彼方のアストラ(Astra Lost in Space)のネタバレ解説まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太が「少年ジャンプ+」(集英社のWebコミック配信サイト)で2016年5月から2017年12月まで連載した同名マンガ、及びをそれを原作としたアニメ作品。
舞台は宇宙への往来が当たり前になった近未来。宇宙空間で何者かに狙われ遭難した、9人の少年少女のサバイバルを描く。宇宙船という閉鎖空間で、彼らを襲った犯人が仲間の中にいるというサスペンスと、仲間達との友情と恋愛を描く学園ドラマのような要素、そしてギャグが融合した作品となっている。

アストラ号が4番目に立ち寄った惑星。
公転周期と自転周期が一致しており、常に昼間の灼熱地帯と、常に夜の極寒地帯に分かれている。そのため、生物は灼熱地帯と極寒地帯の境目付近にしか存在しない。

惑星ガレム

出典: livedoor.blogimg.jp

アストラ号が5番目に立ち寄った惑星。
広大な森や洞窟が存在している。

地球

隕石が衝突した「地球」は氷河期に入り、いまは氷の惑星となっていた

惑星アストラから5012光年離れた場所にある、人類が生まれた星。
「8年後に巨大隕石が衝突する」と予言された2049年から、人類は宇宙各地に「アーク号」型の宇宙船を派遣し、移住できる惑星を探した。その結果、発見されたのが「惑星アストラ」である。
西暦2053年から、アストラへの人類移住が進められ、移住が完了した直後、西暦2057年に巨大隕石が衝突。氷河期に突入して、無人の惑星となった。
カナタたちが、惑星マクパで人口ワームホールに呑み込まれ、放り出されたのは地中の周回軌道上だった。

ゲノム管理法

全人類にゲノム(遺伝子情報)を登録することを義務付ける法律。
これにより、カナタたちがクローンであることが明るみに出て、逮捕されることを恐れたオリジナル(親)たちが、カナタたちを惑星キャンプ「B-5班」に集め、皆殺しにしようとした。

クローン技術

自分の遺伝子と同じ存在を作り出す技術。カナタたちの時代には実現しているが、法律によりクローン製造は禁止されている。
ザックの父親が開発した、「記憶移植」と組み合わせることで、若返ることが出来ると考えたオリジナルたちが、若返りの為の器としてカナタたちクローンを造り出し、自らの子どもだと偽り育てた。

記憶移植技術

オリジナル(親)たちにとって、彼らは「若返りのための器」でしかなかった

ザックの父親ジェド・ウォーカー博士が開発した、人間の記憶を別の人間に移植するための技術。一定の成功を収めたが、移植を成功させるためには「移植元移植先が同じ遺伝子を持っていなければならない」という、大きな問題が残されていた。
その為、ジェドを含むオリジナルたちは、自分の記憶を移植する若い肉体として、自らのクローンを違法だと知りつつ製造した。

人工ワームホール

カナタたちを呑み込んだ「謎の球体」こそが「人工ワームホール」だった

人類が惑星アストラに移住する際に、大きな働きをした技術。人や物を、瞬時に遠くまで運ぶことができる。手のひらに収まるほど、小さなコントローラーを使って制御することが可能。
非常に便利な技術だったが、惑星アストラへの移住に関わる、領土争いで起きた戦争では、人工ワームホールが利用されたために、わずか2ヶ月で人口の半分が失われた。そのため、生き残った人類は人工ワームホールを封印する決断を下し、それをワームホールの製造元であった「ヴィクス工業」に委ねることなる。そして人工ワームホール無しで、惑星移住を行うのは不可能なため、統一政府は惑星移住自体を無かったことにして、ウソの歴史を後の世代に教え込むことになる。

ヴィクシア王政地区

旧時代で人工ワームホールの製造を請け負っていた「ヴィクス工業」が、人工ワームホールを封印する為に作られた地区。
唯一王政が認められ、人々の暮らしも中世の王国の様で、一種の観光施設になっている。
王族、貴族、平民という身分制度が未だに存在しており、平民は貴族エリアに立ち入ることは出来ない。王族、貴族のみが入れるエリアには、残された人工ワームホールや、移住時代の宇宙船など、数々の秘密が隠されている。

クラストスーツ

カナタの着るクラストスーツ

カナタたちの時代の宇宙服。高い硬度と柔軟性を兼ね備えた特殊な素材を用いて作られている。極限まで薄く加工されているが、気圧や温度調整はもちろん、船外活動が出来るだけの機能を備えている。
色やデザインも様々で、多くのメーカーから多種多様のクラストスーツが発売されている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

クズの本懐(Scum's Wish)のネタバレ解説まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

彼方のアストラ(Astra Lost in Space)の名言・名セリフまとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太による漫画作品。 学校行事で惑星マクパへと向かったケアード高校B5班の生徒達だったが、突如現れた謎の球体に吸い込まれ、気が付くとそこは宇宙空間だった。偶然近くにあった宇宙船へと逃げ込んだB5班の9人は、現在地がマクパから5千光年の彼方である事実を知る。 宇宙で遭難した生徒達が力を合わせて5千光年を旅するサバイバルを描く漫画である。長い旅の中で数多くの名言も生まれている。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(Rampo Kitan: Game of Laplace)のネタバレ解説まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

魔法少女育成計画(Magical Girl Raising Project)のネタバレ解説まとめ

魔法少女育成計画(Magical Girl Raising Project)とは作・遠藤浅蜊、イラスト・マルイノによる小説。2012年6月より文庫として宝島社より刊行が開始されており、2016年10月から12月まではその一部を原作としてテレビアニメ全12話も放送された。可愛らしい絵柄とは裏腹に、魔法少女としての力を授かった少女たちの、命がけのシビアな戦いを描いている。

Read Article

SKET DANCE(スケットダンス)の名言・名セリフまとめ

「SKET DANCE」は、篠原健太によって「週刊少年ジャンプ」に連載された漫画作品。 学園生活支援部、通称「スケット団」は、生徒の楽しい学園生活を守る人助けの部活である。主人公であるリーダーの「ボッスン」は、「ヒメコ」と「スイッチ」の二人と共に、個性的な生徒達から舞い込む数々の相談事を解決していく。ギャグが軸でありながら、人助けにまつわる深い名言が数多く存在する。

Read Article

目次 - Contents