW

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

目次 - Contents