デビルマン(DEVILMAN)の名言・名セリフまとめ

デビルマンは、70年代にアニメの企画と並行して誕生した漫画作品で、原作者である永井豪の会心作の一つである。
悪魔を主人公にした斬新な設定と、ハードなアクション、そして後半のヨハネ黙示録を元にした終末観溢れるストーリーが話題を呼び、いくつもの派生作品が生まれた。
人、悪魔、そして神とは一体何か、本作の登場人物の言葉にその秘密が隠されている。

ジンメン。亀のような姿をしたデーモンだが、動きは俊敏で、首や手足を長く伸ばすことができ、ガメラのように手足を引っ込めてジェット噴射する能力も持つ。人面(ジンメン)と言う名前の通り、甲羅に自分が食い殺した人間の顔を宿す力を持っている。

シレーヌに次いで現れたデーモンの刺客は、亀のような姿をしたデーモン・ジンメンであった。ジンメンは食い殺した人間の怨念を甲羅に宿し、その影響で甲羅のコブから食い殺した人間の顔が浮き出るようになるのだ。甲羅に浮き出た顔は自分の意識を持っており、声も出せるので、殺されたときの恨み言を叫び続けるようになってしまう。その中には明と親しくしていた少女、サッちゃんの顔もあった。

サッちゃんは明が牧村家に居候する前に、明の家の近所にいた子供で、牧村邸にいる明に1人で訪ねてくるほど、明を慕っていた。しかし、新幹線で家に帰ろうとした時、他の乗客ともども、車掌に化けていたジンメンに食い殺されてしまう。

ジンメンは電話で明にサッちゃんを食い殺したと言って、公園に誘いだした。そして公園に来た明に、ジンメンは甲羅に宿ったサッちゃんや、同じ新幹線に乗っていた乗客たちの顔と声を聞かせて、精神的な揺さぶりをかけた。

怒りに燃えた明はデビルマンに変身して、ジンメンの甲羅に攻撃を食らわしたが、それがサッちゃんの真横にいた男の顔に当たってしまう。男の顔は苦痛の声をあげたので、サッちゃんが怯えて泣き出した。彼女の泣き顔を見てデビルマンは思わず攻撃を止めてしまう。

その様を見たジンメンは「おまえは人間を殺したんだ、こいつらはまだ意識があるからな、おまえに比べればおれは善良なもんだ、人間の感覚じゃ生き物を食うのは悪くない、そうだろう、従順でおとなしいウシやブタを平気で食っているからな」とぬけぬけと言い放ったのだ。

そして手も足も出ないデビルマンに対し、「だからおれは殺さずに食ったのさ!」と相手を論破したかのごとく自慢げに言った。

死んでいるのに意識を保った状態で、デーモンの体の一部に張り付けられるという、グロテスクな設定に、怖気が走った読者も多いはずである。そのうえこのジンメンというデーモンは弁も立つのか、口八丁でデビルマンを心理的に追い詰めていった。

手段といい、物言いといい、ジンメンはある意味、作中もっとも悪魔らしい悪魔であると言える。

第4巻

飛鳥了「おどらされる悪魔の笛に 悪魔の太鼓に! 狂気のおどりを 死のおどりを 人間の未来をこわす!地獄のおどりだ」

飛鳥了。不動明の親友で、父親の遺書と記録からデーモンのことを知り、明とともにデーモンと戦う決意をする。ショットガンを改造した銃を使い、父親の免許を改造して車に乗り回すなど、無軌道でニヒリスティックな性格。

ある日、町の中を歩いていた了は、周囲の人間の中から突如怪物のような姿に変身してしまう人間が現れ、そして怪物に変身したまま死んでしまうという、怪奇現象を目撃した。了は直感的に、彼らはデーモンに合体されてしまったのだと分かった。
しかし、理性のある人間と合体したら拒絶反応をおこして、そのまま絶命してしまうということはデーモン達が一番よく知っているはずであった。しかし、了の目の前で次々と町の人々がデーモンと合体して死んでしまうという光景を目の当たりにして、ただ事ではないと思った。

周囲の人々が訳も分からず、ただ恐怖ふるえてパニックを起こすのを見た了は、「おどらされる悪魔の笛に、悪魔の太鼓に!狂気のおどりを死のおどりを、人間の未来をこわす!地獄の踊りだ。」と言って、この攻撃の真の狙いを見抜いた。了と合流した明も了の説明を聞いて、人間を殺すにしては効率が悪すぎると思ったが、了は「このデーモンの捨て身の戦法の本質は恐怖心を煽ることにある」と言った。

いよいよ全面戦争を開始したデーモン達、彼らはテレポートして、自分が死ぬことを承知のうえで人間の体と合体し、そのまま合体した人間を絶命させるという捨て身の攻撃を仕掛けて来た。人間達にとって、いつデーモンと合体するかわからない上に、合体したら怪物のような姿になり果てて死んでいく恐怖は計り知れないものだった。そしてこの恐怖こそ、人間の弱点であると了は言ったのだ。

さらに2人は電気屋のテレビから、ソ連が、自国領のツリングラードに水爆ミサイルを撃ち込んだというニュースが流れた。それによると、ツリングラードが、人間以外の知的生物(デーモンの事)の侵略を受けたために、やむ得ずにミサイルを撃ち込んだとの事。そして、デーモン達を殺すために、何万人と言う人間が犠牲になったことから、了はデーモンの目的が恐怖に駆られた人間達の同士討ちにあると見抜いた。

このデーモン達の玉砕戦法である無差別合体に関して、原作者の永井は、『激マン!』で頭の中でぱっと閃いた町の中で人が倒れていくイメージから構想したのだという。本人もこのイメージなのかよくわからず、目には見えない毒ガスとも、無理やりデーモンと合体することから徴兵制を暗示しているのかもと思ったが、結局いかなる事から、あのイメージを思いついたかは分からずじまいであった。

しかし、このイメージにもっとも近い事が、90年代後半から、21世紀の現実に行われていることがわかる。それは自爆テロである。そもそもテロとは恐怖を煽ることによって何かしらの政治目的を果たすものである。デーモンは政治目的とは少し違うが、人類をパニックに陥れて、人類を同士討ちさせる計画のために無差別合体をしているので、恐怖を煽ることによって、目的を果たすという意味では自爆テロがイメージに近い。つまり、永井は自爆テロを直感的に想像したのである。

また、デビルマンが連載を開始した1972年には、日本赤軍が、イスラエルのテルアビブ空港で自動小銃を乱射する事件がおこり、犯人は制圧される前に手榴弾で自決をはかったため、どこかデーモンの無差別合体を想起させるが、直接の因果関係は不明である。

不動明 「世界じゅうのデビルマンをかき集め!一大デビルマン軍団を組織する!」

デーモン達の捨て身の無差別合体攻撃が始まった頃、ソビエトが自国領のツリングラードが知的生命体(デーモンのこと)の侵略を受けたために、水爆ミサイルを撃ち込んだというニュースが流れた。

事態を見極めるために、明は牧村家に戻って新聞を読んでいると、数日前に体が怪物化し、悩み続けていた少女の記事が目に留まった。

事情は不明だが、彼女は偶然明と同じように理性を無くした状態でデーモンと合体したのだ。デーモンと合体しても、死んでいないことから、彼女が自分と同じようにデーモンの意識を乗っ取ることに成功し、デビルマンになったことがわかった。そして、デーモンが無差別合体をしたことで、彼女の他にデビルマンがいるはずだと確信した明は、「世界じゅうのデビルマンをかき集め!一大デビルマン軍団を組織する!」と宣言した。

この明の言葉で分かるように、この時点でデビルマンとは不動明のみを示す言葉ではなくなり、デーモンの無差別合体により偶然的に生まれたミュータント(突然変異)を示す言葉となった。そして、彼らは明の下に集い、デーモンと戦う一大勢力となっていくのである。そして、最終的にデビルマンは本作において、ヒーロ―名でもミュータントでもなく、悪魔の力と人間の心を持った新人類の名前となるのであった。

だが、明がデビルマン軍団を結成しようと決意をしたとき、電話で了が「外に出て空を見るんだ」と言ってきた。明が外に出て空を見上げると、そこにいたのは天を突くような巨大なデーモンであった。それはデーモン達の首領・悪魔王ゼノンの巨大な幻影であり、彼は世界各国に自分の巨大な幻影を送って、人間たちに宣戦布告を始めたのだ。

雷沼教授 「悪魔の正体は人間だ! 人間の強い願望が自身の体細胞を変化させた! 現代社会生活の不満が増大した結果…… そのやり場のない不満を別の生物になることでみたそうとしたのだ!」

雷沼教授。

デーモンの体を科学的に分析した生物学者。世界中に混乱を招いた張本人

悪魔王ゼノンの人類への宣戦布告により、人類対デーモンの戦いの火蓋が切って落とされた。デーモンは超能力で攻めてくるのに対し、人類は軍隊や兵器で迎え撃とうとした。しかし、あらかじめ警察官や軍人に変身して人間社会にもぐりこませた工作員のデーモンが人間を攻撃し始めたので、人間達は誰がデーモンか分からない状態になってしまった。

人間達は未知なる敵の正体を見破るために、北海道の生物科学研究所で生物学者・雷沼教授と研究員たちがデーモンの生態を調査していた。彼らは、捕らえたデーモンから少しでもデーターを集めるために、解剖と分析が進められていたが、動物から植物に至るまで、地球上のありとあらゆる生物の特徴を備えたデーモンの正体を探るのは困難であった。

さらに、巷で突如発生した怪物病(デーモンの無差別合体のこと)のデーターと、デーモンとの共通点をまとめた結果、雷沼教授は公の場で「悪魔の正体は人間だ!人間の強い願望が自身の体細胞を変化させた!現代社会生活の不満が増大した結果……そのやり場のない不満を別の生物になることでみたそうとしたのだ!」と言い始めた。

この言葉により世界中がパニックになり、疑心暗鬼に駆られた人々は、疑わしい者をデーモンと決めつけて狩りだすようになっていった。中世の魔女狩りの再来である。

この言葉を聞いた明が、「なまじ世界的権威のある学者の言葉だからたちが悪い」とまで言っていた。有識者や専門家の言葉に周囲が惑わされるのは、なにも漫画の世界だけではない。現実でも、企業や権力者の利権と結びついた御用学者やマスメディアが、権力者に都合のいい情報を流しているという話がある。彼らの流す情報を鵜呑みにしたことで、安全性や危険性の問題が盲点になった挙句、災厄が起きてしまうということもある。
福島第一原発も、マスメディアが原発安全神話を広めて、安全対策を妨害して怠らせたために、事故が発生してしまったというのは有名な話である。

ただし、本作の雷沼博士は、いかなる利権とも結びついてはおらず、彼なりに収集したデーターを分析し、その結果を報告しただけであるので、彼は本質的に悪人ではないのだろう。だが、彼が世間に公表した情報は、人類にとって最悪の存在・デーモンの利益につながってしまうのであった。

第5巻

牧村礼次郎 「もはや人間はおしまいかもしれん 悪魔の攻勢をうけるまえに みずからの心の弱さから 人類はほろびるかもしれん」

牧村礼次郎
ヒロインである美樹と美樹の弟タレちゃんの父親。良心的かつ、理性的な人物であり、本作における大人の代表である。

デーモンが現れたというだけで、世界は一変してしまった。東京は人口の半数が無くなり、人々は不安でおびえきっていた。いつ再び悪魔が襲ってくるのか、いつか自分が悪魔になってしまうのか、悪魔にならないまでも、いつか悪魔狩り部隊に疑いをかけられるのではないかと思うようになり、不安を募らせていた。
やがて、人々は政府が設立した「悪魔特捜隊」の派遣する「悪魔狩り」に疑いがかかるのを恐れるあまり、自分以外の者を悪魔と言って、デマを流すようになった。不安に耐え切れぬものの中には自殺をするものまで現れた。

美樹の父、牧村礼次郎はこの状況を嘆き、重々しくこう言った。「もはや人間はおしまいかもしれん悪魔の攻勢をうけるまえにみずからの心の弱さから人類はほろびるかもしれん」

災害が発生したとき、避難民の中から鬱になってしまうものが数多く現れたということを聞いたことがある人もいるだろう。災害が起きて、生活環境が一変したことや、家族や知人を失ったことがおもな原因である。天災だけでなく人災でも同じである。太平洋戦争が終了したときに日本ではヒロポンという覚醒剤が出回り、明日の生活に希望の持てなかったその時代では、不安に悩まされてヒロポンに手を出すものが大勢居た。

災厄は免れても、心の傷はそう簡単には癒えなかったのである。

礼次郎もまた、「もはや人間はおしまいかもしれん」のセリフを言っているときにライフル銃を抱えていた。彼もまた不安に押しつぶされそうになっているのだ。そして礼次郎の言うとおり、人間は心の弱さから破滅の道を選んでしまう生物なのかもしれない。そしてその人間の心の弱さを見抜いたデーモン達は、人間に恐怖心を植え付ける作戦にでたのだ。単なる力攻めでかかるのではなく、恐怖心を植えつけることによって、人間を追い詰めることに成功したのだ。

牧村礼次郎 「牧村家もおしまいだよ 家族から悪魔がでてしまってはな!」

明は仲間のデビルマンと共に、消息を絶った親友の了を探し回っていたが見つからなかった。牧村邸に戻った明は、テレビを点けると、なんとテレビのコメンテーターとして了が出演していた。彼は考古学者だった父・飛鳥博士の残した資料から悪魔に関する新しい事実を発表すると言ったのだ。

雷沼教授の報告を覆す情報を発表するのかもしれないと、期待顔でテレビに映る了の言葉に耳を向ける、明と牧村家の人々であった。しかし了は、デーモンの合体能力を語る際、「悪魔は誰とでも合体する能力を持ち、悪魔狩りを逃れた人も、油断できない」と言ったのだ。
デーモンが人間と合体するには、人間の理性が邪魔になるという一番肝心なことを言わない了に驚きを隠せない明だが、さらに了は「自分はかつて父がデーモンと合体しているとは知らずに、父の命じるまま親友である不動明をはじめ多くの友達を自宅に招待し、父のあつめたデーモンに取り憑かせた」と言い、その時撮影した8ミリをテレビで公開したのだ。

それは、デーモンと合体して、デビルマンに変身した明の姿だった。

恐怖に怯える牧村家の人々。美樹の幼い弟を抱きしめて明から離れる美樹の母。悲鳴を上げる美樹の肩をつかむ明に礼次郎は、「娘から手をはなせ化け物」と言って、明にライフルを突きつけた。そして「牧村家はもうおしまいだよ家族から悪魔がでてしまってはな!」と礼次郎は涙目で叫んだのであった。

この礼次郎のセリフで、「家族から悪魔がでてしまってはな」というくだりに注目してもらいたい。居候のはずの明を礼次郎は家族と思って接していたのだ。だから、明がデーモンと合体したとわかったとき、礼次郎は明に裏切られたような気持ちになったのかもしれない。銃を向けた時に礼次郎が涙したのは、彼が明に抱いた感情が恐怖でも嫌悪でもなく、家族と思っていた男に裏切られた悲しさからだろう。そして明も、牧村家の人々ことを家族同然に思っていたので、礼次郎から化け物呼ばわりされて銃を突きつけられたとき、ショックを受けたのであった。

不動明 「あの悪鬼の形相こそおれのほんとうの顔だよ!だがそれでもおれは人間不動明なんだ!」

了がテレビ中継で、明がデーモンと合体していることを暴露され、とうとう、牧村家に自分の正体を知られてしまった明。今まで家族同様に思っていた男が悪魔だと知り、愕然とする牧村家の人々。

それでも明は自分は人間だと主張し続けた。

「あの悪鬼の形相こそおれのほんとうの顔だよ!だがそれでもおれは人間不動明なんだ!」

明はデーモンと確かに合体した。了がテレビで流した8ミリの映像も本物である。それでも自分は人間の心は無くしていないと涙ながらに訴えた。今まで誰からもデビルマンと知られずに戦ってきた明だが、そんな彼の正体は最悪の形で、それも自分の家族同様に思っていた人達に暴露されてしまうのであった。

明の必死の訴えに心を動かされた礼次郎は、「悪魔狩りが来る前に出て行くんだ」と明に逃げるように促した。礼次郎の言葉をきっかけに家族全員態度を軟化させ、明と美樹は別れ際に抱き合った。

明は人類を裏切った了を捕らえるために仲間のデビルマンに命じてアミを張った。

明の正体を知り、最初は驚き恐れをなした、牧村家の人々だが、明との信頼関係は崩れることは無かった。明がデーモンと合体しても、人間らしい心を失わなかったように牧村家もまた、明との絆や愛情を失うことはなかったのだ。

しかし、明が牧村家から出て行った後、悪魔狩りは、明を捕まえられなかった腹いせに、牧村夫妻がデーモンであるという疑惑をかけて連行したのだ。本作における良心的存在だった牧村夫妻を同じ人間が悪魔の手先と疑って連れ去るのは、人間達が自分で自分の首を絞めていく行為そのものに思えてならない。良心や愛情も失くしたとき、人間は破滅へと進んでいくのだ。

飛鳥了 「新しい世界がはじまる 新しい歴史がはじまる! おれたちデーモンの新世界が…」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

デビルマン(DEVILMAN)のネタバレ解説まとめ

2004年公開の永井豪原作の『デビルマン』実写映画。PG-12指定作品。制作費10億円、CGと実写の融合だけではなく手描きのカットを差し込む実験的映画で、双子がデビルマン(アモン)とサタンを演じるとあって話題作となった。 「デビルマン」になった不動明が人間と敵対するデーモンを討伐するために立ち上がり、最後は世界の終末のような場所で持てる限りの力を使いサタンである了と最終決戦に臨む。

Read Article

Cutie Honey Universe(キューティーハニー ユニバース)のネタバレ解説まとめ

『Cutie Honey Universe』とは、永井豪原作で1973年にオリジナル版が放映された伝説のTVアニメーション「キューティーハニー」のリメイク版アニメの第4作である。 聖チャペル女学園に通う女子高生・如月ハニーが変身する愛の戦士、キューティーハニー。彼女は多彩な姿と能力を使い、空中元素固定装置を狙う邪悪な犯罪組織パンサークローと戦っている。 そんなハニーにパンサークローの首領・シスタージルは捜査官ジュネとして接近、頼もしい味方を装ってハニーと空中元素固定装置の秘密を探るのだった。

Read Article

DEVILMAN crybaby(デビルマン クライベイビー)のネタバレ解説まとめ

『DEVILMAN crybaby』は、永井豪原作漫画「デビルマン」のアニメ化作品。監督は世界的にも有名な湯浅政明。 Netflix限定配信で、2018年1月5日より一挙配信。泣き虫な少年、不動明が悪魔の力を持つ人間、「デビルマン」となり、愛情、欲望の間で葛藤しながら世界のために戦う物語。ネット配信であることを生かした暴力的、性的な描写は、原作に忠実なダークな印象を鮮烈にした。

Read Article

キューティーハニー(CUTIE HONEY)のネタバレ解説まとめ

『キューティーハニー』は、漫画、テレビアニメ、オリジナルビデオアニメ、数回にわたる実写映画など、様々な媒体で製作されている、永井豪の代表作の一つである。セクシーシーンと臨場感あふれるアクションシーンが満載の、キューティーハニーと悪の組織・パンサークローとの戦いは、少年少女のみならず、幅広いファンを獲得した。

Read Article

Cutie Honey Universe(第10話『あなたの思いやり、励ましに感謝します』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏子を失ったハニーは、復讐心のままに怪人を倒し続けていた。心の荒んだハニーは青児の説得すら拒絶する。そんなハニーの前に黒いタランチュラとドラゴンパンサーが出現、パンサークローを離反した黒いタランチュラらは早見家に住むことになる。彼女の目的はハニーに夏子の想いを伝えることだった。夏子の想いにより吹っ切れたハニーは、パンサークローの本拠地を目指す。 今回は「Cutie Honey Universe」第10話『あなたの思いやり、励ましに感謝します』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第3話『私はあなたにふさわしい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハニーの親友・夏子はジュネとデートをすることに。しかしジュネが夏子を連れていったデパートはパンサークローの誘拐拠点だった。夏子は怪人バットフライクローに襲撃されるが、邪魔するために後を追っていた直子により窮地を免れる。バットフライクローは駆けつけたハニーに倒されたが、夏子はジュネの行動に不信感を抱くのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第3話『私はあなたにふさわしい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第7話『あなただけに尽くします』)のあらすじと感想・考察まとめ

聖チャペル学園壊滅で行き場を失ったハニーと夏子は早見家に居候することになった。明るく振る舞うが深い心の傷を負っているハニーを見過ごせない夏子はジュネに会ったことでより彼女への疑惑を深める。しかし精神的に追い詰められたハニーは遂に夏子に自分がアンドロイドであると明かすのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第7話『あなただけに尽くします』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第11話『あなたはあくまで私のもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

シスタージルの挑発を受けドラゴンパンサーと共にパンサークローの本拠地へ乗り込んだハニー。しかし、そこでジュネの正体がジルであることを知りハニーは戦意を喪失する。ドラゴンパンサーの喝で戦う意志を取り戻したハニーは彼女と力を合わせて最後の決戦に挑むのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第11話『あなたはあくまで私のもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第4話『無垢の美しさ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジュネの作戦でパンサークローの研究所の場所を調べるためわざと囚われて潜入したハニー。脱出には成功したがエネルギー切れで戦えなくなり、公園の銅像に変身して追跡を逃れる。しかし銅像となったハニーは通りがかりの団兵衛と順平からエッチないたずらを受ける。潜入作戦は発信機の故障で失敗、青児は作戦を主導したジュネに疑念を抱く。一方、タランチュラパンサーもジュネの正体を知ったのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第4話『無垢の美しさ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第8話『愛の誓い』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハニーの正体を知って以降気まずい夏子とハニー。そんな中、シスタージルは夏子の誘拐を命じる。しかしタランチュラパンサーは、ハニーのことで苦しむ夏子に自分を重ねてしまい誘拐せず帰してしまう。夏子はハニーをデートに誘い、気持ちを打ち明け今まで以上の絆を結ぶ。しかし夏子はジルに囚われてしまい、それを追うハニーは怪人と激突。しかしタランチュラパンサーは手負いのハニーを見逃すのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第8話『愛の誓い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第1話『あなたは全てが完璧』)のあらすじと感想・考察まとめ

聖チャペル学園に通う女子高生・如月ハニー。その正体は犯罪組織パンサークローと戦う愛の戦士・キューティーハニー。パンサークローの怪人による宝石店襲撃に立ち向かうキューティーハニーと対パンサークロー組織の捜査官ジュネ。怪人を撃退したハニーだったが、突如現れたパンサークローの首領シスタージルに敗北。しかしジルはあえてハニーを見逃すのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第1話『あなたは全てが完璧』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第12話『あなたは希望を持ち帰る』)のあらすじと感想・考察まとめ

ドラゴンパンサーが戦死し、絶体絶命の危機を迎えたハニーを救ったのは、キューティーハニーに扮した青児たちの軍団だった。彼らの応援で自分が独りでないことを知ったハニーは、空中元素固定装置でキューティーハニー軍団を作り出し、愛の力でシスタージルに挑む。 今回は「Cutie Honey Universe」第12話『あなたは希望を持ち帰る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第5話『死ぬまで気持ちは変わりません』)のあらすじと感想・考察まとめ

箱浜市長とパンサークローの癒着という情報を入手したハニーと青児は、武器工場があるという無人島へ潜入する。そこには財界の大物として団兵衛たちも招待されていた。市長の正体は怪人アイアンサドーであり、武器商人たちに投資を持ちかけていた。証拠を掴んだハニーだったが、人質を取られ手酷く痛めつけられる。しかし団兵衛に窮地を救われたハニーは怪人を倒したのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第5話『死ぬまで気持ちは変わりません』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第9話『この世界は二人だけ』)のあらすじと感想・考察まとめ

パンサークローはPCISに対し1時間ごとに人質を殺すという映像を送った。しかし、それはシスタージルの仕掛けたゲームだった。怪人が死ぬか夏子が死ぬかのゲームで、ハニーだけでなくタランチュラパンサーも心を磨り減らす。そんな中で夏子を助けてしまったタランチュラパンサーは善悪の葛藤の末に2人に分裂し、悪の心を持つ白いタランチュラによって夏子は命を落としたのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第9話『この世界は二人だけ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第2話『あなたに出会えた事の心からの喜び』)のあらすじと感想・考察まとめ

キューティーハニーは如月猛博士が作り出した超人アンドロイドである。普通の女子高生として育てられたハニーだったが、空中元素固定装置を狙い如月博士を殺害した犯罪組織パンサークローとの戦いに身を投じることになった。PCIS捜査官の早見青児を殺害しようと狙うパンサークローだったが怪人はハニーに倒されるのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第2話『あなたに出会えた事の心からの喜び』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Cutie Honey Universe(第6話『あなたの幸福を祈る』)のあらすじと感想・考察まとめ

シスタージルは聖チャペル学園壊滅作戦を開始した。無数の気球船により爆撃され学園は崩壊、生徒らが次々と死んでいく。森に逃げ込んだハニーたちの前にシスタージルが現れ、戦いを挑むハニーだったが全く歯が立たない。夏子と戦闘不能のハニーを追撃部隊から救ったのは直子だった。直子は爆弾を受け止めて壮絶な最期を遂げ、湖に逃れて生き延びたハニーは復讐を誓い血の涙を流すのだった。 今回は「Cutie Honey Universe」第6話『あなたの幸福を祈る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents