彼方のアストラ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太が『少年ジャンプ+』で2016年5月から2017年12月まで連載していた漫画、及びをそれを原作としたTVアニメ作品。
舞台は宇宙への往来が当たり前になった近未来。宇宙空間で何者かに狙われ遭難した、9人の少年少女のサバイバルを描く。宇宙船という閉鎖空間で、彼らを襲った犯人が仲間の中にいるというサスペンスと、仲間達との友情と恋愛を描く学園ドラマのような要素、そしてギャグが融合した作品となっている。

『彼方のアストラ』の概要

『彼方のアストラ』とは、集英社のWebコミック配信サイトである『少年ジャンプ+』において、2016年5月6日から2017年12月30日まで連載された篠原健太による漫画、及び原作として製作されたアニメ作品である。

原作マンガは、コミックス全5巻が発売されている。
2017年に第3回「次にくるマンガ大賞」の“Webマンガ部門”で5位を獲得。その後、「このまんががすごい!2019」オトコ編 3位、「マンガ大賞2019」では大賞を受賞した。
アニメは、2019年7月3日から、ケーブルテレビ局のアニメシアターX、東京地区の地上局TOKYO MXを始めとする各テレビ局で放映されると共に、『dアニメストア』、『Amazon Prime Video』などでネット配信された。「Lerche」が制作を担当。
監督は『がっこうぐらし!』や『ハクメイとミコチ』などを手がけた安藤正臣が担当。シリーズ構成は『がっこうぐらし!』の脚本の他、ライトノベル作家としても活躍する海法紀光が、キャラクターデザインには『あそびあそばせ』などでもキャラクターデザインを担当した黒澤桂子が参加している。

自由に宇宙の行き来が出来る近未来を舞台に、平和なはずの学校行事の途中で、突然故郷を遠く離れた宇宙空間に放り出された高校生たちが、力をあわせて故郷に帰りつく迄を描いたSF冒険物語だが、それに加えてその中に「サスペンス」、「青春」の要素が加えられ、さらに「ギャグ」が渾然一体となってドラマを形作っている。

原作の篠原健太は『彼方のアストラ』の他に『SKET DANCE』が代表作で、アニメ化もされている。

『彼方のアストラ』のあらすじ・ストーリー

惑星キャンプでトラブル発生

カナタたちの前に「謎の球体」が突然現れた

西暦2006年、ケアード高校に通う生徒が、自然豊かな惑星の中で生徒だけで共同生活する学校行事・惑星キャンプに出発する。B5班のメンバーは、陸上10種競技の選手であるカナタ・ホシジマ、オッドアイの目をした映像記憶能力を持つアリエス・スプリング、IQ200を誇る天才少年ザック・ウォーカー、医師の娘で自らも医者を目指すキトリー・ラファエリ、上院議員の息子ルカ・エスポジスト、金髪碧眼で生物に詳しいシャルス・ラクロワ、黒髪で長身の眼鏡少女ユンファ・ルー、一匹狼で皆と関わろうとしないウルガー・ツヴァイクの8人の生徒と、惑星キャンプの課題である「10歳の少女を同行させる」をクリアするために同行することになったキトリーの義理の妹フニシア・ラファエリの男女9人。B5班を乗せた宇宙船は、キャンプの会場である9光年離れた場所にある惑星マクパに向かう。B5班のメンバーは、そこで謎の球体に遭遇し飲み込まれてしまう。

謎の球体に飲み込まれたB5班のメンバーは、気がつけば宇宙に放り出されていた。彼らは近くに漂流していた宇宙船を見つけ逃げ込んだ。しかしアリエスの着ていたスーツが故障しており、一人だけ宇宙に取り残されてしまう。突然の緊急事態に誰もが動けないでいる中、カナタが「オレが出る」とアリエスを助けに宇宙に飛び出した。カナタの勇気ある行動と他のB5班の協力でアリエスはなんとか宇宙船に辿り着くことができた。

命拾いしたB5班のメンバーは自分達の状況を確認した。自分達の目の前には氷に閉ざされた惑星があったが、それは惑星マクパではなく、自分達の星から5012光年も離れた謎の惑星だったことがわかった。B5班は逃げ込んだ宇宙船の中を調べ、船が無人であることと無線が故障しており救援を呼ぶことができないことがわかった。宇宙船の運転免許を持っているザックがいるので自分達で航行することは可能だが、船には食糧や水が3日分しかなく状況は絶望的だった。

しかしアリエスが、水と食糧を補充しながら惑星を渡り歩くことで星に帰ることができるのではないかと提案する。ザックが調べた結果、その方法で星に帰れるルートが1つだけ見つかった。希望を見出したB5班は一丸となって惑星へ帰る決意をする。リーダーはカナタ、船の名前は船のブリッジに飾られていたプレートの文言から、「アストラ号」と名付けられた。

星へ帰る旅

B5班のメンバーは第一の惑星ヴィラヴァースに到達。メンバーは食糧と水を探す作業をしていると、再び謎の球体に襲われた。メンバーが必死に逃げる。しかし気がつくと謎の球体は消えていた。
カナタ達が再び食糧探しをしていると、フニシアがヴィラヴァースに生息するドラゴンのような生物に襲われそうになった。そこを助けたのはカナタだった。カナタのおかげでフニシアは怪我一つなく助け出され、それをきっかけにフニシアとキトリーが打ち解け、B5班のメンバーの仲が少しずつ進展していった。

惑星ヴィラヴァースを出発した後、ザックはカナタにアストラ号の無線機が何者かに意図的に壊されていたことを打ち明ける。犯人がB5班の中にいることにカナタは疑心暗鬼に陥った。そんな時、カナタはフニシアが児童養護施設で大人達が話していた「ビーゴ ニーレテ イッセーサ ショブン」という言葉を聞いた。カナタはその言葉が「B5に入れて一斉殺処分」であることに気がつく。B5班のメンバーは凍りついた。カナタは同じタイミングで通信機を壊した犯人がメンバーの中にいることを打ち明ける。メンバーはお互いを疑い出すが、アリエスの前向きな発言でその場は落ち着いた。

メンバーの中に犯人がいるとしても旅は続けなければならない。B5班のメンバーは犯人の追求は置いておいて、協力して旅を続ける。第二の惑星シャムーア、第三の惑星アリスペードを経て、B5班のメンバーは衝突し合いながらも前に進み、ついに一匹狼のウルガ―も仲間に心を開いた。しかしメンバーがイイ感じにまとまってきた矢先、第四の惑星イクリスでアストラ号が故障してしまった。宇宙船が壊れては星に帰れない。メンバー達は星への帰還を諦めてイクリスで生きていくことを決めた。

イクリスで食料調達をしている途中、B5班のメンバーはアストラ号と同じ宇宙船を発見した。そして船の中にあった人工冬眠装置の中で、ポリーナ・リヴィンスカヤという女性が眠っていたのを見つける。カナタ達はポリーナの冬眠を解き、目を覚ましたポリーナから事情を聞いた。カナタ達が見つけたポリーナが乗っていた宇宙船はアーク6号という名前だった。アーク6号で仲間と共に地球から惑星イクリスにやってきたポリーナはトラブルに見舞われて、仲間を失い一人イクリスに残された。いつか助けが来ることに希望をかけて人工冬眠装置に入ったという。またポリーナのおかげで、カナタ達のアストラ号とポリーナのアーク6号は同機種であり、生きている区画同士をドッキングさせればまだ航行が可能であることがわかった。B5班のメンバーにポリーナを加えてアストラ号は惑星イクリスを出発するのだった。

B5班抹殺の理由

義理の姉妹とは思えないほど、キトリーとフニシアは良く似ている

キトリーとフニシアは義理の姉妹であるが、本当の姉妹のように容姿がソックリである。それが気に鳴ったポリーナの何気ない発言をきっかけに、ザックは二人のDNAを調べることになった。その結果、二人は姉妹どころか、同一人物であることが判明した。

この事実からザックは他のB5班のメンバーのDNAを調べる。その結果B5班のメンバーはそれぞれの親のクローンだったことが明らかになった。彼らの親は自分達のクローンである子供達に自身の記憶を移植して、自分達の肉体の若返りを画策していたのだ。しかしその計画は「ゲノム管理法」という法律の確率で頓挫する。クローンの製造はもともと重罪。全人類に自分の遺伝子情報を登録することを義務付けるこの「ゲノム管理法」が施行されたことで、クローン製造が明るみに出ることを恐れた親達がクローンである子供達を一斉に殺処分使用としたのだ。衝撃の事実が判明したB5班のメンバーは、一層結束して旅を続ける。

惑星アストラ

惑星イクリスを出発し、ついにカナタ達の星が見えるところまでアストラ号は帰還した。星の姿を捉えたポリーナは、映像に映る星を見て涙する。その時ポリーナは映像に映る星が故郷である地球と異なることに気がついた。それをカナタ達に伝えたところ、重大な事実が判明する。カナタ達の星の名前は惑星アストラ。ポリーナの故郷・地球とは別の惑星であったことがわかったのだ。そこからカナタ達が学校で習った知識とポリーナの知る歴史をすり合わせた結果、世界が重大な秘密を抱えていることを突き止める。しかしその場ではそれ以上話し合っても何もわからないため、とりあえず惑星アストラへ無事に帰ろうということで話は終了した。

最後の惑星ガレムに到着したB5班一行。しかしそこで再びカナタは謎の球体に襲われた。息を潜めていた犯人がまだカナタ達の殺処分を諦めていなかったことがわかったカナタ。ここまでの旅を振り返り、犯人が誰であるかを突き止めたカナタは、犯人を罠にはめることにした。

犯人の正体と動機

カナタたちに追いつめられるシャルス

B5班のメンバーを一斉殺処分しようとしていたのは、金髪碧眼で生物に詳しいシャルス・ラクロワだった。シャルスはB5班のメンバーを前に何故殺処分をしようとしていたかを説明する。

シャルスは惑星アストラにある特殊な区画・ヴィクシア王政地区の国王ノア・ヴィクスのクローンだった。国王の新たな器として育てられたシャルスは、「ゲノム管理法」のせいで若返りを断念した国王に、他のクローン共々死ぬように命令される。シャルスにとってその命令は必ず全うしなければならないものだったのだ。

旅の間行動を控えていたのは、アリエスが国王の娘・王女セイラのクローンだと気づいたからであり、シャルスはアリエスだけは生きて国王の元へ連れ帰ろうとしていた。クローンの体を使って若返りをすることに反対だったセイラは生まれたばかりのアリエスを侍女に託して逃され行方がわからなくなっていたのだ。王位を狙う刺客によってセイラを失って悲しんでいた国王は、きっとアリエスが帰れば喜ぶはずだとシャルスは考える。シャルスはセイラを国王に送り届けて、その後死ぬつもりだった。

王の命令のために死のうとするシャルスをカナタ達は必死に説得する。自分達はクローンであるが、その前に一人の人間であり、どのように生きるかは自分で決められる。これまでの旅が楽しくて仕方なかったシャルスの中には、カナタ達の言うように自分の生き方を自分で決めたいという思いが既に芽生えていた。しかし命令のためにずっと生きてきたシャルスは願望と命令の間で揺れ動き、苦悩の末もう自分でもどうしたらいいかわからなくなっていた。謎の球体を使って自分だけ死のうとするシャルス。それを助けたのはカナタだった。カナタはシャルスを助けた代償として右腕を失う大怪我をした。

B5班帰還

B5班のメンバーを殺そうとしていたシャルスは、自身を監禁するよう提言する。しかしそれを拒んだのはシャルスのせいで大怪我を負ったカナタだった。カナタはB5班全員で惑星アストラへ帰るのだと宣言し、B5班は最後の惑星ガレムで最後の冒険をする。そして惑星ガレムから惑星アストラまでの道中、シャルスは自分が知る世界が抱える秘密をB5班のメンバーに話した。

ポリーナの住む地球は、近い未来隕石が衝突して滅ぶことがわかった。そのため地球を捨て別の惑星に移住する計画が立てられ、惑星を移住するために謎の球体/ワームホールを使用することになった。惑星移住の目処がたった人類は、新しい惑星での領土を巡って戦争を始め、人口は半分にまで減ることとなる。戦争という愚かな行為を嘆いた人類は、争いの種である宗教と武器を捨て、言語を統一し、世界政府という一つの組織によって惑星アストラを統治することを決めた。そのことは後世の人間に絶対秘密。歴史がわかるようなものは全て封印され、今の惑星アストラができた。西暦2063年という年号は世界政府が平和のためについた嘘であり、実際は2163年。地球時代を知るポリーナは実に112年も人工冬眠をしていたということがわかった。

世界の全てを知ったB5班のメンバーは、無事に惑星アストラに帰還。クローンを作り出したB5班面々の親達は全員逮捕され、B5班のメンバーは新たな人生のスタートを切る。カナタとシャルスは世界の抱えていた秘密を公表するよう世界政府に掛け合い、隠された歴史は全て明らかになる。

惑星キャンプと壮大な宇宙の旅から7年。B5班のメンバーはそれぞれの人生を歩んでいる。アストラ号を買い取ったカナタは「宇宙探検家になる」という夢を叶え、ザックとシャルスと共に宇宙へ旅立つのだった。

『彼方のアストラ』の登場人物・キャラクター

B5班のメンバー

カナタ・ホシジマ

CV:細谷佳正

年齢:17歳
誕生日:5月5日
身長:181cm
体重:71kg

本作の主人公。
陸上10種競技の選手で抜群の運動神経とサバイバル能力を持つ。父親も陸上のオリンピック選手。
中学1年生の時山で遭難したことがある。その時、メンバーの一人がパニックを起こし崖から落ちそうになり、それを助けようとした恩師が崖から転落してしまう。その時に何もする事が出来ずに、恩師が崖から落ちるのを助けられなかったことを悔やんでいる。
B5班のキャプテンに立候補するが、空回りすることも多く、皆を呆れさせていた。
しかし仲間のピンチには自らの危険を顧みずに助けるなど、行動力と決断力を示すことで、皆の信頼を集めていく。
アリエスからの好意に気付かない程、鈍い一面もある。
帰還して7年後、アリエスと婚約。アストラ号を買い戻してザックやシャルスと共に冒険に旅立つ。

アリエス・スプリング

2umokotaroj
2umokotaroj
@2umokotaroj

Related Articles関連記事

彼方のアストラの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太による漫画作品。 学校行事で惑星マクパへと向かったケアード高校B5班の生徒達だったが、突如現れた謎の球体に吸い込まれ、気が付くとそこは宇宙空間だった。偶然近くにあった宇宙船へと逃げ込んだB5班の9人は、現在地がマクパから5千光年の彼方である事実を知る。 宇宙で遭難した生徒達が力を合わせて5千光年を旅するサバイバルを描く漫画である。長い旅の中で数多くの名言も生まれている。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

SKET DANCE(スケットダンス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「SKET DANCE」は、篠原健太によって「週刊少年ジャンプ」に連載された漫画作品。 学園生活支援部、通称「スケット団」は、生徒の楽しい学園生活を守る人助けの部活である。主人公であるリーダーの「ボッスン」は、「ヒメコ」と「スイッチ」の二人と共に、個性的な生徒達から舞い込む数々の相談事を解決していく。ギャグが軸でありながら、人助けにまつわる深い名言が数多く存在する。

Read Article

魔法少女育成計画(まほいく)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法少女育成計画(まほいく)とは作・遠藤浅蜊、イラスト・マルイノによる小説。2012年6月より文庫として宝島社より刊行が開始されており、2016年10月から12月まではその一部を原作としてテレビアニメ全12話も放送された。可愛らしい絵柄とは裏腹に、魔法少女としての力を授かった少女たちの、命がけのシビアな戦いを描いている。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

NEW

ギヴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギヴン』とは、新書館『シェリプラス』で連載されたキヅナツキのBL漫画原作による青春アニメ。2019年7月から放送された。フジテレビ「ノイタミナ」初のBLコミックのアニメ化作品として、話題となった。卓越したギターの腕を持っている男子高校生・上ノ山立夏は、ギターの腕が上がるほど、音楽への熱が冷めていくのを感じていた。だが、偶然隣のクラスの佐藤真冬と出会い、運命の歯車が動き出す。真冬は、聴く者をを魅了する歌声という才能があったのだった。真冬は、立夏の所属するバンドの練習を見学しに行くことになった。

Read Article

マンガ大賞2019にノミネートされた作品の魅力に迫る!【彼方のアストラ、ブルーピリオド他】

「マンガ大賞」とは書店員を中心とした有志による選考委員が、誰かに薦めたいと思う“今一番フレッシュなマンガ”を投票で決める大賞だ。2008年から始まったこの大賞。第12回となるマンガ大賞2019は、見事大賞を受賞した『彼方のアストラ』をはじめ、2021年10月からアニメ化される『ブルーピリオド』など、素晴らしい作品がノミネートされた。

Read Article

目次 - Contents