彼方のアストラ(Astra Lost in Space)のネタバレ解説まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太が「少年ジャンプ+」(集英社のWebコミック配信サイト)で2016年5月から2017年12月まで連載した同名マンガ、及びをそれを原作としたアニメ作品。
舞台は宇宙への往来が当たり前になった近未来。宇宙空間で何者かに狙われ遭難した、9人の少年少女のサバイバルを描く。宇宙船という閉鎖空間で、彼らを襲った犯人が仲間の中にいるというサスペンスと、仲間達との友情と恋愛を描く学園ドラマのような要素、そしてギャグが融合した作品となっている。

自分たちが何の疑問も感じずに受け入れてきた歴史。それが「人工ワームホールの存在をなかったものにする」「惑星移住もなかったことにする」という思惑で、勝手に書き替えられたものだったという衝撃。
ショックを受けて考え込む仲間に、アリエスが語った言葉。
この作品を通じて伝えたかったメッセージがこの一言に込められている。

「困難を乗り越えて、その先へ。私たちは行くのです」(アリエス)

アリエスが記した「B-5班キャンプ日誌」の最後の言葉。様々な困難を乗りこえ、無事に惑星アストラにたどり着いた彼らのその後を示す言葉。
彼らの帰還をキッカケにして、世界が大きく変わることになる。

『彼方のアストラ』の裏話・トリビア・小ネタ

アストラ号のキャプテンを決める時、シャルスが「右腕」になると約束する

シャルスは「僕は右腕として働くよ」とカナタに言う。
これは後に、シャルスの為にカナタの右腕が失われたときに、自らの命を絶とうとするシャルスに対して、カナタが「お前は俺の右腕なんだろ」という言葉をかける場面に繋がる。

アリエスの「映像記憶能力」は見た物すべてを記憶している

アリエスの「映像記憶能力」は旅の途中、色々な所で役に立っている。ある時アリエスは、シャルスに学校であった事がないことを指摘する。
そしてカナタが「刺客」は誰かを調べる時、決定的な証拠となったのがアリエスの記憶能力だった。最初に謎の球体に襲われた時に、一番最後に呑み込まれたのがシャルスだと覚えていた。
アリエスの能力が、アリエスを助けようとしている、シャルスを追いつめていく。

タイトルの「彼方のアストラ」はダブルミーニングになっている

これには「故郷の遠くにあるアストラ号」という意味と、「彼方にある故郷(惑星アストラ)」という2つの意味を兼ねている。

アストラ号のブリッジに飾られていたプレートに書かれた格言「PER ASPERA AD ASTRA」

アストラ号のブリッジには「PER ASPERA AD ASTRA」(ペル・アスペラ・アド・アストラ)と書かれたプレートが飾られていた。
ザックは「アスペラは『困難』、アストラは『星』、『困難を乗りこえて目的地へ』宇宙関係の施設で標語に使われる事が多い古い格言だ」と言う。
この格言は、この先に待ち受ける彼らの旅を示している。

アリエスとシャルスには共通点が多い

アリエス「シャルスさんとは波長が合いますね」
シャルス「前世は親子かな」
シャルスはヴィクシア王ノア・ヴィクスのクローン。アリエスは王の娘セイラのクローン。それぞれのオリジナルは親子。それを冗談のようにして示唆している。

OPムービーでアリエスの文字だけが逆さまになっている

出典: livedoor.blogimg.jp

オープニングでアリエスの名前だけが上下逆になっている。
これはアリエスが「セイラ」と関係あることを示唆していた(声優が同じである時点で気付いた人も多い)。

ルカが実は男でもあり女でもある、半陰陽であること

ルカは見た目、口調からみると男性であるのに、CVが女性の松田利冴。
後にルカが「男でも女でもない」という告白に通じる。

名前に見られるアナグラム

アルファベットなど言葉の綴りを入れ替えて、別の意味を持つ言葉を作る一種の言葉遊びが、作品のあちこちで使われている。

マクパ(MCPA) → 惑星キャンプが行われる場所 → キャンプ(CAMP)
ヴィラバース(VILAVURS) → 最初に立ち寄った惑星 → サバイバル(SURVIVAL)
イクリス(ICRISS) → アストラ号が崖に衝突して故障した惑星 → 危機(CRISIS)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

クズの本懐(Scum's Wish)のネタバレ解説まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

彼方のアストラ(Astra Lost in Space)の名言・名セリフまとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太による漫画作品。 学校行事で惑星マクパへと向かったケアード高校B5班の生徒達だったが、突如現れた謎の球体に吸い込まれ、気が付くとそこは宇宙空間だった。偶然近くにあった宇宙船へと逃げ込んだB5班の9人は、現在地がマクパから5千光年の彼方である事実を知る。 宇宙で遭難した生徒達が力を合わせて5千光年を旅するサバイバルを描く漫画である。長い旅の中で数多くの名言も生まれている。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(Rampo Kitan: Game of Laplace)のネタバレ解説まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

魔法少女育成計画(Magical Girl Raising Project)のネタバレ解説まとめ

魔法少女育成計画(Magical Girl Raising Project)とは作・遠藤浅蜊、イラスト・マルイノによる小説。2012年6月より文庫として宝島社より刊行が開始されており、2016年10月から12月まではその一部を原作としてテレビアニメ全12話も放送された。可愛らしい絵柄とは裏腹に、魔法少女としての力を授かった少女たちの、命がけのシビアな戦いを描いている。

Read Article

SKET DANCE(スケットダンス)の名言・名セリフまとめ

「SKET DANCE」は、篠原健太によって「週刊少年ジャンプ」に連載された漫画作品。 学園生活支援部、通称「スケット団」は、生徒の楽しい学園生活を守る人助けの部活である。主人公であるリーダーの「ボッスン」は、「ヒメコ」と「スイッチ」の二人と共に、個性的な生徒達から舞い込む数々の相談事を解決していく。ギャグが軸でありながら、人助けにまつわる深い名言が数多く存在する。

Read Article

目次 - Contents