彼方のアストラ(Astra Lost in Space)のネタバレ解説まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太が「少年ジャンプ+」(集英社のWebコミック配信サイト)で2016年5月から2017年12月まで連載した同名マンガ、及びをそれを原作としたアニメ作品。
舞台は宇宙への往来が当たり前になった近未来。宇宙空間で何者かに狙われ遭難した、9人の少年少女のサバイバルを描く。宇宙船という閉鎖空間で、彼らを襲った犯人が仲間の中にいるというサスペンスと、仲間達との友情と恋愛を描く学園ドラマのような要素、そしてギャグが融合した作品となっている。

「刺客」が誰なのかが判らず、疑心暗鬼になる仲間たち。しかしアストラ号の旅は続き、未知の生物や自然が襲いかかってくる。「刺客」を含め、全員が協力して危機に対処しなければならない。「今後一切犯人捜しは禁止とする」とキャプテンのカナタは宣言する。

「未知の動物の背中に乗って、未開の荒野を走れるなんて、僕の夢が叶ったよ」(シャルス)

出典: livedoor.blogimg.jp

惑星シャムーアで出会った生物に乗せてもらうシャルスたち

惑星シャムーアで見つけた、ダチョウのような動物の背中に乗ってシャルスが言った言葉。
何気ない一言だが、後に、王の若返りのための器として生まれ、「王の代わりに死ぬ」ことが自分の役割だと教えられてきたシャルスにとっては、本当に叶うはずのない夢だったことがわかる。「刺客」として「B-5班」の一員となったから、思いがけず夢が叶ってしまった。

「私は、透明になりたいの」(ユンファ)

出典: livedoor.blogimg.jp

食料採集などの作業で、他のメンバーの様に活躍することができないユンファ。ウルガーから「デカ女、役に立たない奴だ」と言われ、食料を節約する相談をしている時には、ルカからは「ユンファさんとかすごい食べそうだし」などと言われ深く傷つく。そしてユンファは「私は皆の役に立てない」と宇宙船から逃げ出してしまう。ユンファは、自身を探しにきたカナタに「失敗して目立つのもイヤだし、活躍して目立つのも苦手」だと語る。幼いころから母親に「目立つことをするな」と言われ続けた結果、ユンファは「透明になりたいと」思う様になってしまっていた。
積極的に人前に出たり、自分を表に出すのが苦手なユンファを象徴する言葉。

出典: livedoor.blogimg.jp

ユンファは幼いころから、母親に「目立つことをするな」と言われ続けていた

しかし、本当は「歌を歌いたい」と思い続けていた。「歌手になりたい」という夢も持っていた。「私は歌が好き。だってとても心が安らぐから」とカナタにも伝えるが、親から「自分を表現することは恥ずかしいことだ」と教えられ続けたユンファには、何もできなかった。
しかし、皆が毒にやられて倒れた時、何もできないユンファは歌を歌って皆を力づける。
ユンファの歌に勇気づけられた仲間たちは、カナタが解毒剤を取って戻るまで持ちこたえ、生き延びることができた。
このことをキッカケにして、ユンファは少しずつ仲間と打ちとけ、自分を表現することが出来るようになった。

「見くびってもらっちゃ困るな。仲間見捨てるほど腐っちゃいないっすよ」(ルカ)

ウルガーの兄はマルコ上院議員の疑惑を追っている途中で、ビルから転落して命を落としていた。それ以来、ウルガーはマルコ上院議員を「兄の敵」と考えていた。
そしてルカが「マルコ上院議員の息子」だと知り、兄が死んだことへの復讐として、ウルガーはルカを殺そうとしたのだった。
その時、地震により津波が発生してルカとウルガーは波に掠われそうになる。ルカはウルガーを助けようとするが、ウルガーは「自分を離せ」と言う。そんなウルガーに対してルカは「見くびってもらっちゃ困るな。仲間見捨てるほど腐っちゃいないっすよ」と言った。
これまでの旅で培われた絆の強さを感じさせる。

「俺の役割は冷静でいることだ。クルーが取り乱している時こそ、俺は冷たくなる」(ザック)

アストラ号が崖に衝突したために動力ユニットが壊れ、航行不能になってしまった。「もう故郷には帰れない、死ぬまでこの惑星で暮らすしかない」と、皆が絶望に陥るなか、取り乱したキトリーに対してザックが言った言葉。
一見冷たく突き放すように感じるが、自分の役割をきちんと認識し、仲間が生き延びることが出来るようにと常に考えている。

「俺たちは同じ運命の元に生まれて、一緒に苦難を乗り越えて来た家族じゃねえか!」(カナタ)

自分達がクローンであったことが分かり、自分達に本当の親がいないと知った仲間たち。ショックを受ける皆にカナタが「俺たちは家族だ」と告げる。
困難な旅を通して通い合った仲間たちは、血の繋がった家族以上の絆で結ばれている。

「この旅であたしは変わった。それがうれしい」(キトリー)

いままで母親の敷いたレールの上を歩いてきた自分。しかし自分がクローンであることが分かって吹っ切れたとザックに語るキトリー。いつも強気なキトリーが本当は可愛らしい女性であることがわかる一言。
その後、ザックとキトリーの婚約が発表された。

「助け合いながら、死にものグルイで一緒にやって来た俺たちを仲間じゃねえなんて言わせねえぞ!」(カナタ)

「刺客」だとわかり、開き直るシャルス。皆を殺すことにためらいはない、皆を仲間だとは思っていない、と言うシャルスにカナタが詰め寄って「助け合いながら、死にものグルイで一緒にやって来た俺たちを仲間じゃねえなんて言わせねえぞ!」と叫ぶ。
一緒に旅を続けてきたカナタには、旅の途中でシャルスが見せた表情や言葉から、シャルスが本当は生きたがっていることが分かっていた。

「今、信用しねえでどうする!? 俺たちの旅は嘘だったのか!?」(カナタ)

カナタは謎の球体によって右手を失った。そのことで自分を責め、自分のことを監禁してくれというシャルスに「これからは自分のために生きると約束しろ」とカナタはいう。そんなカナタに皆は「本当にシャルスを信用するのか」と疑問を投げかける。
それに対してカナタが皆に言い放った言葉が見出しのセリフである。
しかし、カナタがいうまでもなく、皆がシャルスを受け入れることを決めていた。
この言葉でシャルスは皆と一緒にアストラに帰ること、オリジナルとして生きることを決心する。

「自分の目で世界を見て、考えて、疑って、本当の自分になるって、きっとそういうことなんだと思います。」(アリエス)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

クズの本懐(Scum's Wish)のネタバレ解説まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

彼方のアストラ(Astra Lost in Space)の名言・名セリフまとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太による漫画作品。 学校行事で惑星マクパへと向かったケアード高校B5班の生徒達だったが、突如現れた謎の球体に吸い込まれ、気が付くとそこは宇宙空間だった。偶然近くにあった宇宙船へと逃げ込んだB5班の9人は、現在地がマクパから5千光年の彼方である事実を知る。 宇宙で遭難した生徒達が力を合わせて5千光年を旅するサバイバルを描く漫画である。長い旅の中で数多くの名言も生まれている。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(Rampo Kitan: Game of Laplace)のネタバレ解説まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

魔法少女育成計画(Magical Girl Raising Project)のネタバレ解説まとめ

魔法少女育成計画(Magical Girl Raising Project)とは作・遠藤浅蜊、イラスト・マルイノによる小説。2012年6月より文庫として宝島社より刊行が開始されており、2016年10月から12月まではその一部を原作としてテレビアニメ全12話も放送された。可愛らしい絵柄とは裏腹に、魔法少女としての力を授かった少女たちの、命がけのシビアな戦いを描いている。

Read Article

SKET DANCE(スケットダンス)の名言・名セリフまとめ

「SKET DANCE」は、篠原健太によって「週刊少年ジャンプ」に連載された漫画作品。 学園生活支援部、通称「スケット団」は、生徒の楽しい学園生活を守る人助けの部活である。主人公であるリーダーの「ボッスン」は、「ヒメコ」と「スイッチ」の二人と共に、個性的な生徒達から舞い込む数々の相談事を解決していく。ギャグが軸でありながら、人助けにまつわる深い名言が数多く存在する。

Read Article

目次 - Contents